★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK161 > 558.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
なぜ20代は都知事選で田母神俊雄を支持したのか『ネトウヨ化する日本』
http://www.asyura2.com/14/senkyo161/msg/558.html
投稿者 オロンテーア 日時 2014 年 2 月 15 日 23:11:34: LjwfVSkSJX/2w
 

『ネトウヨ化する日本 暴走する共感とネット時代の「新中間大衆」』村上裕一・著/KADOKAWA/中経出版
大雪に見舞われた都知事選投票日。投票率は過去3番目に低い46.1%だった。猪瀬前都知事の辞職で降って湧いた感のある選挙。いまいち政策議論が盛り上がらなかったのが低投票率の理由ではないだろうか。本書は、ネット技術革新が人々の政治的行動にどのような影響を与えたかについて書かれた社会評論。アニメなどのサブカルチャーに関する言及も多い。ある種の批評に慣れている人以外には読み辛い本かもしれないが、怪作だ。


エキサイトレビュー 2014年2月14日 11時00分 (2014年2月15日 22時57分 更新)
ライター情報:HK(吉岡命・遠藤譲)
http://www.excite.co.jp/News/reviewbook/20140214/E1392318134378.html


2014年東京都知事選は、おおかたの予想どおり舛添要一の大勝に終わった。

いまいち盛り上がりに欠けた感のある選挙ではあったが、投票の結果を受けて、ひとりの候補者が注目を浴びている。
産經新聞から「これはもう善戦どころではない」と評された田母神俊雄だ。(2月12日朝刊「産經抄」)

約61万票(全体の約12%)を獲得した元航空幕僚長の特筆すべき点は、なんといっても若い世代からの支持である。
朝日新聞の出口調査によると、20代では得票率約24%で第2位。また30代でも約17%で第3位となり元首相細川護煕を上回った。
票を伸ばした理由のひとつに、ネットを中心として愛国的あるいは右翼的な発言をする人々の支持を集めたことが想像される。
「ネット右翼」や「ネット保守」などと呼ばれる彼ら。私は昨年「反韓デモ」を取材したが、過激な言動とは裏腹に、その実態は職業右翼らとはかけ離れた「普通の人々」であった。
しかし取材を通しても、彼らの心情は私には分からなかった。

『ネトウヨ化する日本 暴走する共感とネット時代の「新中間大衆」』は、ネット社会のなかで現代日本人の精神がいかに変容したかを論じる社会評論である。
著者の村上裕一は84年生まれの若手批評家。「東浩紀のゼロアカ道場」出身者であり、サブカルチャーやネットカルチャーに詳しい。

著者が用いる「ネトウヨ」という語は、ネット右翼の略称というだけではない。本書を読むと、それはインターネットのひとつの傾向、現象のことを指していると考えられる。
以下、それを便宜上「ネトウヨ現象」と記すことにする。

ネトウヨ現象とインターネットとの関係を分析する序章から4章の前半。
ここでは、2ちゃんねるとニコニコ動画が大きくとりあげられる。また、支持政党を持たない浮動票の存在と、ネトウヨ現象への潜在的参加者層を重ね合わせて「フロート」という概念が導入される。

フロートとはネット時代で新たに生まれた大衆のことである。
彼らは真偽を見定めてネットの情報を受け入れるのではない。「臨場感」を匿名の他者と共有することを重要視する。ネトウヨ現象は、情報の検証が困難な環境が生み出す混乱の一つのバリエーションであると著者は言う。

そもそも、ネットに関わらず、情報の真偽を確かめることは簡単ではない。
たとえば「オバケを見た」というような単なる錯覚であっても、自分で直接体験したものには真実味がある。
極端に言えば、伝聞形式の情報でも、あたかも自分が体験したかのような感覚、つまり「臨場感」があるかないかで、情報の真偽を決定しているのである。

言うまでもなく、インターネットにおける動画技術の進歩は、情報の臨場感の向上に一役かった。
マスメディアが自主規制で報じない過激な動画もある。当然、そこには政治的なものも存在する。
ニコニコ動画に関して言えば、それらは「政治タグ」が付けられ、ネットワークを形成している。著者曰く「ニコニコ動画の政治タグでは、ほとんど全てが保守的ないしは右翼的主張にあふれています」。

