★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK170 > 116.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
W杯と集団的自衛権/岡田武史さん(=サッカー元日本代表監督)〔西日本新聞〕
http://www.asyura2.com/14/senkyo170/msg/116.html
投稿者 gataro 日時 2014 年 8 月 18 日 13:22:26: KbIx4LOvH6Ccw
 

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/22/43/df02bb1261ba4e29820a59692c3d71c8.jpg
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/22/43/df02bb1261ba4e29820a59692c3d71c8.jpg

【W杯と集団的自衛権】 岡田 武史さん
西日本新聞 2014年08月18日(最終更新 2014年08月18日 10時50分)

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/teiron/article/108511

◆情報を読み解く力必要

 
 サッカー・ワールドカップ(W杯)の解説の仕事で約1カ月半、ブラジルに滞在した。帰国後、妙な感覚に陥ることが多い。私が普通だと思っていたことは実はそうではなく、逆に私が間違っていたのか、と。

 ブラジルでまず感じたのは「スタジアム以外が全然盛り上がっていない」ということだった。イベントもなく、看板も街角にない。開催に反対する反政府デモなど、いろんな理由はあっただろうが、サッカー王国での大会に期待して行ったのに、これまでに見たW杯の中でも驚くほど街中が盛り上がりに欠けていた。

 とはいえ、ブラジル代表の試合の日は違った。商店は全部閉まって、本当に街中から車も人もいなくなる。ブラジルが得点すれば方々から歓声が上がり、テレビを見ていなくても分かる。ブラジルにはサッカーが根付いており、一人一人が直接、W杯につながっていると実感させられた。

 一方、日本はどうか。日本代表が負けても人々は渋谷でハイタッチをする。1次リーグで敗退した代表が成田空港に戻ると、千人を超えるサポーターが出迎え、歓声を上げてカメラを向ける。これは果たして普通のことなのだろうか。

 「壮行会」と銘打った大会前のイベントは、ジャニーズ事務所のコンサートのような華やかさだった。メディアや広告代理店が空気を作り、多くの人がそれを介して、間接的にW杯に接しているようにも感じた。

 私はこれまで、代表が掲げた攻撃的サッカーは悪くないと言ってきた。ただ強豪相手に攻められたなら、守らなければならない。これはごく当たり前のことだと思うのに、メディアもサッカー界も何も疑わず「攻撃的サッカー」へ流れてしまう。日本人は空気に流される。残念ながらメディアはそれを抑える安全弁として機能していなかった。

   −−−◆−−−

 安倍晋三政権が、集団的自衛権の行使を可能とする憲法解釈の変更を閣議決定したことを、ブラジルで知った。そんなことがあるわけはない、国会議員も国民もばかじゃない、まずは先送りだなと思っていたから心底、驚いた。帰国して、何事もなかったかのような空気に、また驚いた。

 大国間に生きる小国として、自衛隊の存在を含め、安全保障政策については憲法解釈で対応してきた。だが、集団的自衛権までは無理があるだろう。これでは立憲国家ではなくなる。国民投票をした上で改憲し、その上で集団的自衛権の行使を認めるのなら、納得せざるを得ないが。

 国民の側にも責任がある。単に選挙権だけを行使すればよいというものではない。民主党の失敗が引き金と思うが、誰が政権をとっても一緒と、半ばあきらめが出ているように思う。民主主義では、国民一人一人が責任を分担する、ということを忘れている。

   −−−◆−−−

 よく、コンピューターに人間が支配される映画がある。今まさに皆がえたいのしれない空気に支配され、思考停止に陥っているのではと恐怖感を持っている。

 日本人がメディアを信じる割合は世界でも屈指の高さで、先進国では群を抜いているとの調査結果があるそうだ。一方、最近ではインターネットで自分の欲しい情報しか見なくなっており、興味がありそうなニュースが自動的に表示されるサービスまである。

 今、国民一人一人が「メディアリテラシー」(情報を読み解く力)を身に付ける必要があるのではないか。自分で疑い、考え、判断ができる。そんな教育を学校でやっていく。遠回りに見えるが、それしか道はないように思える。

 【略歴】1956年、大阪市生まれ。早大から古河電工(現J2千葉)入りし日本代表に。代表監督として日本を98年フランス大会でW杯初出場に導く。Jリーグ札幌、横浜M監督を歴任後、再び代表監督となり2010年W杯南アフリカ大会16強。

