★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK167 > 683.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
阿部首相の暴走を、何故誰も止めないのか?こうなったのは、麻生の阿呆の一言が原因です。日本を、ふりだしに戻しましょう。
http://www.asyura2.com/14/senkyo167/msg/683.html
投稿者 阿闍梨(あじゃり) 日時 2014 年 6 月 30 日 17:14:10: X1PiEpHWt8BJA
 

阿部首相の暴走を、何故誰も止めようとはしないのでしょうか?
その本当の闇の理由を私は知っています。
信じられないでしょうが、本当は高級官僚共が天下りの”おいしさ”を覚えてしまったからなのですよ。ただ、それだけなのです。

阿部首相の暴走(集団的自衛権の行使、TPP、消費税増税と法人税減税等々)とは何の関係も無いではないかと思われるでしょうが、その現場を目撃し、当事者だった私だけが知っている闇の世界について、今回は、お話をしたいと思います。

かいつまんで申しますと、麻生太郎の阿呆の一言が原因で独立行政法人の会計上、天下りの高級官僚に対して秘密の未払金(報酬・顧問料・調査費等と名目は様々です)が簡単に計上できてしまうこととなり、高級官僚共は天下りの”おいしさ”を、おもいっきり、謳歌している今日この頃なのです。
ですから、独立行政法人への交付金の額を増加させるのに都合のよい政策を政府にやらせる必要がでてきました。
集団的自衛権の行使は、軍事産業への天下りに、TPPは、農協廃止に伴う新独立行政法人への天下りに、交付金増額の為に消費税増税と法人税減税等々、阿部政権は官僚共の思惑通りに操られている訳です。

【阿部政権が操られているという根拠】
ほんのちょっと昔、「一票の格差」問題で最高裁が「違憲・無効」の判決を出せば、先の衆院選が無効となるところだったことを思い出してください。
あの時から、阿部首相は最高裁(要するに官僚組織)に操られることとなりました。

さて、阿部政権は、戦争をやりたがっているのかと言うと、そうでは無いと思います。
官僚組織も、戦争をやりたがっているのかと言うと、そうでは無いと思います。
「集団的自衛権の行使」における官僚組織の思惑は軍事産業等への天下りだけが目的であり、むしろ、戦争をやりたがっているようなバカはいないと思います。
確信はありませんが、阿部政権にしろ、官僚組織にしろ、「集団的自衛権の行使」で日本が戦争に巻き込まれることは無いであろうなどと、お気楽に考えているのではないでしょうか?

【官僚組織の思惑】
官僚組織の思惑は独立行政法人への天下りが目的であることは、ハッキリと解っています。
その根拠となる事件が、独立行政法人の会計基準策定です。運営費交付金等(収益勘定)の内、固定資産に支出した額は、見返り運営費交付金等(負債勘定)として計上し、翌年以降に減価償却額相当額を収益に振替計上するという独立行政法人会計基準が策定され施行された事件(わたし的には、これは事件)です。
この事件は、実は、麻生太郎の阿呆が総務大臣だった時に『入金時にただちに収益と認識するのは適切でない』の一言から始まりました。

<解説>
この会計基準では、その年に国等から入金した運営費交付金等の総額が決算書類に記載されないこととなります。一方、見返り運営費交付金等の勘定科目は実体の無い内緒の未払金となる為、天下り官僚の内緒の報酬となりかねないのであります。
また、見返り運営費交付金等の残高は、管理しきれるものではなく、内緒の未払金に悪用されたとしても、誰にも分らないのです。その証拠に、当時私が担当した国立大学12校の内、唯一合わせることが可能な初年度でさえも全校が間違っていたので、私が説明書と修正伝票をメールしたようなありさまでした。

