★阿修羅♪ > 雑談・Story41 > 315.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
推薦事件
http://www.asyura2.com/14/idletalk41/msg/315.html
投稿者 asy8 日時 2016 年 3 月 17 日 00:22:29: 3ati27iqg4fYY YXN5OA
 

広島県で起きた。男子中学生自殺事件について述べる。これは卒業間近の男子中学生が自殺してしまった悲惨な事件である。この男子中学生は進学を希望しており、推薦で入学できることを希望していた。ところが担任の女性教師に万引きを一年生の時にやったというデータがあり推薦はできないと断られた。ところがそれは嘘で、実際にはこの生徒は万引きなどはしておらず、まったくのでたらめの偽情報だった。しかもそのことは会議できちんと指摘されていたのだが、パソコンのデータが修正されていなかった。推薦を断られた生徒は、失望のために卒業が近いのに自殺した。親にも万引きのことは知られたくなかったようだ。しかし本当は万引きなどしていなかった。これは恐ろしい事件である。こんなことが繰り返されてはいけない。推薦入学というのはあいまいなもので、明確な基準や公正な評価などはない。ある程度成績が良い者を適当に選んで数だけ合わせているようなものだ。出席日数が考慮されるが、かなり主観的であり、一方的に選ばれている。大きなトラブルを起こした者は除外されるものの、必ずしも公正ではない。推薦制度は不公平なものと言えるだろう。恐ろしいのはやってもいない万引きの犯人にされて、それで大切な進路を左右してしまうということだ。こういういい加減ででたらめな教師の裁量で、何でも勝手に決められたら大変なことになる。誰か他にきちんとチェックしてくれるような人がいればいいが、そうでないととんでもないことになる。こういうことが卒業前に出てくるというのはとても奇妙だ。もしも過去に万引きとか、他のいろいろな事件を本当に起こしていたのなら、かなり長期にわたり、観察し、指導し、成長を見守るべきなのに、ただ機械的に一方的に決めつけられ未来を閉ざしてしまうというのは許されないことである。それに万引き犯人が別にいて、この自殺した生徒ではないと判明した時点で、すべてのパソコンのデータも削除修正をするべきである。そのチェックと管理もきちんとやっていない。それから進路の相談を廊下でやっているというのは驚いた。そんな教室で授業が行われているのに、すぐ横の廊下で大切な進路相談をするというのはあまりにも常識に反する。それでは落ち着いて話もできないだろう。また会話の内容は教室で授業を受けている他の生徒に、ほとんどすべて筒抜けだったはずだ。そういう場所で推薦を断るとか万引きの話とか、かなり深刻な内容の話をしている。これは信じられないほど許されない侮辱行為だ。例えば逆にそういう廊下でこの担任女性教師の私生活に関することとか、過去のいろいろなトラブルについて延々と会話をするのはとても我慢できないはずだ。そういう相談は必ず個室でやるべきだし、それに他の生徒とはある程度離れた場所でやるべきだ。そういうこともわからないというのは信じられない。もうすでにこの学校では卒業式も済んでいるし、当時の同級生もそれぞれバラバラに散ってしまっている。自殺した生徒に関することは、もはやそれ以上のことはわからず、すべて闇の中であり、学校側としては都合のいいように情報操作をして責任逃れをしている。そういうやり方で済ませていると、また同じことが必ず繰り返されるだろう。現在の日本の学校に緊急に対応してもらいたいことは、もっと自由に自分の意見を述べられる環境を構築するべきだということだ。それは生徒自身の努力も大切だが、そういう環境がないと何も言えなくなる。自分の意見を述べることが許されない学校というのは決して発展しない。何もかもすべて力と圧力と権威で押さえつけ、あらゆる自由を奪い、一切の意見を受け付けず、ただ一方的に教師がすべてを決定するという環境では、何も育たないし、何も生まれないし、いかなる未来もない。学校側が設定した環境が公正で平等できちんとしたものであり、まったくミスがないということであればそれでも自動的にうまくいっているかのようだが、どうしてもミスは出る。それに社会に出てから、そういうきちんとした環境が約束されるわけではない。公務員の世界でもミスは多い。