政治系の動画はしばしば「敵」を設定する。
「敵」は不正を行っているという前提があるから、それを攻撃する側には「正義」が宿る。
動画のなかの人々は、視聴者と変わらない格好をした一般人ばかり。それはまさに等身大の「正義」だ。
次第に、反感を持った視聴者は離れ、共感した視聴者のみが継続して動画に集まるようになる。結果、共感的なコメントばかりが画面を被う。
こうして、ネトウヨ現象へと向かう空気が醸成されるである。

このように、ネット技術の発展と受容する人々の分析を行う本書。だが、読み進むに連れて議論は難解になっていく。

「反・反日デモ」などを定期的に行う「行動する保守」の代表格である在特会と、ネトウヨ現象の精神的起源について言及する4章後半。
在特会の勢力拡大については、安田浩一の『ネットと愛国』などを引用しながら解説している。
1930年代に「伝統回帰」を掲げた文学思想である日本浪漫派。著者はそこにネトウヨ現象との類異性を見出して論じる。ここで読者は、近現代の思想についてかなりの事前知識を要求されることになる。

最終的に現代のサブカルチャーのなかから、ネット普及時代に現れる新たな想像力の可能性を模索する5章。
『AIR』『CLANNAD』などの美少女ゲーム、『涼宮ハルヒの憂鬱』『けいおん!』『魔法少女まどか☆マギカ』などのアニメ作品がとりあげられる。また、愛好家たちにより共同生産的に発展したニコニコ動画発の『カゲロウデイズ』および『カゲロウプロジェクト』も扱われている。
これらのコンテンツに精通していないと、読み解くのは容易ではない。

もっとも、序章から「セカイ系決断主義」のような専門用語が登場するので、本書を精読したいと思ったら巻末の参考文献にある図書を読むしかないだろう。少なくとも、宇野常寛の『ゼロ年代の想像力』は必読である。

著者は、メディアを通じて情報をいかに受け取るかということを話題にしている点において、誠実な態度を貫いている。
好奇心、あるいは使命感に突き動かされたようなジャーナリズムではない。

実際、私が著者に確認をとったところ、在特会のメンバーなどには直接取材をしておらず、既存の取材物を利用してそれを読み、執筆を行ったとのこと。また、在特会に対する認識は基本的に動画を中心としている。
取材対象と直に触れ合うことで、かえって見えにくくなるものがあることを私は知っている。

著者が挑戦しているのは、他者によって書かれたもの、表現されたものをいかにして読み解くか、ということである。
用意された社会を、受け入れるか否かではなく、精査し解釈すること。情報を真偽で判断する二元論的価値観は、しばしば本質的なものを見落としてしまう。
政治は私たちに決断を要求するが、本当は「逡巡」こそが必要なのではないか、と著者は述べている。

私は本書のいたるところに「逡巡」を感じた。
それは、サブカルチャーから政治的に開かれた議論を紡いでいく上での、技術的な難しさではない。
むしろ、現在20代から30代の世代が、社会に届くかたちで政治的な意思を示すことの難しさと似ている。

ネトウヨ現象よりも、フロートという概念に著者はこだわっているように思われる。そしてさらに言えばこの本は、フロートの一員たる一人の青年の戦い、そのものである。
本書の「おわりに」で著者は「筆者自身がネトウヨ的情報に親しんできたという自覚がある」と告白している。

「本書で取り上げられた情報の多くは、歴史的に振り返られたものと言うよりも、筆者が同時代的に体験してきたものだ。もし論の展開に曖昧さや飛躍が感じられたとすれば、そのような思い入れが入ってしまったせいである。ゆえに本書は、本質的な意味で他人ごとではなく、私の問題を扱っている。本書は、社会を観察しつつ、私の中のネトウヨを暴き出すために書かれている」

80年代生まれの私は、著者と同世代である。そして、本書でとりあげられるニコニコ動画の主な利用者も20代から30代である。
誤解をおそれずに言おう。
『ネトウヨ化する日本』は闘病記だ。それは彼の、私の物語である。

