★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK164 > 285.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
小泉・細川氏の脱原発の思いは本気だった。超党派で自然エネルギー推進会議に結集せよ。(かっちの言い分)
http://www.asyura2.com/14/senkyo164/msg/285.html
投稿者 笑坊 日時 2014 年 4 月 15 日 22:15:48: EaaOcpw/cGfrA
 

http://31634308.at.webry.info/201404/article_15.html
2014/04/15 21:42

小泉氏と細川氏は、東京都知事選挙でタッグを組み、原発ゼロを訴えた。特に、小泉氏が原発ゼロを訴えたことに、自民党時代の小泉元首相に対しての反発があったり、小泉氏は本気ではないなどといろいろ言われた。このブログでは、今の安倍政権の原発政策を牽制する力として、かなり思い入れを込めて、細川・小泉のコンビによる当選を願った。しかし、ご存じの結果となってしまった。何故、細川・小泉氏を応援したかというと、両者の演説を聞いて、これは嘘ではないと感じたからである。

選挙後も、細川氏・小泉氏は脱原発の活動を諦めた訳ではなく、今後も活動を続けていくと言っていたが、やはりその言葉は嘘ではなかった。以下の記事のように、原発ゼロのための新法人「自然エネルギー推進会議」を設立するという。この賛同者に吉永小百合氏が加わるという。大衆を動かすには、どんどん有名人が出て来て、無関心層を掘りこさなければならない。


この法人は、来春の地方統一地方選挙で、脱原発を公約とする候補を支援するという。原発ゼロには右も左もない。これからの子孫の幸福への共通の願いであり、何としても、原子力を「ベース電源」というアホな主張は論破しておく必要がある。


小泉、細川氏が原発ゼロへ新法人 5月に設立総会
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2014041501001472.html 小泉純一郎、細川護熙両元首相が原発ゼロを目指し、再生可能エネルギー普及を研究する一般社団法人「自然エネルギー推進会議」を設立することが15日分かった。5月7日に東京都内で設立総会を開く。複数の関係者が明らかにした。

 小泉、細川両氏は今年秋の福島県知事選や来年春の統一地方選で脱原発を公約に掲げる候補の支援も検討している。推進会議での研究成果を候補者の政策などに反映させたい考えだ。青森、新潟両県など原発関連施設がある地域で集会を開き、原発ゼロへ機運を高める活動も進めるという。

 代表理事には細川氏が就任する予定。発起人には梅原猛氏や市川猿之助氏らが加わる。

(共同)


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年4月15日 22:47:33 : YxpFguEt7k
小沢一郎氏
「彼ら(安倍政権)は(原発)推進だから。人様のとこまで、一生懸命輸出しようとしている。国内でも再稼働推進。新規原発だって作っている。現実に大間の原発もやっている。原子力をベースにするというのは安倍政権の考え方そのもの。我々は賛成ではありません。反対です」
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/134652

2年後の選挙で自民を圧勝させないようにしましょう。統一した候補者を出して、非自民の受け皿になりましょう。


02. 2014年4月15日 23:28:18 : gZtwLgGy36
小泉−小沢がどれだけ醜悪だったか、おさらいする必要があります。
加えて、小泉清和会と検察CIAの謀略によって佐藤栄佐久(前福島県知事)が政治生命を奪われたことも見過ごしてはならないでしょう。

もともと佐藤栄佐久(前福島県知事)は、小泉の地方切捨てを批判し、小泉内閣による郵政民営化やプルサーマル計画導入に対しても明確に反対の立場でした。原発事故後、「事故は人災だった」とも断定しています。しかし、佐藤栄佐久知事の辞任後、小沢民主党が擁立した佐藤雄平(現福島県知事)はプルサーマル計画を受け入れるなど逆コースを辿り「事故は人災」の認識も示しませんでした。現知事は他にも…

・東京電力に「放射能による健康被害の心配はない」と発表するよう要請したり、
・事故当夜から福島県に送信されていたSPEEDIデータを公表せずに消去したり 
する等、原発ムラに寄り添った動きをしています。

背景として、佐藤雄平現知事を誕生させた小沢民主党時代には「低炭素型の社会の実現に向けて原子力政策は不可欠」として原子力を国家戦略として推進する位置づけがなされてます。また、「プルサーマル計画を含む核燃料サイクル政策も推進」も明言しています。

