★阿修羅♪ > 国際9 > 648.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
立ち往生必至のキエフ政権:寒さと停電で国内から怨嗟の声:シェブロンがシェールガス開発から撤退:独仏も金融支援引き延ばし
http://www.asyura2.com/14/kokusai9/msg/648.html
投稿者 あっしら 日時 2014 年 12 月 16 日 17:28:23: Mo7ApAlflbQ6s
 


 西側諸国でのウクライナ危機に対する関心は急速に薄れ、マレーシア航空17便撃墜という惨劇もまるでなかったかのように無視されている状況だ。

 ウクライナ東南部の内戦状態はなんとか終止符を打ったようだが、キエフのポロシェンコ政権は、“奇妙な砲撃戦による内戦”以上の深刻な政治的危機に追い込まれている。

 一つは、壊滅的な経済状況にあるウクライナは、本格化した冬の寒さをしのぐために必要なぎりぎりのエネルギー資源さえ手に入れることができないことだ。
 国内であるドネツクに膨大な石炭備蓄があるのにそれさえ手に入れることができず、不足する石炭1千万トンほどを南アフリカから緊急に輸入しなければならない状況にある。(それも思うように輸入できていないのが現状)

 ウクライナの一般家庭は、停電が日常化(通電は6時間/日ほど)になり、苛酷な寒さを和らげるための暖房も止まっている。その一方で、政府職員が住む地域は停電することもなく暖房も行き渡っているという。さらに、ポロシェンコ大統領がオーナーであるチョコレート工場は数万個の電球で電飾が施されたままだという。
 右派セクターも、東南部に対する政策を中心に、ポロシェンコ政権に敵対する動きが強まっている。

 このような状況だけで一つの政権が崩壊するには十分な条件と言えるだろう。


 もう一つは、建前として現政権を支援する動きを見せてきた西側諸国がいい顔を見せなくなったことである。

 経済破綻と政治的昏迷が深まる国内事情だけでもポロシェンコ大統領が政権を維持していくことは困難だが、さらにそれに追い打ちをかけるように、西側諸国から手痛い仕打ちを受けはじめた。
 昨年秋に米国バイデン副大統領までしゃしゃり出て鳴り物入りで締結されたシェブロンのシェールガス開発契約であったが、シェブロンは、ウクライナ政府が必要な書類を用意しなかったという理由で一方的に撤退を表明した。

 さらに、メルケル首相とオランド大統領は、ポロシェンコ政権に政治・経済の改革を迫り、その実行がなされない限り追加の金融支援を実施しないと通告した。

 元々、西側諸国とそれらと裏で通じるロシアプーチン政権にいいようにいじられるなかで起き進行した「ウクライナ危機」だが、いよいよ悲劇的な状況に追い込まれるなかで終結を迎えそうである。


※ここに書いた情報の基本は、今朝NHKBSで放送された「RTRニュース」に拠る。

※ 関連参照投稿

「デフォルトを嫌う金融家のため、危機を頼りにする軍需産業のため、「東西」の合作で分断と対立を煽られたウクライナ」
http://www.asyura2.com/14/senkyo162/msg/467.html

「原油価格、なお底値見えず NYで60ドル割れ:ウクライナや中東で争乱を続け原油価格を支えるのは愚かな戦術」
http://www.asyura2.com/14/kokusai9/msg/645.html

「ウクライナ情勢の今後:軍事的対応はハナからなしだが、実質的経済制裁も避けたい欧米先進国:焦点はウクライナ東南部地域の“地」
http://www.asyura2.com/14/kokusai8/msg/169.html

※ シェブロンウクライナでのシェールガス開発参考記事

ウクライナ、シェブロンとシェールガス開発へ
2013 年 11 月 6 日 18:20 JST

 【キエフ】ウクライナは5日、米石油大手シェブロンとシェールガス開発契約を交わした。同国はロシアから輸入するガスの支払いに苦心しており、ロシアに対する供給依存の軽減を図っている。

