★阿修羅♪ > 原発・フッ素37 > 689.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
Re: 訪問中に鼻血が止まらなくなった美味しんぼ・・・(すいませんまだ記事に続きがありました)
http://www.asyura2.com/14/genpatu37/msg/689.html
投稿者 こーるてん 日時 2014 年 4 月 29 日 13:48:45: hndh7vd2.ZV/2
 

(回答先: 訪問中に鼻血が止まらなくなった美味しんぼ著者−雁屋哲氏のインタビューと誹謗中傷(院長)のブログ 投稿者 こーるてん 日時 2014 年 4 月 29 日 11:29:51)

すいませんまだ記事に続きがありました
http://onodekita.sblo.jp/article/85586008.html
訪問中に鼻血が止まらなくなった美味しんぼ著者−雁屋哲氏のインタビューと誹謗中傷(院長の独り言)

アイリーン・ウェルサム著 プルトニウムファイルから
http://www.amazon.co.jp/dp/4798130885?tag=hamutaro00-22&camp=1027&creative=7407&linkCode=as4&creativeASIN=4798130885&adid=09X3MY0RKCNEQ78QT9YY&&ref-refURL=http%3A%2F%2Fonodekita.sblo.jp%2Farticle%2F85586008.html


 TBI実験(健康人の全身照射)で研究者は、血液と尿を分析して「生物学的線量計」を見つけたかった。生物学的線量計とは、人体の浴びた線量を物語る生化学変化をいう。もし見つかれば、戦場の軍医は、被爆者をざっと検査し、助かる兵士と死ぬはずの兵士をてきぱきと区別できる。一九六三年に空軍の某将校がこう書いている。「放射線が生体に破壊的な作用を示すとわかって以来、研究者は身体の浴びた線量をきれいに語る生化学的・組織学的・臨床学的な変化を追い求めてきた」。
(中略)
 照射の後、血球、染色体、アミノ酸、酵素、血漿タンパク質、脂質をくわしく調べた。しかし軍の医師たちは、信頼に足る生物学的線量計を見つけるには至っていない。線量の指標になったのは、すでに臨界事故の犠牲者や日本の被爆者でわかっていた傷害、つまり吐き気や食欲不振、脱毛などがいつ始まり、どの程度の症状がどれくらいつづくかだ。それだけを手がかりにする状況は今の今までほとんど変わっていない。

・・・・…・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 つまり、雁屋氏の経験した鼻血、全身倦怠感は被曝の症状である可能性が非常に高いと言えます。しかしながら、下記のような指摘があるのもまた確か。

広瀬隆氏の「危険な話し」を罵倒した野口 邦和(のぐち くにかず)氏の主張
http://tokyopastpresent.wordpress.com/2012/02/08/%E7%A7%91%E5%AD%A6%E8%80%85%E9%87%8E%E5%8F%A3%E9%82%A6%E5%92%8C%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E5%BA%83%E7%80%AC%E9%9A%86%E6%89%B9%E5%88%A4%E3%81%AE%E5%95%8F%E9%A1%8C%E6%80%A7%E3%83%BC%E6%9D%B1%E6%97%A5/
・・・・…・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


鼻血やのどの痛み、倦怠感は被ばくの症状ではない

障害が出るほどの高い放射線量は事故現場だけ

確かに、放射線による急性障害で嘔おう吐と や下痢、鼻血が出ることはあります。しかし、急性障害がおこる可能性のあるのはあくまで事故の現場で作業をしている人たちについての話で、一般の人たちは急性障害がおこるほど高い放射線量の被ばくはしていません。

したがって、鼻血やのどの痛み、倦怠感などの症状があっても、それは被ばくによるものではなく、別の原因によるものでしょう。http://onodekita.sakura.ne.jp/sblo_files/onodekita/image/2014011802.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 これは、安全派のよく使うロジックです。

線量が低い ⇒ 放射能の影響ではない

本来は、

放射能の影響と思われる症状が出た ⇒ 線量・放射能が高い

とするのが、科学のはずです。たとえば、浪江で生まれた有名な耳なしウサギhttp://onodekita.sakura.ne.jp/sblo_files/onodekita/image/2014011804.jpg
http://sankei.jp.msn.com/life/news/110529/trd11052912010002-n1.htm

