★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK164 > 110.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
陸山会事件の真相から、やっと、日本の闇の総理(支配者)が解かりました。でも、駆除するのは、意外と簡単。小保方会議付。
http://www.asyura2.com/14/senkyo164/msg/110.html
投稿者 阿闍梨(あじゃり) 日時 2014 年 4 月 10 日 13:53:44: X1PiEpHWt8BJA
 

陸山会事件の真相を探っていたら、
検察(特捜部)が“おかしい”ことに気がつきました。
続いて、裁判所・最高裁が“おかしい”ことに気がつきました。
それで、弁護人・弁護士協会が“おかしい”ことに気がつきました。
次に、裁判官訴追委員会が“おかしい”ことに気がつきました。
さらに、マスコミが“おかしい”ことに気がつきました。
そして、小沢さんの側近・廻りの議員・秘書らが“おかしい”ことに気がつきました。
最後に、日本国民が“おかしくなっている”ことに気がつきました。

その経緯については、くどくど説明するよりも、私のブログ(※1)をご覧ください。
(※1)私のブログ:陸山会事件の真相布教
http://ajari-rikuzankai.at.webry.info/

私のブログの通り、裁判官訴追委員会が事務局長の支配下にあり、訴追委員会が過去一度も開かれたことがなかったことは、弾劾裁判所を設けることを怠ったっていたものであり、日本国憲法第六十四条に違反した所業です。
これは、解かり安く言うと、
『裁判官が承知の上で冤罪裁判を行なおうとも、日本国民は文句を言えない。』
ということです。
(委員長の挨拶を読んでみて下さい。)
http://www.sotsui.go.jp/greeting/index.html
『知ってか、知らずか?まったく国民を馬鹿にした挨拶です。』

それにしても、マスコミに洗脳されてしまったとは言え、文句のひとつも誰からも出ない日本国民とは、情けない民族だと、つくづく悲しくなります。
袴田元死刑囚の一件を見れば“検察・裁判所がおかしい”ことは解かるでしょうに。

さて、やっと、日本の闇の総理(支配者)が解かりました。
参事(裁判官弾劾法7条4項)である訴追委員会事務局長がしていたのは、政治的に抹殺するために国会議員等(小沢一郎ら)を冤罪裁判にかけた裁判官を、国民(私)の訴追請求から守るという任務を果たしたまでということです。
つまり、「国会議員等を冤罪裁判にかけることを支持した者」が他にいるハズです。
・裁判官弾劾法
http://www.sotsui.go.jp/data/index4-4.html

それを探っていたら、こんなものを見つけました。
平成24年9月4日の委員会ニュースに『』裁判官に対して、訴訟当事者の立場に配慮した適正な訴訟指揮が行われることを要望する旨の意見を最高裁判所に伝えることとしました』と記載されています。
このことから、当時の最高裁判所長官竹ア 博允(現在は寺田逸郎)がしていたのは、事務局長からの命令(訴訟当事者、つまり、検察側の立場に配慮した冤罪裁判を要望する旨の意見)を受け、地裁・高裁の担当裁判官に“その命令”を伝えるという任務を果たしたまでということです。
・委員会ニュース(日付けをクリック)
http://www.sotsui.go.jp/news/index.html

そうすると、「陸山会裁判・小沢裁判において冤罪裁判(訴因、すなわち、検察ストーリーを正当化するための裁判)を行なうことを最高裁に伝えなさい」と、事務局長(参事)に命令した者は誰なのかということになります。
それができる立場にあるのは、最高裁判所事務総局事務総長とみるのが妥当です。

従って、平成24年3月27日就任からの、
『日本の闇の総理(支配者)は、最高裁判所事務総局事務総長大谷直人です。』

しかしながら、事務総長を、いきなり駆除することは無理ですよね。
でもね。実は、これまでに色々と、“下ごしらえ”をしてあるのですよ。
私のブログの【第36回】において、訴追委員会事務局長に対する告訴状を浜松東警察署に提出するも拒絶されたという経緯を記載してあります。
そして、これを不服として、浜松市長・静岡県知事に「百条委員会の設置を要求する旨の文書」を提出しています。

ですから、私のブログのトップページを小沢さんに見せるだけで“陸山会事件の真相”の全てを悟り、国会の場で、この一連の司法官僚らによる国家反逆罪に匹敵する悪行の数々を追及することとなるでしょう。
もちろん、事務総長大谷直人を証人喚問して、国家反逆罪の求刑も有りですよね?

『ね。駆除するのは、意外と簡単でしょ。』

『この日本国は、腐りきった司法組織を根本から再構築する必要が有ります。』
『今、それができる立場にあるのは、小沢一郎只一人です。残念ですが。』

【まだ、弘中弁護士が悪党だと解かっていない人達へ】
陸山会裁判・小沢裁判の事件名は、「政治資金規正法違反」です。
しかしながら、公判では「政治資金規正法」の第何条に違反したのかを、検察側も弁護側も、一度も誰も口にしておりません。
それは何故でしょう?
その理由を、私がお答えしましょう。

それは、平成18年3月に「2億円」を小澤さんに返済していることを、公判で指定弁護士が池田さんを尋問している様子から見えてきますよ。

----------------------------------------------------
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111207/trl11120715280009-n1.htm
小沢裁判第7回公判
指定弁護士「さらに平成18年3月にも返済したのはどうしてか」
指定弁護士「定期預金で返済しようとする前に、小沢被告の4億円の返済にあてようとは思わなかったのか」
証人(池田)「その4億円が(小沢被告から受け取った)本件4億円という認識がなかったので、単純に『戻せばいい』と思った」
----------------------------------------------------
【解説】
指定弁護士の『定期預金で返済しようとする前に、小沢被告の4億円の返済にあてようとは思わなかったのか』との尋問は、正しく言い直すと、こうなります。
『(平成16年10月29日に担保提供した陸山会名義の4億円の)定期預金で(銀行に2億円の)返済(つまり、相殺を)しようとする前に、小沢被告の4億円(平成16年10月12日頃入金した本件4億円)の返済にあてようとは思わなかったのか』

⇒まず、陸山会のお金(定期預金)で、小澤個人に帰属する借入金債務に対する銀行への返済を、陸山会が肩代わりしたのであれば、それは、同時に陸山会から小澤個人への「2億円」の返済が行なわれた事になります。
しかるに、厳正なる公判においての『本件4億円の返済にあてようとは思わなかったのか』との指定弁護士の質問には、
『もう、おかけする言葉も見つかりません。ご愁傷さまです。南無阿弥陀仏、々、々。』
『ご焼香がお済みの方から順次続きをお読みください。』

また、本件の借入方式は、手形貸付けによる銀行融資です。
「手形貸付」の場合、最長借入期間は1年ですから、平成17年10月の銀行への返済時に、「担保に差し入れた陸山会名義の4億円の定期預金」と小澤個人に帰属する4億円の借入金(銀行側から見ると貸付金)とを相殺した場合には、担保が消滅することとなり、「2億円」の借り替えはできません。
この点だけでも、既に、検察トーリーは論理破綻しております。

従って、「2億円」の借り替えができたということは、「4億円」の担保枠を設定して、「4億円」の手形貸付けによる銀行融資を受け、平成16年10月29日の小澤個人への銀行融資金からの「4億円」の転借金を原資として、平成17年10月と平成18年3月に、それぞれ「2億円」を、小澤個人に返済し、小澤個人から銀行に返済したというのが真実のストーリーです。

尚、「担保枠の設定」には、小澤個人の“自署・実印”が必要ですから、融資が午後になったのは、小沢さんの“自署・実印”が遅れたためで、別に、定期預金を組むための「4億円」の原資の入金が土地代金支払い時より遅れた訳ではありません。
尚、「担保枠の設定」における担保差入人(定期預金の名義人)は、証書への小澤個人の“自署・実印”が必要なことから、小澤一郎(個人)に限られます。

(「742,640,000円」の内、「本件4億円」と「政治団体からの2億8千万円」が主な原資なのですから、4億円の定期預金の原資は、「本件4億円」です。従って、陸山会が出金したお金、つまり立替金は、「62,640,000円」だけなのですよ。他人のお金で支払った土地代金や他人の定期預金を組むための出金を「不記載」とは、これ如何に。)

そうなりますと、平成19年5月1日に政治団体から「4億円」が陸山会の普通預金通帳に入金されていますが、その原資は「本件4億円」では無く、銀行融資金からの「4億円」の転借金であるとする検察ストーリーも、嘘ということになります。

要するに、検察ストーリーでは、平成17年と平成18年の収支報告書に記載されている「返済支出2億円」は、「本件4億円」に対する返済の記載であるとしていますが、これは、話のすり替えです。同様に、平成16年の転借金としての「借入金収入」に対する平成19年の「4億円の返済支出の不記載」も話のすり替えです。

真実は、平成16年の転借金の「借入金収入」に対する返済は、平成17年と平成18年の収支報告書に、それぞれ「返済支出2億円」と記載されていたということです。

よって、上記「真実のストーリー」の通り、当該平成19年5月1日の「4億円」の入金は、平成18年3月に銀行への小澤個人の返済が完了した為、融資枠を解除して担保に差入れしていた小澤個人名義の「4億円」の定期預金を解約して、資金ショートに備える為に、政治団体に預けておいたものであったということです。
従って、元々小澤個人のお金を便宜上、陸山会の普通預金通帳に集中し、翌日5月2日に小澤個人の普通預金通帳に振り込んだというストーリーとなります。

では、いよいよ、論理破綻した検察ストーリーを舞台に、「政治資金規正法」の第何条に違反したのかを探ってみましょう。(おもしろいですよ。)
・「本件4億円」
政治資金規正法12条1項の「借入金収入_4億円の不記載」としておりますが、政治資金規正法12条3項の「資産等_借入金_4億円の不記載」については、訴因にも、起訴理由にも、そして判決理由にもありません。

『そんなのあたりまえだから、いちいち資産等までの記述はいらないだろう』なんて思った方はいませんか?
とんでもありませんよ。そんな屁理屈が通用するのは、平成16年の収支報告書だけですよ。

その年の年末残高を記載することとの政治資金規正法12条3項の規定は、平成17年の収支報告書にも、平成18年の収支報告書にも、そして平成19年5月2日に「借入金返済(小澤一郎)_4億円の不記載」と訴因にした以上、平成19年の収支報告書にも、検察ストーリー上においては「資産等_借入金_4億円の残高」が残っていたとするのですから、これを記載して無ければ「不記載」と訴因にしなければなりません。

(ご自分で、収支報告書にて確認して下さい。)
http://www.soumu.go.jp/main_content/000047155.pdf#page=163
平成16年の「資産等_借入金(小澤一郎)の残高」は、「491,478,416円」です。
http://www.soumu.go.jp/main_content/000047150.pdf#page=165
平成17年の「資産等_借入金(小澤一郎)の残高」は、「263,939,061円」です。
http://www.soumu.go.jp/main_content/000047144.pdf#page=156
平成18年の「資産等_借入金(小澤一郎)の残高」は、「35,928,973円」です。
http://www.soumu.go.jp/main_content/000047138.pdf#page=152
平成19年の「資産等_借入金(小澤一郎)の残高」は、「7,452,131円」です。
尚、これは官報なので、合計金額だけの表示となっておりますが、実物の収支報告書には、例えば平成19年で言えば、「2,159,120円」、「5,293,011円」と2つの明細が記載されております。

確認できましたでしょうか?
平成16年においても、「本件4億円」に対する「資産等_借入金_4億円の残高」と、転借金に対する「資産等_借入金_4億円の残高」の2つの明細がなければならないところ、転借金の「資産等_借入金_4億円の残高」しか収支報告書には、記載されておりません。(本件4億円は不記載なのですからね。)
従って、検察ストーリー上、「本件4億円」に対する「資産等_借入金_4億円の不記載」という訴因がなければ、それは訴因としての体をなしていないということです。
これは、検察ストーリーは捏造であると白状したことになります。

よって、平成16年における「本件4億円」に対する「借入金収入(政治資金規正法12条1項)_4億円の不記載」と訴因にしている以上、平成16年、平成17年、平成18年、平成19年の収支報告書において、「資産等(政治資金規正法12条3項)_借入金(小澤一郎)_4億円の残高過少」との訴因が無かったことは、そもそも、最初っから、訴因及び起訴理由並びに判決理由としての体をなしておりませんでした。

『これは、もはや、「政治資金規正法違反」の裁判では無いということですよ。』
『弘中弁護士は小沢無罪の功労者などと、のたまう人達って?・・・解からん???』

【後書に替えて:小保方さん騒動についての所感】
小保方さんの記者会見は、「まるで、査問委員会でも見ているようでした」が、“マスコミもおかしい”と言うより、“地に落ちたもんだ”と猛烈に腹が立ちました。
小保方さんの記者会見と陸山会裁判・小沢裁判の様子(本文の小沢裁判第7回公判
のような、あからさまな公判内容)は、まったく同じ匂いがします。

石川さんも銀行支店長も担保の定期預金の名義は『陸山会です』と、公判の中で証言しているのですよ。
それなら、石川さんも銀行支店長も偽証罪だって?
そこですよ。何故自分が不利になるような嘘をついた(これは、偽証罪には該当しませんけどね)のでしょう?
安田弁護士に、“騙されて、そそのかされた”に決まっているじゃあないですか。

小保方さんの論文は、パワーポイント(画像や図形を切り貼りするのに便利な文書作成ツール)で作成しているのですから、「別の画像を張り付けた」ことを理由に、直ちに捏造と決めつけた利権まみれの理研は、“おかしい”のです。
そんなことを言うのならば、パワーポイントで作成した論文は、全て研究不正となってしまいますよ。
捏造とは、他人の研究論文の画像を張り付けたとか、STAP細胞で無い画像を加工して、あたかもSTAP細胞のように見せかけた嘘の画像を張り付ける事です。

記憶に自信がありませんが、『過去何百年の研究を愚弄する論文だ』と言われた時の画像を張り付けてしまったとテレビで言っておりました。
そうすると、小保方さんは、3年前に既にSTAP細胞の作製に成功していたが、その後研究を続けた結果、今回の論文発表となった訳です。
ならば、小保方さん自身が作製した最初のSTAP細胞の画像を、『この方が見やすいから』との理由で、貼り付けたとしても、それは捏造とは言いません。
また、マウスのDNAが違うから捏造だと決めつけた事も、IPS細胞のようにDNAに依存しないことがSTAP細胞の“売り”なのですから、共著者がSTAP細胞を実際に確認できたのであれば、何の問題も無いではないか。
共著者が、その時に“確認できた”からネイチャー誌に論文が載ったのでしょ。

小保方さんは、公開実験はしないと言っていますが、STAP細胞の研究メンバーとして、やらせてもらえるのならば、“コツ”も“秘密のレシピ”も“こっそり教えてあ・げ・る”と言っているのだから、何故やらせてあげないのかなぁ?

それは、利権まみれの理研のドンが、自分がノーベル賞をもらうつもりだからだよ。
そんなことをしていると、他国のちゃっかり者が先に国際特許を取っちゃうぞ。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 新共産主義クラブ 2014年4月10日 14:08:03 : w0NMVeciJ/Y.. : i2q62WS81c
弘中惇一郎弁護士が怪しいという見方には同意します。

小沢一郎氏は政倫審に出席すると一時は表明していたにもかかわらず、後に翻意しました。

公判の前に政倫審に出席するべきではないという助言を弘中惇一郎弁護士が小沢一郎氏におこなったからではないのでしょうか?

