★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK168 > 806.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
コラム:最新鋭ステルス戦闘機「F35」の宿命的欠陥:日本の次期主力戦闘機:価格は高騰、性能に疑問、装備に制約
http://www.asyura2.com/14/senkyo168/msg/806.html
投稿者 あっしら 日時 2014 年 7 月 22 日 15:35:36: Mo7ApAlflbQ6s
 


 F35は、専守防衛を国是とする国にステルス戦闘機が必要なのかという疑問はともかく。次期主力戦闘機に選定されている。

 F35の選定については様々な疑問が寄せられている。

 ステルス機でありながら、米国は、日本に供給するF35に近接対空戦ミサイルを搭載することを拒否していること。

 購入価格も、欠陥が多く見つかっていることや他国の調達見送りなどが原因で高騰を続け、日本政府が予算とした1機当たり102億円の2倍近い190億円(米国政府調達価格)に達している。それでも、有償軍事援助(FMS)という特殊な契約を採用しているため、米国側が価格や納期を変更しても日本は違反を問うことができないこと。


 様々な疑問が提起されるなかで、野田政権時代の12年7月に、政府は、「防衛省の要求する期限までに同省の要求性能を備えた機体が納入される」と答弁書に明記している。が、財務省は、機種選定の経緯と契約の実態調査に乗り出しているらしい。

 また、安倍政権が「武器輸出三原則」を見直すことになった目的の一つが、日本製部品(40%程度)が使われているF35を紛争当事国であるイスラエルに輸出できるようにするためである。

 対米従属国日本は、価格は高騰、性能に疑問、装備に制約という“三重苦”のF35を購入することで、米国が抱えるFX35の膨大な開発費の一部を肩代わりするのである。


※ 参照投稿

「疑問だらけのF35契約 飛べない翼を巨額購入へ (産経新聞)」 
http://www.asyura2.com/12/warb9/msg/496.html

「次期主力戦闘機F35、消えぬ火種:日本向けF35:価格は跳ね上がる一方で近接対空戦ミサイルの搭載を拒否」
http://www.asyura2.com/13/senkyo144/msg/356.html

「これも野田失政のツケ 次期主力機F35 究極のカネ食い戦闘機 (日刊ゲンダイ)」 
http://www.asyura2.com/13/senkyo144/msg/678.html

=============================================================================================
コラム:最新鋭ステルス戦闘機「F35」の宿命的欠陥
2014年 07月 16日 12:36 JST

David Axe

[14日 ロイター] - 6月23日に米フロリダ州の空軍基地で出火事故を起こした最新鋭ステルス戦闘機「F35」。米国防総省は、エンジンの追加検査が完了するまで全機を飛行停止としたが、今回の事故は、数千機に上る米軍の戦闘機が確実には飛べなくなる事態さえ予感させるものだ。

公平のために記すと、米国防総省は戦闘機が事故や故障を起こした際、原因の究明と問題の解決のため、一時的な飛行停止はこれまでも通常運用として行ってきた。しかし、今回の事故には真に懸念すべき理由がある。F35が戦闘には不向きであることを示しかねない設計上の深刻な欠陥を映し出しているかもしれないからだ。

まず第一に、ロッキード・マーチン製のF35は単純に言って、あまり成功を収めているとは言えない。米国防総省は2007年以降、少なくとも13回はF35の一時飛行停止を余儀なくされた。その多くはプラット・アンド・ホイットニーが製造する「F135」エンジンが原因で、特に、エンジンのタービン翼が問題となってきた。一次飛行停止の期間は、長くても2─3週間程度だった。

オランダの航空宇宙専門家で、戦闘機情報サイトのJSFニュースの編集者であるヨハン・ベーダー氏は「エンジンの同じ個所で問題が繰り返されていることは、F135エンジンの深刻な設計上かつ構造上の問題を示しているかもしれない」と述べた。
プラット・アンド・ホイットニーは度重なる不具合に終止符を打とうと、F135エンジンの全面的な再設計をすでに行っている。しかし、エンジニアにできることは限りがある。F35の開発初期段階でエンジンの問題は議論を呼んだが、米国防総省は双発エンジンではなく単発エンジンを選んだ。単発を採用することでコスト低下には寄与するかもしれない。しかし、F35のケースでは、その決断は「自滅」だと言わざるを得ない。

なぜなら、F35は基本設計に空軍と海兵隊、海軍の要望を取り入れた結果、構造が複雑になっているからだ。航空機の設計では、複雑さは重量に直結する。F35の重量は燃料満載時は35トンと、単発戦闘機としては極めて重い。

対照的に、従来の「F15」戦闘機は重量40トンだが、エンジンは双発だ。F35は速度と操縦性を保つため、F135エンジンに戦闘機史上最大の推進力が求められる。

そうした推進力を実現すれば、エンジン部品には過度なストレスがかかるため、F35が高い頻度でエンジントラブルに見舞われるのも驚くには当たらない。そして、たとえ史上最大の推進力を生むエンジンを積んだとしても、F35は「鈍重」な戦闘機だ。ワシントンの非営利組織「政府監督プロジェクト」で軍改革について研究するウィンスロー•ウィーラー氏は、F35を「重くて動力不足の失敗作」と呼ぶ。

米軍と密接な関係があるシンクタンク「ランド研究所」のアナリスト2人は2008年、F35の戦闘能力を分析する目的で、コンピューターを使って中国との空中戦をシミュレーションした。結果は衝撃的な内容だった。

