★阿修羅♪ > 雑談・Story41 > 603.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
帯津先生には居酒屋でスカウトされた。帯津先生がいつも患者さんを大事にされている姿を、看護師たちは見ていた/山田幸子
http://www.asyura2.com/14/idletalk41/msg/603.html
投稿者 藪素人 日時 2018 年 7 月 08 日 09:08:33: BhHpEHNtX5sU2 5U2RZpBs
 

帯津先生には居酒屋でスカウトされた。帯津先生がいつも患者さんを大事にされている姿を、看護師たちは見ていた/山田幸子
第二章 看護師としての道のり
〔帯津先生には居酒屋でスカウトされた〕
 帯津先生は、食道がんの患者さんを執刀した日は、必ず泊まることが日課になっていました。患者さんが急変したとき、すぐに対応できるようにということで、当直日以外でも泊まっていたのです。
 そのため、手術後はいつも、患者さんの容態が安定したのを確認してから、夕食をとりに出かけていた…。
 ICUの看護師はみな、それを知っていましたから、帯津先生が手術をした日は、そのベットをほかの先生は使えないように空けておいたものでした。帯津先生は、看護師の間で本当に好かれていたのです。とても尊敬されていました。

 なぜかと言いますと、帯津先生がいつも患者さんを大事にされている姿を、看護師たちは見ていたからです。ベットで休んでいても、患者さんの様子を定期的に診に来ていましたし、何かあって看護師が先生を呼ぶと、すぐに飛んできて対応してくれる。朝もしっかり診て、それから病棟の回診へ行かれるのです。そんなふうに一晩中、手術後の患者さんをフォローする医師はまずいません。今思えば、その頃から帯津先生は、ホリスティック医学をふつうに実践されていたのですね。…今考えると大変だったと思います。
 あるとき日勤を終えて帰る途中、病棟の廊下を歩いていると、帯津先生から、「ちょっと一杯飲みに行かない?」と声をかけられて…。

第三章 帯津三敬病院で奮闘した日々
〔帯津先生の医療を実践することの難しさ〕
 帯津先生のホリスティック医学に憧れて、高い志をもって入職した医師であっても、自分の診療に対して、患者さん側が断固拒否し続けたり、否定的なことを言われたりすることが、日々繰り返されると、どうしても我慢の限界を迎えます。患者さんに怒鳴ってしまったり、あるいは優しくして怒れない医師は自分の中にストレスをたま込んでしまって、心身ともに疲弊していきます。
 そして帯津先生の医療をやりぬけない自分が許せなくなり、3年ほどで挫折し、退職する先生方も多々ありました。真面目で志の高い先生ほど、理想と現実のギャップに耐えられなくなるのでしょう。
 帯津先生は、辞めて行く先生方を無理に引き留めることはしません。…先生は何も言いません。

 それでも不思議なことに、2〜3年で辞めた医師がそのあと、よその病院でしばらく勤務し、また戻ってくる場合があります。看護師の中にも、いったん辞めて戻ってきた人がいます。外の世界を見て、あらためて思うところがあり、戻ってくるのだと思います。
 帯津先生は、そういう職員をいつも笑顔で迎え入れます。職員にたいしても患者さんに対しても、決して自分の意見を押しつけることなく、その人の考えを尊重する方なのです。…
 あまりの寛容さに、私はときどき腹を立てたりしたこともありました。それでも、私自身、そうした帯津先生のやさしさの中で、自分のやりたい看護を続けることができたのだと、今は思っています。

山田幸子:1936年、東京(根岸)生まれ。帯津三敬病院の開院後、看護師長に。

【出所】山田幸子『つなぐ看護 生きる力』佼成出版社/H30年  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 藪素人[41] 5U2RZpBs 2018年7月08日 19:29:47 : Rl79fb5S7A : SRNPARnFhLA[1]
帯津「僕が一番驚いたのは、山田師長が私のいうことに絶対反対しなかったことだな。…とにかく、私がやることにすべてついてきてくれた…すごかった」

第一章 帯津三敬病院の35年を振り返る
〔出合いは都立駒込病院のICU〕
山田 帯津三敬病院が開院してから、35年経ちました。私自身は22年目で病院の総師長を辞め、池袋の帯津三敬クリニックへ移って、今はそのクリニックも退職しましたが、本当にいろいろなことがあった35年でした。

〔「孤独なる荒野のガンマン」を支えたもの〕
帯津 僕が一番驚いたのは、山田師長が私のいうことに絶対反対しなかったことだな。…とにかく、私がやることにすべてついてきてくれた。本当によくやってくれたと思っているんだ。総師長だから、部下を統率しなければいけないし、対外的に患者さんとのコミュニケーションもいっぱいある。そういう方面は、最初の頃はそんなにすごいと思わなかった。ふつうだったんだけど、私の手伝いという意味では、じつにね、かゆいところに手が届くと言うか、すごかった。…師長はいつも傍らにいてついてきてくれて、僕の仕事を全力で支えてくれた。だからこそ、人にはなんと言われようとも、平気で続けられたと思う。
山田 私が何もいわずに先生についていったのは、先生のことを信頼していたのはもちろんのことですが、先生が私のやりたいことを自由にやらせてくださったからです。とくに、いつも診療につかせていただいて、患者さんと先生のやりとりを聞いたり、私が口をはさんだりすることを許してくださったことに感謝しています。おかげで…先生のいないところで患者さんから聞いた本音を先生にフィードバックして患者さんと先生をつなげることもできました。これは私がずっとやりたかった外来の看護の形でした。それが結果的に、先生のおっしゃる「かゆいところに手が届く」お手伝いにつながっていったのだったら、とても嬉しいです。

帯津 いやあ、私にとっても、そうした師長の働きは、診療を行ううえで助かった。本当に師長がいてよかったと思っているんだ。
山田 医師の中には、診療中に看護師が傍らにいたり、まして口をはさんだりすることを嫌がる方がいます。でも、帯津先生は一言も文句を言わなかった。だから、新人の看護師にも、帯津先生の診察のときには、必ず患者さんの傍らについて、先生の話を一緒に聞き…。
〔フットワークの軽さは誰にも負けない〕
帯津 山田師長は、僕の考えをいち早く察知して、動いてくれるところがありがたいんだ。…


▲上へ      ★阿修羅♪ > 雑談・Story41掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 雑談・Story41掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
雑談・Story41掲示板  
次へ