小沢一郎氏は裁判には勝ちましたが、「逃げる、卑怯者の小沢一郎」のイメージがついて、政治的には負けました。



02. 佐助 2014年4月10日 14:38:28 : YZ1JBFFO77mpI : wpmCg8U5S6
これって既得権益でしょう。官僚(検察)も霞が関も永田町も,マスコミも国民の50%以上は,それぞれの既得権益が侵害されない限り既成秩序の護持で一致していると反発しません。すなわち労働人口の5割以上が,二重三重のピンハネタコ部屋の中に組み込まれてしまった。これはアダムスミスが推奨した国際分業化の結末なんです。国家による統計偽装も,そう,国民は実態を知らないだけ。これはマスコミのセイなんです。

そして利権いや理研
小保方さんは理研を辞め,人類のために貢献したい気持ちがあるのなら
STAP細胞は海外でやること,できれば師匠のいるハーバードがよい
そしてSTAP細胞作成のノウハウを作り上げて下さい。科学の常識の壁は強力です,反転は至難の業。

STAP細胞は大手マスコミと理研による政・官・報道の複合体癒着の、「大本営発表体制」を暴露され犠牲になっただけのこと。日本は再生医療分野もマスコミと理研と政治家の利権によって切り捨てられたと云える。とくにIPSの利権が大きく絡んでいるのかも知れない。一人の人材をつぶすのはマスコミは得意です。個人の費用で記者会見なんかもう二度としない方がよい。彼らの方の所得が小保方さんの3倍は貰っていますよ。個人をつぶすことが目的ですから。

「新発明が既存の既得権やシステムを否定する時、新発見は握りつぶされる」という寓話、資本主義の欠点だけを糾弾する人間の幻覚だと思われてきた。そして科学の常識を反転させると,学者は一斉に握りつぶします。だが成功すると我先にと競って近寄ってきます。そのために日本は大切なものを失っていくのでしょう。STAP細胞を葬り去った日本は全くの蚊帳の外であり、検証より「悪意の証明」だと云う。いずれIPSよりもSTAP細胞は新しい再生医療の中核となるだろう。STAP細胞は誰にもマネができないノウハウがあること,そして短期間に出来ることは,3Dプリンターで量産性があります。従ってIPSよりすぐれものと云える。

STAP細胞は作成の過程でノウハウがあるのですだから発言に戸惑っている,このノウハウは科学の常識を反転させなければならない,逆の発想なので科学者からバカにされる。小保方さんも昨日の記者会見やも初めから常識を変えるのに抵抗があったようなこと述べています。彼女はこのノウハウを公表すると盗まれるために絶対に公表してはならないと誰かに教えこまれている。だが論文は撤回してはならない。チャンスがあったらNO2・NO3で検証確認データを公表したらよい。絶対にノウハウはあるようなないようにしてバラしてはならない。公表したらその時点で小保方の名前は消失します。

マスコミも競って盗もうと考え,あの手,この手で誘導しています。のらりくらりと逃げることです。バカにされてもSTAP細胞は小保方さんのノウハウにあるのですから,必ず日の当たるときが再び来ます。海外でやることも考えることです。ノートも国際標準化されてないのですから,科学の常識を破るには,大変な労力がいります。まずバカにされます。少なくとも常識の反転に5年は掛かります。いつかSTAP細胞が国際的に認められ,標準化されることを祈っています。


03. 2014年4月10日 15:28:30 : 4HoOMD0qbM
小保方さんを小沢一郎と同列に描き、政治論的にも巻き込もうとする。ここが小沢信者のイヤラシイところです。科学というのは誰かの所有物ではなく、政治や社会の概念とは同一視し得ない部分があります。小保方さんを陸山会事件と同じ位置に引きずり込む小沢信者にはマスコミや検察と同列のクズさ加減が現れてます。ますます小沢信者が嫌いになりました。

04. 2014年4月10日 19:41:43 : gQzUXJBl66
小保方氏の実験ノートを見るべき上司がいなかった。
野放し研究を理研は容認していたことになる。
理研が無管理状態で組織の体をなしていない事が暴露された。

05. 2014年4月10日 20:43:06 : lNy6zUh3YU
小保方さんの問題は ほとんどの人が
部外者には理解できない先端科学(仮説的疑似科学)という事実を無視して
感情的にだけ反応し情緒的に語っています
現代日本の大衆は「高学歴大衆」を中心に
自分が学校教育およびTVと新聞あるいは週刊誌などの雑誌により洗脳された
正真正銘の「凡夫匹夫」であることを自覚できずプラトンの洞窟以上に
報道された「事実」を疑いません。。
その現実的な真理を無視して TV新聞 週刊誌を眺めては右往左往し
なんとか自己の尊厳を保とうと
野球や相撲に感じるのと同じ感情的意見を述べています

小保方問題も複雑な背景や事情をありありと感じますが
それにしても 
この事象を小沢一郎さんの政治的問題と一緒にするのは
完璧すぎるほどの誤りです


「悪意云々」などと云う段階であのひとは科学者ですらない。
科学的真実は善悪の問題ではない。
むしろ
盗用したりコピペあるいは改竄することを「悪い」と思わないことの方が
遙かに 怖ろしい根源的な事態です。
全く知的ではない科学者が多数存在することを彼女は表しています。

「夢だったら良かったのに」
もと原子力安全委員会委員長 
班目春樹のことを 忘れてはならない。

この腐った国を象徴する東京大学は
なんの反省もなく
班目春樹を名誉教授にした。。。。

科学者は 大学教師、新聞TVジャーナリスト 弁護士と並んだ
腐敗した人種であることをリケンと小保チャンは実証している 
実証し続けてている
誰もが解っている 政治家の腐敗以上に商業主義的科学的不合理主義へと
変節している自称「科学者」の私利私欲的曲学阿世は悪質ではないか。。。。



06. 2014年4月10日 21:51:33 : EkTeXUE70g
小保方話題の背景は、極めて深刻に日本の現状を霧覆している。

しかし、少しシンプルに俯瞰してみるならば、30歳の可愛い世間知らずな学究はだの女性を相手に、有象無象の輩が、なんとも浅ましい醜態を演じており、小沢事件とは次元が異なる。

細かなことは認識できないが、小保方女史の可愛さに便乗して、STAPの共著になって売名をきめておきながら、論文の記述方法に瑕疵が発見さらたからと、まったくフォローのないまま、逃げてしまうなど、男のケツの下にもおけない連中ばかりである。

これをみれば、理研システムの脆弱性が透けてみえてくる。

少しだらしないのが気になりつつも、この際、この卑劣一流研究者を見返す意味でも女史に、頑張ってもらって、STAPを再現できるよう声援を送りたい。


07. 2014年4月10日 23:49:20 : 0EopofEgjc
>阿闍梨

オマエバカじゃねぇのか?w
ってかさもしいことすんな。
いくら小沢関係者から相手にされないからって、今注目を浴びてる話題と陸山会事件を無理やりこじつけやがってw
で、内容はこれまでの繰り返しかよ?w
大体未だに小沢裁判やってんのオマエだけじゃね?w
またカミサンに焼き入るぞ?w

[12削除理由]:言葉遣い

08. 2014年4月11日 00:30:03 : cMmspZZbPA
03. 2014年4月10日 15:28:30 : 4HoOMD0qbM
小保方さんを小沢一郎と同列に描き、政治論的にも巻き込もうとする。
、、、、、
ますます小沢信者が嫌いになりました。

のとっつあん1番のポールポジションがとれないからといってこの駄文はなんですかね。
お宅はこの投稿の内容を理解せず無理にこじつけてワンパターンのOZAWAガアーで発狂してるんでないの。
何時までやってんの無駄だから速やかに成仏しなはれ。
ところでマスコミや検察と同列のクズさ加減ってお仲間を卑下してどうすんの。
ボケカスお前は首だと言われるんでないの、、、さあー困ったね。

ところで投稿者 阿闍梨(あじゃり) さん前半は内容的になるほどの説得力があります。

ところが利権のオボコの部分に関してはとってつけたような違和感を私しめも感じています。
お気づきではと愚考しますが少々無理がありませんか。
失礼ながら論旨の流れが不可解ですね。
まさか都の西北関係のお方ではありませんよね。
今回はノーベル賞の噂で相当盛り上がったようにもお聞きしています。

小保方さんの論文は、パワーポイント(画像や図形を切り貼りするのに便利な文書作成ツール)で作成しているのですから、「別の画像を張り付けた」ことを理由に、直ちに捏造と決めつけた利権まみれの理研は、“おかしい”のです。
そんなことを言うのならば、パワーポイントで作成した論文は、全て研究不正となってしまいますよ。
捏造とは、他人の研究論文の画像を張り付けたとか、STAP細胞で無い画像を加工して、あたかもSTAP細胞のように見せかけた嘘の画像を張り付ける事です。

研究論文の場合は専門ではありませんが適当に都合の良いデータを集めてペタペタ貼り付けるのはご法度で研究者の常識のはずですが。
基本になるのは一連の作業で生じた結果のみが前提のはずでそれ以外ならあくまで参考の注釈を付けて添付すべきはずではありませんか。

今一つ不思議なのはパワーポイントの使用ですがご存じこれはプレゼンで便利なようにチョコチョコと各種データを細工できるようなあくまで簡易版ソフトなんですがね。
従って営業関係や企画関係者がご愛用なようです。
むしろ論文作成用途ではアドビのフォトショップやイラストレータでありグラフ作成ではエクセル関数を利用した方がむしろ綺麗で仕事が速いのではと思いますね。
また数式を使用する理系では有名なLINUX系のソフトがありますので論文作成には不自由はないはずですが。
それに論文で大事な修正履歴が残っているので意図しない改変に強いという大きな利点がありますね。

記憶に自信がありませんが、『過去何百年の研究を愚弄する論文だ』と言われた時の画像を張り付けてしまったとテレビで言っておりました。
そうすると、小保方さんは、3年前に既にSTAP細胞の作製に成功していたが、その後研究を続けた結果、今回の論文発表となった訳です。
ならば、小保方さん自身が作製した最初のSTAP細胞の画像を、『この方が見やすいから』との理由で、貼り付けたとしても、それは捏造とは言いません。

これも自己矛盾のように思いますよ。
明確に作成出来たのならその成果物を提供したら世界が納得するような答えが簡単に出るはずですね。

また、マウスのDNAが違うから捏造だと決めつけた事も、IPS細胞のようにDNAに依存しないことがSTAP細胞の“売り”なのですから、共著者がSTAP細胞を実際に確認できたのであれば、何の問題も無いではないか。
共著者が、その時に“確認できた”からネイチャー誌に論文が載ったのでしょ。

DNAに依存しないの箇所は素人判断ですがもしかしてご理解に誤りがあって拡大解釈しておられるのではありませんか。
細胞の皮だけを利用しているのではありませんのでDNAの問題はあるはずですが。
ここにも例えば一つのご参考資料があります。

ライフサイエンス 新着論文レビュー
http://first.lifesciencedb.jp/archives/6733
がん化のおそれのないヒトiPS細胞からの自然免疫型T細胞の選択的な分化誘導と増幅
2013年3月30日
若尾 宏・藤田博美
(北海道大学大学院医学研究科 環境医学分野)

失礼ながら特殊な分野ですから感情的にならずに冷静に分析しましょう。
でないとオボコの弁護士のような有名らしいですがピンボケ代理人(失礼)でこの分野に関してあまり詳しく無い事になるのかもしれません。
しかし当該分野の知識が浅いようにみえる方がどうやって弁護されるのか不思議ですね。
ここまで世界的に大きく広まっているのに酒でも飲みながらこのあたりで手打ちしませんか、、、では無いと信じたいですね。

所謂万能細胞のイメージはコアになるもの(患者さんから採取した細胞など)がありこれをリセットしてから細胞膜や血液や筋肉や軟骨やいろいろなものに発展させようとしておられるはずです。
最終的には心臓や肝臓や膵臓や腎臓や眼球などを構成出来たら拒絶反応もありませんので理想的でしょうね。

しかし拒絶反応の全く無い仕組みを目指していますとの内容の話題は確かにあったと理解しています。

このあたりは専門でもなく文献やデータを全てフォローしていませんので私が誤っているのかもしれません。

一時期話題になったがしかし未だに分からないこのねーちゃんのシンデレラ的経歴があります。
なぜAO入試で早稲田大学に潜り込めたのか。
なぜ返還義務のない奨学金を得る事が出来たのか。
なぜ正式なドクターでもないのにハーバードのバカンテイのところに潜り込めたのか。
もしかしたら遊びの延長でしか無い単なる語学留学なんでしょうかね。
極普通のどこにでもいる単なる帰国子女だったんでしょうか。
しかしどのような経過で研究活動にチェンジして入り込んだのか。
帰国後なぜ理研の研究員に潜り込めたのか。
実績も無くてなぜユニットリーダーに異例の抜擢でなれたのか。
感じだと全員がグルのエアーな猿芝居に見えてしまいますね。
どなたか知っていたら教えてほしいですよ。

従ってこのような内容だとOZAWAガアーのようなサイコバスやソシオバスの単細胞の獣が目ざとく見つけて出没するのではありませんかね。

でもって当然早速こういう事になりますね。
国際的な恥ですよ理研とオボコと所轄の官僚はどうすんのかな。

STAP作製法「今すぐ公開すべきだ」…米学者
読売新聞 4月10日(木)15時28分配信
 【オリンピックバレー(米カリフォルニア州)=中島達雄】米国の世界的な幹細胞学者、ルドルフ・イエーニッシュ米マサチューセッツ工科大教授が9日、理化学研究所の小保方晴子ユニットリーダー(30)がSTAP(スタップ)細胞の作製法を論文発表する意向を9日の記者会見で明らかにしたことについて、「論文にする必要はない。今すぐ公開すべきだ」と批判した。

 イエーニッシュ教授の研究室は、STAP細胞の再現に挑戦、失敗を重ねてきたという。「論文掲載の作製法に加え、理研と米ハーバード大が別々の作製法を発表しており、すでに4種類の作製法があるのは異常。
論文著者の間できちんと話しあってほしい」と話した。

 米国で開催されている幹細胞と再生医療に関する国際学会「キーストーン・シンポジア」に参加中。


09. 2014年4月11日 06:55:41 : Rlr97AvzO2
03. 2014年4月10日 15:28:30 : 4HoOMD0qbM さん
あじゃりさんは、小沢信者でもなんでもないです。

まあ、小沢信者と書いているところで
あなた(4HoOMD0qbM さん)のもともとの立位置も判明しますがね。

ただ、
あなたのおっしゃるように
陸山会事件と小保方さんの問題とはまったく別問題です。
それらが理解できないあじゃりさんは小沢氏の支持者でもなく、
むしろ、新共産主義クラブさんが共感する立場にいる人なのだと
考えています。


10. JohnMung 2014年4月11日 09:04:28 : SfgJT2I6DyMEc : pv85uqIEAA

 世の中、いろいろな見方・考え方があるでしょうが、西松建設事件〜陸山会事件は、行き詰まり座礁間近となった麻生自公売国政権下で引き起こされたことと、まもなく150年に及ぶわが国憲政史上類をみない政治謀略・人権蹂躙事案であること、そして大久保元秘書検挙のとっかかりの嫌疑は、東京地検特捜部が検察の面子を掛けて、大阪地検特捜部の応援を得ながら、数十億円の捜査費を投入して、ゼネコン・サブコン等々を徹底的に調べ挙げても嫌疑を立証することすらできなかったことを忘れてはならないでしょう。

 ところで、権力犯罪の一例として、下記もみておきましょう。

 ”冤罪より残忍な国家犯罪はこの世に存在しない、日本の裁判所や検察、警察は冤罪をつくる犯罪組織に成り下がったようである。|どんどん和尚ブログ”  2014/3/28(金) 09:18
 http://blogs.yahoo.co.jp/jun777self/12616245.html

 ”警察・検察、裁判所は冤罪捏造所であり、国民の敵だ ! |どんどん和尚ブログ” 2014/3/31(月) 14:01
 http://blogs.yahoo.co.jp/jun777self/12626865.html

 また、西松建設事件〜陸山会事件の根底に下記のようなことがあることも再確認しておきましょう。

 ”自民党「経世会」「清和会」と「東京地検特捜部」の不思議な関係を再確認しましょう:父さんの日記” 2010年11月17日 (水)
 http://rightaction.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/post-3c3d.html

