★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK168 > 118.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
[突破する日本] アジア諸国は集団的自衛権支持 反対派は中韓と日本の一部メディア (zakzak) : 的確な指摘
http://www.asyura2.com/14/senkyo168/msg/118.html
投稿者 真相の道 日時 2014 年 7 月 05 日 10:51:26: afZLzAOPWDkro
 


最初に私のコメント、次に記事本文を記載します。


[コメント]


■ 中韓と社民党、共産党を除く多くの国家と日本の政党が日本の集団的自衛権行使を支持

>「東アジアで集団的自衛権を認めないのは、中国共産党と日本共産党、社民党だけだ」
 マイケル・グリーン米元国家安全保障会議アジア上級部長は、自民党議員にこう語ったという(産経新聞、6月14日付)が、正確な分析だ。

たしかにその通りです。
後述するアジア諸国もそうですし、EUの多くの国、もちろん米国も日本の集団的自衛権限定行使を支持しています。
集団的自衛権による守り合いの輪が世界の平和維持に役立っていることを多くの国が理解しているからでしょう。
だいたい、集団的自衛権は国連憲章第7章でも国家の固有の自衛権であるとして認められているのです。

日本が守り合いの輪、平和の輪を築くことは、尖閣や沖縄本島は中国のものだと喚く軍事侵略国家:中国にとっては困ることになる。
従って、中国やその属国に落ちぶれた韓国が反対するのはある意味当たり前です。

むしろ、だからこそ集団的自衛権による守り合いの輪、平和の輪を築く必要があるわけです。


■ 日本の集団的自衛権行使について、アジアではフィリピン、豪州、シンガポール、ベトナム、マレーシア、タイ、インドネシアなどが支持を表明

>中韓両国を除くアジア諸国は、わが国の集団的自衛権の行使容認を支持している。
>6月には、フィリピンのアキノ大統領と、オーストラリアのビショップ外相が、5月にはシンガポールのリー・シェンロン首相と、ベトナムのダム副首相が、4月にはマレーシアのナジブ首相が、昨年9月にはタイのユタサック国防副大臣が、同年1月にはインドネシアのユドヨノ大統領が、それぞれ支持を表明している。
 いずれも、中国の台頭に手を焼く「被害者の会」のような諸国だ。アジアの平和と安定のためには、日本のこれまで以上の貢献が必要とみている。今日のアジア情勢を踏まえた常識的かつ現実的な判断だ。


以上の通り、ほとんどのアジア諸国が日本の集団的自衛権行使を支持しています。
それがアジアの平和維持のために役立つと考えているからです。
軍事侵略国家:中国は、南シナ海、東シナ海への軍事侵略を強め、周辺国、EU、米国などから強く非難されています。
集団的自衛権による守り合いの輪、平和の輪の構築を世界の多くの国も望んでいるのです。


[記事本文]

★(5)

 「東アジアで集団的自衛権を認めないのは、中国共産党と日本共産党、社民党だけだ」

 マイケル・グリーン米元国家安全保障会議アジア上級部長は、自民党議員にこう語ったという(産経新聞、6月14日付)が、正確な分析だ。

 中韓両国を除くアジア諸国は、わが国の集団的自衛権の行使容認を支持している。

 6月には、フィリピンのアキノ大統領と、オーストラリアのビショップ外相が、5月にはシンガポールのリー・シェンロン首相と、ベトナムのダム副首相が、4月にはマレーシアのナジブ首相が、昨年9月にはタイのユタサック国防副大臣が、同年1月にはインドネシアのユドヨノ大統領が、それぞれ支持を表明している。

 いずれも、中国の台頭に手を焼く「被害者の会」のような諸国だ。アジアの平和と安定のためには、日本のこれまで以上の貢献が必要とみている。今日のアジア情勢を踏まえた常識的かつ現実的な判断だ。

 だが、日本の一部メディアや勢力の見方は違う。安倍晋三首相を「国民の敵」に設定したいようだ。特に、朝日新聞は連日、「戦争になる」「徴兵制になる」などと読者の不安をあおり続けている。

 政治面だけでなく、「さて閣下あとは開戦待つばかり」(7月2日付「朝日川柳」)、「暦を1枚めくるともう戦後ではなかった。理性も良心もかなぐり捨てて。自衛隊発足60年の日からの新たな戦前」(同1日付夕刊「素粒子」)、「『教え子を戦地に送るな』と声を上げた小学校教諭の男性(45)は大分県から夜行バスで駆けつけた」(同1日付夕刊社会面)−。官公労中心の抗議活動の写真も掲載している。

