★阿修羅♪ > 雑談・Story41 > 648.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
Y染色体はどこから来たの? Y染色体のおはなし
http://www.asyura2.com/14/idletalk41/msg/648.html
投稿者 BRIAN ENO 日時 2019 年 1 月 07 日 11:36:47: tZW9Ar4r/Y2EU QlJJQU4gRU5P
 


染色体はどこから来たの? Y染色体のおはなし

Y染色体のおはなし 2回目は

―Y染色体はどこから来たの?― というお話をします。

Y染色体は常染色体(性染色体以外の染色体)から由来しました。

哺乳類が爬虫類と別れた、1数億数千万年年前のことです。

そのときY染色体はX染色体と対をなし、X染色体と同じくらいの大きさであったと考えられます(下図)。

その後、この二本の染色体間の相同性が減少し、減数細胞分裂のときの組み換えが抑制され、退化と矮小化が進んだと考えられています。

なぜY染色体だけがこのような運命をたどったかはわかりません。

しかし、Sryという雄性の性決定遺伝子を得たので現在まで生き延びることができました。

人類が存続する限りこれからも滅びることはありません。

Y染色体はとても小さく、ヒトの約2万個の遺伝子のうち、最大でも78個しか乗せていません。

Y染色体が小さいながら何とか構造を保っているのは、無意味な配列や機能していないヘテロクロマチンというDNAが増幅しているからだと言われています。

また、上の図で説明したように、X染色体とY染色体は、昔の名残りで、精子形成の際の減数分裂のとき、ごく一部PAR1とPAR2でX染色体と対合し、組み換えが起こります。

Y染色体はひとりぼっちではありません ^―^)人(^―^。

関連する以前の記事もご参照ください

性別を決める遺伝子が乗っている! Y染色体のおはなし

テーマ 「卵子と精子」

(文責:[研究開発部門] 長谷川 昭子 [理事長] 塩谷 雅英)


https://www.hanabusaclinic.com/weblog/2018/10/08/y%E6%9F%93%E8%89%B2%E4%BD%93%E3%81%AF%E3%81%A9%E3%81%93%E3%81%8B%E3%82%89%E6%9D%A5%E3%81%9F%E3%81%AE%EF%BC%9F%E3%80%80y%E6%9F%93%E8%89%B2%E4%BD%93%E3%81%AE%E3%81%8A%E3%81%AF%E3%81%AA%E3%81%97/

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲上へ      ★阿修羅♪ > 雑談・Story41掲示板 次へ  前へ

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 雑談・Story41掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
雑談・Story41掲示板  
次へ