 ”ななしのいいたい放題:カテゴリ経世会(旧田中派)VS清和会(地検・CIA)” 2010年01月18日11:32
 http://blog.livedoor.jp/omttm202/archives/51453361.html

 ”経世会と清和会の対立に見る戦後日本政党政治史。” 2011-08-27 11:00:26
 http://ameblo.jp/real-japan/entry-10999110390.html

 ”中川昭一の暗殺は、亀井静香に対する「脅し」!?ー日本を守るのに右も左もないー” 2009-10-12
 http://blog.trend-review.net/blog/2009/10/001396.html

 ”CSISの手羽先:金美齢・安倍晋三・長島昭久。証拠写真:金美齢宅で、売国親睦会。|どんどん和尚ブログ” 2014/2/28(金) 10:55
 http://blogs.yahoo.co.jp/jun777self/12522912.html

 最後に、安倍チョン三に籠絡された大手マスメディア等(バカメディア)の謀略加担の一面もみておきましょう。

 ”大手メディアはなぜ自民の公約破りを批判しない [慶大教授 金子勝の天下の逆襲] (日刊ゲンダイ)”
 http://www.asyura2.com/13/senkyo144/msg/716.html
 投稿者 赤かぶ 日時 2013 年 3 月 06 日 00:08:00: igsppGRN/E9PQ


11. 2014年4月11日 09:04:55 : nlVPPrCaOw
08. 2014年4月11日 00:30:03 : cMmspZZbPA

小保方氏を「オボコ」などと蔑むところに小沢支持者の腐った性根が現れてます。ここは2ちゃんねるではないです。もともと国会議員と一市民の立場は同列視できないのですが陸山会事件の際に「人権」を主張した小沢支持者達がこの節では「オボコ」などと小保方氏の人権には配慮しないわけです。彼らの二枚舌を物語っていると思います。

小沢氏の同胞議員ですら昔言ってましたが、自らに対する攻撃に際して「人権」を盾にする政治家は所詮、器の狭い小物です。政治家は様々な批判・中傷・バッシングを広い度量で受け止め、政治でそれを返していくのが本筋です。

小保方氏は政治家ではなく一市民です。「オボコ」などと2ch並の侮蔑に同調するのは実に下らないやり方です。


12. 阿闍梨(あじゃり) 2014年4月11日 09:08:25 : X1PiEpHWt8BJA : v7QNOcVMtM
>07 お子茶魔 様
阿闍梨(あじゃり)でおまッ。

『ってかさもしいことすんな。いくら小沢関係者から相手にされないからって、今注目を浴びてる話題と陸山会事件を無理やりこじつけやがってw』
⇒おっしゃる通りでございます。返す言葉もございません。

『で、内容はこれまでの繰り返しかよ?w大体未だに小沢裁判やってんのオマエだけじゃね?w』
⇒そこですよ。

『またカミサンに焼き入るぞ?w』
⇒鬼のように、やさしいカミ(SAN)から、そりゃあ、もう、焼き入れられぱなしですわ。

ちょっぴり、いいわけさせてね。
本文の「小沢裁判第7回公判」での説明の通り、こんな、あからさまなリンチ裁判・魔女裁判が現実に行なわれたというのに、日本中、いや、世界中で、『未だに小沢裁判やってんの』は、私だけなんですよ。

『そこですよ。』

石川さんも、『なんにも悪い事していないのに、なんでこうなる(有罪な)の?』と、死ぬまで“真相”を知らずにいるのでしょうね。

小保方さんも、このままでは、懲戒解雇(有罪判決と同じ)されてしまうのでしょうね。
共著者である副センター長は、『STAP細胞は、本物です。ES細胞では説明できない現象が確認されています。』として、自らの意思で近く記者会見を開くと言っています。

研究は、仮説を立てた上で行なうものです。研究に携わる者が『あるとも、ないとも言えない』として、現時点では再現できない以上、一旦論文を撤回(STAP細胞は、現時点では無いものと認めることになる)しろとは、納得がいきません。
『あるとも、ないとも言えない』のであれば、「あるものと仮説を立てて」小保方さんに研究の続行を、むしろ、お願いすべきだと思います。

公開実験すれば済む話ではないかと言う方達は、何を考えているのでしょう。
今回の論文は、『STAP細胞が存在する事を発見したもので、まだ作製にいたる条件や方法が確立されていない』と、小保方さんは言っているではないですか。
論文の発表が早すぎたというのであれば、そう言う奴は、小保方さんの次の論文が発表されるまで待っていることだと、私は思う。
STAP細胞の作製に成功した時点での論文発表は、むしろ、小保方さんの純粋な心の現れだと、私は思う。

小保方さんの件と、陸山会事件をムリヤリこじつけた事は、素直に、あやまります。
でも、石川さんは救えなかったけど、小保方さんは、この阿修羅の皆さんが本気になって世論を動かせば、なんとかなるんじゃないかな〜〜。と、思います。

【追】
昔、「小沢まっ白(実は、元ネタは私の阿修羅デビュー作です)」という投稿があったのを覚えていますか?
あの頃は、35,000アクセスとか平気であったよね。
再び、阿修羅も、あの頃の活気が蘇らないかなぁ〜〜。
と、思う、今日この頃なのだ。


13. 2014年4月11日 12:45:14 : MZO5mPJfvo
小保方と陸山会がやったことは確かに似ている

不正をやっておいてバレたら「ミス」だと
言い張るところなどソックリ。

同じことをしてなぜオボにだけ同情が集まるかと言えば、理由はただ1つ。

オボは可愛げある女子だが
オザは不遜げな爺だというだけ。


14. 2014年4月11日 13:43:08 : 4PeE0kmVWk
なんだかね、この冤罪事件も、奈良興福寺に伝えられている、
子供の首刎ねたりの、残忍な人殺し多数と重なるんですよね。
日本の支配層って、同じ血かも。


15. 2014年4月11日 14:09:59 : gQzUXJBl66
小保方問題は村木事件報道を彷彿とさせる。

16. 2014年4月11日 15:20:04 : xhPLQGaJ3b
国会議員の説明責任と同じ次元に捉えて偉そうに語ってる人の感覚の鈍さには唖然とさせられる。科学は真実に迫っているか否かが第一義であり、マスコミや国民に対して国会議員と同質の説明責任を果たさなければいけないものでもない。

税金が使われている云々とか、みみっちい主張があるが、そこは理研組織や予算を投じた政府に責任があるのであり、一人の研究者に批判を振り向けるのは、そうした背景性をぼかしてしまおうとする悪意を帯びたものだ。

また、この件は、国民から法令違反の嫌疑をかけられているものではない。国民が知りたいのは科学的真実であり、政治家の類と同一視するのは全く下らない主張である。


17. 2014年4月11日 16:51:53 : 7IgIgHTr3M
要するに コーポレート ガバナンスが 未熟な理研であることが明白になった。
更にアベ政府に金のエサに引っかかった理研が見えてくる。
世界の理研も地に落ちた。

18. 2014年4月11日 20:15:27 : 3mAhRhCVlY
日本のおもてなし 表がなくて 裏ばかり。

19. 2014年4月11日 20:25:45 : 0EopofEgjc
オレもSTAP細胞の件については通り一遍の事しか知らねぇし、専門分野でもねぇからよく分からないというのが実情だ。
だがオレのうろ覚えによると、ネイチャーに寄稿された論文に関しては大きく分けて2つの疑義が呈されたはずだ。

一つは論文に添付された実験の信憑性の裏付けとなる写真。
またこれについては2か所疑問店を指摘されてたと記憶している。
一つは実験結果の写真として考えると矛盾点があること。
もう一つは、写真に加工した形跡が認められること。

そしてもう一つが、論文自体に別の論文を盗用したと思われる箇所があること。

この両方について小保方は、両方とも悪意のないミスが原因だと言ってるようだな。
この時点で論文の信憑性は限りなく低い。
小保方の言い分を認めたとしても、権威ある専門誌に論文を寄稿するにはあまりにも不注意極まりないと言わざるを得ないね。
科学者として無責任と無能力を自ら暴露したと同じだ。
客観性が重んじられるべき分野において「自分はその存在を信じてる」と主張するとか泣いて訴えるなんぞアホかってのw
見た目に惑わされて可哀そうだのチャンスをやれだの言ってる奴らってのは、もしも小保方がデブで禿な中年オヤジで顔も不細工だったらケチョンケチョンに貶すんじゃねぇのか?

もしも写真も論文内容も単なるミスなんだったら、正しいものに修正することは十分可能なはずだ。
それができないのなら論文自体が紛い物だと判断されても文句は言えまい。
STAP細胞が存在ことを立証できないのは「悪魔の証明」と同様。
「存在しないことの証明」を求めるのではなく「存在することを証明(示唆)」して初めてその存在が証明(示唆=存在証明が不完全であってもある程度可能性を示唆すればいい)されなければ話にならん。


20. 2014年4月11日 20:58:57 : sYQGxwJagA
小沢と小保方は同じだよ

どっちもプロレス


21. 2014年4月11日 21:33:03 : 1n5vh87ues
レスラーが控え室に閉じこもったままのプロレスはない。小保方さんは政治家でもないのに、手薬煉引いてリンチしようと待ち構えるマスゴミから逃げなかった。他方、小沢一郎は政倫審への出席を表明しておきながら、土壇場で逃げたクズだ。

小沢一郎の声明文(抜粋)↓

先般、民主党の最大の支持母体である連合から、
挙党一致の体制で難局を乗り越えるよう、強い要請を受けました。
また、国民の皆様、同志の皆様にも、多大なご心配をおかけして
いることを、大変申し訳なく思っております。これらのことを
総合的に考え、私は政治家の判断として、来年の常会において、
政倫審に自ら出席することを決意致しました。


↑小沢が読み上げた声明文の中身は、労組からの要請があったから政倫審に出るというものであり、これは政治家としての自身の立ち振る舞いが一労組の意向に左右されていることをさらけ出しているようなものだ。小沢一郎の小心ぶりには呆れ返ばかりである。


22. 2014年4月11日 22:21:26 : pIXrVy1fj2
小保方もクズだが、小沢に勝るクズは探すのも難しい

23. 阿闍梨(あじゃり) 2014年4月11日 22:50:46 : X1PiEpHWt8BJA : v7QNOcVMtM
>19 お子茶魔 様
阿闍梨(あじゃり)でおまッ。

このごろのお子茶魔様(ホントは何人?)は、キレがないね。
もっと、怖いぐらい熱気のある、お子茶魔様もいたよね。その子が、いいな。

さて、本気で本音の話をしようじゃないか。
小保方さんが、謝罪をしたのは、弁護士の入れ知恵だと思うよ。
あの弁護士は、小保方さんが理研に復帰したいという強い思いを尊重して、とりあえず謝罪しておくよう勧めたものだと思う。
しかしながら、今の日本は欧米化して、「謝った=罪を認めた」という解釈をするということを、古い考えの“あの弁護士”は、解かっていなかったようだ。

また、理研の理事長らは、実験ノートやチームメンバーらが揃っていれば、小保方さんがいなくてもSTAP細胞の作製はできるハズだとたかをくくっていたが、まさか、小保方さんの頭の中だけに、作製のために絶対必要不可欠な“コツ”や“秘密のレシピ”を隠していたとは、想定外というところだろう。
だけど、もう、引っ込みがつかなくなっちゃったから、懲戒免職とするだろうね。

今回の論文は、「STAP細胞の作製に成功した」という段階の論文だよ。
つまり、今回は、STAP細胞が存在するという大発見をしたにすぎない。STAP細胞の作製方法の確立については、次の段階の論文だと小保方さんが言っているのを聞いてないのか?
だから、存在を証明しろと言う、マスコミやお前らは、阿呆だ。STAP細胞の存在は、今回の論文で、とっくに証明されている。
小保方さんに論文の作成の指導をした共著者の副センター長が『STAP細胞は本物だ』と言っただろ。
近く記者会見すると言っているんだから、素人が偉そうにチャチャ入れるんじゃないよ。ったく。(怒)

それから、なんども言うが、捏造とは、他人の画像を盗用したとか、STAP細胞とは無関係の画像を加工して、STAP細胞に見せかけた場合を言うのだよ。
ネイチャー誌の方も調査中なんだろ。黙って、待てよ。

怯えきっている小保方さんを、まるで、大罪人かのように“ののしり、罵声をあびせ、得意になっている”マスコミなんぞに同調してんじゃないよ。バカタレ。

『やっぱり、この日本は、狂っている。』

【追】
安倍は、原発再稼働を推進し、核輸出をやるつもりだぞ。
一方、憲法9条のノーベル平和賞への推薦は受理されたとか。
焼け石に水となるのか?

そろそろ、本文のように、安倍政権を“ぶっ潰す”ことを、日本国民は考えるべきだ。


24. 2014年4月11日 23:26:45 : 0EopofEgjc
>>23 阿闍梨

悪ぃな、オレ小保方の事はほとんど興味ないんだw
どうでもいいって感じw
だから>>19もただの一般論だ。
小保方が研究者としてマジで実力があって、先見の明、または発想の豊かさなんかがあれば、この先挽回するのは不可能じゃないし、理研なんかに拘らずに自分の研究を真剣に後押ししてくれる場所を探すのが一番じゃね?

理研は一々外野がガタガタ言わなくてももうその手の企業としての信頼は失墜しただろ?
今後は「新はっけーん!」とか言っても「またどうせ眉唾だろ?」って見られるさ。
ただこの分野って純粋な科学の分野より格段に早く(そして莫大な)利益を回収できるだろうからねぇ。
けどだからこそ、ぼーっとしってとケツの毛まで抜かれちまうw
あ〜やだやだw


25. 2014年4月12日 00:22:46 : 0EopofEgjc
ってのもなんだからw
阿闍梨の>>24について考えてみっか(即興でなw)。

>さて、本気で本音の話をしようじゃないか。
小保方さんが、謝罪をしたのは、弁護士の入れ知恵だと思うよ。
あの弁護士は、小保方さんが理研に復帰したいという強い思いを尊重して、とりあえず謝罪しておくよう勧めたものだと思う。
しかしながら、今の日本は欧米化して、「謝った=罪を認めた」という解釈をするということを、古い考えの“あの弁護士”は、解かっていなかったようだ。

実はオレ、会見見てねぇ〜w(メンゴw)
まぁ今の立場なら謝るのは当然として(出来そこないの論文書いちまったことに対して。またそこで世紀の大発見をして、それが実証されたかのように結論付けちまったことに対して。そして自ら論文を作成する際致命的ないくつかのミスをしたことに対して)、前レスでも言ったように理研の無責任体質は今後も糾弾されるだろうし、それを払拭できなければ企業としては終わりだ。

何かを作ることに成功したって言うのは自由(錯覚、勘違い込みで)。
けどそれを論文にして権威ある専門誌に掲載してもらうってことには当然責任が付いて回る。
「発見」と言うからにはその再現性の高さ(或いは要件)も担保されなきゃね?
それか実物があるとか。

>小保方さんに論文の作成の指導をした共著者の副センター長が『STAP細胞は本物だ』と言っただろ。

それはその人の話を聞くまでは何とも言えないね。
小保方ちゃんと似たようなこと言うだけなら没w
ただし、本当に何らかの説得材料を持っているんなら、少々タイミングが遅いと思うよ?
もっと前にその人がその「説得材料」を公表していれば、オマエが愛してやまない小保方ちゃんも会見の席で泣かずに済んだかもしれないしねw

>それから、なんども言うが、捏造とは、他人の画像を盗用したとか、STAP細胞とは無関係の画像を加工して、STAP細胞に見せかけた場合を言うのだよ。
ネイチャー誌の方も調査中なんだろ。黙って、待てよ。

分った分った、分ったよw
オマエのアイドルだということに免じて「黙って、待つw」。

【追記】について。
これはオレ個人の妄想的な見解だと断っておく(約1名の陰謀論かぶれにはさらっと話した)。
オレは、安倍が盛んに海外で原発プラント施設建設のセールスをしているのは、日本でフクイチ事故があったので、今後は国内のプラント建設は容易じゃないという認識のもと、三菱=アレバ、東芝=ウェスチングハウス、日立=G・E(この日本3社はおそらくそれぞれこれら海外メーカーからノウハウ提供及び協力を取り付けるのに多額の代償を支払ったはずだ。そして本来はもっともっと国内でプラント建設をして多額の利益を計上するはずだった。そしてこれは日本が国策として原発にかじを切ったんだから、当然政府が利益を約束してるんじゃないかと考えている)
のセールスマンをやってるんだろうと思う(あまよくば今手持ちの余剰核燃料の輸出先にもなり得る)。
そして武器禁輸の解禁、あのニュースで自民に献金してる国内武器メーカーの中で突出して献金額が多いのも三菱・東芝・日立の3社。
ってことは何かい、安倍が海外での原発プラント建設のセールスに失敗した時のために第二の埋め合わせ策を講じようって言うんかい?(だってよ、本気で戦争おっぱじめようなんてアホはそうそういないぜ?しかも近所でさw)
そして集団的自衛権は自衛隊の予算を増やし、武器を買い込む資金調達が目的。
これがオレの読み。
けどアメリカは核拡散防止の観点から、それをあまりよく思っていない。
だから日本に貸してるプルトニュウム返せとか言ってるんじゃねぇのかなぁ?