 現行憲法は、第2次世界大戦敗戦後の占領中、日本を連合国共通の「敵」とする「ポツダム体制」の下で作られた。9条はその趣旨を固定するものだ。だが、東西冷戦が始まり、「ポツダム体制」は壊れた。占領が終わり、日本は主権を回復し、新たな国際秩序「サンフランシスコ体制」に復帰した。そこでは日米は敵対関係ではなく、同盟関係となった。自衛隊と日米安保条約はそこに位置付けられるものだった。

 憲法とわが国が属している国際秩序とは、その立脚する原理を異にする。本来であれば、主権回復した時点で憲法は改正されるべきものだった。実際、何度も試みられた。が、その都度、旧社会党など社会主義勢力と一部メディアに阻まれた。今日、集団的自衛権の政府憲法解釈に変更に反対しているのはその嫡流だ。

 若い世代は彼らに同調しない。ネットで世界の現実を知り、メディアを疑ってみているからだ。一部の過激な報道は、それへのイラ立ちと見てよいのではないか。ともあれ、わが国は大きな一歩を踏み出した。正念場となる国会論戦を注視したい。 (麗澤大学教授・八木秀次)  =おわり

http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20140705/dms1407050830001-n1.htm


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年7月05日 10:56:42 : oAd0iVEIsY
もう、いいんじやないか?

真相君?

読んでないけど。


02. 2014年7月05日 11:22:23 : x2j2o1jWcg
いくら他の国が賛成しても、憲法違反なのだからダメに決まっているだろ。
少しは頭を使え!



03. 2014年7月05日 11:42:40 : atxeyfN6Rs
真相君反対をする国があったら駄目だろう。

04. 2014年7月05日 12:06:44 : eHWkx9ngX6
いわゆる親日国と反日国対比とかの分極化で世界を矮小化し、そういう記事をせっせと集めてきては小さい自己満足で日本はこんなに好かれているとえばり散らしたい2ちゃんねらーとニコ動の政治板住人の小姑ぶりはいかにも西洋近代化を形から真似てみたものの身体に合わない服を着させられているようで、いつも似合っているのかいないのか他人(外国)の目を極端に気にして反応をうかがう癖はアジアでも中国、韓国、日本が飛びぬけているようだ。
世界の情勢などと言うものは親か反かで測れないドラスティックな動きを見せるのが普通なのでいちいち取りあっていられないと放っておくのが成熟した国の態度だが、ひたすら世界の目を気にするあたりやはり3歳児と窘められた自信がないんだろうね貧相の童貞くんはw

05. 2014年7月05日 12:28:29 : l6hZgaOPRs

>官公労中心の抗議活動の写真も掲載している。

そうだ7月1日に閣議決定反対と官邸前でさわいだ2千人だか4千人だかの奴らは、公務員なのだ。安倍政権が気に入らないのは公務員制度改革を進めて、このたび内閣人事局をめでたく作り、政治主導の官僚人事をすすめることができるようになった時期にあたるからだ。
天下りあっせん禁止にしても、民主党のように官僚が見つけた抜け穴を認めてくれたときはよかった。そんな民主党にカツを入れる意味もあったのだ。何も主義主張でわざわざ騒ぎにあつまったのではない。いまどき社民党のようなオメデタサに同調するやからは居ない。大事なことは公務員である自分たちの仕事が、天下りが正常化、いや公務員から見て窮屈な異常になっていくのを許せないということさ。

真正面からじゃ戦えない。改革に反対、と言ったってバカかと言われるのが関の山。そこで「戦争反対」「憲法九条を守れ」と大義名分を掲げれば、その言葉自体には一応の正義があるから、これを使うのがいい。

集団的自衛権を歓迎しているのは中韓以外のアジア諸国、そしてアメリカも。
朝日新聞などは支離滅裂で、集団的自衛権はポツダム宣言やサンフラン講和条約の精神にも反するなどという記事まで載せた。ポ宣言やサン条約に反するものをアメリカが歓迎するはずはなかろ。どうしようもない朝日、そして公務員。


06. 2014年7月05日 15:47:48 : TGgfYEbPRU
日本が対米協力で大量の兵隊を出してくれれば東南アジア諸国は出さなくて済むようになる・・・。
旧日本軍が戦争推進の為に踏み台にしたことを忘れたってことなんだろか・・・。