【見返り運営費交付金等が内緒の報酬の根拠】
見返り運営費交付金等の内、減価償却額相当額を収益に計上する場合には、残存価額相当額が永久に残ってしまうという不具合が生じてしまいました。そこで、残存価額をゼロ円にするという独立行政法人会計基準となりました。そうなると、定率法償却率も独立行政法人会計基準用に新たに作成し直さなくてはならなくなりました。
困り果てた作業部会(委員会)は、なんと、あろうことか企業会計の方の会計基準を改定することにして、残存価額をゼロ円とし、定率法償却率を改定してしまったのです。

念のため、言っておきますが、元々、見返り運営費交付金等なる勘定科目は負債性引当金(内緒の未払金のこと)に該当し、これは、明らかに商法違反なのです。
麻生太郎の阿呆の一言のために、商法違反やら、企業会計上の要請から出たものではない定率法償却率の改定やら、何故やらなくてはならなかったのでしょうか?

答えは簡単です。
天下り官僚の内緒の報酬を、容易にできるようにしたかっただけなのです。
「集団的自衛権の行使」も、軍事産業は儲かりますからね。内緒の報酬の額も桁違いになると官僚共は大いに期待していることでしょうね。

他にも、郵政民営化に伴う内部統制制度の確立のプロジェクトに参加した時、決算書類の中に「役員賞与引当金」という勘定科目を見つけました(指摘した年度の決算書からは見事に消えていました(笑))。
よろしいですか?これは、違法です。
「役員賞与」は、株主総会の決議事項ですから、決算時点で「役員賞与/役員賞与引当金」を計上することは許されません。株主の承認も無しに「役員賞与」を支給することは犯罪行為であるからです。

これらの問題は、どちらも、公認会計士協会やら会計の名だたる専門家やらが大勢関わっていたというのに、誰一人として”異を唱えなかった”という現実です。
恐ろしい現実ですが、独立行政法人会計基準の話は、平成17年頃のことですが、その頃から既に会計の専門家らは、悪魔に魂を売って魔物と化していたということです。
また、内部統制制度は、平成21年頃の話ですが、これも、役員等の不正に関しては何も触れないという、まったく意味のない実施基準を策定したのです。

陸山会事件の舞台となったのも平成16年〜平成19年の話なのですが、私のブログ(※1)や阿修羅への投稿(※2)の中の「小沢裁判第7回公判」の様子を見て頂ければ解りますが、会計の世界だけでは無く、裁判官、弁護士、最高裁、訴追委員会、国会議員、マスコミ等々の不正にも気付かず、日本中の全ての人が”真実が見えないままに判断して選挙を行っている”というのも、これまた、恐ろしい現実なのであります。
(※1)『陸山会事件の真相布教』
http://ajari-rikuzankai.at.webry.info/
(※2)『陸山会事件の真相から、やっと、日本の闇の総理(支配者)が解かりました。でも、駆除するのは、意外と簡単。小保方会議付。』
http://www.asyura2.com/14/senkyo164/msg/110.html

私のブログを読んだ方は、お解り頂けたものと思いますが、先の衆院選・参院選を無効とすると共に、阿部政権のした立法も全て無効としてしまうことは、可能なのです。

『日本を、ふりだしに戻しましょう。そして、日本を再生しましょう。』

-------------------------------------------------------------------
【それぞれの事案についての私の所感】
1.集団的自衛権の行使について
「集団的自衛権の行使8事例」で言う「防護」とは、攻撃国に対する武力行使を意味しています。例えば、アメリカが武力攻撃を受けていたとしても、自衛隊自身が武力攻撃を受ける前に他国に対し武力による攻撃をすれば、日本が先に他国に対して武力攻撃を行ったと国際社会では受け取られることになります。そして、攻撃を受けた相手国は当然応戦して来るでしょうし、戦闘は激化することは必至です。
「防護」どころか、どちらかが全滅するまで戦闘は終わらないのかもしれません。

また、攻撃国のアメリカへの武力攻撃が威嚇攻撃程度とか、誤報であった場合には、アメリカの要請も無しに日本が攻撃国の軍隊や攻撃国と間違えて他国の村等を全滅させるほどの攻撃を行えば、日本が相手国に対し宣戦布告をしたことになります。
第二次世界大戦の時の「トラ・トラ・トラ」の再来です。