26. 2014年4月12日 00:27:57 : 0EopofEgjc
ゴメンw

阿闍梨の>>23だった。


27. 2014年4月12日 00:48:30 : XNPTuQD4pw
発見は特許にならない

生成方法は特許になる

先行して特許請願すれば、後発組は特許侵害を恐れて請願特許が否認されるのを待つしかない

おそらくIPS細胞の「 独占権を認めないため特許を取った 」行為の身内より、「 金になる部分を盗んで転んでくる者を拾う策 」と見た

特許請願し、ゴネてる間にそれができる・・・いや、おそらく当該研究者は単発では成功させたのだ

しかし、まだ安定しない

自分の親分は、一儲けに流れて来ないから、今度こそ高価で売りたいし、韓国系ロック系商事会社の重役である小保方父は、買い付け役にはうってつけだ

そこで、理研が特許侵害を利用した時間稼ぎは、さすがにできないため、買い付け役の娘と組んでの一芝居

架空特許請願を演じるデコイを生み出した・・・どうせ、こんなところだろう


28. JohnMung 2014年4月12日 04:02:15 : SfgJT2I6DyMEc : pv85uqIEAA

 このスレには、謀略朝鮮カルト「統一協会」と自民党謀略隊「チーム世耕」(世耕弘成は早大原理研時代から「統一協会」=「国際勝共連合」)から動員された在日チョンのバカウヨ・クソウヨども ↓ が湧いていますな!

 >>20. 2014年4月11日 20:58:57 : sYQGxwJagA
 >>21. 2014年4月11日 21:33:03 : 1n5vh87ues
 >>22. 2014年4月11日 22:21:26 : pIXrVy1fj2
     ↑
 此奴らは、物事の根幹が何なのかを抜きにして、ガタガタ喚いているが、此奴らに勝る「クズは探すのも難しい」
 此奴らのやっていることは、「真相の道」=Vaka=後藤謙次や「新共産主義クラブ」=「新自由主義クラブ」、野中広務の飼い犬・自称ジャーナリスト・岩手の恥さらし・ゴロツキ松田賢弥らバカウヨ・クソウヨと同類!

 当該事案(西松建設事件〜陸山会事件・小沢裁判)は、行き詰まり座礁間近となっていた麻生自公売国政権下で引き起こされたことと、まもなく150年に及ぶわが国憲政史上類をみない政治謀略・人権蹂躙事案であること、そして大久保元秘書検挙のとっかかりの嫌疑は、東京地検特捜部が検察の面子を掛けて、大阪地検特捜部の応援を得ながら、数十億円の捜査費を投入して、ゼネコン・サブコン等々を徹底的に調べ挙げても当初の嫌疑を立証することすらできなかったことを忘れてはならない。

 従って、当該事案で責められるべきはまず、自民党の麻生太郎総理総裁(当時)と森英介法相(同)、公明党の太田昭宏代表(当時)で、此奴らは国家転覆に類する犯罪者として極刑に処すべき奸賊である。
 当該事案を継承・積極加担した民主党の菅直人・野田佳彦、仙谷由人らも同様である。
 それから、あろうことか、日本共産党も自公の陰謀に裏の補完勢力として加担したことも見逃してはならない。

 実行犯としては、東京地検特捜部や大阪地検特捜部など検察関係者と最高裁事務総局など司法関係者も厳しく処断すべきである。

 世論操作・誘導して政治謀略・人権蹂躙事案の舞台づくりをし、その後の安倍自公売国政権の誕生のお膳立てをしてきた大手マスメディアと御用学者・評論家どもも断じて許すべきではない。


29. 2014年4月12日 04:14:27 : MxsrShJm4I
米国は、もう核に頼る必要の無い兵器を開発済み、それで日本にもプルトニウム返せと言い始めた

米国以外が核兵器が最強だと思っている(特に中国、北朝鮮)

日本は対中国、北朝鮮を想定して原子力発電所建設と称して核開発技術を維持しようとしている

でも米国は、その事を良く思っていない

で、便宜上、日米同盟は強固であると演出している

実際は裏で中国と話しはついている

なーんも知らんのは、あの人達だけ


30. 2014年4月12日 04:21:24 : 7TOqNq5ENE
ウィキリークスまでも各国諜報機関のための、民意洗脳諜報活動だった。

実態はキャス・サンスティーン博士(OMB 情報・規制問題室長)によって提案されたサイバー対諜報計画(COINTELPRO)。内部告発の嘘も事実も混ぜて流し洗脳する場所。

つまり地底人説など真っ赤なウソ。
ここも恐らくそういった者達が裏で支配していることだろう。
2ちゃんのひろゆきが乗っ取られたのもそういうことだろう。
流れからするとKCIAだろう。

ただストレス発散には良い場所かもしれない。我々日本国民は搾取され続けているのだから。


31. 2014年4月12日 07:18:42 : Fs820IFiwU
小沢さんは正義の為に自由と人権と民主主義の為に。平和と国民主権の為によく闘つたと思います。特に「反フアシズム」の発言に感動しました。日本の悪党一味によリ小沢さん追い落としのために、デツチ上げられた「政治とカネ」疑惑なるもので苦しめられましたが、大きな原因が分かりました「小沢さんが迫害された」。、それは「ナチズムとフアシズムズム」や「日本軍国主義と国家主義」旧体制へ回帰路線をとる日本のタカ派にとり、「国民の生活が第一」などという政治信条の小沢さんは邪魔だつたのです。安倍政権は〈戦争が第一」の進軍ラツパを吹き鳴らし。ブレーンの衛藤、萩生田、籾井、百田、長谷川、桜井「よ」などは旧連合国「中国など」どころかアメリカをも激しく非難し「戦争準備体制構築」という安倍政権のプロパガンダをやつています。小沢さんは草の庵「いほり」を立ちいでて反戦平和派の軍師として諸葛孔明のように活躍して欲しいし、その力はある と見ています。

32. 小沢カルトはバカばかり 2014年4月12日 08:32:30 : 06DYzoEDvhFp6 : QhmTzSDPOw
小沢の「隠し資産」暴いた「週刊現代」が全面勝訴
2008年7月号 DEEP [ディープ・インサイド]

新聞・テレビはほとんど報じなかったが、政界動乱の主役である民主党の小沢一郎代表にとって大きなダメージとなる判決が6月4日に下った。

いわゆる小沢氏の不動産問題を取り上げた「週刊現代」の記事で名誉を毀損されたとして、小沢氏と民主党が講談社と著者の長谷川学氏らを訴えていた。

その控訴審判決で、東京高裁(柳田幸三裁判長)が「記事は真実であり名誉毀損に当たらない」として1審の東京地裁判決を支持。小沢氏側の請求は棄却され、講談社側が勝訴したのだ。

週刊現代(06年6月3日号「小沢一郎の“隠し資産”を暴く」)は、小沢氏の政治資金管理団体「陸山会」が都内などにマンション10戸、6億円以上(その後、さらに買い増しして現在は10億円超)を所有していることを調査報道で明らかにし、その全てが小沢氏名義であることなどから、小沢氏の実質的な「隠し資産」ではないかと追及。

この記事に小沢氏は「『絶対に許さん!』と激怒した」(民主党関係者)という。

その怒りの背景には、この問題が自らの致命傷になりかねないとの恐れがあったようだ。

実際、記事が出てから約半年後、政治家の事務所費問題にからめて新聞・テレビが小沢氏の不動産問題を一斉に報道。国会でも大問題となり、小沢氏は弁明に追われた。そして昨年、政治資金規正法が改正され、政治資金管理団体が新たに不動産を所有することが禁じられた。

追い込まれた小沢氏は「面倒だから不動産を処分する」と明言した。

「2年前、小沢氏はこの問題をマスコミに追及されてはたまらないと思ったはず。見せしめに週刊現代を告訴すれば牽制できる、と考えたとしても不思議ではない」(前出の関係者)

昨年1月に産経新聞がこの問題を新聞として初めて取り上げたとき、小沢氏周辺が「週刊誌を告訴したことを知らないのか?」と憮然としていたという話もある。

いまや「永田町の不動産屋」と揶揄されるようになった小沢氏は、控訴審で「不動産は陸山会のものだ」と主張したが、判決は「本件各マンションが陸山会のものであると断定することはできない」と切り捨てた。



[12削除理由]:無関係

33. 小沢カルトはバカばかり 2014年4月12日 11:26:17 : 06DYzoEDvhFp6 : QhmTzSDPOw


2010年4月6日(火)「しんぶん赤旗」
■小沢氏資産隠し発覚
■会員制ホテルを追加報告


 民主党の小沢一郎幹事長に新たな資産隠しの疑惑が5日、明らかになりました。同氏が衆院議長あてに提出している「資産等報告書」(2009年12月7日)に、会員制ホテルの所有権を追加記入していたもの。

 同報告書などによると、東京都世田谷区の自宅、岩手県奥州市の実家、静岡県東伊豆町の土地、沖縄県宜野座村の土地などの「資産」に追加していたのは、東京都中央区勝どきの会員制オーナーズホテル「東京ビュック中銀」の土地・建物。都営地下鉄大江戸線「勝どき」駅から徒歩1分の15階建てで、ホテルのほか、飲食店なども入居しています。

 小沢氏が所有していたのは、土地が2460分の1、建物が4〜11階の8フロア304室の1560分の1。

 所有者か所有者の紹介者は、月間5泊まで2180円で宿泊できるといいます。

 資産公開法は、国政選挙があった年に「資産等報告書」を、それ以外の年に新たに資産取得があった場合は「資産等補充報告書」を、それぞれ所属する議院の議長あてに提出することを義務付けています。

 小沢氏はこの資産について、一度も報告していませんでした。5日の追加記入は小沢事務所の女性職員によって行われていました。

 小沢氏にかんしては、資金管理団体「陸山会」による世田谷区の土地購入をめぐる政治資金規正法違反事件(虚偽記載)で、石川知裕衆院議員ら元秘書3人が起訴されています。また、陸山会が01年12月に購入した東京都港区南青山の一等地にあるマンション「ラ・セーナ南青山」の502号室(33・17平方メートル)の所有権が昨年、小沢氏個人に移転していたことが判明したばかり。小沢氏をめぐる不透明な不動産取引が改めて問われます。



[12削除理由]:無関係

34. 2014年4月12日 12:31:22 : jiAc1Bjjgs
資産公開隠しは小沢の十八番だからな。

陸山会事件の土地購入原資となった4億円も一切公開されてなかったし。
そんな謎の大金が自分の政治資金団体に貸し付けられ、
収支報告書に記載もされてなかったら問題になるのは当然。

適当な陰謀論で誤魔化しても馬鹿しか騙せんよ。


35. 2014年4月12日 13:09:37 : SJQ2DBf13c
>22
お前もな・・・

36. 2014年4月12日 13:42:34 : tJOroATwsc
>ですから、私のブログのトップページを小沢さんに見せるだけで・・・
>『ね。駆除するのは、意外と簡単でしょ。』

小沢氏のとりまきが、上記のブログを小沢さんに見せないから・・・ と言うことなんでしょうが、
そのブログの著者ご自身が、小沢氏にブログを見せることは出来ないんでしょうかね?


37. 小沢カルトはバカばかり 2014年4月12日 16:59:13 : 06DYzoEDvhFp6 : QhmTzSDPOw

■小沢隠し資産報道事件

◆ 丹念な取材・調査に基づいた『週刊現代』記事

そこで、裁判の元となった『週刊現代』の記事「小沢一郎の“隠し資産(6億円超)”を暴く ジャーナリスト 長谷川学」(2006.6.3)を確認することにした。
5ページにわたる記事中では、表組みで「小沢一郎・蓄財の歴史」と「小沢一郎・全資産(マンション/土地・建物)」が紹介され、また地元後援会長の談話や小沢事務所の回答もあり、丹念な取材・調査に基づいて、事実をたんたんとレポートしているという印象を受けた。名誉毀損にあたらないという裁判所の判断もうなづける。
記事のコピーはpdfにして添付したので、小沢氏を支持している人、支持しない人の双方に、ぜひ目を通してほしい。

◆隠し資産問題とは名義の付け替え

問題をまったく知らない人のために、小沢氏の疑惑を簡略に解説すると(といっても長い)───
小沢氏の政治資金管理団体「陸山会」が所有するとされる、都内一等地等計10戸のマンション(購入価格約6億1000万円)について、政治団体は権利能力なき社団、つまり法人格がないため、「小澤一郎」個人名義で登記している。しかし、政治資金規正法では、政治団体は資産として土地や建物を計上してよいことになっている。
そのため、この資産について、「陸山会」の収支報告書には記載されているが、小沢氏個人の議員としての「資産等報告書」には記載がない。
この方法をとると、小沢氏の死後、相続の対象である個人資産となる可能性を否定できないほか、政治団体には税法上の優遇措置があるため、「税金逃れ」や「資産隠し」ととられてもいたしかたない部分がある。また政治資金団体の資産について、国税局もタブー視しているといわれる。

つまり、法律自体が矛盾しているなかで、小沢氏は、合法ではあるが、制度の欠陥をうまく突いた資産運用=高度な財テク法を行っている可能性が大きいという訳だ。

◆問題の本質は、資産運用の是非

種々の週刊誌報道などを含めた報道記事を振り返ってみると、この「資産名義の付け替え」をもとに、さまざまな疑惑が浮かび上がっているようだ。例えば、登記上の「小澤」という旧字の表記と「小沢」の使い分けなど、どれも細かく、複雑なもので、素人には分析が難しい。

2007年2月、小沢氏は事務所費公開にあたり記者会見で「不動産は個人所有していない」と明言したことは、新聞の一面などで報道されたので、記憶に残っている人も多いのではないかと思う。
しかし問題は合法であるかどうかではなくて、献金によって成り立ち、優遇税制のもとにある国会議員の政治資金管理団体が、大量の不動産を取得して資産運用すること自体の是非だろう。
国民の理解を得られるかどうかがポイントだと考えられるが、TVなどで報道されなければ、国民が知る機会も少なく、したがって論議の機会さえも奪われしまっている。TVの報道番組、例えば我々国民の見方を自認する「報道ステーション」にもぜひ解明して欲しい課題だ。

◆ 1億円超の物件をぽんと寄付

 ところで、2007年7月、政治資金規正法が改正され(1月1日に施行)、「資金管理団体による不動産の取得等の制限」が追加された。
「第19条の2の2 資金管理団体は、土地若しくは建物の所有権又は建物の所有を目的とする地上権若しくは土地の賃借権を取得し、又は保有してはならない」(平成19.7.6法律107号)というものだ。