(HK 吉岡命・遠藤譲)

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年2月15日 23:19:22 : G4jH7GRqJ1
左翼なジャーナリストが勝手なことほざいてるよぉだな。

敗戦後、マインドコントロール下にあった日本人が、

若い方から眼が覚めつつあるってことだな。良い傾向である。

   戦後が終わりつつあるのだ。


02. 2014年2月15日 23:22:28 : G4jH7GRqJ1

これなんか参考になるだろう

http://www.youtube.com/watch?v=xcHpEF4GzL4&feature=youtube_gdata


03. 2014年2月15日 23:35:49 : c8uYroBnUM
これなんかもなるだろう

http://www.youtube.com/watch?v=iNkw0XOWino


04. 2014年2月15日 23:41:06 : c8uYroBnUM
こんなのもあるね

http://www.youtube.com/watch?v=Uqadobksk1k
NHK論評ダイジェスト 「反日敵視策動がもたらす物は破滅だけだ」


05. 2014年2月15日 23:48:53 : rEhhYmIEKI
ネトウヨは想像力がない馬鹿だからしょうがない。

06. 五月晴郎 2014年2月15日 23:50:16 : ulZUCBWYQe7Lk : aeZXwWpQQ6
おれはこうなっていく↓前兆だと思うね。

17. 2014年2月15日 01:21:49 : aeZXwWpQQ6
>日本の右傾化

若い世代に限って言えば(田母神様と宇都宮様が20代有権者では支持を集めた)

///

 人びとがある大衆運動に参加したがっているとき、彼らは、ふつう効果的な運動なら何にでも参加したがっているのであり、なにも特別な主義と計画とをもった一つの運動にたいしてだけ参加したいと思っているのではない。

 ヒトラー以前のドイツでは、不安をもっている青年が共産主義者になるか、ナチス党に参加するかは、五分五分の場合が多かった。

///

 人を改宗させよとうとする大衆運動はそれぞれ、その敵対者の熱烈な信者を、自分たちの潜在的回心者と見なすようである。

 ヒトラーはドイツの共産主義者を、潜在的な国家社会主義者とみなした。
「小市民、社会民主党員、それから労働組合ボスなどは、絶対に駄目だが、共産主義者は、いつでも国家社会主義者になるであろう。」

 レーム大尉は、真っ赤な共産主義者を、四週間で熱烈な国家主義者に変えることができると自慢した。
 他方、カール・ラデックは、ナチスの茶シャツ党員(突撃隊員)を、将来、共産党の新党員になる予備軍とみなしていた。
                        (ホッファー「大衆運動」)

http://www.asyura2.com/14/senkyo161/msg/463.html#c17


07. 五月晴郎 2014年2月15日 23:56:40 : ulZUCBWYQe7Lk : aeZXwWpQQ6
>>6 続き

だから小市民的な共産党シンパの人は田母神様の若い層への共感を憂えているだろうけど、党官僚はそう思ってないんじゃないかな、なんて思ってる。


08. 2014年2月16日 00:05:33 : aeZXwWpQQ6
すいません。

× 田母神様の若い層への

○ 田母神様への若い層の

>>5
その通りなんですけど、一人の馬鹿が百万人集まっても、馬鹿が百万人集まったに過ぎないですが、やはり百万人なんですよね。


09. 2014年2月16日 00:26:24 : 0VjicbU2B6
>>02は下のような通説への反論があったりしておもしろいな。

> 約61万票(全体の約12%)を獲得した元航空幕僚長の特筆すべき点は、なんといっても若い世代からの支持である。


10. 2014年2月16日 00:40:53 : 0VjicbU2B6
>>01
お前がもしもまだ若いなら、掲示板や動画を見る時間を惜しんで勉強しろ。
それが一番日本のためになる。

11. 2014年2月16日 00:43:37 : Un6heX4IUI

右傾がどうのこうのほざいているけど

拉致国家の韓国北朝鮮そしてその宗主である中国の批判や悪事晒すと「右」になる意味がわからんのだが?