こういう点からしても小泉・小沢が政局だけで動いているのは明らかです。
佐藤栄佐久前知事が葬られ、佐藤雄平現知事が担がれた過程をみると悔しくてなりません。


03. 2014年4月15日 23:38:17 : gZtwLgGy36
真ん中(中道リベラル)を壊しておきながら、「真ん中」が足りないと言って、より右寄りの勢力を「真ん中」の旗手として持ってくる。小沢派やマスコミに共通した戦略です。

小沢の日米構造協議が、小泉の対日年次改革要望に発展し、安倍のTPP売国へと受け継がれていることはおさえておく必要があります。


04. 2014年4月15日 23:45:26 : dzSvvl4VUI
03>おい嘘ばかり言うなよ。統一教会の自給500円のバイト君。年次改革要望書を廃止したのは、鳩山小沢

政権だ。見え透いた誘導しようと根性腐ってるぞ。

[32削除理由]:アラシ

05. 2014年4月16日 00:01:20 : Q5SGrGXhWk
>02
>小泉−小沢がどれだけ醜悪
って、「醜悪」だった連中の
現在の方が、過去にとらわれる
あんたより、ずっと前向き。
あんた、一体、どっち向いトンの?

06. 2014年4月16日 00:10:10 : QEPZNwV2xk
「年次改革要望書」は廃止したと言っておきながら、「日米経済調和対話」と名前を変えただけの詐欺ですかね

>日米構造協議(にちべいこうぞうきょうぎ、英: Structural Impediments Initiative (SII))とは、アメリカと日本の間で、日米貿易不均衡の是正を目的として1989年から1990年までの間、計5次開催された2国間協議である。1993年に「日米包括経済協議」と名を変え、1994年からはじまる、「年次改革要望書」「日米経済調和対話」への流れを形成した。


07. 2014年4月16日 00:22:03 : itOL2wPssE
>>02 >>03 gZtwLgGy36 は小沢攻撃 & 脱原発派分断目的の工作員だろ。
小泉と小沢への悪印象を与えるために、一連の経緯から都合良くつまみ食いしているし、311後に小泉・小沢だけでなく共産党もにわか脱原発派に鞍替えしたように、大きく事情が変化したことも無視している。

http://ja.wikipedia.org/wiki/佐藤雄平

略歴[編集]
福島県南会津郡下郷町生まれ。福島県立田島高等学校、神奈川大学経済学部卒業。大学卒業後、叔父にあたる渡部恒三衆議院議員(のち衆議院副議長)の秘書を長く務める。

1998年、第18回参議院議員通常選挙に無所属(民主党・社会民主党・公明党推薦)で福島県選挙区から出馬し、初当選を果たした。2004年の第20回参議院議員通常選挙で再選。

2006年、佐藤栄佐久福島県知事(同じ民主党に属する玄葉光一郎衆議院議員の義父にあたる)の辞職に伴う福島県知事選挙に、参院議員を辞職して出馬。民主党、社会民主党の推薦を得て、自由民主党が擁立した弁護士の森雅子らを破り、当選した。当初民主党は森を擁立する方向で調整を進めていたが、告示直前に森が自民党からの出馬を表明したため急遽佐藤が擁立された[1]。

2007年3月6日、県議会で、知事は一連のデータ改ざんや原子炉緊急停止の隠ぺいについて東京電力を批判したうえで「県民の信頼が大きく損なわれている」「(原子力政策は)国策であると同時に公益事業。技術的に安全が保証され、社会的に安心感を与えることが大事。プルサーマル計画は議論以前の問題」としてプルサーマル計画再開に慎重な姿勢を取った[2]。その後、2009年まで消極姿勢であったが、双葉町・大熊町など原発立地の地元4町が受け入れを決定、また、県議会における自民党福島県連の度重なるプルサーマル導入要求などがあり、2010年8月、東京電力が福島第一原子力発電所3号機(大熊町)で計画していたプルサーマル受け入れを決定。

2010年10月の福島県知事選挙では、政党からの推薦は受けなかったものの民主、社民両党の支援に加え、自民党県連斎藤健治幹事長が「プルサーマル受け入れなど要望のほとんどを聞いていただき、政策は一致している」[3]と表明し「原子力政策の推進」など20項目の政策申し入れ書を渡すなど自民・公明両党の県連からの支援も受け、日本共産党公認の候補者を大差で破り再選を果たした。2011年4月、東日本大震災復興構想会議委員に就任。2012年2月、復興庁復興推進委員会委員に就任。

. . .