『アメリカは、第三次世界大戦を勃発させた責任は日本にあると逃げますよ。』
『これが解らない国会議員らって、どうしてバカばっかりなんだ?』

2.TPPについて
反対運動をした農協を、報復の為、解体するようですね。
日本の農家、酪農家、畜産農家、漁師等の人々の生活は成り立たなくなると思います。巨大資本で経営する農業等は、外資が入り込むこととなり、日本の食料は全部輸入するのと同じこととなるでしょう。
もちろん、食の安全は自分自身で管理するしかありません。不可能であってもね。

『アメリカのいいようにされて、情け無いったらありゃしない。』

3.消費税増税と法人税減税について
財政赤字の解消のために消費税を増税したのに、今度は法人税を減税するとは、呆れてものが言えない。

これが、「アベコベノミクス(強気を助け、弱気を挫く)」の正体だ。
一般国民からは厳しく税金等(年金、健康保険料等も次から次へ増額)を搾り取り、大企業には法人税を減税して救済の手を差し伸べ、赤字を出した中小企業には、これまた損益通算制度を廃止して、赤字であろうが厳しく税金を搾り取れるように法改正までするというのである。

半導体分野が外国に負けて、数万人規模のリストラがあちらこちらで行われてきたのに、『給料をあげろ』とは、リストラされた者やその家族は、どんな気持ちで聞いているのだろうか?
また、失業率が改善されたとか、求人難の解消のため外国人労働者を大量に受け入れることを検討しているなどと、これも、リストラされた者やその家族は、どんな気持ちで聞いているのだろうか?

『これを悪政と言わずして、何を悪政というのですか?』
『こんなんで、日本の未来が望めるとでも思っているのですか?』

4.小保方騒動について
マスコミは、小保方さんが論文を捏造したものと断定した上で、STAP細胞の存在について有識者等に意見を求めています。
似ていると思いませんか?
虚偽記載があったものと断定した上で、石川さんらの記載について、小沢さんの関与について、裁判が行われました。

もし、STAP細胞ではなくES細胞だったのであれば、『ES細胞では説明できない現象が確認されているので、ES細胞と勘違いしているのではないのかという方達は素人だ』と言い切った副センター長の発言は、何だったのでしょう?
それに、もしもし、20年も前に作製されているES細胞をSTAP細胞と思い込んでネイチャー誌に論文発表やら特許申請やらしていたのであれば、共著者全員は、恥ずかしくて、恥ずかしくて学界には居られないはずだよ。

利権まみれの理研も、独立行政法人です。
理研の方が悪者だと気づけば、答えは簡単です。
STAP細胞の特許権を小保方さんから奪うことが目的の騒動と見るのが妥当です。

5.都議会のヤジ騒動について
塩村文夏都議会議員と、同級生の浜松市市議会議員にメール等しました。
内容は、ヤジをとばした議員の質が情けないほど低くいと言っているが、都議会自身が陸山会事件で有罪判決を受けた石川元衆議院議員らの”いじめの加害者”となっていたという事実を私のブログを読んで悟ってほしい、というものです。
しかしながら、どうやら、無視されたようです。
解らないのは、同級生の市議会議員にまで無視された理由です。

彼らが訴追委員会事務局長や警察官らに対する百条委員会を設置するよう議会に議案として上げれば、最高裁に「違憲・無効」の判決を出させることができることを、彼らは今以って”な〜〜んも”知らないのです。

『駄目だわッ。こりゃッ。』
『国会議員も地方議員も、何にも知らないバカばっかりだし〜〜。(怒)』
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年6月30日 18:03:07 : PwKkQCJfIL
安倍、くらいは正確な漢字を書けよ。

02. 2014年6月30日 18:49:51 : AJPJDby6OI
政治家、官僚、裁判官、検察官、マスコミを志望して競争に明け暮れて育った人間?とは言えない人種が悪の根源。
彼らの名前の上に「ヒラメ」を付けてご覧。
「ヒラメ政治家」、
「ヒラメ官僚」、
「ヒラメ裁判官」、
「ヒラメ検察官」、
「ヒラメマスコミ人」。