07. 2014年7月05日 17:05:42 : Iywxs38q9c
幸福の科学科学信者 真相くん 必死なのはわかりますが
同じような記事にコメントを何度も繰り返すのはただの荒しです
ここは2ちゃんではありませんよ

08. 2014年7月05日 17:11:03 : QV65D8ENc2
すると日本国民の大半は中韓と一部メディアだということですね
記事を書いているのが八木秀次という時点でヨタ記事だと気づきなさいよ

09. 2014年7月05日 17:45:51 : QV65D8ENc2
記事を内容を要約すると
「集団自衛権に反対するのは 中韓や一部メディアだから 反対してはいけない」
ってことですよね?
これって個人の判断や信条を否定する考えですが、どこか的確なんでしょうか?
「左翼が反対するから正しい」と言った 田母神と同レベルの自分で考えることを放棄した
愚かすぎる意見です。

10. 2014年7月05日 17:55:31 : XXtm066xw6
そりゃそうですよ。
今のアジアで他国を侵略しそうなのは(と言うより現に侵略している)のは中国だけだし、日本がそんなことしないことはわかっているわけだから。中韓がいくら70年前のことを大げさに言おうと、それ以降の実績を見れば明らかだ。だからアジアの弱小国にしてみれば、日本がアメリカと手を組むことによって自分たちへの中国の脅威が減じると思っているのだろう。
だが日本人にしてみれば、結局アメリカに利用されるだけだから喜ばしいことでは無い。仮にそのことが中国の牽制にある程度効果があったとしても、ワールドワイドに戦争を展開するアメリカと行動を共にすることによってアジア以外にも余計な敵を作ってしまう可能性が高い。アメリカと日本の関係は、中国と韓国の関係に似ている。親分・子分の関係で逆らうことができない。結局、利用されるだけ利用されて最後にはポイッだ。

11. 2014年7月05日 18:20:01 : qWOEtLILgE
「集団的自衛権による守り合いの輪、平和の輪」

たぶんザ・リバティ真相が考え出したお気に入りのフレーズで
してやったり、みたいな顔をして何度も使っているのだろうが
はっきり言って気持ち悪いです。

つまらないギャグを二度三度(しかも話している当人が一人で噴いている)を
聞かされているような感じです


12. 佐助 2014年7月05日 19:00:37 : YZ1JBFFO77mpI : wpmCg8U5S6
貴方の意見は軍国時代と同じである,帝国主義とよばれる植民地獲得競争時代は終わりました
2020年までは暗殺やテロリズムの思考と行動を台頭させ、戦争の瀬戸際に押し進められる。

すなわち「民主主義は理念でなくルール」の時代
少数意見はひとまず多数意見に従い、多数意見は少数意見に耳を傾けるルールが誕生した,だが多数意見は常に正義で絶対服従沈黙せよとの先輩の意見は軍国時代と同じで、少数意見尊重こそ民主主義だ。

ドイツとイタリアの国家社会主義党と日本の大政翼賛会は、一党独裁に反対する人が立候補できぬ選挙制度ルールで、独裁権力を国民の総意だと思わせた。社会主義国家も、共産党に反対する人は立候補できない。

政治から流行現象まで、文化社会現象は「ルールを守ることが正義・善」と考える人が多数派となる時代と「ルールを否定する少数派の行動と思考が正義・善」と考える人が多数派になる時代が、20 年ごとに反転している。2020年までは「ルールが破壊」される時代でもある。

1980 から20 年間は、欧米の左右の政党は、これまでの理論を中道よりに修正することによって、長期政権を獲得維持できた。その修正戦略は「福祉国家」である。2000年からは「ルール破壊の時代」になり,小泉ケケ中政権によって「社会保障費が削減」され企業による「福祉国家」や「終身雇用制度」などはルール破壊に向った。

そのために政治家は「国民を安心させる」「真意を隠して反発させないため」に、確信犯的大ウソをつくためウソ発見器で検知できない。マレに、日頃考えていることが口から飛び出し失脚するために、役人の玉虫色のウソの原稿に頼らざるをえなくなる。