向こうの悪事を晒しているだけからレイシストでもヘイトスピーチでもないよ?

念のためw


12. 2014年2月16日 00:50:48 : aeZXwWpQQ6
音譜

13. 2014年2月16日 00:53:53 : dp4XTYfT2A
こういう田母神を信じて何処までもついていくほどの「無神経」がある奴は案外、少ないだろう。たぶん、そこのコンビニまでだな。

放射能は心配ないとする田母神元航空幕僚長は、核戦争でも放射能は問題ないと思っているのか?
http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201402130000/


14. xyzxyz 2014年2月16日 04:48:00 : hVWJEmY6Wpyl6 : dN8YeXFmdA
基本的にネットは反権力だからね。そしてTVや新聞のように議論にタブーが無い。
TV、新聞の言論空間で都合の悪い検証やツッコミは排除して、中韓の言い分だけを
垂れ流してその通り!と合いの手を入れて悦に浸るような議論してるだけではね。
左右にとって都合の悪い話を全て並べて議論されるネット空間に慣れた者にとって
はTV新聞がいくら議論の体裁をとっていても、筋道の決まった様式美のある芸事を
してるようにしか見えないでしょう。

既存マスコミが今とは真逆で、捏造、隠蔽しまくってでも中韓を叩き回せば
ネットでは逆に中韓に対する友好ムードが広がるだろうね。

よく若者の貧困層は民族差別に走って云々っていかにもな既存マスコミの
論評があるけど、ここでも中韓の間にすら、それぞれに対する対応の差異があるのに目をつぶってる。
反日国、貧困が理由なら日本における排斥運動でも同じ扱いになるはずだけど、そうならない
理由にまで言及出来る日本の既存大手マスコミ、そこで雇われてる有識者にはいないね。

そうした限られた情報しか提供出来ないTV、新聞に依存する老人世代と、両方のメディアを
俯瞰出来る若者世代で、こうした問題にジェネレーションギャップが出るのは当たり前。


15. 2014年2月16日 10:29:34 : MHv6vIkZjw
ここでコメントをしている何人かをネトウヨという。

01 02 03 04 11


16. 2014年2月16日 10:52:28 : aejHEY4NoY
在日というか朝鮮籍の人たちへの揶揄や蔑視の目ってのは俺の親(70代)世代もふとしたときに言ってたし、今もふと言うことがある。
ネトウヨってなんなのかと考えるとき、こうした連綿とした偏見がずっと沈殿して世代間にあったものが言論タブーのないインターネットに流れ込んできて一気に吹き出たようなものなんだろうなと思っている。
だからネトウヨって論の組み立てが粗野だ。
粗野なんだけれども人の感情にフックするのは粗野で直裁な論理だったりする。
だから危ないんだけどね。

17. 2014年2月16日 11:22:35 : 37v53HTJaY
質問の解答


「ゆとりのバカだも〜〜〜ん!」


って、ことでw


18. xyzxyz 2014年2月16日 12:09:28 : hVWJEmY6Wpyl6 : dN8YeXFmdA
>>16
それだとなぜ台湾、中国人に対する排斥運動は起きないのか?という問題には
答えられないんだよねえ。

アメリカや東南アジアでも特定民族に対してだけはヘイトスピーチを超えた
ヘイトクライムが続発してたりするけど、彼らも日本の老人世代と同じく
親、祖父世代からの特定民族に限った差別心に依拠したものを受け継いで
こうした暴力事件に走っているか考えてみるといいかもね。

ま、日本ではこうした層、事件は全て「ネトウヨ」の一言で思考停止して
論じることが出来るのでお手軽ではあるけど、それじゃーますます
今後、老人(左翼)世代と、今の若者の政治に対する意識は乖離するだろうね。


