★阿修羅♪ > IT12 > 245.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
国内ベンチャーが「暁光」で来年スパコン世界首位に挑戦・・「米中には負けられない」 海洋研究開発機構
http://www.asyura2.com/14/it12/msg/245.html
投稿者 怪傑 日時 2017 年 8 月 06 日 13:23:40: QV2XFHL13RGcs ifaMhg
 

国内ベンチャーが「暁光」で来年スパコン世界首位に挑戦・・「米中には負けられない」 海洋研究開発機構
http://gansokaiketu.sakura.ne.jp/newsindex4-special-naiyou.htm#2017-08-06-国内ベンチャーが「暁光」で来年スパコン世界首位に挑戦・・「米中には負けられない」 海洋研究開発機構

スパコン世界首位に国内ベンチャーが挑む「米中には負けられない」 海洋機構「暁光」来年にも
http://www.sankei.com/premium/news/170806/prm1708060011-n1.html


日本のスーパーコンピューターの将来を光が照らしている。その名も「暁光(ぎょうこう)」だ。計算速度の世界ランキングで11月に3位に躍り出る見込みで、来年にはトップを目指す。開発を手掛けるのはベンチャー企業。「米中には負けられない」と強い使命感で突き進む。(原田成樹)

秋に世界3位へ

年に2回発表されるスパコンの計算速度の世界ランクで今年6月、海洋研究開発機構・横浜研究所の暁光が69位に初登場した。まだ一部しか稼働していないが、11月までにフル稼働すれば国内トップの東大・筑波大を抜き、一気に世界3位となる見通しだ。

 ペジーコンピューティング(東京)を中核とするベンチャー企業グループが開発した。1つの演算処理装置に千個以上の回路を搭載して効率を高め、超高密度の半導体メモリーを採用。装置の冷却は従来のファンによる排熱ではなく、液体に丸ごと浸して強力に冷やす。日本の独自技術を詰め込んだ特注マシンだ。

 世界トップの座は日米中が激しく争ってきた。日本は2002年に海洋機構の「地球シミュレータ」が首位となったが、その後は米国が逆転。11年には理化学研究所の「京(けい)」が首位を奪還したものの、現在は8位に後退し、中国が9連覇中で独走している。

 各国が次の目標として狙うのは20年前後に登場する「エクサ級スパコン」で先陣を切ることだ。エクサとは1兆の100万倍を意味する言葉で、京の百倍もの計算速度を発揮する。

 国営新華社通信によると、中国は20年にエクサ級への到達を目指す。米国は「遅くとも21年の達成」を掲げ、政府がメーカーの開発を支援するプロジェクトを6月に立ち上げた。


「エクサ級」で先陣

 一方、日本は国家戦略として「ポスト京」の次世代スパコンを開発中だが、演算処理装置の設計変更などで運用開始は当初の20年度から1、2年遅れる見通しだ。そこに現れたのが暁光で、能力増強により来年にもエクサ級の世界一番乗りを目指している。

 ペジーコンピューティングを率いる斉藤元章社長(49)は医師で東大付属病院に勤務していた異色の経営者だ。10年に同社を創業した。

 開発を手掛けたスパコンの番付デビューは14年。独自の演算処理装置を搭載し高エネルギー加速器研究機構に設置された「Suiren(スイレン)」が369位に入った。先進性を示す重要指標の省エネ性能では2位に輝き、米国製部品を使い2連覇していた東京工業大の「TSUBAME−KFC」を上回った。

 スパコンは性能を決める主要部品の中央演算処理装置(CPU)などで米国製品の寡占化が進み、日本メーカーにとって逆風が続いている。

 気になるのは中国の動きだ。CPUの開発が本格化したのは2000年以降で日米と比べ“周回遅れ”とみられていたが、独自開発の「神威太湖之光」が昨年6月、いきなり世界トップで登場。省エネ性能でも3位の実力をみせた。スパコンの稼働台数は今や米国と並び、相当な国内需要があり、今後は世界市場に食い込む可能性もある。