それで
2000〜2020年代の「ルールを否定破壊する少数派に寛容な時代」は、どんな左右の原理主義を誕生させているか? 右翼原理主義は「移民」と「領土」「拉致」問題で排外的思考と行動を台頭させている。左翼原理主義は、1%の金持ちが99%の富をもつ「不平等の是正」の思考と行動を台頭させている。それと平行して宗教の原理主義が、暗殺やテロリズムの思考と行動を台頭させ、戦争の瀬戸際に押し進めることになる。

そして、近代技術をとりいれ核武装することができる。だが、独裁国家は40年目に自壊し、一党独裁の社会主義国家は、80年目に自壊するために、核武装は国体の変革を防止することはできない。平和憲法を反故に戦争待望論者が台頭してくる。

この時代は世界各地で国債のデフオルト(支払停止)を主張する政党が勝利する。そのため、全世界の株式と金融市場の震撼は避けられない。そして2007年〜2010年にスタートした世界信用収縮恐慌による基軸通貨の多極化と銀行・証券・為替の一時閉鎖が全国で発生する。

したがって、民主主義はルールではなく、自由・平等と同じような政治的理念だと仮定して観察すると、政治のルールの基本対立要素とその周期が、全く見えなくなる。

政治家は当選した瞬間、その政治のルールの中に思考と行動は閉じ込められる。そして、ルールのコップの中で権力争奪のため、離合集散する。そのために、根本的解決を常に先延ばしされるだけなので、いっそ古いルールをブチ壊した方が手っとり早いと、ルールをブチ壊せと怒号する思考と行動の独裁者を待望する。

第一次世界大戦戦勝国のヒットラーヘの期待は、予想外の独ソ友好条約締結とポーランドの独ソ分割によって裏切られる。その後の歴史の推移はご存じのとおりである。「ルールを否定破壊する少数派に寛容な時代」に同じことが起きる。期待してまて。


13. 2014年7月05日 21:38:44 : QBrYpzDGwo
喧嘩好きというのも性格の一種であり、あくまでも話し合えば分かりあえる筈だと主張する者もいれば、直ぐ手を出して勧善懲悪で生きて行く者もいる。どちらが正しいとは言えないかもしれないが、例えば直ぐに抗争となり、出入りだと言っては銃や刀で装備して駆けつける組織というのは命を失ったり負傷したりする可能性は格段に高い。万引きに合っても諭して帰す店長と、追いかけて行って羽交い絞めにし、殺されてしまう店長がいる。どちらがどうとは言わないが、個人であれば女房、子供を置いて万引き犯のために、殺されるのを覚悟で追いかけるのもどうかと思うが、正義は死をも恐れない、というならそれまでだ。
  同様に、国家は多くの国民に、万引き犯を徹底して掴まえるというような、殺されるかも知れない正義の貫徹を強いる。和平交渉や親善外交では駄目なのか、という意見も参考にすらせず、個々の国民に正義のための死を強いるのだ。
  しかしながら、万引きを見たら刺されても良いから掴まえろ、と、果たして国は個々の国民に強いることが出来るかと言えば、本来個々の尊厳の尊重を最大限に保障している現行憲法下では出来ないことになっているのである。
  日本が仮想敵国としている中韓を除いて、法案の歓迎が事実だとすれば、世界の警察官として活躍して欲しいという望みなのだろう。マレー半島など日本軍の蛮行に悩まされた国も歓迎ならそれは彼らの問題であるが、自分らは軍事費をかけなくとも、日本が多額の軍事費をかけて米国と一緒に悪をぐうの音も言わさず退治してくれる、というような心境だろう。自分の店の万引き犯を、正義のためとして危険を顧みずに追い掛けてくれるような、勇ましい他人がいれば助かるのだ。しかしながら、性能の格段と良い戦闘機の誤爆による民家の損傷などあればたちまち憎悪に変わるのではないか。
  米国は最初の攻撃は行うものの、イラク空爆の際に程なくしてクウェート軍を先頭に行かせたように、アジアの紛争はアジア人で、という理由を以って退却するだろう。後は、紛争が終結するまで、日本が責任を持ってアジアの声援を受けつつ、多額の防衛費を使った武力行使を続けざるを得ないだろう。
  先の戦争のようにアジアでの紛争の渦中に入った日本人が家から金物を供出し女子学生が軍需工場で働くようになるかどうかは分からないが、福島原発事故処理どころの騒ぎではなく、完全に後回しとなることだろう。
  ブッシュの時代に悪の枢軸国という呼び名が有ったが、何やら真相の道を始めとして、仮想敵国を明確にし、それを叩くことに全てのエネルギーを投入すべし、という考え方があるようだ。木を見て森を見ずであり、仮想敵の創造の仕方からして、情報戦とスパイ戦にテロリズムが世界中に横行している時代に何と牧歌的であることか。
  武器、兵器という機器はアナログなブラウン管テレビのようなものであり、もう既にインテリジェンスの時代が到来している。情報を収集する能力を高め、武器、兵器によるアナログ的な紛争の芽を摘み、迫りくる地球環境の変化に世界が一丸となっての対処を、不戦憲法を持つ唯一説得の出来る国が呼び掛ける時代であるのに、成熟を通り越して高齢化した国家であるにも関わらず、血気盛んな若者で溢れるアジアや中東において、一緒になってアナログな武器、兵器を駆使した戦争を再び始めようとするとは、明らかに国全体が認知症候群に罹っているとしか思えないのだが。