 また、先週発売された『週刊新潮』(「密かに『疑惑事務所の処理』を始めた小沢代表の『総理戦略』」2008.7.17)では、問題となっているマンションの一つ、「グラン・アクス麹町」の物件は、7月1日、陸山会から、テナントとして賃貸していた「ジョン万次郎ホイットフィールド記念 国際草の根交流センター(会長:小沢一郎)」に寄付され、移転登記されたことを報じている。

★東京地方裁判所は、この小沢隠し資産報道を、事実と認定

★東京高等裁判所は、地裁の事実認定を支持し、小沢側の控訴を棄却した

★小沢の敗訴確定




[12削除理由]:無関係

38. 2014年4月13日 00:44:21 : loqvZDKV22
こんなのもありました。

大々的なスクープ小沢カルトはバカばかり さんの ご参考 その1

Media Watch Report
国民による国民のための国民のメディアリテラシー

http://mediawatch.cocolog-nifty.com/blog/2008/07/post_43e0.html

☆小沢「隠し資産疑惑」裁判。判決文を見た。
6月4日、民主党小沢一郎代表が、『週刊現代』(講談社)に敗訴した、東京高裁(つまり2審)の判決文を見る機会を得た。
控訴人や非控訴人、弁護人の名がずらりと並ぶ1ページに続く、2ページの「主文」を見て、苦笑してしまった。

曰く「本件控訴をいずれも棄却する」
曰く「控訴費用は控訴人らの負担とする」

という2行。
控訴した小澤一郎(通称:小沢一郎)氏らの「全面敗訴」であることが、あまりにも明確に、短文で提示されていたからだ。
立場を変えて小澤一郎氏側の立場に立って考えて見れば、勝てないまでも落としどころがあると読んで始めた裁判なのに、「けんもほろろ」な判決だったことが想像できる。

■控訴内容は小澤氏と民主党合計で6000万円と金利

控訴内容は、
1) 小澤氏(個人)に対し、3000万円と、当該記事の雑誌発行日(2006年5月23日)から支払い済みまで年5分の利息を支払え。
2) 民主党に対し、3000万円と、当該記事の雑誌発行日(2006年5月23日)から支払い済みまで年5分の利息を支払え。
3) 控訴人が用意し、条件を示した謝罪広告を、週刊現代のほか、朝日、読売、毎日の各新聞に掲載せよ。

……というもの。
つまり、名誉毀損により、小澤氏個人(3000万円+利息)、民主党(3000万円+利息)と謝罪広告を求めていたものが、東京高裁へ上訴までしたのに、あっさり棄却されたわけだ。

■ 事実をもとにした意見は名誉毀損ではない

判決文のうち、「事実及び理由」では、週刊現代の記事や広告等の内容を子細にわたり点検・検討するもので、記事等から、知っていることがほとんどだった。
ただ、注目したのは「事案の概要」の2「記事による名誉毀損における違法性及び故意過失」。我々なりに「翻訳」すると以下のようになる。


● 事実であることの証明がなくても、執筆者が事実と信じるにたる理由があれば、故意や過失で名誉毀損したとはいえない。

●事実をもとに、公共の利害や、公益を目的に執筆(表現)したものであれば、故意または過失で、名誉毀損したことに当たらない。

●事実を前提とした意見や論評によって名誉毀損にあたるかどうかは、読者の判断にまかせられる性質のもの。


──というもの。

週刊現代の記事の、詳細な調査や多面的な取材を読んで、我々が感じたことと遠くない。つまり、きちんと調べ、また反対意見を含めて構成している事実に基づいた記事には、ある種のジャーナリストとしての「誠実さ」が感じられ、それを名誉毀損で訴えるのはおかど違いでは?ということだ。
尚、小沢氏側は、判決に不満であれば、判決から2週間以内に上告できたはずだが、上告は見送った。
つまり判決を受け入れたということだ。


■ なぜ、首相にならんとする人物の裁判が報道されない?

それにしても、なぜ、一国の総理にならんとする人物=小沢一郎(小澤一郎)氏の裁判について、テレビや主要新聞(共同通信と産経新聞はのぞく)は報じなかったのだろう。
私たちは「国民の知る権利に奉仕する」というマス・メディアの使命・役割を信じている。いや、信じたい。
調べれば調べるほどに、なぜ報道されないのかに立ち帰ってゆく。
ネットのブログ等では、さまざまな理由が挙げられている。
しかしそれらの大半は、無責任な「床屋政談」であって、我々がその信憑性を確認することが難しい。

ちなみに、平成19年2月20日の事務所費の公開に当たっての記者会見で小沢一郎民主党代表は、

「いずれにしろ、報道機関の皆様には、いかなる場合においても、私の意志がきちんと実現されるよう、今後、厳しく監視していただきたく宜しくお願いいたします」

と締めくくった。

この「お願い」に応えているのは、週刊現代や週刊新潮などの一部の週刊誌が主だ。
小沢一郎氏自身が、そう要請しているのに、なぜ、TV局や朝日や毎日、読売新聞などの報道機関は動かないのだろう。

あまりの迷宮と問題の根の深さに、疲労が募るばかりだ。

追記
裁判所には、「記録の閲覧」という制度があり、身分証明書の提示など、所定の手続きを経れば判決文等の事件記録の閲覧および謄写することができる。
判決文の全文をそのままご覧になりたい方は、下記へ問い合わせを。ちなみに事件名等は、下記のとおり。
小沢一郎氏の名は、旧字の「小澤」であることにご留意を。

■平成20年6月4日判決言い渡し
■平成19年(ネ)第4432号謝罪広告等請求控訴事件(原審・東京地方裁判所平成18年(ワ)19755号)
■ 控訴人  小澤一郎/民主党
■ 被控訴人 株式会社講談社/渡瀬昌彦/加藤晴之/長谷川学
■ 口頭弁論の終結の日 平成20年5月7日

☆東京高等裁判所「事件記録の閲覧謄写について」(民事記録係)
http://www.courts.go.jp/tokyo-h/saiban/tetuzuki/jiken_about.html


つまり嘘や捏造で無い丁寧な取材であれば名誉棄損では無いだろうという事のようです。
このような判例では現状のダマスゴミとまで揶揄される大マスコミ関係者各位にとって真に具合が悪いでしょうね。
従ってシラーと無視を決め込んだのではないでしょうか。
このような内容でなぜ鬼の首でも取ったように誰かさんがお喜びあそばされるのか理解に苦しみますね。


大々的なスクープ小沢カルトはバカばかり さんの ご参考 その2

政治家 不動産 所有 でGOOGLE検索 

【利権】 松本龍議員の一族、福岡空港の土地代で年間数十億円も何もしないで稼いでいた
2011年07月05日
http://news020.blog13.fc2.com/blog-entry-1629.html


政治団体による不動産所有のどこが問題なのか?
http://blogs.yahoo.co.jp/voteshop/12072000.html


町村(自民)議員、
江田(みんなの党)議員も
政治団体による不動産保有
〜報じない大メディア〜
鷹取敦
29 Jan. 2010
独立系メディア「今日のコラム」
http://eritokyo.jp/independent/takatori-col185.htm

エトセトラ 

早い話がいろいろありすぎるようでなぜこんなのが今だにポケーと唐突に出てくるのか。
現在は確か2014年?。
個人の所有か政治団体の所有かで一時期話題になりました。
やっぱり啓蟄なのにネタが無視(虫ともいう)されるのがが激しいからか。
見事な時系列完全無視で今も昔も同列扱いの思考パターン丸出しで悪い頭では良く分かりません。
今頃見つけてにっくきOZAWAが敗訴したワー面白いというそれだけなんでしょうか。

啓蟄 とは - コトバンク
kotobank.jp/word/啓蟄?
知恵蔵2014 啓蟄の用語解説 - 春の暖かさを感じて、冬ごもりしていた虫が外に這い出てくるころのことである。「啓」には「ひらく、開放する、(夜が)明ける」などの意味、「蟄」には「冬ごもりのために虫が土の下に隠れる、とじこもる」という意味がある。もともとは、 ..あるいは投稿者 阿闍梨(あじゃり)さんの投稿が阿修羅でランクが上なのが何か具合でも悪いのでネチネチ書いて下げたいのか、、、何でしょうね。
もしかしてこの方は失礼ながら典型的なサイコバスかソシオバスなだけなんでしょうか。
表裏一体なのに仮想の人格が書き込んでいるから無関係とでも思っているのだろうか。
工作員の生活が長いと例えばベテランの俳優と同じで注意しないと現実世界と仮想世界とが無意識下で混在し始めて少しづつ人格破壊というか人格障害になるかもしれませんよ。
役者さんで芸歴が長いほど根源的な自分を客観的に見つめる努力は常にしておられるようですよ。
嫌味な表現をするとまるで現在話題のオボことあるいはオボコことリケジョの小保方氏と同じように思えてきます。

「STAP細胞自体がねつ造」 という最悪事態を避けるために 小保方と笹井と野依は「共犯関係」にある
http://www.asyura2.com/13/nature5/msg/342.html
投稿者 ダイナモ 日時 2014 年 4 月 11 日 10:39:47: mY9T/8MdR98ug
という視点を代えた興味深い投稿がありました。
さてどうなるんでしょうか。
役者さんが小保方氏から真打登場で己の世界的な名誉をかけて自称ケビンコスナーことSさんに代わるようです。


39. JohnMung 2014年4月13日 02:47:03 : SfgJT2I6DyMEc : pv85uqIEAA

 >>38. loqvZDKV22 さん 公平な視点から、>>32>>33>>37.小沢カルトはバカばかり の一面的・恣意的・謀略的なコメントを粉砕されたことに心から敬意を表します。

 このスレで扱われている事案は、細部の論証も大切なことは言うまでもありませんが、あまりに細部(枝葉)にまで深入りしすぎて、「森」は元より「木」すら見失わうことのないように心がけたいものです。

 その上で、>>10.で紹介した下記ブログ記事を掲載しておきます。

 CSISの手先(売国奴)=99%の日本人(国民)の敵が誰であるかを(再)確認し、ネット内外〜国内外に遍く広く拡散しましょう。

 また、「本当のこと(事実・事実関係)」を隠蔽し歪曲・捏造すらする大手マスメディア等と御用学者・評論家及び広告宣伝掲載企業・団体に抗議の意思表示をしましょう。
 電話等で直接抗議することだけでなく、ネット内外で「本当のこと(事実・事実関係)」を拡散すること、広告宣伝掲載企業・団体の商品・サービスを購入(利用)しないこと、99%の日本人(国民)の立場に立たない政治家・
政党に選挙等で投票しない等々、意思表示の方法はいろいろあるので、できることからやりましょう。

 ”CSISの手羽先:金美齢・安倍晋三・長島昭久。証拠写真:金美齢宅で、売国親睦会。ーどんどん和尚のブログー” 2014/2/28(金) 午前 10:55
 http://blogs.yahoo.co.jp/jun777self/12522912.html

 ”◆2014/02/27(木)2 証拠写真:金美齢宅で、売国親睦会。”
 http://grnba.com/iiyama/

【写真】CSISの手羽先:金美齢・安倍晋三・長島昭久。
http://blogs.yahoo.co.jp/jun777self/GALLERY/show_image.html?id=12522912&no=0

 CSIS(米・戦略国際問題研究所)は、対日謀略・操作の指令塔。
 この写真を撮った新聞社(日本経済新聞社)は、CSISの広報紙。

 日本側エージェントの番頭格が長島昭久と渡部恒雄。親父の渡部 恒三は、表の看板は “黄門様” だが、CSISと原発ムラの手羽先。
上の写真は、金美齢婆さんが如何なる人物かを証明する証拠だ。

 金美齢の悪辣な言動を 『文殊菩薩』でコテンパンに叩いたら、アクセスが激増し、「あそこまで良くぞ書いてくれました!胸がスッキリしました…」という喜びの電話が何本も入った。

 米国戦争屋の手羽先であることがバレバレの金美齢婆さんだが…、憎まれかた、嫌われかたは半端ではない。

 だっから、金美齢婆さんをメディアに晒せば晒すほど逆効果なのに…、日経新聞も、読売系列も、ソレに気づかない。

 気づかないどころか…、金美齢婆さん宅での売国屋サンたちの親睦会の写真をイケシャーシャーと公開する始末。

 日本を戦争国家に追い込む戦争屋の手羽先どものパーテイの写真…、憎しみと呪いを込めて眺めましょう。
転載終了、

【写真】CSISの手羽先:金美齢・・・の画像
 http://blogs.yahoo.co.jp/jun777self/GALLERY/show_image.html?id=12522912&no=1
【写真】★ アベッチの「おともだち」は、米国戦争屋のスパイ鴨。 (飯山一郎)
 http://blogs.yahoo.co.jp/jun777self/GALLERY/show_image_v2.html?id=http%3A%2F%2Fblogs.c.yimg.jp%2Fres%2Fblog-a7-e9%2Fjun777self%2Ffolder%2F476259%2F12%2F12522912%2Fimg_1%3F1393812817

 ある時、日台のヒソやかな集まりがあった。
 「日本にとって政治的に悪質な台湾人はいない!」と言ったら、

 「飯山さんは金美齢は嫌いでしょ?」と質問した日本人がいた。私は…、

 「アレは政治的に悪質な日本人です!」と答えた。

 この遣り取りを聞いていた台湾人は喜んでくれた…。

 この際なのでレッテルを貼ってしまうが…、
 金美齢は、日本にとっても、台湾にとっても、亜細亜にとっても、政治的に悪質で悪辣な買弁(守銭奴で売国奴)だ。

 なぜならば…、
 あれほど熱烈に台湾を愛する言動と運動を繰り広げてきた台湾独立運動の「闘士」のはずが、結局は日本に帰化してしまう…。

 帰化後は、日本を愛するような言動とは反対に、日本人同士を喧嘩させ、絶えず騒動を起こす発言をTVで叫び続ける…。

 そして今回は米国の大統領であるオバマを激しく罵倒する…。

 金美齢は(安倍一族の一員として)、中国、韓国、米国を罵倒して喧嘩を売り、日本を孤立化させる米国戦争屋に雇われたスパイではないのか?!

