★阿修羅♪ > 雑談・Story41 > 290.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
イブの図書館女(矢田豊松の無頼館)
http://www.asyura2.com/14/idletalk41/msg/290.html
投稿者 たまゆら 日時 2016 年 1 月 07 日 19:12:31: vmH0DdCtNuFw6 gr2C3ILkguc
 

元記事http://blog.livedoor.jp/burait/archives/766484.html

 クリスマスイブは異性と過ごしたいもの。彼女のいない私は一週間前から駅前でナンパを試みたが、一人も引っ掛からない。イブ二日前、図書館でのナンパをひらめいた。繁華街よりも上質な女がいそうだからである。

 二十一時の閉館時に出口で声を掛ける場面を頭にイメージした。当日、職安で仕事を探した後、近隣で一番大きな図書館に向かう。館内を巡回すると、女性が何人かいた。しかし、だぼだぼのロングスカートや汚いズボンを履いたふやけた顔の女ばかり。英文解釈の本を忘れた私は、手持ちぶさたになった。閉館まで、まだ三時間もある。

 仕方なく、喫茶室で缶ジュースを飲む。あきらめて出たところ、入って来る長身女性とすれ違った。ジーパンに真っ赤なセーターを合わせ、マスクをしている。私の鼓動は一気に高まった。エレベーターの前でチラシを見るふりをして女の出て来るのを待つが、五分しても女は現れない。私はしびれを切らし、喫茶室に突入した。

 すでに人は引けていて、窓口も閉まっている。カウンターで女が一人、パンを食べていた。千載一遇の好機である。私は無人のゴールに蹴り込む心境で、堂々と声を発した。
 「こんにちは。何勉強してたの」
 女はハッとしてこちらを向く。白目をむきながら、のけぞった。

 驚いたのは、こちらも同じ。マスクを外した女は、推定四十代のドブスだった。そのくせ、怖がっている様子である。私は犯罪者にされたような気がして、その場を速やかに離れた。部屋を出るが、エレベーターがなかなか来ない。たまりかねた私は、階段を降りる。通報される不安がよぎり、自然と急ぎ足になっていた。

 地下鉄の扉が閉まったとき、命拾いしたと思った。女の過剰反応は、イブに一人で居る原因にもみえた。私は夢から完全に覚め、生活のため履歴書を書いた。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年1月18日 11:08:58 : xL9d4eXx1s : 38eQsq33vBA[15]
リアクションへたくそ。
「推定四十代のドブス」多分この感想、君の顔に書いてあったと思う。だからさ。



2. 2016年1月25日 09:00:22 : YaegIPKLG2 : Fbydgb5o7yo[213]
その女性がイブに独りでいる原因にも見えた、と思うあなたもイブにボッチなわけで

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 雑談・Story41掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
雑談・Story41掲示板  
次へ