 シェブロンはこの生産物分与契約に基づいて3億5000万ドルを投資する。ウクライナは1月にも英蘭系メジャー(国際石油資本)のロイヤル・ダッチ・シェルと同様の契約を交わした。
 ウクライナは天然ガスの供給をロシアに頼っているが、米国の掘削技術が自国の資源開発を後押しすると期待している。

 ヤヌコビッチ大統領は調印前に「われわれはシェルおよびシェブロンとの契約によって2020年までにガスの自給自足を達成できる。楽観的な筋書きによると、輸出国になることができる」と話した。
 シェールガス革命による米国での生産急増で、欧州諸国は欧州連合(EU)の輸入の3分の1を満たすロシア国営天然ガス大手ガスプロムへの依存を減らすことができると期待している。
 ウクライナは特に自国の生産量を増やしたい考え。同国はロシアにガスが高過ぎて経済に痛手を被っていると割引を求めたが、ロシア側は応じなかった。
 ウクライナのスタビツキー・エネルギー石炭産業相は「(ロシアの)パートナーから天然ガスを購入するよりずいぶん安くなる」と話した。
 同相によると、シェブロンが開発を支援するウクライナ西部のガス田はフル生産時の年間産出量が50億立方メートルと、今年のロシアからの購入予定量のほぼ5分の1に相当する。

 米エネルギー情報局(EIA)によると、ウクライナのシェールガス埋蔵量は1兆2000億立方メートルと欧州4位。
 スタビツキー氏はそのほか、ウクライナは延滞していた8月供給分についてガスプロムへの支払いを開始した、と語った。ガスプロムは、ウクライナ国営エネルギー会社ナフトガスの未払い分8億8200万ドルのうち一部しか受け取っていないと主張している。

http://jp.wsj.com/articles/SB10001424052702304218104579181161862048186

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年12月16日 21:52:55 : yy7D5jhcis
暴力テロ・クーデタ政権も越冬できない可能性が大ではないか。

02. 2014年12月16日 22:47:49 : ytIWoEzSFI
やはり歴史のジンクスである、ロシアを敵に回した者は自滅すると言う展開になってきたな。ナポレオン、ヒトラー、ポロシェンコ。

03. 2014年12月16日 22:50:43 : DxTBxlLLEw
ま、シェールガスなんぞ手を出さんに越したことはない。
油田といっても掘削に伴う汚染問題と地盤沈下、それになにより枯渇が驚くほど早い不安定さのあまり次のシェール層を確保し、次から次へと掘削していかないと運転が追いつかない自転車操業にこの安値では自分の首に縄かけて自分で絞めるようなもんよ。
ここはひとつ、ロシアに頭下げて天然ガスを回してもらいんさいよ。
プーチンは別にウクライナがEUと一緒になりたいことを反対しとるわけじゃないいんで。
NATOの基地をウクライナに置くことさえしなければ、目をつぶるとゆうとるんだからそう確約して頭下げりゃええじゃないの。
それともウクライナ国民を厳冬に凍えさせても、ロシアに頭を下げたくないいうんなら勝手にしんさいやw

04. 2014年12月16日 23:16:15 : 9oKgWK2Yxg
 なんやて、アメリカ、EUに囲うてもろとるんちゃうんか。
せやのに何でカネ足らん、ガス足らんボヤいトンねん。
我がでアメリカ、EUにケツ搔かれてあれだけ騒ぎ起こしてよ。
崇高なる「自由と民主主義」の陣営に加わるゆうとったんやから
アメリカ、EUに助けてもらえや、ウクライナ助けたいゆうて仰山カネ積んどるでぇ。
ロシアに泣きついてもあかんで、ウクライナのためにG8から除名されて
経済制裁まで課されとる。これもウクライナがケンカ売ったせいや。

05. 手紙 2014年12月17日 00:59:52 : ycTIENrc3gkSo : eJNfAQhPzg

*A European future for Ukraine
http://blogs.ec.europa.eu/malmstrom/a-european-future-for-ukraine/

*European Commission's support to Ukraine
http://europa.eu/rapid/press-release_IP-14-219_en.htm

*ウクライナとEU、16日に連合協定批准へ
http://jp.wsj.com/articles/SB10001424052970203714004580150191745630112

