★阿修羅♪ > IT12 > 195.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
東芝、64層の3D NANDをサンプル出荷 「世界初」(EETimesJapan)
http://www.asyura2.com/14/it12/msg/195.html
投稿者 怪傑 日時 2016 年 7 月 27 日 17:48:06: QV2XFHL13RGcs ifaMhg
 

東芝、64層の3D NANDをサンプル出荷 「世界初」
http://gansokaiketu.sakura.ne.jp/20160727-TOSHIBA-64souno-nandwo-sanple-shukka-sekaihatu.htm

東芝は2016年7月26日、64層の3次元構造のNAND型フラッシュメモリ(3D NAND)「BiCS FLASH」のサンプル出荷を開始すると発表した。256Gビット 3ビットセルチップで、今後はチップ単体で0.5Tビットの製品まで提供予定。量産出荷は、2016年第4四半期に開始する見込みという。
[庄司智昭,EE Times Japan]

0.5Tビットまで提供予定

東芝は2016年7月26日、64層の3次元構造のNAND型フラッシュメモリ(3D NAND)「BiCS FLASH」のサンプル出荷を「世界で初めて」開始すると発表した。東芝は、「データセンター向けエンタープライズSSDやPC向けSSD、スマートフォン、タブレット、メモリカードなどの市場のニーズに合わせて展開していく」と語る。

 同製品は256Gビット 3ビットセルである。回路技術やプロセスを最適化することで、チップサイズを小型化し、48層のBiCS FLASHと比較して、単位面積当たりのメモリ容量を約1.4倍に大容量化。チップサイズの小型化により、1枚のシリコンウエハーから生産されるメモリ容量を増やし、ビットあたりのコスト削減も実現したという。

 NAND型フラッシュメモリの製造に関するパートナーであるウエスタンデジタルコーポレーション(以下、ウエスタンデジタル)のリリースによると、まずは256Gビットの容量で展開し、今後チップ単体で0.5Tビットの製品まで提供予定とする。


ウエスタンデジタルでは、2016年7〜9月にサンプル出荷、同年10〜12月に量産出荷を開始する見込み。48層のBiCS FLASHの出荷は、継続するという。

 なお、同製品は、2016年7月に竣工した新製造棟「東芝四日市工場新第2製造棟」で製造する予定だ(関連記事:東芝とWD、18年までに3D NANDに約1.4兆円投資へ)。


関連記事

東芝、3D NANDで世界獲るには「量産が課題」
3D NANDフラッシュの競争は激化へ
東芝、18年度売上高5.5兆円に向けた事業計画
東芝、赤字転落の半導体事業は自主再建
東芝、3D NAND新工場建設を決定
東芝、3D NAND製造用に四日市工場の敷地を拡張

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > IT12掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
IT12掲示板  
次へ