★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK164 > 147.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
コクランが「タミフルは一般の解熱鎮痛剤と効果が変わらない」と報告:日本での処方量が世界の80%:高齢者や子どもには危険
http://www.asyura2.com/14/senkyo164/msg/147.html
投稿者 あっしら 日時 2014 年 4 月 11 日 23:45:33: Mo7ApAlflbQ6s
 


※ 本文の投稿先

「タミフルは「一般の解熱鎮痛剤と効果が変わらない」[コクラン:BBC]:日本の処方量は世界の80%:高齢者や子どもの服用は」
http://www.asyura2.com/09/iryo03/msg/855.html


 タミフルは、日本の処方量が世界の約80%を占めているという特異な薬剤であり、05年の「新型インフルエンザ」騒動以降、政府と自治体は、公費を使って5400万人分(全人口45%が目標)という大量のタミフルを備蓄してきた。

 各国規制機関の承認を得たロシュ社の治験データとオックスフォード大学を中心とする「コクランコラボレーション」の新たな臨床データ分析のどちらが正しいとこの段階では言えない。
 しかし、コクランコラボの「入院や合併症の発生が減るというきちんとした証拠はなく、吐き気や嘔吐などの副作用が増えるリスク」や「合併症の減少という明確な恩恵がなければ、むしろ健康に害を及ぼす。高齢者や子どもの服用は極めて問題」という指摘は重要であり、日本政府も、タミフルの推奨や備蓄をだらだらと続けるのではなく、一から見直す必要性があるだろう。


 タミフルに関しては、05年頃二つのテーマで大きな話題になった。

一つは、05年に起きた「新型インフルエンザ」騒動のなか、パンデミック(世界的大流行)対策としてタミフルやリレンザを備蓄する必要性が叫ばれる一方、それらの品不足が世界中で問題になった。

 もう一つは、米国FDAまでが日本のケースを引き合いにタミフルの副作用を疑うことができる死亡例(12人)があると発表し、タミフルを服用した子どもの飛び降りなどの異常行動が副作用ではないかと騒がれた。


 抗がん剤(腫瘍縮小効果はあってもQOLを伴う延命効果は疑問)や子宮頚癌ワクチン(予防効果そのものが立証されていない)でわかるように、健康と長寿を求める人々の気持ちをうまく利用するかたちで、製薬会社・官僚機構・政治家のトライアングルが、害を及ぼしかねないものを健康や長寿にいいものと思わせ推進する状況が続いている。

 金融・医薬・原子力の三つは、一般的な人々が事象や論理をよくわからないことをいいことに、デタラメな説明によってもっともらしく思わせてカネ儲けの手段としている代表的な産業である。
 また、この三つの産業は、自動車や電気電子製品と違い、経済大国になった日本でもなかなかグローバルな主導権を握ることができないという分野でもある。
 外国人の社長を迎え入れることになった武田薬品工業やインドの製薬会社買収でケチがついた第一三共などの国際的な動きを見てきたが、日本企業が国際製薬マフィアに対抗して主導権を握ることはできないという思いを持っている。

 自動車や家電製品は消費者がどれを選ぶかで売れ行きが決まり勝利する企業も決まる。
 しかし、医薬品は、各国の規制機関の許認可が絡む特殊な商品であり、消費者が好き嫌いで選ぶことはできない。
 さらに、今回の「タミフル効能問題」からもわかるように、薬剤の効果や副作用は恣意的に判断されている可能性が高い。そういう業界で、インサイダーではない事業者が覇を争うことはムリである。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年4月11日 23:59:09 : FfzzRIbxkp
米国や欧州で国民に害がばれて売れなくなると日本行きのパターン。

タバコも農薬も、遺伝子組み換え食品も医薬品も。原発も。

日本で売れなくなると、日本が途上国に売りつけに歩く。



02. 2014年4月12日 01:39:26 : TGgfYEbPRU
>>世界の約80%を占めている
これって、日本が買い占めた結果なんじゃない・・・?

03. 2014年4月12日 02:27:21 : eigcf0QzOY
あっしら : こいつの言うことはまったく信用しないことをおすすめする。こいつの頭の20%がクルクルパーであとの80%はまともだとしても、どこがどう信用できるのか判断しようとするだけでも疲れる。

で、全部信用しないのが吉なのだ。

こいつが20%キチガイだということは確かだからね。
吉田所長チームが4号機を爆破しただのということは、統失でなければ投稿できない。それを平気でやったのがこいつだ。何度もその投稿をフォローし、しかも否定はしていない。
そんな罪はあっしらは無数に犯しているが、平然といまだに偉ぶって、恥じることがない。

