★阿修羅♪ > 雑談・Story41 > 316.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
科学者:天国と地獄のかわりにパラレルワールドが存在する:“私”として再生するとは思わないが再生はありえる
http://www.asyura2.com/14/idletalk41/msg/316.html
投稿者 あっしら 日時 2016 年 3 月 21 日 02:00:48: Mo7ApAlflbQ6s gqCCwYK1guc
 


科学者:天国と地獄のかわりにパラレルワールドが存在する[スプートニク日本語]
2016年03月20日 21:05


米国カロライナ大学の研究者らは、肉体の死後に入るのは天国と地獄ではなく、ある種のパラレルワールドである、と主張している。

研究グループを率いるロバート・ランツ氏によれば、人間のライフサイクルは植物にたとえられる。すなわち、咲いてはしぼみ、新しい開花を繰り返す。何度も、何度もだ。物理的な死の後、その体の破片、正しくはその不滅の精神は、宗教が主張するように天国か地獄かではなく、全く異なる次元に入っていく。

また、ランツ氏は、パラレルワールドで死を繰り返すうち、私たちのこの次元で再び再生することもある、とする。この理論はビッグフットや人魚、さらには宇宙からの飛来者といったものの存在をも説明する、という。


http://jp.sputniknews.com/life/20160320/1815709.html


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年3月22日 01:10:15 : FMCiXz1lE2 : TBlTdc65c9s[21]
“私”としての再生でないなら、それを再生というのだろうか? 

2. 2016年3月22日 19:18:18 : i369o6kJZk : kP8O_M@Sqs8[43]
フォッグって言う映画思い出したんね。
視覚ってのがそもそも認識上のマジックかも、
我々の見ている物は唯の幻影、ホログラムかもしれないって実験やってたよね。
目から入った刺激で脳の中に世界を描いてるのだがその描き方が問題かもよ、
ってな話。

3. 2016年3月26日 23:13:29 : RL9L5GYw26 : 3V7ueSAY@h4[36]
科学で解明できない世界はあるのだろ。

古代ギリシャの哲学者 プラトン、 ピタゴラスの定理で有名な ピタゴラス らが

(大昔から)人間には霊魂が宿り、それは不滅(肉体が壊れたあとも壊れない

で残る)霊魂は生き続けると考えられていた、 受胎のときに霊魂が入り、出産

再生してくる,これが繰り返されるのが 輪廻転生である。

霊魂は科学で存在が確認できるのか、 霊媒師の分野なのか(大川りゅうほう?)


4. 2016年3月27日 09:25:46 : RL9L5GYw26 : 3V7ueSAY@h4[38]
(転生研究)再生というよりは、生まれ変わり、転生と呼ぶほうがいい。

 霊魂、輪廻転生がある、とした上で、なぜ輪廻転生が必要か、その原因

 なにか?

(答え) 人間がこの世に生を受けて生まれてきたのは、魂、霊魂を向上

 させるためのようです。 娑婆世界はそこで色々経験を積むいわゆる

 勉強の場みたいなものらしく、それで色々苦しいことがあったり

 たまに楽しいことも経験して だんだんと向上していくのが理想


 何回も生まれ変わって納得いくまで

 経験させられる、みたいです。


 経験終了となるのは、欲望、渇愛 がなくなれば終了 もう人間界には

 生まれてこなくてよろしい、OK 永遠に天国で生活、となるみたい。


科学では解明できませんので、念のため。

 


5. 2016年4月05日 02:44:07 : FMCiXz1lE2 : TBlTdc65c9s[24]
経験や知識の積み重ねが無いんだから、何度生まれ変わっても同じでしょ。

6. 2016年4月05日 14:59:42 : RL9L5GYw26 : 3V7ueSAY@h4[60]
5>> 君は経験も知識も積み重ねないんだね、そういう人もいるのか?

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 雑談・Story41掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
雑談・Story41掲示板  
次へ