08. 2014年4月16日 00:38:22 : Kdaz8FeI4U

01、小沢さん、 2年後の選挙のためにも、脱原発と言うのなら川内原発再稼働絶対阻止でしょう・・もし、福島の様な事故が起きたら、日本は本当に終わりです。  福島原発の状況理解していたらとても再稼働賛成できないはずです。カジノ法案など提出できないはずです。

09. 2014年4月16日 00:41:01 : fTpkrT3Xgg
>>07さん、
そこまで小泉氏に忠誠を誓うなら、都知事選に出馬すれば勝てたであろう小泉氏がなぜ自ら立候補しなかったのか、論考の提示もお願いします。

20年近く隠遁していた細川氏は現役世代への知名度が絶対的に低く、また、小泉氏が立候補すれば舛添氏の自民党票を割ることができたはずです。なぜ、大量の保守票を取りに行かずに、少数のサヨク票を争奪にいったのか。

私は、小泉氏の動きは、安倍自民党の二枚舌である「原発ベース電源」「脱原発依存」の一翼、すなわち「脱原発依存」の側を担う役割であると見てます。

その他、国家戦略特区構想にしても新自由主義の小泉氏と安倍内閣とは全く同じ思潮です。


10. 2014年4月16日 01:45:48 : itOL2wPssE
>>09
別に小泉に忠誠を誓っているわけでも支持者でもないが、小泉が矢面に立つと、反・新自由主義の脱原発派からの反発がより大きくなっただろうし、細川支持を表明したリベラル&脱原発派の有名人の支持も取り付けられないと判断したんだろ。
バリバリの新自由主義者の小泉が応援しているからといって、仮に細川が都知事になっていたとしても、政策が何もかも小泉の意図通りになることが必至というわけではないし、まず安倍自民の推す舛添を倒して、緊急かつ最重大の敵たる安倍政権および原発ムラの増長に抵抗できる数少ないチャンスを少しでも生かす必要があった。

無名候補者の売名目的でもなければ、いくら政権口約が立派でも、有権者の民度・理解度の現状を考慮した上で最有力候補者の舛添に勝てる可能性が無ければ立候補する意味がない。


11. 2014年4月16日 01:46:10 : dtNkAkscHg
結局は同事業所の部署違いみたいなものですよ。
小泉氏は都知事選の際も「最終処分場が無ければ原発ゼロ」と言ってましたから、
脱原発思想ではないのです。処分場問題も小泉氏の思惑通りに進んでいますね。
カネに換えられるものは何でもというマッチポンプです。

12. 2014年4月16日 06:34:06 : i3g44hd7CU
伊方町長選挙は何の応援もしませんでしたね。

13. 北の零年 2014年4月16日 07:04:28 : pi7eKAjFENWsU : ZB1sK5Rego

シングル・イシューの運動体を支持したい。
総花的思考を求められる「人民の為の…」政治参加は余人に委せる。

地方の首長選や来たる国政選挙などはシングル・イシューで立つとは行くまい故、
折々の推薦などのあり方を見れば、自ずとお里も知れて来る。その時はその時。

個人票の行方は夫婦だって異なる自由を受け入れる。という意味で、
有識者会議的「一般社団法人」なんでしょう。
瀬戸内さんなどは選挙となれば個人票は共産党なのかも…。
ソレだって好い、そう言うファジーな運動体、と理解した。


14. 2014年4月16日 13:23:52 : 9L5qHJyxOU
>>08 Kdaz8FeI4U

んで?
あんたは安倍晋三ふぁん?
全原発稼動に賛成?で
集団的自衛権行使も大好き人間?
んでもって徴兵も喜んで子供を行かせたい?それとも孫を行かせたい?
あっ、もしかして子どもも孫もいないのか?安倍みたいに。
だったら安心だね。
原発が稼動しても運が良ければ15年や20年は生きられるかもしれないし。
ま、ジジイもババアも戦争には行かないしね。


15. 2014年4月16日 14:00:33 : jdbZQr4x5I
>>08
>2年後の選挙のためにも、脱原発と言うのなら
>川内原発再稼働絶対阻止でしょう。

同感です。
小泉細川両氏が本気で脱原発する気概があるのなら、
鹿児島2区で立候補した新党ひとりひとりのありかわ美子さんを応援してほしい。
鹿児島2区に乗り込んで応援演説をしてほしい。

>両者の演説を聞いて、これは嘘ではないと感じたからである。

言動ではなく行動を見るべき。口では何とでも言える。
口でいくら正論を言っても行動が伴わなければそれは単なる人気取り、
嘘つきということになる。
ちなみにあの広瀬氏は都知事選で小泉細川両氏を応援した。