耳が放射線で発育不全になることは、人間でも報告があります。http://onodekita.sblo.jp/article/58772559.html
すなわち、

耳のないウサギが生まれた ⇒ 被曝量がかなり多かったに違いない

が、「科学的」に導かれる結論のはずですが、原因と結論をひっくり返す御用学者(北里大学−伊藤伸彦教授)は、恥ずかしげもなく

被曝線量が低かった ⇒ 大地震とその余震で何度も強く揺らされたことが親ウサギのストレスになった

と結論をつけます。さすが、素晴らしい学者です。私にはとても、まねなどできません。

鼻血については、Amazonの書評http://www.amazon.co.jp/review/R14NNQKO1XPVBU/ref=cm_cr_rev_detmd_pl?ie=UTF8&asin=4594065775&cdForum=FxRRAAZCHWC0N1&cdMsgID=MxRHR8PDB97CWY&cdMsgNo=43&cdPage=5&cdSort=oldest&cdThread=Tx3RI1P5LMWYDSZ&store=books#MxRHR8PDB97CWYに綺麗にまとまっていましたので、やや長文ですが引用させていただきます。 岩清水宏氏のコメントです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
現行の理論に異議をさしはさむ余地が少なくなってしまうのは、仕方の無いことですよね。
同じく、医学の末席を汚すものとして、すこしだけ、コメントを残しておきたいな、と思いました。

鼻血に関して。

これは、結論から言うと、原発事故で十分説明可能でしょう。鼻出血のメカニズムは、あなたの仰る凝固系のメカニズムは、全体のケースの中では、ごく一部で、そのほかにも、鼻粘膜局所の炎症(これが一番高頻度でしょうね)、高血圧などの循環器系の原因、などなど、鼻血と聞いた瞬間に、普通は沢山思いつくものだと思いますがね。大気汚染で鼻出血の頻度が上昇するのは、古くは20世紀初頭のイギリスのスタディに始まり、主流学術雑誌をはじめ、各種の学術論文の明記するところです。したがって、放射能汚染粉塵による局所症状、と普通は思いが至る気もします。

もちろん、定量的にも、きちんと説明できますよ。

そうそう、今回の原発事故のときも、次のような議論を耳にしました。
事故当時、「超大量放射性ヨウ素投与療法で、1億ベクレルの放射性ヨウ素を投与しても鼻血はでないから、原発事故で鼻血なんて、絶対にありえない」
なんて議論をしていた人がいる、というのを、後から知り、驚きました。この場を借りて、少し反論を書かせていただきます。

1億ベクレルって、一見、普通の人が聞くと、しり込みしそうなほど、「超大量」と錯覚するんだけど、こういうことを議論する際には、きちんと、体内分布密度などを考慮しながら、ちゃんと計算していかないと、変な結論になってしまうんです。
簡単に計算するために、ちょっと乱暴な数字を放り込んでいくけど、血液を5Lとしたら、まず、投与後、その5Lに均一に拡散されるんだけど、その後まあ、1億ベクレルの大部分は、比較的早期に甲状腺などの特定臓器に再分布したり、大部分は尿中に排泄される。
議論を自分たちに不利にするために、仮に、ものすごーく多めに見積もって、1億ベクレル(10の8乗、つまり、10e8 Bq)の約半分が血中に、ある程度持続して残っているとすると、計算で、血液1cc中の放射能が出せます。割り算するだけです。
<<1億ベクレル投与、なんて言ってても、血液1cc中には、たったの10e4 Bq程度の放射能でしかない>>

今、鼻粘膜のことを議論しようとしてるんだけれど、鼻粘膜と、血液の接点は、毛細血管網という、細い血管のが張り巡らされた末梢血管の部分。
この部分の血管って、医学部、生物学部を出た人間には常識なんだけれど、ものすごーく血管床の表面積が広い。つまり、非常に多数の血管内皮細胞で覆われている。
ちなみに、簡単に試算することができて、毛細血管径を、ざっと7ミクロンとおけば、
<<1ccの血液を溜め込むのに必要な毛細血管の全長は、3x10e4メートルも必要になる>>
で、この3x10e4メートルの毛細血管に、どれだけの血管内皮細胞が張り付いているかと言うと、これに、分布密度の3x10e5個/メートルをかければいい。
<<つまり、1ccの血液を取り囲んでいる血管内皮細胞は、10e10個に上る>>