 私は、スパイもスパイ、最も卑劣で狡賢いスパイである!と思う。 (飯山一郎)

★ 最悪のタイミングで出た安倍「おともだち」の最悪暴言
http://iiyama16.blog.fc2.com/blog-entry-7350.html

 驚くことばかりの安倍首相の「お友達」らの暴言であるが、その中でもこの暴言は今後の進展いかんでは間違いなく命取りになるだろう。

 おりから安倍政権のオバマ大統領批判が相次いでいる時だ。
この暴言は最悪のタイミングで出た最悪の暴言だ。

 それは2月23日に放映された「やしきたかじんのそこまで言って委員会」に出席していた金美齢氏のつぎの発言である。すなわち米国のオバマ大統領について、「もしオバマさんが白人だったら、あのレベルの政治家ではね、大統領に当選しなかったと私は思ってるわけ・・・」。

 実際はもっとひどいことを驚くほどの遠慮のなさでベラベラ語っている。動画が消されないかぎり誰でも見ることができるから是非一見する事をお勧めする。

 この発言はこれ以上ないオバマ大統領に対する侮辱である。

 いや、米国の国民すべてを敵に回す発言である。何よりも超ド級の黒人蔑視発言だ。米国という国を少しでも知っている者ならわかることだが、米国における人種問題、とりわけ黒人問題は、米国最大の政治問題である。

 米国国民が日々苦悩を続け、それでいて決して解決することのできない米国の原罪ともいうべき問題だ。

 この発言をキャロライン・ケネディ大使が知ったらどう思うか。オバマ大統領とその側近が知ったらどう思うか。なによりもオバマ大統領を支持した米国黒人たちが知ったらどう思うか。 間違いなく暴動がおこるだろう。

 金美齢氏はただの私人ではない。安倍首相のインナーサークルの一人である。金美齢氏は自宅を提供して安倍首相とそのお友達の懇親パーティを開き、そこに安倍首相が参加するほどの間柄だ。

 どんなに弁解しようとも、釈明しようとも、安倍首相の考えを代弁していると米国メディアに書かれても仕方がない。

 それにしても大阪読売テレビはよくもこのような発言を放映したものだ。「やしきたかじんのそこまで言って委員会」はぶっつけ本番の生番組ではない。

 事前に収録して、その後編集して流される番組だ。製作担当者はなぜそのまま流したのだろう。もはや撤回は出来ない。

 そして米国の主要メディアは日本に特派員を置いている。この金美齢氏の発言を見逃すはずはない。米国の記者が日本たたきの格好のネタとして書けばたちまち全米に伝わり米国国民の知るところになる。

 安倍首相は思わぬ形で最大の危機に向かい合う事になるだろう(了)


40. JohnMung 2014年4月13日 02:58:28 : SfgJT2I6DyMEc : pv85uqIEAA
>39 訂正
 「森」は元より「木」すら見失わうこと → 「森」はもとより「木」すら見失うこと

41. 2014年4月13日 08:19:57 : zABAWqKMSI
>陸山会事件の真相を探っていたら、
> 検察(特捜部)が“おかしい”ことに気がつきました。
> 続いて、裁判所・最高裁が“おかしい”ことに気がつきました。
>それで、弁護人・弁護士協会が“おかしい”ことに気がつきました。
> 次に、裁判官訴追委員会が“おかしい”ことに気がつきました。
>さらに、マスコミが“おかしい”ことに気がつきました。
>そして、小沢さんの側近・廻りの議員・秘書らが“おかしい”ことに気がつきました。
> 最後に、日本国民が“おかしくなっている”ことに気がつきました。


もうひとつ以下の一行が追加されていれば完璧だった。

  そしてわたしの頭がおかしいことには最後まで気がつきませんでした


42. 2014年4月13日 09:39:34 : aOoEDRS4jc
レスポンスをみていると、小沢氏の熱狂的な支持者達の視野狭窄ぶりに未来の無さを感じてしまう。なぜ、小沢氏からここまで国民の支持が離れてしまったのか、この点について、自らを省みることなく、「敵」をつくり、その陰謀によるものだと全て転換してしまうのが熱狂的支持者達に共通した回答である。こうした地金は極右や極左と類似するものがある。

ネット言論でも、その投稿をきちんとみれば、マスコミ・検察のデタラメさ加減に怒りを持ってる人々が、だからといって、小沢贔屓をしているわけではなく、そこのところを冷静に見る力が、小沢氏の熱烈な支持者達には全く無かった。

「小沢氏だけが正しい、側近・廻りの議員・秘書らが“おかしい”くなっている!」…これはもう、組織的にはどうしょうもない末期の状態である。

私は「日本未来の党」を潰した責任者の一人である小沢氏の行動について指摘をしてきたが、小沢氏の支持者達は「悪いのは嘉田だ」と連呼するばかりであった。嘉田氏にも責任の一端はあるが、結党に主体的にかかわりながら全てを他者になすりつけるやり方はフェアじゃない。しかも、何百万票という国民の負託を受けながら、結党わずか1ヵ月で解体するのは、期待した有権者や市民運動にとってはとても萎えてしまうことである。(それが小沢氏の目的だったのかもしれないが)

さらに酷い小沢支持者に至っては「開票に大量の不正があった」などと言う始末である。この手の人は先般の都知事選でも「最初からムサシのマシーンに不正がある。人工降雪装置で有権者の出足を挫いた」などとも主張している。気をつけなければならないのは、こうした自分の所属する社会そのものを虚構に捉え、社会を全く信じない思想性は極右やテロに転じ易い危うさがある点である。

事実を虚構と捉え、虚構を事実と捉える、熱狂的な小沢支持者達。
小沢氏が押し進めた日米構造協議が、後の対日年次改革要望書に発展し、今や安倍内閣のTPP売国につながっている。こうした現実があるのに、それでも彼らは小沢氏が世界支配層?の陰謀に巻き込まれて、それと闘う旗手であると信じている。健全な支持者は離れていくばかりだ。


43. 小沢カルトはバカばかり 2014年4月13日 11:19:48 : 06DYzoEDvhFp6 : QhmTzSDPOw

>健全な支持者は離れていくばかりだ。

最初から、小沢の目など無い

一時期、アメリカの一勢力が担いでいただけの話


小沢生活、参議院選全員落選で判るように、鼻から支持者は僅かしかいない

有力政党を押し上げて、ミニ政党を押しつぶす現行選挙制度では

与党に対する有力対抗勢力しか残らない

従って、ますます朝鮮応援団長:小沢の生きる余地はないのである




[12削除理由]:無関係

44. 2014年4月13日 13:14:49 : jDUea84PZI
あれもそれも、これも、白い巨塔ですね。

45. 阿闍梨(あじゃり) 2014年4月13日 15:01:36 : X1PiEpHWt8BJA : v7QNOcVMtM
皆様
阿闍梨(あじゃり)でおまッ。

スレ主の特権で、一旦、この辺で締めさせてもらうね。
この後も、もちろん、好き勝手にコメントするのは自由ですよ。

さて、先に陸山会の土地の所有について、意見があります。
いろいろな意見があるようですが、皆さんは重要な事項をワザと“さけるようにして”の議論をしております。

【重要な事項】
陸山会は、「代表者の定めの有る人格の無い社団等」に該当しますから、都条例では「登記上の小澤一郎個人を、陸山会代表小沢一郎とみなす」という規定を設けて、当該土地の取得税を、「小澤一郎個人」と「陸山会代表小沢一郎」の両者から納付させると言う二重課税を回避しております。
従って、納付義務者は、「陸山会代表小沢一郎」のみです。
このように、都条例においては、小澤個人から陸山会に当該土地の所有権を移転することができるように、ワザワザ「みなし規定」を設けております。
従って、これを「小沢隠し資産」などと、名誉棄損もはなはだしい。

ついでに、言っておきますが、小沢さんが死んじゃったら、どうなると思います。
陸山会を解散することとなった場合には、当該土地はすみやかに売却されますが、もし、売却できなかった物件があれば、それは遺族が買い取ることになります。
要するに、陸山会には、当該土地の実際売却価額の現金が入金されるということです。その後は、管財人(?:よく知りませんが)の精算手続きにしたがって陸山会の財産は処分されることとなるのでしょう。(国に持って行かれるんだと思いますが?)
だから、陸山会が土地を所有するという方法は、小沢さんに取っては何のメリットも無いと思います。だって、陸山会から全ての土地を買い取るだけの資金を、常に小沢さん個人で持っていなければならないのですよ。
(老い先短い命なのに、解かってんのかなぁ?)

もし、公判において、当時の東京都知事(石原慎太郎)に証言を求めていたら、その場で裁判は「公訴棄却」となり、検察官は検察官適格審査会に訴追され、裁判官は裁判官訴追委員会に訴追請求されたということです。
(平成19年(ネ)第4432号謝罪広告等請求控訴事件(原審・東京地方裁判所平成18年(ワ)19755号)の裁判長も訴追請求すれば良い)

次に、本投稿の趣旨は、皆様が“洗脳”から覚めることができるか、否か、を見極めることにありました。
新しい試みの結果は、『日本は、救えない』でした。残念ですが。

「小沢裁判第7回公判」の様子を、垣間見て頂きましたが、陸山会裁判・小沢裁判の36回にも及ぶ裁判の様子も、全部、同じような調子の“あきれきった”内容です。
小学校の学芸会よりも幼稚な、レベルの低い裁判です。

そして、事件名が「政治資金規正法違反」でありながら、「政治資金規正法においての論争が何も無い」という公判の内容でした。

皆様が正常ならば、『大変だ。これは。』と大騒ぎになるのが普通です。
もし、小沢さんの信者(笑)とか、小沢さんを支持する方達や、その家族や、その友人や、等等、あまたの人達が、私を小沢さんに合わせようと動くのが普通です。
では、この阿修羅においても、「真の小沢支持者は一人もいないのか?」というと、それはそれで、そういう訳でもありません。

私には、解からないのですよ。
私のブログを、小沢さんに読んで頂くだけで、翌日から「日本の流れが変わる」というのに、小沢支持者が“それを阻止する”動きをするということが、ですよ。

【追】
私を、小沢信者呼ばわりしないでほしい。気分が悪くなる。
私は、現在の状況に至った原因は、全て「小沢一郎が間抜け」だからだと思っている。だってそうでしょ。
本文のように、“あからさま”に冤罪だと解かる訴因で石川さんらを起訴しようとした時点で、検察官適格審査会や裁判官訴追委員会に訴追等すれば、その場でカタがついてた話ではないか。
それを、『下世話な話は・・・』、バカじゃないのか?
いや、疑って申し訳ない。「真正の・・」でした。
おまけに、子分達(側近・秘書等廻りの者)も、「下世話な話はほっといて、目先の仕事に専念しなればいけないんでね」ですからねぇ。これも「真正の・・」でした。

もし、小沢さんに会えたら、便所スリッパで後頭部を、ひっぱたいてやりたいと思う、今日この頃なのだ。


46. 2014年4月13日 17:17:29 : tJOroATwsc
ダメな親父やその取り巻きを諭すような気持で助言を試みてきたのでしょうが、残念でしたね。しかし、
いつの日かその親父や取り巻きが目を覚ます時があるかも知れないと思えば、気も休まるでしょう。

47. 2014年4月13日 19:40:17 : 0EopofEgjc
どうしてこういう公衆の面前で無様な理解不足を披露して平気でいられるんだろうなぁ。
不思議でしょうがない。
人の言う事信用したくないんなら自分で調べればいいのに。
さっさとブログ閉めちまった方がいいぞ?
何が二重課税だってのw
「普徴」も調べてねぇんだろ?
取得後速やかに移転登記してたら固定資産税の納付義務者が変わるから徴税吏員が所有権者が変わったことを把握できるため、わざわざ申告しなくても納付書が送付されてくるってだけだ。
だから取得後相当期間登記ぜずにいて、しかも取得後何ヶ月って決められてる納期限を過ぎてたら延滞利息取られんぞ?
それとな、中間省略登記ってのがあるって前に説明したと思うが、それによって登記簿に記載されない中間取得者も納税義務を免れない。
ってことはもしもオマエが言うように陸山会の不動産売買に小沢個人が間に入ってたら小沢個人は脱税だ。
オマエが言ってることは全てデタラメ。
便所のスリッパだ?
小沢にぶっ殺されんぞオマエwww

48. 阿闍梨(あじゃり) 2014年4月13日 20:24:19 : X1PiEpHWt8BJA : v7QNOcVMtM
>47 お子茶魔 様
阿闍梨(あじゃり)でおまッ。

ここは、お前の出る幕ではない。
それと、不動産(土地)取得税の話をしてるのに、固定資産税の話にすりかえるなよ。
お前の屁理屈は、いっつもそうだ。
昔の“キレのあるお子茶魔様”に替われつってんだろうが。ったく。
それと、同じパソコン(ID)で入れ替わり立ち替わりコメントするの、何とかならんか?

あのね。
『陸山会の不動産売買に小沢個人が間に入ってたら小沢個人は脱税だ』
⇒固定資産税は、翌年(平成17年)の1月1日に登記簿に記載された所有権者(売主)に対して、納付書が送られてくるのだよ。
んな訳で、「特約事項の8」を設けて、平成17年の1月1日から平成17年の1月7日までの売主に帰属する固定資産税についても「小澤個人で負担してね」とずうずうしく契約しているんじゃないか。
その翌年(平成18年)の1月1日からは、当然、「小澤個人」に対して固定資産税の納付書は送付されるので、「確認書」において、陸山会が負担する旨(固定資産税相当額を小澤個人に支払うつ〜〜ことだよ。バカ。)記載してあるのだよ。

『解かったかい?この“くそガキ”様。 』
『どいつも、こいつも、一人ぐらい、まともな奴は、いないのか?』
『やっぱり、ダメだ。こりゃ。救いようが無い奴ばっかりだ。』


49. 2014年4月13日 20:43:22 : 0EopofEgjc
やっぱダメダメオヤジだわオマエw
早く店たたんじまいな、もう恥曝すのも限界だぞ?
オレもお手上げw
じゃーな。

50. JohnMung 2014年4月14日 00:23:31 : SfgJT2I6DyMEc : pv85uqIEAA

 >>42. aOoEDRS4jc に

 以下は、2012年12月31日、下記スレにコメントしたものの再掲です。
 「小沢氏への事実無根の捏造記事で 主犯格が判明、毎日新聞の 田中成之氏 こそ詐欺的行為だ (Shimarnyのブログ)」
 http://www.asyura2.com/12/senkyo142/msg/132.html
 投稿者 純一 日時 2012 年 12 月 30 日 20:10:13: MazZZFZM0AbbM

 なお、不正選挙云々については、騒ぎ立て、それに与しない者を「共犯者」呼ばわりする輩もいましたが、当該事案については、立証できなければ、物笑いのネタにされるだけであり、公党関係者が軽々に与するべきことではないと銘ずべきです。

(再掲開始)
 旧日本未来の党の分党「劇」は、バカメディアの記者どもに誘導・誑かされた嘉田代表の独断専行がもたらした結果である。

 幹部議員への根回しすらもせぬうちに、記者クラブに人事案件をリークするなんてことは、政党でなくてもあってはならないことだ。

 まして、嘉田元代表の要請で開かれた衆参両院議員総会で、嘉田元代表の人事案が否決され、議決された動議を、「クーデター」と言うに及んでは、なにをか況んやである。

 新(2013)年の1月26日に、生活の党の党大会が開催されることになっており、それまでに、落選した前議員や候補者との会合等が行われるだろうから、それぞれが対応すればよいことである。

 分党に関しても、バカメディアは憶測・妄想織り交ぜて謀略的記事を報じているが、実際は、下記の通りである。

 旧「日本未来の党」の分党に関して、大手マスメディアは口裏を合わせたように、小沢一郎氏と「生活の党」に対するネガキャンに血道を挙げている。
 一々各紙を論評するほどの価値もないので、毎日新聞等への反論を書き込んでおく。

 小沢氏ら旧「国民の生活が第一」の衆参議員15人が旧「日本未来の党」の組織を継承し、森ゆうこ参議院議員を代表として「生活の党」と党名を変更してリスタートすることになった。嘉田氏らは離党して、「日本未来の党」の名称を継承し、政治団体「日本未来の党」として再発足することにしたのである。
 その背景には、総選挙を戦った実質的な本部事務所は旧「国民の生活が第一」が提供し、事務所に詰める人材の多くは旧「国民の生活が第一」の事務局員と小沢氏の秘書軍団が担っており、総選挙の費用の殆どは旧「国民の生活が第一」と候補者達が負担していたのだ。

 分党に際して、嘉田氏らは、「名」だけをとったのではなく、総選挙を通じて発生した「負の資産」=「借金及び赤字」を小沢氏ら「生活の党」が引き継ぐことによって、「負の資産」=「借金及び赤字」の負担の継承を免除してもらったのだ。つまり、総選挙の後始末は、小沢氏ら「生活の党」の議員達がすることになり、私たち支持支援者も、微力ながら、その一端を担わせてもらう所存である。
 https://twitter.com/sensouhantai/status/285240178161885184

 「未来の党分党、許されないマスコミの歪曲批判」
 http://www.olivenews.net/news_40/newsdisp.php?m=0&i=12

 バカメディアはもとより、門外漢どもにとやかく言われることではない。

 一事が万事、バカメディアとゴロツキ記者どもは、小沢氏と同志達の他者に対する気配り・思いやりの部分は伏せて、憶測・妄想を織り込んで、ことごとく悪しざまに描くという卑劣極まりない記事にすることが習い性になっているのだ。

 バカメディアの記者どもが、上記の事情をまったく知らないわけではなく、知っていてもそのことは伏せて、小沢氏ら「生活の党」が理不尽に政党交付金を独り占めしたかのように、国民・有権者に思い込ませることに主眼に記事を書いているのだ。
 こうしたことも、ただちに反撃するとともに、バカメディアらは「本当のこと」伝えないだけでなく、憶測・妄想を織り交ぜて謀略的な報道を常套化していることも、内外に広く情報発信していきましょう。
(再掲終了)

 >>43. 小沢カルトはバカばかり

 チョンの血筋色濃く、謀略朝鮮カルト「統一協会」とズブズブで、パチンコ利権に支えられ、福一破砕事故の最大の責任者でありながら、放射能汚染水は完全にコントロールされていると国際的な大嘘を平気で吐き続ける安倍晋三こそ、朝鮮応援団長に相応しい!