何よりも川内原発の再稼働を阻止することこそが今後の脱原発の第一歩。
小泉細川両氏になりふり構わぬ行動を期待する。
今こそ、山本太郎とありかわ美子、彼らに力を貸してほしい。


16. 2014年4月16日 15:30:17 : Kdaz8FeI4U
15様、太郎さんの支持者ですね。  本当の事を教えて下さい。 都知事選では広瀬さん、両方を応援したと言っていますが、小泉氏は小沢さんとの連携を表明しています。おそらくこの法人も同意でしょう。  しかし、原発再稼働容認して、脱原発と言うのは詭弁です。 民主・結いの政策もそうですが、それらの人達には、支持者はいません。ムサシだけです。そんな人達との数合わせをしようとして、原発再稼働容認の小沢さん許せません。
阿修羅でのアクセス・拍手良くみて下さい。  太郎さんが、小沢さんのぱしりになったら終わりです。太郎さん、小泉・小沢さんとの連携止めなさい。小沢さんも卑怯です。
結局、日刊ゲンダイは、小沢さん支持して打越氏支持するよう訴えています。こんなことしていたら都知事選と同じ結果になるでしょう。

17. 2014年4月16日 15:47:04 : Kdaz8FeI4U

小沢さんの政治手法は古すぎます。今はネットの時代、沢山の情報をそれぞれの人が吸収しています。  いままでのような、目くらましばかりの小沢さん、変わらなければ、終わりです。  広瀬さん、あなたは、小泉さん小沢さんと違い、福島原発の状況を理解しています。小沢さんに、もっと正確な助言してください。
小沢陣営の投稿者達や、取り巻きは、小沢さんの言いなりです。
オリンピック・カジノ・脱原発法人、利権目当てとしか見えません。もう阿修羅の人達は小沢さんに集結するの無理です。

18. 新共産主義クラブ 2014年4月16日 16:13:37 : w0NMVeciJ/Y.. : i2q62WS81c
>>14さん

小沢一郎事務所の政治手法は古すぎます。

鹿児島2区の衆院補選で、民主、維新、結い、生活の4党が推薦する打越氏は、再稼働賛成派です。

生活の党は周辺事態法第1条に定める周辺事態におけるやむを得ず行う必要最小限度の実力行使を容認しているので、安倍首相の安保法制懇と同じく憲法解釈の変更による集団的自衛権行使を容認しています。

しかも、集団的自衛権行使の要件としての「周辺事態」を、生活の党は安倍首相の安保法制懇よりも先に述べていました。

「安倍晋三=小沢一郎」の恒等式が成り立っています。
 
  
■西日本新聞 2014年04月12日

「打越氏は出馬表明の記者会見で「再稼働賛成」を明言」
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/kagoshima/article/81654)□
 
 
■生活の党 憲法についての考え方
 
・自衛権及び自衛隊については、現行の規定を維持した上で、下記の解釈を採る。
 
(1)外国からの急迫かつ不正な侵害 及び
 
”そのまま放置すれば我が国に対する直接の武力攻撃に至るおそれのある事態等我が国周辺の地域における我が国の平和及び安全に重要な影響を与える事態”
 
に限って、我が国の独立と平和を維持し国民の安全を確保するため、やむを得ず行う必要最小限度の実力行使は、個別的又は集団的な自衛権の行使を含めて、妨げられない。それ以外では武力行使しない。
 
(2)上記の自衛権を行使するために必要な最小限度の「自衛力」として、自衛隊を保有することができる。
 
http://www.seikatsu1.jp/activity/diet/act0000062.html)□
 
■(参考)周辺事態に際して我が国の平和及び安全を確保するための措置に関する法律(周辺事態法)
 
第一条  この法律は、
 
”そのまま放置すれば我が国に対する直接の武力攻撃に至るおそれのある事態等我が国周辺の地域における我が国の平和及び安全に重要な影響を与える事態”
 
(以下「周辺事態」という。)
 
に対応して我が国が実施する措置、その実施の手続その他の必要な事項を定め、日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約(以下「日米安保条約」という。)の効果的な運用に寄与し、我が国の平和及び安全の確保に資することを目的とする。
 
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H11/H11HO060.html)□
 
■生活の党 8(2ちゃんねる)
 
22 :無党派さん:2014/04/15(火) 22:46:15.73 ID:ESsQxrqz
鹿児島補選で原発再稼働候補を支持するようだな

この党が何をやりたいのか全く見えないね

あ、小沢にとっては単なる助成金集めの道具だったね
 
 
 