高々、10e4ベクレルを、10e10個もの内皮細胞が囲んでいるんです。細長い土管としてね。
<<つまり、1秒間に、一つの細胞が放射線でアタックを受ける確率はたったの10のマイナス6乗程度の低い確率でしかない>>
しかも、均一に放射性物質が溶けていると仮定できるから、ほぼランダムに、このアタックが起こる。
(ま、ちょっと構造的な部分を計算外としているんで、すこし大目になるかもしれないけれど、桁はそんなにズレてない)
(補足:毛細血管と毛細血管の距離と、β線の体内での透過距離を考えると、となりの毛細血管から飛んでくるβ線の影響は、あまり大きなものにならないと考えています)

こんなにまばらで、確率の低い放射線だと、血管内皮細胞が細胞死に至るこもほとんどなければ、鼻粘膜炎症が起こることもないでしょう。
百歩譲って、たとえ内皮細胞が障害を受けても、ランダムな場所で内皮細胞がやられているわけだから、すぐに修復される。
だから、放射性ヨウ素超大量療法で、数億ベクレル程度を投与しても、ふつうは、全然鼻血になんかならない。

モデルとして、血液と内皮細胞のことだけ論じたけど、粘膜分泌を考えても、組織間液とか考えても、
粘膜細胞を対象に考えても、基本的には、考え方は同じです。うすーい濃度で、均一に分布しているモデルの場合には、
アタックがランダムに、薄い確率でおこる、ということ。

<<でも、一方、放射性物質汚染微粒子が、鼻粘膜に付着したら、その影響はどうなるか?>>
仮に、微粒子が花粉くらいの大きさだったとして、20ミクロンくらいと想定すると、これって、ひとつの細胞と同じくらいの大きさなんです。
この微粒子が、仮に、たった1ベクレルのβ線核種に汚染されていたとしたら、どういうことがおこるかというと、付着した局所、つまり、この微粒子のごく近傍で、1Bqつまり、1秒間に1回、かならず放射線が、同じ箇所ででて、まあ方向性もあるんだけど、ほぼこの桁の放射線が、同一箇所をアタックし続けることになるんです。

方や1億ベクレルからスタートしたけど、アタックされる確率は、10のマイナス6乗のオーダー
方や、たったの1ベクレルだけど、1秒に1回とか、そんなオーダー。

そんな高頻度で、同一箇所をアタックされ続けたら、そこの粘膜細胞は死んじゃうし、修復も間に合わない。鼻血が出て当然なんですよ。

すごく乱暴な計算だけど、基本的に、掛け算と割り算だけで、きちんと計算すりゃ、簡単に、インパクトの大小がわかる。
同じ「内部被爆」でも、消化吸収で、均一に分布する場合と、粉塵付着での局所の影響とに、場合わけして考えないといけない。

あの当時、住民を安心させたい、という善意の気持ちから、安心論を伝えたいというのであれば、
頭ごなしに「鼻血はデマ」と否定しないで、「鼻血は、汚染粉塵の局所症状で一時的な問題ですから、安心してください」とか
「鼻血が出ていると言うことは、汚染粉塵を体外に排出しようとしている、良い反応だから安心してください」とか
「あくまで、局所症状で、全身状態に影響は無いけれど、鼻洗浄でもやっておけばいい」とか
「念のため、これ以上汚染粉塵を吸い込まないように、マスク着用を」など、言ってあげればよかったんです。