 こうした状況を指をくわえて見ていては、日本はスパコンの技術基盤や人材を失うと斉藤氏は危惧する。


AIで科学牽引

 高性能スパコンの開発はなぜ必要なのか。斉藤氏は、人工知能(AI)が囲碁や将棋で人間には思いもよらない手を打つようになった点に注目する。

 現在の自然科学の研究では科学者が仮説を立て、実験で確認し、新理論が誕生するという流れが一般的だ。しかし今後は、スパコンに搭載したAIが大量のデータから多くの仮説を立て、これをシミュレーション(模擬実験)で検証し、次々に新理論が生まれていくとみる。一部の科学者らが真剣に議論する「AI駆動型科学」の到来だ。

 「2位じゃ駄目なんでしょうか」。高性能スパコンの開発は旧民主党政権の事業仕分けでやり玉に挙がったが、日本の競争力を維持する上で欠かせない。

 スパコンの回路設計はどんどん複雑化しており、次の世代を作るためにも高性能な機種が必要だ。斉藤氏は「競争に遅れると、科学技術全体が二度と追いつけなくなる時代が来る」と力を込めた。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2017年9月18日 05:36:15 : xqmwUEHfmY : noBBlaA@hpU[2]
スパコン競争に遅れる事が科学技術全体を衰退させるのではない。
○○学園問題、○○論文不正、再生医療○○細胞等々、
日本においては大学等基礎科学や教育現場、高等教育を食い物にする詐欺師が居る。
彼らが科学全体を衰退させ競争力を低下させているのではないかと思う。

スパコンも同様で無意味な予算をつぎ込めば科学が発展するなどという話にはならない。
科学の発展を願うなら、なぜもっと低コストで効果的な道筋を提案できないのか疑問だ。
大声でスパコンと主張する癖になぜこの国にはコンピュータサイエンス専門の科学博物館すらないのか。過去のスパコン遺産すら評価できないのか。
TOP500等という無意味なベンチマーク評価で一位になる等という非科学的な目標が、
なぜエクサスケールのスパコンの目的となるのか。手段が目的となってしまうことほど
愚かな話はない。
エクサスケールにはそれにふさわしい科学的テーマがあるのではなかったか?

「AI駆動型科学」などという発想も、科学や研究を知らない人間の言うデマである。
AIなどという誤った知識で何をしたいのか。
そもそもスパコンは高速に計算処理をする道具であってAI分野は別の話である。

CPU製品の海外製の寡占化というが、スパコン分野であれば日本製の設計は存在する。
米国製品のCPU寡占化の話は民生品の話であって、一般に市販されているものだ。
海外では安く仕上げる為にその民生品を採用してクラスタを作る。だから寡占化する
だけの話であって、そもそも市場に存在しない日本メーカーの特殊製品に逆風という
認識もおかしい。

スパコン界隈ではシンギュラリティーという話を主張している人も居るが、計算機の
性能がある水準を超えたからといって、人工知能は飛躍的に進化はしない。それは
ただ単に計算が高速になったというだけの話である。
エネルギーが無料になることもない。エネルギーには物理法則という厳密な話があるので、
スパコンが早くなれば無料エネルギー永久機関のようなものが作れるという話は大間違いである。

それが例え核融合であったとしても同様でありそこからエネルギーを得る為にはコストが生じる。
エネルギーが無料になれば衣食住も無料になるという話しも無きに等しいデマだ。
現状、電気エネルギーがあるからといって食べ物がそこから生み出せる訳ではない。
家も衣服も生み出せるというのは愚かな発想である。
シンギュラリティーという話は疑似科学である。

このような疑似科学をスパコン界隈の人々が口にしている現実を知ると、日本の科学や
基礎学力低下と崩壊に危機感すら覚える。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > IT12掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
IT12掲示板  
次へ