24 :無党派さん:2014/04/16(水) 01:21:54.74 ID:DwcUstuZ
>>22
阿修羅では鹿児島補選で生活が原発再稼働賛成の打越を推薦している事は
完全に知らん顔だな。
集団的自衛権も生活の党が公式HPで憲法解釈の変更を基本政策に挙げている
事は無視して叩いているし、あいつらもう自分たちが支持しているはずの
小沢一郎からすら屁とも思われていない現実を見る気は無いらしいw

http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/giin/1397387250/l50)□


19. 2014年4月16日 17:52:37 : 8aldBEWdcE
手を変え品を変えてまだ小沢攻撃にいそしむ工作員がぞろぞろいるということは、未だに小沢を権力側が恐れていることの証明。

社民党や共産党では永遠に政権を取れないことははっきりしているのでそちらを攻撃することは全く不要なのでね。


20. 2014年4月16日 19:47:40 : S2ksoSFczA

>>18
>鹿児島2区の衆院補選で、民主、維新、結い、生活の4党が推薦する打越氏は、再稼働賛成派です。
>しかも、集団的自衛権行使の要件としての「周辺事態」を、生活の党は安倍首相の安保法制懇よりも先に述べていました。「安倍晋三=小沢一郎」の恒等式が成り立っています。

ナルホド。鹿児島は、衆院選で45,707票を獲得した打越(民主)は「原発に反対する可能性がある」ので当選させてはならず、利権政治と原発ドンドンの三島(自民)か、カクレ自民の三島(共産)しかないというご意見ですね。わかりました。

生活の党による「周辺事態と日米安保条約及び集団的自衛権の位置づけ」と、
インチキ選挙のアホ・アベ政権よる「憲法9条の空洞化=米国の手下としての軍隊派遣=ネオコンの指示・要求に沿う政治=積極的戦争主義=大日本帝国憲法再来」の思惑を大鍋で煮てかきまわし、ごちゃ混ぜにしている論法が良く理解できました。「ミソ≒ク●論」のご開陳、ご苦労様でした。

http://p.booklog.jp/book/77475/read#none
1、自民党が目指すところはTPPと憲法改正による戦争国家なのだが、そもそも99条は国政議員に憲法を擁護し尊重する義務を定めているのであり、不戦を覆すこのような背徳そのものが違憲である。彼ら自身また彼らの肉親は決して戦場に赴くことはなく、血を流すのは常に市井の人々なのであり、かくも人間性を欠如した無恥の心性には、シャンデンフロイデ(他人の苦しみを楽しむ心性)すら垣間見えるのだ。
2、最後の民主的な政治ユニットであった鳩山由紀夫と小沢一郎の失脚は官僚、報道、米国、財界など権益集団のクーデターによるものである。一般国民はあまりにも無知であるため、功績(対日改革要望書の破棄)を評価するどころか、そもそも既得権益が何かという理解すら覚束ない。トクベツカイケイも、ザイセイトウユウシも、ガイカクダンタイも、ナイセイカンショウも、意味化も観念化もできないのであり、搾取されているという自覚すらもなく、鳩山・小沢の敗北は、つまるところ民度の敗北であったのだと思う。
>小沢一郎の疑獄事件には、この国の利権構造が集約されている
http://blogs.yahoo.co.jp/jun777self/10576510.html
>検索「不正選挙」「不正選挙 裁判」


21. 2014年4月16日 19:52:44 : wWnF5YFrEc
問われてることに関して正面から反証できないと、それは認めたも同然になります。
>そちらを攻撃することは全く不要なのでね
つまり、都知事選の時のように、左翼への攻撃と分断は、例えば阿修羅においては小沢支持者がやってくれますから、権力側が手を拱く必要もないということでしょう。

前回、宇都宮氏を支持していた小沢支持者達は、今回突然、小泉陣営に寝返ってネガティブキャンペーンをやるわけですから、権力側にとってこれほど使い勝手のよいものはなかったと思います。

しかも、そのネガキャンの中身が宇都宮氏=共産党のレッテルを貼るという舛添陣営と同じ手段であり、これによって共産党を目立たせ、小泉陣営票を上回った宇都宮票すべてがあたかも共産党の手柄であるかのような錯覚をつくり出しました。
小沢支持者のネガキャンは結果的に共産党を目立たせ共産党を喜ばせたわけです。