14. 2014年7月05日 21:53:27 : cV1u88aU5Q
TPPと同じ。豪州や東南アジアは、アメリカの顔を見ながら調子合わせてるだけ。

結果として日本がどうなろうが、知ったこっちゃない。


15. 2014年7月05日 23:21:03 : Xv1f6I1KeU
>■ 日本の集団的自衛権行使について、アジアではフィリピン、豪州、シンガポール、ベトナム、マレーシア、タイ、インドネシアなどが支持を表明

大半が欧米の植民地だったところだな。
タイは違うが、ここもアメリカの影響力が強い。

>今のアジアで他国を侵略しそうなのは(と言うより現に侵略している)のは中国だけだし、

もともと中国の影響圏だった地域が欧米のアジア進出により減退、再度国力が上がった中国がもとの影響圏を再統合しようとしているのが実態。
それに対してアメリカをバックにする東南アジア諸国がゴネてる側面もある。


16. JohnMung 2014年7月06日 00:56:47 : SfgJT2I6DyMEc : qwKVfILZLI

 阿修羅閲覧のみなさん 日本人(国民)のみなさん こんばんは!

 下記を確認しておきましょう!

 ★★★最高裁砂川判決と国連憲章を基に集団的自衛権を合憲という真相の道の詭弁★★★

 集団手自衛権に係る下記スレで「真相の道」=Vaka=後藤謙次がどのような妄言・戯言を書き立て、牽強付会(こじつけ)・我田引水をして、阿修羅閲覧者の適正・的確な認識と判断を攪乱しようとしているかをみておきましょう。

 ”集団的自衛権は 憲法9条に違反しておらず 合憲と考えられる”
 http://www.asyura2.com/14/senkyo167/msg/575.html
 投稿者 真相の道 日時 2014 年 6 月 28 日 11:56:11: afZLzAOPWDkro

 なお、「真相の道」=Vaka=後藤謙次は、麻生自公政権が東京地検特捜部に起こさせた政治謀略・人権蹂躙事案である西松建設事件〜陸山会事件・小沢裁判においても、ガセ・デマに憶測・妄想を絡めて、小沢一郎氏と3人の元秘書を貶めるため、執拗にネガキャン・バッシングを繰り返してきたことも忘れてはなりません。

 以下は、上記スレのアンカーNo.44に書き込んだコメントの再掲です。
 http://www.asyura2.com/14/senkyo167/msg/575.html#c44

(再掲開始)・・・一部補正しています。
 ※上記スレの帰結部分は、次のようになっています。
 >以上をまとめると、
 >・最高裁判決では、わが国が主権国として有する固有の自衛権は合憲となっている。
 >ここでは個別的とか、集団的とかの限定はない。
     ↑
 まず、これ自体が、「真相の道」=Vaka=後藤謙次の歪曲・捏造を含む妄言・戯言です。
 砂川裁判は在日米軍基地内に立ち入ったデモ隊を裁いたもので、その際に在日米軍の合憲性が問われたのです。
 米国が集団的自衛権を行使するために在日米軍を置いていることが、日本国憲法9条で禁じている戦力に相当するかどうかが問われたもので、日本の集団的自衛権の有無とは関係ありません。
 さらにこの判決で最高裁判所は統治行為論に立ち、「日米安全保障条約のように高度な政治性を持つ条約については、一見してきわめて明白に違憲無効と認められない限り、その内容について違憲かどうかの法的判断を司法は下すことはできない」として判断から逃げたのです。
 最高裁が逃げた判例で、最高裁から集団的自衛権のお墨付きを得たという理屈はおかしいというしかありません。