[12削除理由]:アラシ

04. あっしら 2014年4月12日 02:47:32 : Mo7ApAlflbQ6s : aN5tcVsY6o

02.のTGgfYEbPRUさん、コメントありがとうございます。

【引用】
「>>世界の約80%を占めている

これって、日本が買い占めた結果なんじゃない・・・?」


【コメント】
添付する05年当時の記事を読めば、「新型インフルエンザ」騒動で需要が高まる前からそうであったことがわかります。

=============================================================================================================
新型インフルエンザ対策:タミフル不足、日本の遠慮 [毎日新聞]【日本が世界に供給されるタミフルの7〜8割を消費】
http://www.asyura2.com/0510/health11/msg/120.html
投稿者 あっしら 日時 2005 年 11 月 17 日 14:22:23: Mo7ApAlflbQ6s

 新型インフルエンザ発生への警戒が強まる中、治療に有効とされる抗ウイルス薬、リン酸オセルタミビル(商品名タミフル)の確保に各国が躍起となっている。日本政府も備蓄量を従来の約1.7倍に増やす行動計画をまとめたが、世界的に品薄感が漂う中、計画通りに確保できるのだろうか。【伊藤信司】

 ◇世界の7〜8割を消費…「政府の危機管理に問題」指摘も

 タミフルはインフルエンザウイルスが体内で増殖するのを妨げ死滅させる薬。日本で世界の生産量の7〜8割を消費している。けいゆう病院(横浜市)の菅谷憲夫・小児科部長(臨床ウイルス学)は「タミフルが十分あれば、新型インフルエンザの入院患者や死者を3分の1に減らせるはず」と話す。

 ところが、今年は東南アジアで鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)による死者が相次ぎ、欧州でも同型が見つかったことから、先進国が人口の2〜3割を治療できるタミフルの備蓄を加速させている。唯一の製造元のロシュ社(スイス)には約30カ国から注文が殺到。米国やカナダでは買いだめも起き、ロシュ社は両国への出荷を一時停止。一方、アジアではタミフルの独自生産や類似医薬品開発の動きが出ている。

 こうした中、最大消費国である日本の備蓄量が心もとないのはなぜか。「国の出足が悪かった」という批判もある。厚生労働省は昨夏、1人分を「1日2錠で3日分」として、2500万人分を5年で備蓄▽うち500万人分を国と都道府県が購入し、2000万人分は製薬会社の在庫で確保−−との方針を決めた。

 ところが他の先進国は「1人分」を、十分な効果が期待できる5日分で計算しており、「日本の計画では、国と都道府県が確保できるのはわずか300万人分」(菅谷部長)という状態だった。国立感染症研究所の専門家も「5年という計画期間は悠長。国の危機管理は迅速さに欠ける」と不満をもらす。

 これに対し同省結核感染症課は「日本は従来、世界の流通量の大半を消費しており、一層の輸入増は他国に配慮せざるを得なかった」と説明する。14日に発表した行動計画では(1)2500万人分を5日分で備蓄(2)うち1050万人分ずつを国と都道府県が購入(3)国備蓄分は来年度中に確保−−と対策を強化した。だが、都道府県分はあくまで協力要請で、いつ計画を達成できるかは不透明だ。厳しい財政事情を抱える都道府県側からは、国に財源負担を求める要望も出ている。

 タミフルについては、服用した患者が異常行動から事故死した例も報告されている。NPO(特定非営利活動)法人「医薬ビジランスセンター」(大阪市)理事長の浜六郎医師は「副作用のリスクも十分考慮し、薬に安易に頼るべきでない」と指摘する。

毎日新聞 2005年11月17日 12時36分

http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20051117k0000e040064000c.html
------------------------------------------------------------------------------------------------------------
タミフル 日本人消費世界一のなぜ―「東京新聞」
http://www.asyura2.com/0510/senkyo16/msg/1256.html
投稿者 天木ファン 日時 2005 年 11 月 23 日 11:50:17: 2nLReFHhGZ7P6

タミフル 日本人消費世界一のなぜ

 8割を独り占め『ドリンク剤並み』

 新型インフルエンザ出現に備え、治療薬の切り札といわれる「タミフル」の備蓄に今、各国が躍起となっている。新型に対応したワクチンがすぐできないため、この治療薬に頼るしか手がないからだ。日本もやっと備蓄に本腰を入れ始めたが、実は目下、タミフルを最も消費しているのが日本だ。消費世界一のわけとは−。

 「これまで、タミフルは副作用もあまり言われていなかった。患者の中には、『家に置いておきたいから』とか、予防的に『出してほしい』という人も多かった。子どもがいる人だけでなく、若い人からお年寄りまで、そういう傾向があった」。こう話すのは、神奈川県内で開業する内科医(56)だ。日本では、タミフル“信仰”が蔓延(まんえん)しているようだ。