それから、核種によって、良いα線、悪いα線があるはずが無い、なんて、簡単に仰っておられますが、きちんと考えれば、いくらでも、そういうモデルは考えられるんですよ。
たとえば、ラドンのような希ガスは、体内に摂取されても、ひとところにとどまることなく、均一に薄い濃度で分布しますから、上記の鼻血(汚染粉塵)vs放射性ヨウ素の議論の喩えとおなじように、
生体に与える影響はα線核種の割には、極小でしょう。一方、トリウムなどは、肝網内系に沈着し、局所で持続的に慢性内部被爆の原因となり、局所慢性持続被爆の温床となってしまいます。
トリウム内部被爆で、高率に肝臓系の発ガン率が見られることの、ひとつの理解の仕方です。
「実行線量計算」に頼る考え方以外のメカニズムも、考慮に入れていただきたいなあ、と思います。

もっと言いますと、原子核物理学の法則が、絶対不可侵のものだと錯覚しておられるかもしれませんが、現在の原子核物理学の法則は、すべて、原子核が「気体」の状態での観測・実験データを元に作られています。
原子核が、固体中に、堅く足場固定されたときに、放射性元素が崩壊を起こすと、実は、現在の原子核物理学の理論の延長線上では説明のできないような、非常に興味深い挙動を示すことが知られているのですが、こういった分野は、ほぼ、一部の例外を除き、全くの手付かずです。

つまり、上記に立て続けに、体内分布の問題を例にあげましたが、体内分布が同じ場合でも、つまり、たとえ、体内に均一分布をする核種同士であっても、核種によって、当然、生体内分子との結合・相互作用という挙動が変わるわけですから、どの生体分子と結合している際に、どういう崩壊を起こしたら、どんな影響が起こりうるのか、というのは、全くの未知の分野なのです。
医学の最新知識をもって、非常に丁寧に考察を重ね、今後、何十年かに渡り、実験・実証を繰り返し、新しい研究分野を切り開いていかないといけない状況なんですよ、内部被爆のことをきちんと理解しようとすれば。

実際、セシウムの極く微量の内部被爆で、心臓伝道路の障害が高率に起こる、というデータを、Bandazhevskyが発表していますが、丁寧にメカニズムを考察していけば、彼のデータは綺麗に説明できる可能性が高く、やはり、現行の理論に反する実例のひとつになって行くでしょうね。

最後に、医学者として、別分野ではありますが、「地図のない分野」で、必死にもがいている身から、一言だけ言わせていただければ、「教科書に書いてあることがすべてはない」
特に、慢性内部被爆のように、ほとんど、調査もされていない学問分野では、沢山疑ってかからないといけないテーマが、山積みなんですよ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 鼻血、倦怠感をストレスでごまかし続けられるのは、いつまででしょうか。放射能は物質です。放射能自体が飛んできて、内部被曝をする場合にどうなるかが、フクシマでは最も大事です。それは、一瞬で反応が終わったヒロシマ、ナガサキとは全く違うのですから。
(転写終了)  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年4月29日 16:28:59 : nJF6kGWndY
>鼻血、倦怠感をストレスでごまかし続けられるのは、いつまででしょうか。

まずは心身症を治療した方が良いだろうな


>放射能は物質です。放射能自体が飛んできて、内部被曝をする場合にどうなるか

放射能は物質ではない


02. 2014年4月29日 17:00:19 : iUHHZGI5TA
>>01

馬鹿の上に無知だ。
工作員のバイトにもなれなかったんだな。


03. 2014年4月29日 18:29:27 : vkNwqkfJGI
>01. 2014年4月29日 16:28:59 : nJF6kGWndY
>>放射能は物質です。放射能自体が飛んできて、内部被曝をする場合にどうなるか

>放射能は物質ではない。

こいつ、中学で物理の基本も学んでないのか。
中学校の教科書にはこう書いてあるぞ。


   物質が放射線を出す能力を「放射能」といいます。


この能力をもった物質のことを「放射性物質」というのだが、ふつうはそんな堅苦しい言い方をしないで、物質をはしょって「放射能」といっていることくらいわかりそうなものだ。


04. 2014年4月29日 19:13:00 : Euby8AtMCb
>02,03

nJF6kGWndYを端的に表現すると浅見真規になるから。
全時空間で不要品としてはじき出される代物


05. 2014年4月30日 13:43:55 : Huc46W1eZ6
際外郭の不安定な余剰電子ですな。成る程、そりゃ害だ。
然しなんですな。最近やたらに確率が高くてかなわんです

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素37掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