★阿修羅♪ > 原発・フッ素41 > 298.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
チェルノブイリ事故後、がんの診断後余命が20分の1以下になった
http://www.asyura2.com/14/genpatu41/msg/298.html
投稿者 魑魅魍魎男 日時 2014 年 11 月 24 日 05:10:51: FpBksTgsjX9Gw
 


以前からがんで闘病していた人、福島原発事故後がんになった人が、
急激に病状が悪化して、あっという間に亡くなる例が相次いでいます。

チェルノブイリでは、事故後は胃がんと肺がんの余命が何と20分の1以下になったということです。
被ばくによる免疫システムの崩壊によるものだそうです。

「がんと白血病」 (原発の危険から子どもを守る北陸医師の会 2012/3/7)
http://isinokai.churaumi.me/2012/03/07/chapter6/

[胃がんと肺がんの診断後の余命: 事故前後の比較] (ウクライナ)
1985年 胃癌 57ヶ月 肺癌 42ヶ月 (事故1年前)
1996年 胃癌 2.3ヶ月 肺癌 2ヶ月  (事故10年後)

がんに限らず持病のある方は、被ばくしないよう十分にご注意下さい。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年11月24日 10:08:20 : LHnTz0RYPs
----------------がんに限らず持病のある方は、被ばくしないよう十分にご注意下さい。

そういうけど日本から逃げ出さないと被曝なしは不可能だよ。「食べて応援せよ」
の政府は東日本には西日本の食品を持ってこない(福島は別だと言う)。

昔だったら、ガンは死の準備ができるからそれほど悪い死に方ではない、とも言われて
いた。が、これではあわただしい死に方しかできない。


02. 2014年11月24日 18:46:17 : VcqYjMUDwk
大人は食べろと言い触らしている京都大学のごようをなんとかしろ

[12削除理由]:管理人:アラシ
3. 2019年6月13日 22:47:42 : qW5770aSac : ZHBpTDdEcXlON1U=[650] 報告
>>01
食べ物を慎重に選ぶ人とそうでない人は、何倍も内部被ばく量が違う。

「食べて応援、危険と判明  生活習慣と体内被曝の関係が明らかに
(NAVERまとめ)」
http://www.asyura2.com/16/genpatu45/msg/156.html

また調理の仕方によっても放射性物質を軽減できることもわかっている。

「塩水に漬ける、塩ゆですると食材に含まれている放射性物質を軽減できる」
http://www.asyura2.com/16/genpatu46/msg/422.html

被ばくを完全に防ぐことはできないかも知れないが、
被ばく量を減らして発病を遅らせることはできる。

30-40代の働き盛り、子どもがまだ小さいのに亡くなって、
遺族は路頭に迷う例が多い。

10年でも20年でも発病を遅らせれば、それに越したことはない。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。) ★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素41掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
原発・フッ素41掲示板  
次へ