 「今は検査キットで、すぐにインフルエンザかどうかが分かるが、忙しい病院では、検査せずに患者に症状を聞くだけで、タミフルを出してしまうところも多いと思う。(鳥インフルエンザの影響で)これからは『欲しい』という人が増えるだろう」
 東京都内の内科医も「うちはキットで検査して、必要な人に出しているが、確かに『タミフルを欲しい』という人はいる」と話す。
 不足が指摘されているタミフル。実は、これまでも日本はタミフルの大量消費国だった。

 ■子どもの処方量米国の13倍にも

 製造元のスイス・ロシュ社の調査では、過去五年間に日本で約二千四百万人がタミフルの処方を受けており、処方量は世界の77%を占めたといわれる。日本の販売元・中外製薬によると、一昨年から今年六月までの全販売額の43%が日本分だという。米食品医薬品局(FDA)の調査では、過去五年の処方分のうち、子どもの処方量は、日本が米国の十三倍に上ったとのデータもある。

 それだけに、「副作用」情報に波紋が広がった。今月、少年二人がタミフル服用後、トラックに飛び込んだり、マンションから転落するなどの異常行動を起こしていたことが分かった。FDAは日本の十六歳以下の服用者十二人が死亡していたことを発表した。二〇〇三年一月には、服用した二歳児が溶血性貧血を発症した。

 ただ、タミフルの「副作用」情報について、専門家の間からは、「発熱や他の薬の影響などを考える必要がある」などと、否定的な意見がある。FDAも同様の見方だ。
 厚労省安全対策課は「タミフルと死亡などとの関係については、専門家の意見も聞いたが、否定的であることから、現段階でタミフルの安全性に重大な懸念があるとは考えていない」という。
 だが、少年の事例を公表したNPO法人・医薬ビジランスセンターの浜六郎代表は「そのような考えは間違い。異常行動は、熱が下がってきてから起きた子もいるし、熱がなく、タミフルだけしか服用していなくて起こしている子もいる」と指摘する。

 ■インフルエンザの『恐怖症』で拍車

 日本での大量消費はなぜか。浜氏は、まず「インフルエンザについて、恐怖をあおる情報が意図的に流され、多くの人の脳裏に植え付けられたからだ。二〇〇〇年までは、きつい解熱剤をよく使っていて、そのためにインフルエンザ脳症で死亡例が多発した。インフルエンザは怖い、という宣伝が行き渡ってしまった」と指摘する。
 この“インフルエンザ恐怖症”を前提に、浜氏は「患者側は、タミフルが効かない場合や、異常行動などが起こる可能性も知らされていなかった。一方で、良心的な医者が、薬を処方しないようにすると、患者側が離れていく。副作用の説明や、薬が要らないことを患者に説明するのに時間がかかり、『出した方が早い』と考えてしまうような状況がある」といった事情を指摘する。

 さらに、「各国との保険制度の違いもあるのでは。日本は保険診療の範囲で処方を受けることができる」(医薬品メーカー関係者)。しかも三歳未満の場合は、医療費を無料としている自治体が多いことも、大量消費と無縁ではなさそうだ。
 文化的な違いもあるようだ。欧米では、風邪では医療機関にかからず、安静にして治すことが主流だという。山野美容芸術短期大学の中原英臣教授(ウイルス学)は「(タミフルは)一錠三百六十円もする高い薬だが、まるで栄養ドリンク剤を買うような感覚で患者側が手にしている現実がある。もうひとつは日本は医者も患者も薬好きで、効果があるとなると、すぐに飛びつくという習性があり、もともと薬に対するアレルギーがない」と指摘する。
 「ワクチントーク全国」元代表で小児科医の毛利子来(たねき)氏も「日本の医者は薬好きで、病気は薬で治すという薬信仰が強く、患者側を必要以上に薬に頼るようにしてしまった。それを可能にしてきたのは、日本の診療報酬制度で、高い薬を出した方がもうかるというシステムもその一因」と「薬漬け」の影響も指摘する。

 大量消費は別の懸念も呼ぶ。タミフルは発症後四十八時間以内に服用する治療用として使用されるが、予防用にも使用される方向だ。予防内服は保険の対象ではないが、「今後、(予防内服の保険適用が)公式に認められていく可能性もある」(都内の病院関係者)。

 ■予防目的の内服「本末転倒だ」

 毛利氏は「とんでもない話。予防用にタミフルを大量に投与すれば、免疫力が弱まって、薬が効かなくなる耐性タイプの新型ウイルスをつくり出すことになる。日本でも耐性ウイルスは十数%出ているという報告もあり、予防内服は本末転倒だ」と指摘する。