同仮想演習に関する報告書を執筆したジョン・スティリオン氏とハロルド・スコット・パーデュー氏は、「F35は二重の欠陥がある」と指摘し、「曲がれず、上昇できず、動けない」と警告していた。
とはいえ、F35は米軍史上で最も多く使われる戦闘機になるべく歩を進めている。F35は、空軍と海兵隊が使う現行戦闘機のほぼすべてを置き換え、海軍では「F/A18」戦闘機を補完する位置づけとなる。米国防総省は、向こう数十年でF35を約2400機導入する計画。その費用は総額4000億ドル(約40兆7000億円)だ。

好むと好まざるとにかかわらず、F35は米国の空軍力の未来を担う。他の選択肢も限られている。開発がスタートした1990年代以降、ロッキード・マーチンのエンジニアたちは設計に多くの時間を費やした。仮に新たな戦闘機にこれから取り掛かるとすれば、国防総省は10年以上は待たされることになるだろう。その間、他の国に戦闘機の設計で先を越されるかもしれない。ロシアと中国、日本はいずれも新型ステルス戦闘機の開発を進めている。
基本的な設計的欠陥は今後数十年にわたり、F35を苦しめる可能性がある。それはつまり、米国の国家安全保障が危機にさらされる可能性もあるということに他ならない。

<関連ニュース>
◎日本はF35を42機購入する予定。現在保有している旧型のF15戦闘機100機について新型機との交換を決定する際に、F35を追加発注する可能性がある。
◎オーストラリアと韓国は、F35の購入計画に変わりはないと表明。オーストラリアは58機、韓国は40機を購入する計画。

*筆者はロイターのコラムニストです。本コラムは筆者の個人的見解に基づいて書かれています。

*このドキュメントにおけるニュース、取引価格、データ及びその他の情報などのコンテンツはあくまでも利用者の個人使用のみのためにロイターのコラムニストによって提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。このドキュメントの当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。このドキュメントの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。ロイターはコンテンツの信頼性を確保するよう合理的な努力をしていますが、コラムニストによって提供されたいかなる見解又は意見は当該コラムニスト自身の見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。

© Thomson Reuters 2014 All rights reserved.

http://jp.reuters.com/article/jp_column/idJPKBN0FL07I20140716?sp=true


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年7月22日 15:52:05 : a9qDoJfKas
 その点先進技術実証機 (Advanced Technological Demonstrator-X, ATD-X)は非の打ち所がないから国産にしましょうというステマ。
 あるいは値引き要求。

02. 2014年7月22日 15:53:32 : qtDeFcAHlY
なんちゃってステルスを買わされる属国日本。とてもロシアのT-50や中国のJ-20殲とくらべたら見劣りする。いまどき単発、低速、低ペイロードのF-35など日本に売りつけるための鈍足戦闘機が何になる。

03. 2014年7月22日 16:15:05 : W2KODMxWXk
「おまえら一人集めるに52円しかかからんが、この戦闘機は、おまえら100人200人がまとめて名誉の戦死を遂げてお国が恩給を払う羽目になってもまだお釣りがくるほど高価なんだ。だからおまえらが盾になってこの戦闘機を死守しろ!」という命令を当然と考える石破茂な人が湧く悪寒。

04. fumifumi923 2014年7月22日 16:36:25 : SkHMOfI8xanDg : tzqmCNcnKE
03さんへ

座布団1毎


05. 2014年7月22日 17:05:23 : 2PGVCvGupY
味方の兵隊を盾に使って守る戦闘機ってなんなの?
地上に居る戦闘機って鶏よりもタチが悪いよな、
鶏は飛べないかも知れないが、地上を走らせたら逃げ足は早いよ。
地上で動けない戦闘機なんて、標的と変わらないんじゃない、
そんな物の盾に成るのは、標的と一緒にどうぞふっ飛ばしてって事かね?
52円の命が幾つ有れば足りるのだろう?
普通なら、どんな馬鹿でも52円の盾なんて何の役にも立たず、
盾を立てれば立てる程52円づつ損するって事くらいは解ると思うのだが。
石破は馬鹿以下だからそんな計算は出来ないだろうな。
石破の答え=精神が足りない。

06. 2014年7月22日 17:41:06 : dBPj4Xpv4c
アメリカとNATOの西欧諸国がコソボを一方的に爆撃したことがあったがそのとき最も高価なステルス機が撃ち落とされ、現地の人に踏みつけられていたな。
案外な性能なのかもしれん。

07. 2014年7月22日 18:09:04 : yitjJD4n0E
民間機の誤撃墜スコア
米国:イラン航空機290名
ロシア:大韓航空機269名、マレーシア航空機298名
日本:全日空機162名
日本のは体当りによる自国機攻撃だが、二大国に負けてない。
ステルス機でも航空管制できるのだろうか。

08. 2014年7月23日 00:17:05 : Bnu4tQKy76
空にステルス戦闘機
海にステルス軍艦
衝突事故が起こっても当て逃げされたら死人に口なし。

09. 2014年7月23日 18:58:40 : QBrYpzDGwo
軍艦に邦人載せて護衛して助けるストーリーは何処行っちゃったのかな。閣議決定が決まった途端、軍艦なんかよりステルス戦闘機に目が移ったのか。まあ、軍艦は海上自衛隊、空は航空自衛隊で予算は各々に出るのだろうから、両方共予算確保に必死だろう。次は陸上自衛隊が地対空ミサイルの購入計画か。集団的自衛権行使法案可決で国の殆どの予算が国防に注ぎ込めることになったというわけか。防衛省官僚と国防族議員、頑張ったな。役所というところは木を見て森を見ず、で良いが、議員というのはそういうものでは無いのだが。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)  recommend
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK168掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK168掲示板  
次へ