アメリカをはじめとする西欧諸国の民主主義国家では、まずは権利を主張する勇気を徹底的に育てる。民主主義と言ってもロシアなどはまだ自由はないが、本来は自分の権利を主張できるのが民主主義国家だ。確かに現実はそう理想的ではなく、会社に就職すれば会社のルールに従わねばならないし、他のいろいろなサークルや組織でも同様だ。自分の意見ばかり述べていたら、孤立して仲間外れにされるということもある。だが、基本として、最低限、自分の命は自分で守る努力をしなければならない。そして意見は否定されても、拒絶されても述べねばならない。またやってもいないことをやっていないと言わず、そのまま受けれることも間違いだ。しかし、まだ未成年の場合には難しいと思う。未成年だけでなくどんな年齢でも、自分が所属する組織と戦うことは非常に困難である。いじめ問題でも同様であり、いじめ被害者は意見を述べねばならない。被害を告発しなければならない。それをしないと何も解決しない。学校側も周囲も社会も警察も、何もなかったこととして処理する。いじめ問題を一人で解決することはできない。だが、いじめの事実を述べることはできる。やっていない万引きはやっていないと言わねばならない。それからどういうことが起きても、もしも問題が解決できなくても、いじめが続いたり差別や嫌がらせが続いたとしても、それは被害者の問題ではない。それにより自殺するというのは間違っているし、逆にそういうことをすれば加害者が喜ぶだけだ。日本は、健全ではないし、公正でも公平でもない決して完璧な社会ではない。日本の民主主義は未熟で欠陥が多く、政治家や公務員は不正行為ばかりしている。犯罪が多く、治安が悪く、いじめがはびこっている。日本は人権侵害や差別が蔓延している。だがそれでも、私たちが住んでいる国であり、自分で自分の命を守らねばならない。それは自分だけでなく、その人の家族や親しい人々も望むことである。だが戦いを望まない優しい心の人もいることも事実だ。無視して見て見ぬふりをしても何も解決しない。転校とか不登校とか退学も一つの方法だろう。それも逃げかもしれないが、とりあえず対抗策がないときには仕方がないだろう。だが、自殺は非常に有害であり、まったく問題を解決しないだけでなく、加害者のみに有利だ。証拠もなくなるし、証言者もいなくなる。何が起きたのかを知ることができなくなる。それは責任者にとってこの上なく好都合なのだ。緊急に対応するべきことは、自分の意見をきちんと述べられるようにするということだ。そしてその環境を構築しなければならない。そうしないと、次々に別の犠牲者が出る。心優しい人が消滅し、邪悪な人間だけがはびこるようになれば、それこそ本当の闇の世界だ。そんな世界に住みたいと思う人はいないはずだ。もしもそういう世界を好むのであれば、人間ではない。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. taked4700[5348] dGFrZWQ0NzAw 2016年5月06日 19:09:53 : OGRc3T9Pb2 : VzsoEP8eqOQ[1]
>進路の相談を廊下でやっているというのは驚いた。そんな教室で授業が行われているのに、すぐ横の廊下で大切な進路相談をするというのはあまりにも常識に反する。

自分もこのことには驚きました。多分ですが、授業時間確保と言うことが教育委員会から言われていて、授業をやるとなると、面接会場をクラス分確保できず、生徒の移動の時間もあるので、廊下で話そうとなったのだと思います。

ところで、推薦がなぜこうやって維持されているかですが、定員割れの県立学校も多いなか、推薦は早く決まるため、推薦で合格したいという生徒・保護者側の意識があるからです。そして、このことが、推薦を裏のあるものにしていると思います。

今の教育は、とても形式的になって来ていて、見た目はかなりきちんとしているのですが、内実は全くダメというのが非常に多くなっているようです。特にひどいのがエリート校であり、全く学力のない生徒がエリート校に通ってよい成績を取っているという事例がかなりある様子です。背後に何があるかは分かりますよね。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 雑談・Story41掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
雑談・Story41掲示板  
次へ