22. 2014年4月16日 20:31:30 : hooFWGPFUk
>>20についての補足

1については、「やるなら解釈改憲ではなく憲法改正をするべきで、安倍内閣は小手先の誤魔化しだ」というのが小沢一郎の立場です。戦前もそうでしたが、こうした投げ掛けは国家主義をさらに押し進める力学として作用するのみです。安倍もさぞかしほくそ笑んでいることでしょう。

2について、鳩山由紀夫と小沢一郎の失脚は同列に扱えないです。鳩山由紀夫の失脚は沖縄問題に端を発します。民主党の公約でもあった「普天間基地移設の最低でも県外」を実行すべく行動した鳩山政権(当時)に対して、ハシゴを外したのが民主党であり、その幹事長だったのが小沢一郎です。官僚、マスコミ、米国、財界など外部からの圧力に対し、民主党(幹事長=小沢)自体が県外移設で一致して鳩山氏を守ろうとしませんでした。鳩山首相(当時)の県外移設に対して菅も小沢もダンマリを決め込み見殺しにしました。廃止した対日改革要望書も「日米経済調和対話」と名を変えてすぐに再登場します。


23. 2014年4月16日 20:44:51 : S2ksoSFczA

>>06 様へ ちょっと違うんじゃない?

隷米・官僚支配・利権政治脱却を目指した鳩山・小沢政権がバッシングされ、
隷米・官僚支配に屈しても、「原発アブナイ・政策はナイ」の菅政権が崩壊し、
隷米・官僚支配に屈し、消費増税・民主党壊滅に協力した野田政権が自爆解散し、
隷米・ネオコン・官僚支配・利権政治・棄民政策推進が、アヘ売国政権です。

http://blogs.yahoo.co.jp/jun777self/10576510.html
「年次改革要望書」を通じ、政策は米国の意向に基づいて起草されていたのだが、小沢・鳩山政権は発足直後にこれを破棄に持ち込んでいる。C‘米国による内政干渉の排除’を実践し、つまり宗主国に対し反旗を翻したのだから、実働部隊である東京検察庁が国策捜査を発動し、反逆者を粛清するのも当然と言えるだろう。「年次改革要望書」は、その後に発足した管政権下において「日米経済調和対話」として刷新され、復活したことは周知のとおりだ。 この国の報道は主権侵害の排除という英雄的行為を評価するのではなく、むしろ愛国者を背徳者として葬ろうとしているのだが、執拗な攻撃は社会正義ではなく、私欲によるものであることは語るまでもない。
>「なぜ、小沢一郎を有罪にしたいのか」(EJ第3164号)
http://www.asyura2.com/11/senkyo120/msg/836.html#c3
03. 2011年10月20日 07:55:47: jLYH3uUUCc
一昨年の選挙で民主党が勝利する以前のことだが、ヒラリーやキッシンジャー等がやってきて、当時党の代表だった小澤一郎氏と会談を強制したことを忘れるわけにはいかない。キッシンジャーは小沢は何時やめるのかと言う言い方で、党代表を辞めるように圧力をかけていた。この時期を境に日本の全マスコミが反小澤キャンペーンを開始し、特捜が小澤秘書を逮捕した。既得的特権階級である中央省庁のエリート官僚が、アメリカの手先に過ぎないことは明白な事実だろう。・・・
小澤氏の主張は反アメリカ(反ロックフェラーの日本占領政策)だと見ていることが全ての原因だと見てよい。日米年度改革協議とは、毎年アメリカから求められる日本からの莫大な貢物の請求書に他ならないが、それに協力することで自分の地位を確保してきた特権階級の連中は、アメリカに逆らう小澤を徹底的に排除することしか考えられない。・・・>


24. 2014年4月16日 21:12:22 : WOtkaglYqY
利権政治脱却?
具体的に鳩山小沢が何をしたのか教えてよ

元財務官僚の斎藤を郵政社長にしたり
企業団体献金廃止の公約を骨抜きにしたり
利権とズブズブだったじゃん。


25. 2014年4月16日 22:33:21 : jiAc1Bjjgs
脱原発に本気というより、新たな利権確保に本気なのだろう

政治団体ならともかく、社団法人立ち上げとか
金の臭いがプンプンだぜ


26. 新居さん主義クラブ 2014年4月17日 10:03:18 : c7sCk7hw3JZ12 : i2q62WS81c
>>20
>生活の党による「周辺事態と日米安保条約及び集団的自衛権の位置づけ」と、
インチキ選挙のアホ・アベ政権よる「憲法9条の空洞化=米国の手下としての軍隊派遣=ネオコンの指示・要求に沿う政治=積極的戦争主義=大日本帝国憲法再来」の思惑を大鍋で煮てかきまわし、ごちゃ混ぜにしている論法が良く理解できました。「ミソ≒ク●論」のご開陳、ご苦労様でした。
>>22
>1については、「やるなら解釈改憲ではなく憲法改正をするべきで、安倍内閣は小手先の誤魔化しだ」というのが小沢一郎の立場です。戦前もそうでしたが、こうした投げ掛けは国家主義をさらに押し進める力学として作用するのみです。安倍もさぞかしほくそ笑んでいることでしょう。
 