 最後に、「木を見て森を見ず」とは言いますが、あまりに細部(枝葉)の違いにまで囚われて、「森」はもとより「木」すら見失うことのないように心したいものです。


51. JohnMung 2014年4月14日 01:28:14 : SfgJT2I6DyMEc : pv85uqIEAA

 小保方さんについて理解しがたいのは、本人も自認しているように、理系にしては、実験記録と実験結果の整理・報告資料作成のあまりの未熟さ・杜撰さが目立つことです。

 そして、理化学研究所がなぜ彼女をユニットリーダーに任命したかも理解しがたいというほかありません。

 なぜなら、文系(社会科学)で大雑把な性格を自認する私ですら、数日間の野外調査の際には、野帳数冊と筆記具数種、カメラとフィルム数本(今はデジカメと予備の蓄電池・充電器及び小型の音声収録媒体(百円ライターサイズ)などは必ず携行し、場合によっては整理作業用にノートパソコンその他も持っていくことにしているからです。

(引用開始)
 ”日刊ゲンダイ:酒井法子ソックリ! 小保方さん「涙の会見」にもコピペ疑惑” 2014年4月10日 掲載
 http://gendai.net/articles/view/geino/149382

【写真】白いハンカチで…/(C)日刊ゲンダイ

 「あれっ、あの人にソックリだ」。小保方さんの会見を見てこんな感想を抱いた向きもいるだろう。

 あの人とはタレントの酒井法子(43)のこと。2009年8月に覚醒剤取締法違反で逮捕され、9月に保釈された。酒井は保釈と同時に謝罪会見を開いたが、9日の小保方さんはそのときの酒井によく似ていたのだ。女性芸能ライターがこう言う。

 「のりピーの会見は謝罪の王道と呼べるものです。地味に見える紺色の洋服を着て、白いハンカチで目の涙を拭う。これはテレビの視聴者の同情を呼ぶのに効果があります。小保方さんはのりピーの会見を参考に衣装とハンカチを選んだのではないか。小保方さんの顔はナチュラルに見えるけど、実は30分以上かけたバッチリメーク。しかも頬紅で顔にシャドーをうまく入れているため、憔悴で頬がこけたように見える。化粧の仕方も、のりピーの謝罪会見のときとウリふたつです」

■しっかり巻き髪

 小保方さんの髪形は一見ナチュラルのようだが、よく見ると毛先をカールしているし、前髪はボリューム感がある。

 「あまりみすぼらしい姿だと、“罪悪感で容姿に気をつかう余裕がない”と判断されるため、髪はしっかりセットしたのだと思われます。前髪の形は笑っちゃうほどのりピーに似ていますね」(前出の女性ライター)

 小保方さん、もしかして会見も……。
(引用終了)

 ”日刊ゲンダイ:小保方論文を生んだ「理研」「ネイチャー」に癒着の構図”
 2014年4月8日 掲載
 http://gendai.net/articles/view/newsx/149318


52. 2014年4月14日 02:39:41 : QBrYpzDGwo
  司法府という法治国家最後の砦であるところが行政化している。検察が警察の暴走をチェックするどころか、警察より勇み足に感じられるところすらある。法律家、法曹としての気概が無さ過ぎる。というのは、判事の持つ案件は200件もあると言われるが、検事も同じではないか。そこで検事の補佐として法務省の法規担当の行政官が検事と同等の任務をこなしていると思う。彼らは法規担当とはいえ、法律家ではないから、例えば「推定無罪」などの概念は殆どないだろう。
  検察は行政機関に属するが裁判所は違う。検察の言い分と弁護士の言い分を法と正義に基づいて厳しく精査しなければならないのに、その辺が大変弱い。それは人事権を法務省の事務方に握られているからだと考えざるを得ない。
  判事が検事を務めたりする判検交流は一種の癒着である。司法の行政化がここで既成事実化されてしまっている。
  とにかく、日本の司法制度は未だ未開国並みであることは確かだと思う。
  

53. 2014年4月14日 17:17:17 : 0EopofEgjc
ひでぇなぁ、やっぱ許せねぇな。
おい阿闍梨、オマエホントに小沢支持者じゃねぇのか?
「小沢を総理にする方法」だとかなんとか、ありゃただ小沢支持者に媚び売ってただけかい?
見損なったぜ。

もうオマエを葬ることに躊躇はない。
一つだけ説明を求めるだけで十分。
15年期末〜16年期首の繰り越し現預金はほぼ収報と通帳残高に違いはなかったが、16年期末〜17年期首の繰り越し現預金は約4億円ずれていたらしい。
この理由を説明してみろ。
皆さんも一緒に考えてみることをお勧めする。
これだけで阿闍梨がいかに出鱈目を言っていたかが分るはずだよ。

阿闍梨の今後の投稿は、カルト板(或いは空耳板)こそが相応しい。
もう手加減しねぇからな。


54. 2014年4月14日 20:24:36 : 0EopofEgjc
どうせ阿闍梨は答えることが出来ねぇだろうから、オレが説明してやるよ。

まず16年10月28日、つまり土地代金決済日の金の移動について。
前日までに石川は「本件4億円」の分散入金を粗方陸山会の口座に集約していた(1000万円の移動し忘れと、事前に支出済みの手付1000万円、手数料500万円は移動しなかったようなので、実質3億7500万円は陸山会口座に集められていた)。
そして融資に関する予定の行動が齟齬を生じ(朝一で融資依頼の書類に小沢の署名捺印をしてもらえなかった)、28日10時に決済するはずの土地代金の残金3億4000万円の支出までに銀行融資が実行不可能となった。
仕方がなく石川は土地代金決済を優先した(=約3億4000万円の支出)。
それによって「本件4億円」によって組むはずだった銀行融資の担保の定期を組むことが不可能となった(残高不足)。
なので仕方がなく他団体から不足分の金を陸山会口座に移動した。
有史依頼書に署名捺印してもらった後、ぎりぎりの資金で融資を実行した結果、担保の定期預金を組み担保として差出し、融資が実行されるまでの間一時的に陸山会口座の残高は300万円余りになった。
融資が実行され、陸山会がその「りそな4億円」を転借した。
そしてそこから16年末までの間に陸山会の口座残高は実際は5億3000万円に達していた。
だが16年の収報では16年末〜17年にかけての繰り越し現預金は阿闍梨の計算によると1億3000万円余りだ。
なんでこんなことになる?w
原因は限られる。

1.16年における収報の支出が実際よりも4億円多く記載していた(これはまず考えられない。だって支出済みの土地代金を計上していないのだから、これが事実だとすると、7億5000万円余りの支出を架空計上したことになるからねw)。
2.陸山会の口座に入金されていた金のうち4億円余りを収入計上していなかった(これは一見あり得そう。例えば「本件4億円」だとか他団体からの資金移動だとか。しかし、上述の28日の金の出入りを考えるとこれもあり得ない。収入計上していない「本件4億円」と他団体からの資金移動は、300万円を除き16年に計上していない「土地代金支払い」と「担保の定期預金」に費消されていたはずだから)。
3.「りそな転借金」が原因(これこそ一番可能性が高い。だが、収入計上されている金だから、このままでは繰り越し現預金が狂う理由にはならない。考えられるのは、この転借金がそのまま陸山会口座にあったにもかかわらず、別の形(=例えば資産に代わったとか払っていない金4億円を払ったことにしたとか、他団体に寄付したことにしたとか)という虚偽の記載をした。

どれも実際にあったらしくない。
合理的な答えは「収入計上していない4億円が原資の16年に組んだとされる定期預金4億円として資産計上されている」という事しか考えられないね。
そのため仕方なく繰り越し現預金を4億円減らして計上したんだろうな。
つまり石川は、実際に存在する陸山会名義の定期預金(銀行担保)を計上しないのはまずいと考えたので計上したはいいが、辻褄を合わせるために繰り越し現預金を4億円過少計上してしまったんだよ。
こんなことにも気付けない経理経験者なんか即刻首だわwww

このミスは小沢が便所スリッパで後頭部をパコーンとやられる理由になるのか?
石川こそ矛盾した収報を作成した理由でパコーンとやられて当然だ。
石川はつじつまの合わない収報を作っちまったってとっくに気付いてるはずだからねぇ。
そしてバカな妄想を何年にもわたって主張し続けている小沢支援者でもない阿闍梨は能無しのデマ拡散者として大いに糾弾されて然るべきだね。
土下座して謝罪しても許されねぇな。
デマカセ野郎阿闍梨、もう失せろ。


55. 阿闍梨(あじゃり) 2014年4月14日 21:05:59 : X1PiEpHWt8BJA : v7QNOcVMtM
>53 54 お子茶魔 様
阿闍梨(あじゃり)でおまッ。

だから、「“くそガキ”様」は、引っ込んでな。っつてんだろうが。
昔の“キレのあるお子茶魔様”を出せっつてんだよ。

まぁ、下っ端でも、丁寧に説明しちゃおうかなっと。
(今日は気分がいいんだよ。トイレ掃除やったもんで。)
(鬼のようにやさしいカミ(SAN)に、「いいこ、いいこ」してもらっちゃった。アハ。)

『15年期末〜16年期首の繰り越し現預金はほぼ収報と通帳残高に違いはなかったが、16年期末〜17年期首の繰り越し現預金は約4億円ずれていたらしい。』
⇒『・・・らしい』って、何だ、そりゃ???
『約4億円』って、何だ、そりゃ???
裁判ってなぁ、子供の遊びじゃねえんだよ。バカタレ。

「本件4億円」を「借入金収入の不記載」と訴因にした以上、検察ストーリー上は、ずれていなけりゃ困るから公判で検察側としては、そう言わざるを得ないということだ。
実際に、「“くそガキ”様」自身で収支報告書を見てから、ものを言え。バカタレその2。

【おバカ達のための、特別講座】
『【第01回】陸山会事件の基礎資料』
http://ajari-rikuzankai.at.webry.info/201101/article_1.html
◆【現金と普通預金の年末残高の計算式】
前年からの繰越額+本年収入額−支出総額=翌年への繰越額
翌年への繰越額−預金等(定期預金を意味する)=現金・普通預金繰越額
【2004年(平成16年)の収支報告書より】
151,229,466+580,024,645−121,202,731=610,051,380円
610,051,380−471,500,000=138,551,380円
【2005年(平成17年)の収支報告書より】
610,051,380+339,099,635−679,964,189=269,186,826円
269,186,826−256,500,000=12,686,826円
【解説】
まず、平成16年期末とは、平成16年の「翌年への繰越額」のことであり、平成17年期首とは、平成17年の「前年からの繰越額」のことです。
従って、平成16年期末と平成17年期首は、収支報告書上は、必ず同金額です。

では、平成16年の「翌年への繰越額610,051,380円」の中身を見てみましょう。
「本件4億円」は、不記載なのですから、この中に含まれていない事は、大バカでも解かりますよね。
次に、定期預金の残高「471,500,000円」の中の「4億円」は、「翌年への繰越額610,051,380円」の中の「4億円」であることも、大バカでも解かりますよね。

よって、「翌年への繰越額」の中の「4億円」は、「転借金4億円」だと断定できます。
従って、定期預金の「4億円」の原資は、「転借金4億円」だと断定できます。

次に、平成16年の「現金・普通預金繰越額138,551,380円」の中身を見てみましょう。
その前に、平成16年10月29日における実際の「現金・普通預金」の動きを見なくてはなりません。

その日には、土地代金と担保提供のための定期預金の原資「4億円」の合計額「742,640,000円」が陸山会の普通預金より出金しております。
では、その原資となる入金はと言いますと、「本件4億円」と平成17年に「みなし計上した政治団体からの2億8千万円」です。
その不足額「62,640,000円」は、土地代金の支払いを小澤さんに立替えたものです。

もう解かったと思うが、平成16年10月29日の土地代金の支払いは、小澤個人から売主に支払われたものであり、その原資は、「政治団体からの2億8千万円」と、陸山会の立替金「62,640,000円」ということです。
従って、平成16年の「現金・普通預金繰越額138,551,380円」に「62,640,000円」を加算した「201,191,380円」が現金と普通預金通帳に記載されている実際の金額です。

だから、担保に差入れした定期預金の原資は、小澤個人のお金である「本件4億円」だったという事です。
従って、この担保の定期預金は、平成17年10月の返済期限まで、銀行に保管されることとなります。
だから、解かったかい、おバカさん?
『16年期末〜17年期首の繰り越し現預金は約4億円ずれていたらしい』
⇒銀行に、担保の定期預金「4億円」が保管されているんだから、陸山会の金庫にあるはずないじゃないか。バカだね〜〜。

『どうして、簡単に騙されるかなぁ?ずれてんじゃねッ。』


56. 阿闍梨(あじゃり) 2014年4月14日 21:25:59 : X1PiEpHWt8BJA : v7QNOcVMtM
>55
阿闍梨(あじゃり)でおまッ。

すみません。とんでもない間違いをしていました。
【誤】
『従って、平成16年の「現金・普通預金繰越額138,551,380円」に「62,640,000円」を加算した「201,191,380円」が現金と普通預金通帳に記載されている実際の金額です。』

【正】
『従って、平成16年の「現金・普通預金繰越額138,551,380円」から「62,640,000円」を減算した「75,911,380円」が現金と普通預金通帳に記載されている実際の金額です。』


57. 2014年4月14日 21:30:08 : 0EopofEgjc
ボケがw

>⇒『・・・らしい』って、何だ、そりゃ???
『約4億円』って、何だ、そりゃ???
裁判ってなぁ、子供の遊びじゃねえんだよ。バカタレ。

オマエの前前スレに貼り付けてやったじゃねぇかw

『《指定弁護士は、16年期首の段階では通帳と関係団体の収支の残高が「ほぼ一致する」と説明。問題となっている17年期首の残高について質問した》

 指定弁護士「17年期首だと、4億円ずれていましたね」

 証人「そうだと思います」

 指定弁護士「であるならば、16年の入出金に大きな原因があるのでは?」

 証人「その資料だけを見ればそう推測できます。でも、いろいろ政治団体があるので…」

 指定弁護士「このずれの原因に思い当たるものは?」

 証人「…」』
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111207/trl11120714300008-n4.htm

http://www.asyura2.com/14/senkyo163/msg/148.html#c37

これもみんな洗脳されてるからだってか?w
違うね、オマエがアホだからだw

>【おバカ達のための、特別講座】

あーこんなのもう全く議論する意味なし。
知らねぇ内に植草までオレの主張に乗っかってるんだなw
奴もようやく気付いたって訳かよ。
もうなぁ、土地取得に関わることはどうだっていいんだよ。
なんせ石川(買主代理)が売買延期を希望してて、売り主が承諾せず、仲介業者が双方の望みを取り入れるべく折衷案を提案し、それを司法書士が確認し、あとの実務は司法書士が行ったんなら、その処理に不手際があっても責めを負うべきは仲介業者か司法書士に決まってんだろ?
仮に司法書士が石川に「実はこれ、違法行為なんですけどね」って言ったとすりゃまた話は別だがw
だから小沢に立て替えしようが何しようが、そんなことすりゃ現金がマイナスに振れるだけだから逆なんだよ、ボケが。

>よって、「翌年への繰越額」の中の「4億円」は、「転借金4億円」だと断定できます。
従って、定期預金の「4億円」の原資は、「転借金4億円」だと断定できます。

ってことは何かい?
転借金から定期組む前の陸山会の口座には
平成16年の「現金・普通預金繰越額138,551,380円」+「ずれている繰り越し現預金額約4000,000,000円」+「転借金4000,000,000円」≒「938,551,380円」
の残高があったってことかよw
16年10月28日に一度残高300万円になったってのに?