「ヒラメ」の付かない人が良い政治家、官僚、裁判官、検察官、マスコミ人。
良く見極めよう。


03. 2014年6月30日 20:50:15 : nJF6kGWndY

せめて少しは証拠くらいを出した方がいいな

>当事者だった私だけが知っている闇の世界
>阿部首相は最高裁(要するに官僚組織)に操られることとなりました

頭の中の妄想世界か


04. 阿闍梨(あじゃり) 2014年6月30日 22:38:36 : X1PiEpHWt8BJA : YpVr1ca0RI
>01 様
阿闍梨(あじゃり)でおまッ。

ご指摘、感謝します。

恥ずかしい間違いをしてしまいました。
「阿部」⇒「安倍」と訂正して、お詫び申し上げます。


05. 阿闍梨(あじゃり) 2014年7月01日 10:25:04 : X1PiEpHWt8BJA : YpVr1ca0RI
>03 様
阿闍梨(あじゃり)でおまッ。

『せめて少しは証拠くらいを出した方がいいな』
⇒では、最高裁も安倍首相も憲法違反をしたという証拠をお見せしましょう。

・裁判官弾劾法5条2:「衆議院議員たる訴追委員及びその予備員の選挙は、衆議院議員総選挙の後初めて召集される国会の会期の始めにこれを行う」
⇒本来ならば、「平成24年12月26日現在で衆議院議員の完成した構成が表示されなければなりません(法第5条1、2)」でした。
でも、衆院選後に初めて完成した構成が表示されたのは、平成25年2月21日です。
(詳しくは、私のブログの【36回】を読んでください。)

よって、安倍首相は、弾劾裁判所を設けることを怠ったこととなり、日本国憲法第六十四条に違反していたことになります。
安倍首相は、憲法九条どころか、とっくの昔から”憲法を蔑ろにするような人間だった”ということですよ。

・法第15条3:「最高裁判所は、裁判官について、弾劾による罷免の事由があると思料するときは、訴追委員会に対し罷免の訴追をすべきことを求めなければならない」
⇒本文の「阿修羅への投稿(※2)の中の「小沢裁判第7回公判」の様子」を見るように”あからさまな冤罪裁判”が現実に行われました。
これは、「すべて刑事事件においては、被告人は、公平な裁判所の迅速な公開裁判を受ける権利を有する(日本国憲法37条01)」に違反した所業であります。
最高裁が陸山会裁判・小沢裁判における四人の裁判長らを訴追委員会に対し罷免の訴追を行わなかかったことは、最高裁自身が憲法違反を犯していたことになります。


06. 2015年2月01日 19:27:56 : NRvAM7Ti0k
阿部総理には、最優先で身を呈して日本国民を守る義務があります、国家安全の為、日本国民の安全を守るため、日本に在住往来している多くの外国人の方々の安全の為にも、阿部さんが、発言の全責任を取って辞任する姿勢を見せるしかないと思います。

阿部総理が、軽率にものを言えば言うほど、要らぬ刺激を与えるような事を口走っているように映ります。人質に取られている時に、中東訪問において必要な事を伝える事と、挑発するような事を言うのとは違うと思います。口に慎みを持たないものに、人質も日本人も守れるとは思えません。もうこれ以上表立ってペラペラと軽率な発信はして欲しくないのが本音です。

怯え逃げろとは言いませんが、言うべき時でないその時に、あえて派手派手しくリスクを犯してまで声高に誤解を招き、刺激するような発言をする意味も必要もないと思います。これは、日本の問題だけではないと思います。この国に在住し、往来している諸外国の方々も含んでの問題となります。

後藤さんが身を呈してされて来られたことを、どうか阿部総理は無駄にしないで欲しいと思います。

今は、総理にご辞任いただいて、日本全体の風を変えるしかないと思います。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)  recommend
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK167掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