*ウクライナ、「6年以内」のEU加盟申請目指す=大統領
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKCN0HK12S20140925

*ウクライナ・EU連合協定 効力を発す
http://japanese.ruvr.ru/news/2014_11_01/ukuraina-eu/

ウクライナの親露派はいずれ一掃される。

ロシアの介入で腐敗した政治経済をEUのサポで改革するということですな。


06. 2014年12月17日 10:06:01 : H5v81kYpaw
>>05
必死にソース探しメモ帳にコピペして
>>04のような投稿を待ちながらタイミングを見はからいメモ帳からコピペして投稿してるのか?w 君の姿を想像したら笑えてきたよ。
頑張ってるのはわかるんだがピントがぼやけ過ぎだよ。

07. 2014年12月17日 12:38:49 : 1vwDvtfqqw
>>05
>ウクライナの親露派はいずれ一掃される。

>ロシアの介入で腐敗した政治経済をEUのサポで改革するということですな。


お汁粉に砂糖を山盛りにぶっかけたほどに甘い見通しだね。
ウクライナの政治腐敗は親露派であろうが親欧派であろうが変わらず腐ってきたんだよ。
なぜそんな腐敗がまかり通ってきたのか、そもそも旧ソ連からの独立の過程に根がある。
いうなればウクライナは国家の体を成していない状態で独立した。
独立はしたけれども、国家として拠るべきウクライナ人の定義、領土、憲法、この全てが曖昧なのがウクライナ、ひいては旧ソ連という国の特徴であった。
したがい、旧ソ連独立国家はロシアも含めて腐敗した国が多い。
多いのは当たり前で、ソビエト連邦として結びついていたときは自治共和国程度の権限しか持たされず中央集権化したきわめて強固な連邦であったから、それらが溶解し今日から一個の独立した国として運営していくんだと言ったところで国を運営する?なにそれ美味しいの?状態の人たちに国家運営なんて出来るわけがない。
だからロシアにプーチンが出てきて国の財産を勝手に売り払って政治家を我が物顔にコントロールし、法律を都合よく作らせるオルガリヒは許さんとプーチンがおるがリヒ退治に乗り出して、国民が喝采を送るのは当然だ。
ウクライナにはプーチンみたいな政治家すら出てきはしない。
代わりにオルガリヒが大統領と政権に居座るのである。
だからEUの本音はウクライナを国家として信用していない。
いないどころか、ウクライナは失敗国家なのである。
旧ソ連独立後から今日までずっと失敗し続けてきた。
むしろ、ウクライナの失政を皮一枚でロシアが繋いでいてくれることを腹の中で感謝していると見たほうがいい。
EUのサポートでウクライナが改革される?そんなわけがない。
どころか、サポートすらしたくないと思っているだろう。
アメリカにおいてはロシアにちょっかい出すための溶媒程度にしか思っていない。
アメリカ政府のウクライナに対する認識はオルガリヒに支配されたマフィア国家というものである。
親露派の一掃w
俺はどうせウクライナは国家として成立しにくい人種と宗教構成なんだから東南部は自治共和国として自立性を高くしてやれば良いと思うけどね。
それにはプーチン並みの手腕を持つ政治家が必要だが、まず無理だろう。


08. 2014年12月17日 19:23:10 : r9oYPs9qlM
でも、原発あるんだよなデッカイのが。

09. 2014年12月17日 20:32:06 : tZtzcOCPtg
>>07さんの解説読んでいたら、我が日本の事?と思う所多数あり。
日本にもプーチンみたいな人はたくさん居たはずなのだが、みんな居なく成った感じがする。
此れは表に見える状況で、裏では新しい日本の鼓動は始まっているのだと期待する。

10. 2014年12月18日 13:56:52 : eQVzWTI8D6
ウクライナはもともとポーランドだからなw

そもそもロシアに資源握られてるEUにロシア制裁などできるわけがない

ロシアとの緩衝地帯として価値があるから支援してるようにあつかってるだけ


11. 2014年12月23日 03:09:12 : no31X615y2
>シェブロンがシェールガス開発から撤退

やっぱり、シュール・ガスだったか。w


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。) ★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際9掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際9掲示板  
次へ