さっさと失せろ、デマカセ野郎w



58. 2014年4月14日 21:39:29 : 0EopofEgjc
オマエが言ってることを鵜呑みにすると小沢はとんでもねぇ悪党になっちまうんだよ。
日高見さんやJohnMungさんがオマエのアホな主張をずっと擁護してくれてたってのに、少しは罪の意識を持て。
オレもオマエが小沢支持者だと思うからこそ、どうしようもないバカだと知りつつもなんだかんだ言ってオマエに気付かせようとしてきたんだ。
マジで見損なったぞ?
もう完全敵だかんな?
覚悟しやがれ。

59. 2014年4月14日 21:57:47 : 0EopofEgjc
腹立つからもっと攻撃してやるw

オマエのバカストーリーに沿って解釈すると、4億円の定期崩して2億ずつ返済した段階で陸山会から小沢への借入金の返済は完了している。
そしてそれとともに「小沢名義の担保の定期預金4億円」は名義人である小沢のもとに返ってきてることになる。
そこでまた小沢が「本件4億円」とは別に簿外で陸山会に4億円渡したってのか?
受け取ったのは誰よ?
どの口座にブチ込んだんだ?
また分散入金したのか?w
じゃねぇとその後簿外で小沢に返却した4億円は「政治資金を小沢個人の金に付け替えた」ってことなっちまうぜ?

どんだけバカなんだオマエ?www


60. 2014年4月14日 22:07:11 : 0EopofEgjc
腹立って>>57でケタ間違えちまったじゃねえか(言い訳だなw)w

>転借金から定期組む前の陸山会の口座には
平成16年の「現金・普通預金繰越額138,551,380円」+「ずれている繰り越し現預金額約4000,000,000円」+「転借金4000,000,000円」≒「938,551,380円」
の残高があったってことかよw
             ↓
 転借金から定期組む前の陸山会の口座には
平成16年の「現金・普通預金繰越額138,551,380円」+「ずれている繰り越し現預金額約400,000,000円」+「転借金400,000,000円」≒「938,551,380円」
の残高があったってことかよw


61. 阿闍梨(あじゃり) 2014年4月14日 22:58:36 : X1PiEpHWt8BJA : v7QNOcVMtM
>57 58 59 お子茶魔 様
阿闍梨(あじゃり)でおまッ。

ごめん。お前が本物の検察の犬とは、気が付かなかった。
相手をしていた私が、確かにバカだった。
一応、可哀そうだから、ムダと解かっている説明をしておくね。

『指定弁護士「17年期首だと、4億円ずれていましたね」』
⇒だから、担保の定期預金が銀行に保管されているからだよ。
この指定弁護士の“脳みそが腐っている”ことは、本文の「小沢裁判第7回公判」を見れば解かるだろ。
そんな、“脳みそが腐っている”ような奴の言い分を前提として検察ストーリーを語っても、何の反論にもなりゃあしない。

『16年10月28日に一度残高300万円になったってのに?』
⇒頭が悪いなぁ。
その日の20時頃に、石川さんが銀行支店長に「土地代金支払い後に、融資が実行されても問題は無いか?」と、聞いているのだから、担保の定期預金「4億円」は既に銀行に預けてあったのだよ。
だからね、手元にお金が無いからと言って、残高が合わないって言うのは、実務を知らない素人さんの言い分だっちゅ〜〜の。

で、政治団体からの「2億8千万円」は、検察ストーリー上は、土地代金の支払い後に入金したので、担保の定期預金の原資だとしているよね。
じゃあ、残りの「1億2千万円」は、どこにあったの?
『16年10月28日に一度残高300万円』なんだろ?

え???じゃあ、29日の土地代金「342,640,000円」も、どこから湧いてきたの?
合わせて、検察ストーリー上の「462,640,000円」の入金先を、おせ〜〜て???

もっと、決定的な質問をしてやろうか?
政治団体からの「2億8千万円」は、「寄附計上」して初めて、陸山会のお金として収支報告書に記載出来るのですよ。
平成17年1月5日に、「寄附計上(みなし計上)」しているので、この時点で、初めて陸山会のお金となったのであるから、『担保の定期預金の原資』になれる訳が無いではないか?
『担保の定期預金の原資』というのならば、平成16年に「寄附の不記載2億8千万円」と訴因にしていなければ辻褄が合わないのだよ。
完全に、論理破綻している。


62. 2014年4月14日 23:23:35 : 0EopofEgjc
>『指定弁護士「17年期首だと、4億円ずれていましたね」』
⇒だから、担保の定期預金が銀行に保管されているからだよ。

あれ?w
担保の定期預金の名義は「小沢個人」なんじゃねぇの?
何で陸山会の残高にそれが関係するんだ?
簿外で預かりそのまま「小沢名義の定期」にしてそれ担保にしたんだろ?
意味通じねぇからwww

>⇒頭が悪いなぁ。
その日の20時頃に、石川さんが銀行支店長に「土地代金支払い後に、融資が実行されても問題は無いか?」と、聞いているのだから、担保の定期預金「4億円」は既に銀行に預けてあったのだよ。
だからね、手元にお金が無いからと言って、残高が合わないって言うのは、実務を知らない素人さんの言い分だっちゅ〜〜の。

オマエのバカストーリーだと担保の定期預金の原資=「本件4億円」だろ?
それがもう銀行に差し入れられているんなら、10時に土地代金支払った原資は何?w
検察だって銀行から記録取り寄せてるに決まってんだろ、アホウ?w

オマエ自分に都合が悪い事は全て検察が仕組んだことなのな?w
そんで何の根拠もなくオマエが妄想したことが事実だって言い張ってるだけで、それを証明する努力もしねぇ。
そんなんならだれでも勝手にストーリー作れるわなw
辻褄合わねぇとこは全部検察が嘘ついてるって言えば済むもんなw
信じらねぇバカ。
おまけに何度も言うがそれひけらかす気持ちが全く理解できねぇ。
もういいからさっさとすっこんでこれ以上家族を悲しませるなw
オマエは検察以上に小沢を悪者にしたいらしい。
正体バレバレってか、オマエを雇うようなアホもいねぇだろうから、自己顕示欲だけ異常に旺盛なただのアホウだなw
下手くそな作り話はもう沢山w


63. 2014年4月14日 23:50:31 : 0EopofEgjc
一個忘れてたな。

>もっと、決定的な質問をしてやろうか?
政治団体からの「2億8千万円」は、「寄附計上」して初めて、陸山会のお金として収支報告書に記載出来るのですよ。
平成17年1月5日に、「寄附計上(みなし計上)」しているので、この時点で、初めて陸山会のお金となったのであるから、『担保の定期預金の原資』になれる訳が無いではないか?
『担保の定期預金の原資』というのならば、平成16年に「寄附の不記載2億8千万円」と訴因にしていなければ辻褄が合わないのだよ。
完全に、論理破綻している。

そんなことはないね。
こんなの気付いていて当然なんだが、一つの虚偽記載が原因で他の部分の数字が狂っていても2重3重に加算したりしない。
16年に「本件4億円」の不記載を指摘されても、それが原因の16収報の他の部分や、17年、18年の収報のずれは当然加算されない。
原因が同一だから、同じ罪を何度も何度も繰り返し裁くことになるからね。
またお尋ねの「他団体からの寄附」だが、計上されているものでも「架空」と判断されたものとそうでないもの(実際にあった)が存在する。
違いは何か?
普通に考えりゃ寄附じゃねぇものを架空と言うわなw
即ち金他団体に戻したんだろうさw
そうしないといつまで経っても陸山会の現預金は実際のものと一致しねぇからねw

まぁ16年の期末の繰り越し現預金が4億円に満たなかったって言い張ってるうちは絶対に「本当はどんなことがあったか」なんて理解できないわさ。

そんなことは大したことじゃねぇんだよ、オレにとっちゃな。
どうせオマエは理解できねぇだろうと思いつつオマエに理解してもらえるよう無駄な努力をしてきたってことは前から気付いてたこったからよ。
一番許せねぇのが今回オマエが小沢支持者じゃねぇってテメェからケツ捲ったことよ。
ならただ単に今まで自己満足のためにしてきたってこったろ?
馬鹿げた主張を延々飽きもせず何年も何年も。
オマエが小沢支持者だってすっかり勘違いしてそれに付き合ってきたオレは怒り心頭、マジでオメェをブッ飛ばしてやりてぇ。
こんなことカキコすっとまた削除されるかもな。
けど事実だ。


64. 阿闍梨(あじゃり) 2014年4月15日 09:46:22 : X1PiEpHWt8BJA : v7QNOcVMtM
>62 63 お子茶魔 様
阿闍梨(あじゃり)でおまッ。

あのさ。もうザコは、うんざりなんだよ。
なにか?もう、昔の“キレのあるお子茶魔様”は、いないのか?
まさか、死んじゃったりしてないだろうね。きっと、昇格したとかだよね。

んじゃ、しょ〜〜がないから、ザコでも、ちょっとだけ相手にしてやるかなっと。
暇だし〜〜。
これから、「お子茶魔様」はやめて、「“くそガキ”様」とでも呼ぼうかなッ。

『担保の定期預金の名義は「小沢個人」なんじゃねぇの?何で陸山会の残高にそれが関係するんだ?』
⇒関係しないのに、関係してるとアホぬかしとんのは、“脳みその腐った”お前たちだろうが。バカタレその3。
陸山会のお金では無い「小澤個人名義の定期預金」を銀行に預けて置いて、翌日29日の午後に「融資枠設定書類」に小澤さんの“自署・実印”をもらうと同時に、融資枠が設定され、手形貸し付け融資が実行されたということさ。

『オマエのバカストーリーだと担保の定期預金の原資=「本件4億円」だろ?それがもう銀行に差し入れられているんなら、10時に土地代金支払った原資は何?w検察だって銀行から記録取り寄せてるに決まってんだろ、アホウ?w』
⇒何度も言うが、検察ストーリーが正しい事を前提に話を作るなッつてんだろ。(怒)
それに、その言い分なら、じゃあ、その後の「4億円の定期預金」を組むための原資は何?w
検察だって銀行から記録取り寄せてるに決まってんだろ、アホウ?w
なんで、『政治団体から、たくさんのお金が入金してるよね』つ〜〜話になるのさ。
「記録取り寄せてる」のなら、何で具体的な金額を示さないんだよ。
本文に書いてあるだろ。「2億8千万円」だよ。

つまり、「本件4億円」の入金も、「政治団体からの2億8千万円」の入金も、29日には、まだ陸山会のお金では無かったということだ。
検察ストーリーは、小澤個人に帰属するお金も、政治団体に帰属するお金も、全部ゴチャマゼにして話を組み立てているから、論理破綻するのだよ。
そのくせ、政治団体に帰属するお金なのに、陸山会のお金として扱っておきながら、「寄附の不記載」との訴因は、都合が悪いから訴因にしてないんだよね。

バカでも解かるように説明するね。
28日に、12日頃陸山会の普通預金に入金されていた「本件4億円」分を原資として、融資枠設定のために担保に差しいれる「小澤個人名義の4億円の定期預金」を組んで、銀行に預けておいた。
29日朝一番で手配して置いた「政治団体からの2億8千万円」が入金したので、それに、陸山会の普通預金の「52,640,000円」を足して売主に土地代金残金「332,640,000円(1千万円は、5日に支払済み)」を10時頃支払った。
午後に、「融資枠設定書類」に小澤さんの“自署・実印”をもらうと同時に、融資枠が設定され、手形貸し付け融資が実行された。

これが、全ての辻褄が合う、真実のストーリーです。

『これが解からないのは、お前が検察の犬という、まぎれも無い証拠だ。』

『一番許せねぇのが今回オマエが小沢支持者じゃねぇってテメェからケツ捲ったことよ。』
⇒私は、いつだって、小沢信者では無いと言っているよ。
小沢支持者かどうかは、自分でも解からない。
ただ言える事は、小沢さんが動けば簡単に日本の歴史が変えられると言うことだ。
私ができる立場にあれば、私が国会で話をすれば済むことだが、私は、残念ながらそのような立場に無いので、「小沢の間抜け」をなんとか、“ひっぱたいても”動かす方法を模索するしかないではないか。
そのためには、小沢信者(私に言わせれば、一人もいない)の方達に、多少のコビを売ることも、いとわない。

私は、この日本を救いたいのだよ。
袴田元死刑囚も、石川さんらも、小保方さんも、国家的な“いじめ”の犠牲者だ。

『小保方さんの記者会見。それが、今の日本の姿、そのものだ。』


65. 2014年4月15日 16:30:34 : 0EopofEgjc
オレが代金決済の日付を間違えててもすっ呆けてテメェの言い訳に利用すんのなw
一生やってろw

66. 2014年7月22日 12:01:29 : JdNywf2cHw
ちょこちょこもろもろ 業務日記 2010.01.14(木)
東京地検特捜部ガサ入れ


ほれみろ。言わんこっちゃない。
とうとう特捜部の強制調査が入ってしまったじゃないか。
シャバじゃ「計算間違いで四億円」は通らないって。

完璧に隠したつもり、は隠したほうの勝手な思い込み。
どう取り繕っても、忽然と湧いて出た四億円をなかったことにできるわきゃない。
相手は泣く子も黙る東京地検特捜部だよ?
突っつけばボロが何ぼでも出てくるだろう。(きっと四億円以上)
いいわけのしようがないから事情聴取には行きたくないんだろうけど。

対する自民党には絶好のチャンスなんだが、もひとつ盛り上がらない。
そりゃそうだ。
小沢一郎のやってることは昨日の自分たちと同じだ。
原子力空母が入港するたび動員される労組の面々みたく、しょうがない、あっち向いてシュプレヒコールに唱和するだけ。
あるいはいまだに古い談合システムを温存している陸山会をうらやましく思っているかも。

選挙に勝ったのは国民が陸山会の集金システムを認めたからだ、ってのは考えが前向き過ぎだろ。
どう拡大解釈しても無理。
国民の皆様はご理解などしていない。
岩手県限定だ。

そういや、イッタカキタカ内閣の語源になった頭が二つの犬、イッタカキタカ号の吉里吉里国は岩手県だったなあ。
悪いことは言わない、一郎君。
足元が明るいうちに吉里吉里国へ帰りたまえ。
談合させてゼネコンの上前をはねる君のやり方はすでに廃れた。
吉里吉里国ならともかく、日本の国政では通用しない。
直線上に配置

朝は鹿児島に負けていたのだが 2010.01.13(水) 大雪 1.0℃ P0 U51 W69.6%22.4

民主党幹事長の弁明

陸山会の怪しい四億円について、オーナーの小沢一郎が弁明していた。
「計算上のミスとかはあったかも知れないが、意図的に法律に反する行為はしていない。。。。。。と信じています。」

計算間違いならしょうがないよなあ。
間違いは誰にでもあるし、電卓がいつも正しいわけではない。
って、いくら壊れかけた電卓を使ったとしても、四億円も間違わねーだろ。ふつー。(-_-#)

意図的に計算間違いするならσ(^_^)にも経験がある。
でかい声では言えないが、確認申請の構造計算書で。
出来上がってしまっているもんにあとから計算書を頼まれたんだから、壊れない程度の間違いはしょうがないっしょ。(^○^)

庶民の感覚では4円や40円なら、いや百歩譲っても間違いで済むのは400円だろう。
四億が計算間違いの些細な金額なら、いったいいくらの金を扱っているのか。
毎年二億円も小遣いをもらいながら、まったく気がつかなかった?鳩山総理といい勝負だ。
民主党はそんな超富裕層を代表する政党だったんだ。

http://otecs.co.jp/moromoro/moromoro201001.htm
 



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK164掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