 *   *   *   *   *   *   *   *
 
 
生活の党は周辺事態法に定める周辺事態での、やむを得ず行う必要最小限度の実力行使を容認しています。

生活の党は、この周辺事態法に定める周辺事態におけるやむを得ず行う必要最小限度の実力行使を可能にするために、憲法解釈の変更は必要でないと主張しています。

一方、安倍首相の安保法制懇は、生活の党は周辺事態法に定める周辺事態での、やむを得ず行う必要最小限度の実力行使を容認しています。(Listening:<集団的自衛権>「必要最小限」で容認 行使に6要件−−安保法制懇 毎日新聞 2014年04月16日 http://mainichi.jp/journalism/listening/news/20140416org00m010004000c.html

ただし安倍首相の安保法制懇は、この周辺事態法に定める周辺事態におけるやむを得ず行う必要最小限度の実力行使を可能にするために、憲法解釈の変更が必要であると主張しています。

生活の党と安倍首相の安保法制懇との主張の違いは、周辺事態法に定める周辺事態におけるやむを得ず行う必要最小限度の実力行使を可能にするために、憲法解釈の変更が必要ではないとするか、憲法解釈の変更が必要であるとするかの違いだけです。

ですから「安倍晋三=小沢一郎」の恒等式が成り立っているのです。


27. 2014年4月17日 16:22:00 : SqINAeyR9Y
「小泉のせいで反原発候補者が二分して舛添が勝ってしまった」みたいな事をいう人がいますが、違ってましたね。
法人まで作って反原発を訴えるという事は本気の証拠。
お陰で国民の反原発意識は今後高まっていくでしょう。
これは、原発推進派にとっては脅威ですね。

28. 2014年4月17日 20:10:23 : 0MERYq8kLY
読売新聞や日本経済新聞などの大手マスコミが堂々と原発推進を標榜し、社会のあらゆる分野において言論統制が敷かれる今日この頃である。こうした時世に脱原発を目指す社団法人がすんなりと設立されるのはどうも調子が良すぎる。多くの人が脱原発を主張するし、私もそれ自体には賛成なのだが、そうした大衆の思いを逆手にとって何か別にやろうとしていることがあるのではないか?という疑いも感じられる。
2か月ほど前に行われた東京都知事選挙において細川氏の応援に「華を添えた」著名人たちがゾロゾロと穴から這い出て再び群がり始めている。彼らは所詮広告塔。大衆洗脳のためのプロパガンダ要員に過ぎない。
まあ、小泉氏が教団代表(教祖)、細川氏が副代表、著名人たちが大幹部を務め、一般信者たちが「ダツゲンパーツ」と唱える新興宗教団体のような集まりになりそうだ。
とにかく、この社団法人のおかげで、小泉・細川両氏は本気で脱原発に取り組んでいるというイメージを大衆に見せつけ、且つ誰からも疑われることなくアリバイ工作に邁進できる。本当の狙いは、国政・地方双方の選挙において脱原発派の票を左派と二分させ、自公が推す候補を勝たせるところにある。勿論最終目的は脱原発派を完全に骨抜きにすることである。自公政権及びその黒幕にとって、両氏は左派よりも遥かに利用価値が高いガス抜き役といえるだろう。

29. 一主婦 2014年4月17日 22:36:13 : rfKiZAFzfsBYA : VxkhbBYyGA
とてもうれしいニュースです。
都知事選で、お二人を一生懸命に応援した者として、この嬉しいニュースを待ち望んでいました。

このお二人の後ろには、各党に在籍している国民派の国会議員や地方議員の方々が大きな国民派政治の器を期待して息を潜めているような気がします。抵抗する相手が大きすぎるため、心ならずも今の隷属政治をとってしまっている自民党をはじめとする各党の方々の中にも、国民のための本物の政治を摂りたいと願い、苦悩している議員は沢山いらっしゃるような気がします。その方々の想いを実現する為の大きな塊を目指して、お二人は都知事選を機に立ち上がったのだと思います。