 厚労省は十四日、タミフルの備蓄目標をそれまでの約一・七倍の二千五百万人分に増やした。だが、世界各国で必要となっている今、このまま大量消費を続けると国際批判も出かねない。

 毛利氏は「タミフルに頼りすぎてはいけない。生まれながらの心臓病の患者や肺炎を起こす可能性がある人など重篤の患者などに限定し、インフルエンザになった患者に単純に出すようなやり方はやめ、使用の仕方も制限すべきだ」と主張する。
 大阪赤十字病院小児科の山本英彦副部長も「乳幼児などの子どもの場合、心臓疾患や重篤の脳性マヒを抱えてたり、肺炎を併発しかねない症状などの場合は、タミフルを積極的に投与すべきだ」と処方基準を示す。

 「大阪市内の個人病院でも最近、タミフルがなかなか手に入らなくなったという話も聞く。安易に使わなくなるという意味では逆にいい方向に向かっているのでは」(大阪府立公衆衛生研究所関係者)という声も聞かれるが、これでは消極的すぎないか。

 中原氏はこう言う。「医薬分業になって、ある意味で自己責任の面もある。タミフルに限らず副作用はある。添付文書も付いており、分からなければ、薬剤師に聞くべきだ」

http://www.tokyo-np.co.jp/00/tokuho/20051123/mng_____tokuho__000.shtml



05. あっしら 2014年4月12日 03:04:20 : Mo7ApAlflbQ6s : aN5tcVsY6o

コメント欄03.について:

 評価や好き嫌いは自由でかまわないが、事実ではないことを書き殴る行為はダメ。


【引用】
「吉田所長チームが4号機を爆破しただのということは、統失でなければ投稿できない。それを平気でやったのがこいつだ。何度もその投稿をフォローし、しかも否定はしていない。」

【コメント】
 何度も説明していることだが、一度たりともそのような説明をしたことはない。

 4号機の使用済み核燃料プールに外から注水ができるように、4号機の原子炉建屋を爆破で破壊したのは、亡くなられた吉田元所長のチームでも、東京電力の他のチームでもない。

 4号機原子炉建屋の爆破は、日本政府と米国連邦政府が協議し合意の上で、米軍(とおそらく自衛隊)の合同作戦として実行されたものだと説明してきた。むろん、今でもそのように考えている。


※ 参照投稿

「福島第一原発に米軍部隊が投入された機会:4号機で15日に起きた火災(爆発)の“消火活動”」
http://www.asyura2.com/12/genpatu26/msg/102.html

「[最後で最大の謎]意図的に“爆破”された4号機原子炉建屋:火災説や水素爆発説の流布で国民や世界を愚弄」
http://www.asyura2.com/11/genpatu11/msg/536.html

「4号機原子炉建屋“爆破”問題で火災説否定の補足」
http://www.asyura2.com/11/genpatu11/msg/570.html

「半年後?1年後でも今とほとんど変わらない崩壊熱:崩壊熱が一番大きいのは4号機燃料プール、それを発表からネグったのは大問題」
http://www.asyura2.com/11/genpatu11/msg/749.html

「R0CX945mHさんへ:4号機建屋爆破に関する自説に対する誤解の指摘と爆破の必要性に関する補足説明」
http://www.asyura2.com/11/genpatu13/msg/648.html

「4号機「水素爆発」説を否定する決定的写真:4号機に水素を流れ込ませたとされる排気管は前日に起きた3号機の水素爆発で破断!」
http://www.asyura2.com/11/genpatu14/msg/820.html


06. 北の零年 2014年4月12日 05:29:57 : pi7eKAjFENWsU : JpZ4uld0oQ

クスリの乱用は日本の精神病院においては世界で群を抜く、
劣悪な状況が、薬物療法の端緒以来、今日までの長きに渡りなお続いている。

その稼ぎで財閥化し、医療系の各種大学や短大を数校設立した例すらあるほどだ。
クスリは作るものも処方するものも共に儲かる仕組みを国と保険機構で作り上げた。
しかも,精神科の処方薬の大半は一般薬事法と別の麻薬類と同じ法で管轄される上、
薬価も一般処方薬より高いのが普通だが、にも関わらず大半が保険適用薬でもある。
そして精神病院では、患者の拒薬は、殆どの場合認められず、人権上の問題も多い。



07. 2014年4月16日 18:36:07 : bi8XDTUnlI
狂牛病の骨粉を買い占めて、国内流通させたのも日本

エイズの素、緑十字の薬害問題は有名だね

日本という国の国家経営者は、人体に有害な毒物が発生するや、率先して、それを買い占めて国民に投与してきた

日本の行政担当者の願いは、国民が病気になること、早く死ぬこと、年金を取るだけ取って払わなくて済むこと

コレしかないんだよ



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK164掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