 >・国連憲章第7章では、国家の固有の自衛権には集団的自衛権は含まれると宣言している。
      ↑
 日本は独立国だから、当然、国連憲章51条にもあるように自衛権が認められています。
 ただ、日本国憲法9条で自衛権の発動は日本が攻撃された時のみ、とされてきています。
 個別的であれ、集団的であれ、その他の直接関係のないところの紛争に自衛権の名のもとにした武力行使はできないことになっています。

 アメポチ・売国奴の「真相の道」=Vaka=後藤謙次は、日本国憲法が国連憲章に隷属するかのように記述して誤魔化し、阿修羅閲覧者の的確・適正な認識・判断を攪乱・妨害しているのです。

 >この2つからすれば、
 >集団的自衛権は国家の固有の自衛権であって、国家固有の自衛権である集団的自衛権は憲法9条に違反しておらず、合憲である。
 >いう結論となります。
     ↑
 この帰結は、「真相の道」=Vaka=後藤謙次の牽強付会(こじつけ)・我田引水そのものです。

 >集団的自衛権が憲法9条に違反しておらず合憲であるのは、このように明白なのです。
     ↑
 「明白なの」は、「集団的自衛権が憲法9条に違反して」おり、安倍晋三と自公政権が閣議決定によって「集団的自衛権」行使を可能にしようと謀ることは、国会軽視・民主主義否定・立憲主義破壊→独裁・戦争への途そのものなのです。

 以上から、「真相の道」=Vaka=後藤謙次は、日米の権力・既得権益亡者(シロアリ)のポチ=日本人(国民)の敵・売国奴と言わざるを得ないのです。
(再掲終了)


17. 2014年7月06日 01:06:09 : EAkIk2fULU
真相の道が何をしたいのか、よくわからないんだなあ。

なぜかというと、こいつの投稿は頭悪すぎて、政府を擁護しているように
見えない。逆効果にしか見えない。こんな逆効果なことをしきりにやっている
のは、何を狙っているのか。こいつの投稿読んで納得する日本人っているの?


18. 晴れ間 2014年7月06日 05:25:36 : FhUYgDFvAt2/E : xni5yVaf3k
東南アジアは今のところ親日でも、西アジアや北アフリカは、アメリカと組んだというだけで反日になります。
別の板でも忠告したけど、バカちゃんは、イスラエルと対峙したイスラム圏や、アメリカの軍事侵略に苦しんだ地域を旅しなさい。

多国籍軍で行動したフランスと同じ様に、日本人がテロの対象になり、人質になったり殺されたりするのは、火を見るよりも明らか。すでにアルジェリアでは日本人もテロの対象になったじゃないの。
イギリスやスペインみたいに、列車に爆発物を仕掛けてほしいの?
こういった地域に友人はいないの?
金をばらまけば歓心を買えると思ってるの?

ヨーロッパもアフリカも、すでに中国寄り。
中国憎しで行動していると、世界の孤児になるのは日本。
もう、そうなってるじゃないの。

アメリカのどの戦争が、世界に平和をもたらし、人々を幸福にしましたか?
アメリカのために、どのくらいの人々が殺されましたか?
だいたい、人類愛というものがあれば、親米や従米にはなりませんよ。
真相の道は金目オンリーだから、理解できないだろうけど。


19. 2014年7月06日 06:25:22 : JFBcDRs0dM
馬鹿投稿者 真相の道 よ

阿修羅にデタラメな投稿するのは止めろ。

お前ら馬鹿ウヨのやり方は日本の一部も大部分も手作りの捏造だろ。

いつまでも醜い外道の姿を晒してんじゃねえよ、日本人のクズどもは。

ぶっ殺すぞバカヤロ!! =馬鹿ウヨの主張である。

馬鹿投稿者 真相の道 削除すんじゃねえぞ!!



[12削除理由]:言葉使い

20. 2014年7月11日 12:23:12 : rAZs4KvhOE
>02 憲法違反なのだからダメ

そんなことは裁判所で判決が出てから言いたまえ。

>03 反対をする国があったら駄目だろう

なぜだめなんだろう?日本の政治に中韓のご意向を反映させろとでも?

>18 世界の孤児になるのは日本

特亜の論調に重なるが、今のところは成っていない。願望を書いているのかな。



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)  recommend
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK168掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