私も、小泉氏の過去の政治は褒められるものでは無いと思います。ですが、この属国、隷属国で政治を摂る事の難しさは、一市民である私にも想像できます。その大きな相手に立ち向かい、国民のための改革をしようとすれば、小沢氏のように冤罪で潰されてしまう恐ろしく情けない国です。政治家を続けようとすればその言いなりになる政治家しか生き残れないのがこの国の実情です。多くの売国政治家が国会を占拠してしまう状態も、嘆かわしく、腹立たしいですけれど・・・理解はできます。

国民の多くが覚醒し、属国政治を摂らない意思強固な議員を選ぶことが本道ですけれど、今の、この、国民の状態では時間的に間に合いません。もう、戦前と同じ状態になっていますから、この状態に即ストップをかけなければ、もう間に合いません。この危機的政治状態を見て、このままではイケナイという事を、お二人とその周りにいる本物の政治家は気づかれたのだと思います。

お二人は、政治から離れて足かせの無い立場で自問自答し、意を決して立ち上がったのだと思います。辞職してからでなければ、立ち上がれない力がお二人に湧いたのだと思います。きっとお二人は、周りの現職議員にも相談し、あの都知事選立候補になったのだと思います。後ろには、この国を、この国の国民を、本当に憂いている方々が沢山控えていると想像します。

こんな、属国政治主流の国なのですから、過去に拘っていては大きく団結できません。大きく団結しなければ変えられないし、この危機的状況は変わらないと思います。今、この国の危機を共有し、変えていこうと決意した方々を広く広く結集して頂かなければ、原発にしろ、戦争危機にしろ、経済危機にしろ、官僚シロアリ危機にしろ、回避できないと思います。過去にこだわるあまり、現在の決意まで否定したり、きれいごとの細かい政策の違いにこだわって独善的になっていては、この危機は乗り越えられないと思いますし、大きな相手に対抗できる大きな塊も生まれないと思います。

このお二人の勇気と、その後ろに控えている国民派の議員集団の塊に期待いたします。


30. 2014年4月17日 23:49:56 : DdrZ7cw0CA

2001年、小泉純一郎も、集団的自衛権行使を容認する道へとつなぐ役割を果たしました。

日本経済を破壊したのは小泉純一郎で、脱原発といいだしたのは崩壊寸前の自民党を守るため。

自然再生エネルギーの転換など、小泉政権が京都議定書つぶしのブッシュ政権に追随してきたために、日本は、世界から確実に取り残されている。

脱原発が本物なら、自然再生エネルギー政策をなぜ、小泉が、つぶしたの?

自然再生エネルギーの環境エネルギー革命で、10年後には自動車市場に匹敵する規模になるという。

当面当座の選挙を乗り切ればよいという、スローガンにしかすぎない。

細川&小泉を支持する限り、日本人は救われない。

この人たち、自民党のせいで餓死者が出てるんですよ。

いいかげん、騙されないで目を覚ましましょうよ。



31. 2014年4月19日 18:09:00 : dtNkAkscHg
30氏に賛成

都知事選同様の騙しだよ。


32. 女学生 2014年4月23日 12:07:44 : oeOQOngYSL6aw : VxkhbBYyGA
30. 31さん
あなた方のような人が、脱原発を不可能にしているのですよ。
左だけでこじんまりと延々と続けて行くの❔
それではいつまで経っても脱原発は達成出来ません。
大きく繋がらなければ無理です。
騙されないでね。
騙さないでね。
分断しないでね。

33. 2014年4月27日 16:43:55 : c4RjiAno26
>>30
日本に巣喰う悪性腫瘍

34. 2014年5月08日 00:20:47 : zzvWCil6Sc
 
 
そして、竹中平蔵や社民党などの胡散臭い連中が集まりだし、新自由主義思想や政治思想が蔓延するようになり、市民運動よりも選挙互助会のような組織となっていき、
 
一定の影響力を持つ、共産党や山本太郎などは初めから見向きもせず、独自の道を模索して、
 
かつての新左翼のように、脱原発勢力はあっけなく分裂していったとさ
 
残ったのは時代遅れのセクトだけ
 
 
 
 
未来の党が失敗してから2年もたつのに、全く成長していない
 
  

35. 2014年5月16日 15:37:10 : uuMgkMyDGs
なんだったんだ、この茶番。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK164掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