19. 2014年2月16日 13:32:17 : oadrs6ZR0A
左翼天国だった日本がやっと正常に戻りつつあるのは喜ばしいことだ。

ネットの普及によって左翼による偏向歴史教育の異常さに多くの人が気付き始めた

ということだろう。

中国にしろ韓国にしろ、どのツラ下げて日本を批判できるんだという話だ。

チベットを侵略したのはどこの国だ。

ベトナムで民間人をレイプ虐殺したのはどこの国だ。


20. 2014年2月16日 14:03:11 : aejHEY4NoY
ライダイハンね。
江戸の敵を長崎で討つ、みたいに目の敵にしてネトウヨが記事にしてるよね。
検索するとめちゃ引っかかる。
でも老婆心ながら左翼は当時ベトナム戦争やめろって運動してたんであって奨励してたわけじゃないんだからなんでもかんでも左翼が悪いってもの違うと思うけどな。
ちまにネトウヨの多いニコ動ではイラク戦争で米軍がゲリラに攻撃されている動画のコメントではテロリスト殺せとネトウヨがイラク人の当然の反撃を支配者アメリカ軍が敷いた治安を乱す元凶呼ばわりして非難してるのが多いんだよ。
なんだかなあ・・・



21. 2014年2月16日 14:14:52 : LeyjzNB9aw
19に同意、戦後の左翼、日教組による反日教育、赤化教育、自虐教育に対する、揺り

戻しだと思う。

戻し過ぎはままある。 いたしかたない現象、いままでの反動でしょ。


22. xyzxyz 2014年2月16日 14:32:52 : hVWJEmY6Wpyl6 : dN8YeXFmdA
>>20
ライダイハンの生まれと従軍慰安婦は全く別物だしね。


>でも老婆心ながら左翼は当時ベトナム戦争やめろって運動してたんであって奨励してたわけじゃないんだから

この時の日本の左翼は、反米指向は今と同じだけど、韓国に対しては地上の楽園と目されていた
中国ソ連と立場的により近い北朝鮮と対比する上で、今より否定的だったからね。


むしろもっと悪かったというかなんというか、、。


23. 2014年2月16日 19:52:16 : aeZXwWpQQ6
このスレにもウヨウヨ湧いてきてネトネト言ってるような馬鹿は傍目には馬鹿にしか見えないのです。当然、>>6のような左右の運動を主宰する者からも馬鹿にしか見えない。

一人の馬鹿が百万人だか千万人集まったら、馬鹿が沢山集まったに過ぎないのは事実ですが、左右の運動を主宰する者には美味しく見えるのも事実かと。
政治的視点で見るとそうなんじゃないかな。


24. 反イルミナティー主義 2014年2月16日 21:36:01 : c/WVv5CaliQ7M : Qg7tRJ4VVo
>>では逆に19に聞く
お前さんの大好きな?アメリカ様のご命令に
逆らえずに憲法を捻じ曲げてでもイラクに兵隊を派遣した国はどこだ?(笑)
友好と言いながらアメリカ様と同じ手法でベトナムやトルコを手懐けて原発を輸出しジャイアニズムを気取っている国はどこだ?(笑)
そのアメリカ様からも参拝問題でお怒りを受けながらこともあろうに
そのご主人であるアメリカ様に噛み付いた国はどこだ(笑)
さぁ答得てください!!似非国士気取りで白人コンプの馬鹿ウヨさんWWWWWWW

[12削除理由]:チガイ
25. 2014年2月18日 16:24:39 : f9WdyZuW9Q
●要するにネトウヨ現象は、もはやどうにもならぬ物理的、経済的、政治的な閉塞末期現象が生む、ごくありふれたパラダイム、社会的メガ病巣の破裂だろう!

安倍似非ファシスト一派や、手配師でもある田母神といった、屠殺屋兼肉屋に、唯々諾々と無批判無定見に、薄汚いシッポを振りまくり、ただ操られて中韓両国への敵意と悪罵を吠えたて悦に入る、無数の使い捨て若年「派遣ブタ」「ニートブタ」ら弱者ども狂気の構図は、正しく「バイオアザード」シリーズの、駆除しても駆除しても、限無く湧き出てくる、無数のグロいゾンビどもそのものだ!!

ヤツら(屠殺y屋兼肉屋)が後ろで真っ黒い舌を出し、ほくそ笑んでるのも知らずにだ!!


[12削除理由]:言葉使い


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK161掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