    ×      ×

※次回は宮本雄二さんの「提論」です


=2014/08/17付 西日本新聞朝刊=


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年8月18日 13:48:59 : qvmRKGzb4Y
これくらいなら良いだろう。その繰り返しが続いた結果だ。集団的自衛権だけでなく個別的自衛権も含め自衛隊そのものが憲法違反だ。憲法なんか今はネットで直ぐに検索できる。
イージス艦や潜水艦は明らかに戦力だ。
自衛隊は廃止しろ。その代わり個人の武器所有を認めろ。無差別空爆などから家族を守る
為にも対空対艦対戦車ミサイルまでは認めるべきだ。
たった人口が2000万人のアフガニスタンでさえ米軍やNATOを手こずらした、人口が一億
を越える日本なら防衛は可能だ。

02. 2014年8月18日 15:59:29 : JGN0ZDGp5g
素晴らしい。さすがに天王寺、早稲田の賢者だ。世界を肌で知っている。-浅吉-

03. 2014年8月18日 17:24:02 : YxpFguEt7k
丸山健二氏
「各種の武器を製造する企業と、武器商人たちが大歓迎してやまないのは、言うまでもなく戦争であり、大義のもとに人命といっしょに大量に消費される弾薬の値段は、ほとんど天文学的数字に上り、税金によって支払われるその代金をそっくりふところに納める者たちが実在していることを忘れてはならない。」
https://twitter.com/maruyamakenji/status/500230873778630656

人殺しを飯のタネにする軍人を喜ばせてはいけない。
いまこそ、文民統制が必要です。


04. 2014年8月18日 21:26:33 : GIJVAwlwGc
メディアなど 信じたところで 救われぬ
書かれていない 意図を見抜こう

05. 2014年8月19日 00:46:22 : vYU7XF6GKQ
岡田武史氏の顔を見る度に弘中淳一郎弁護士に似ていると思うことがよくある。2人ともクレバーな頭脳を生かしてこれからも頑張ってほしい。

06. 2014年8月19日 19:56:06 : r3pqrbifJo
「大国間に生きる小国」とは日本のタカ派は考えていないようです。敗戦の報復心からか「第二次大戦でアメリカには惜敗したがしたが中国には勝つていた」というタカ派の著書では「日本は核武装しICBM.SLBM.大型空母,核ミサイル搭載原潜、長距離爆撃、レザー兵器、」などを多数保有」すればよいと未来への願望を書いています。

07. 2014年8月20日 04:12:32 : Q1WxgPy3kM
日本は小さい小さい国。
まずは世界地図を見て、それから考えましょう。

8. 2016年9月06日 23:22:23 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-8407]
男子サッカー2018ロシアW杯アジア地区最終予選第2節試合結果
タイ0⁅零⁆‐2⁅弐⁆(0⁅〇⁆-1⁅一⁆)日本
http://soccer.yahoo.co.jp/japan/game/score/2016090601
http://www.futbol24.com/international/FIFA/WC-Qualification-AFC/2015-2017/R3-Group-B/

原口&浅野がゴール!!敵地でタイを破り最終予選初白星

ゲキサカ 9月6日(火)23時9分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160906-01631019-gekisaka-socc
画像: Koki NAGAHAMA (ゲキサカ)

[9.6 W杯アジア最終予選 日本2-0タイ バンコク]

 ロシアW杯アジア最終予選の第2節が6日、行われ、日本代表はタイ・バンコクのラジャマンガラスタジアムでタイ代表と対戦し、2-0で勝利した。前半18分、FW原口元気のゴールで先制。後半30分にFW浅野拓磨が追加点を決めた。日本は最終予選2戦目で初白星。1勝1敗の勝ち点3とし、タイは2連敗となった。

 日本は黒星スタートとなった1日のUAE戦(1-2)から先発3人を変更。FW岡崎慎司、MF清武弘嗣、MF大島僚太がスタメンを外れ(大島はベンチ外)、代わって浅野が1トップ、原口が左サイド、MF山口蛍がダブルボランチの一角で先発した。

 キックオフ直前、激しい雨に見舞われた一戦。最終予選初のホームゲームとなるタイは試合前に全選手&スタッフで円陣を組み、気合を入れた。タイの選手がボールを持つたびに巻き起こる大歓声。完全アウェーの雰囲気の中、日本は前半8分、MF香川真司の左FKをファーサイドのFW本田圭佑が頭で折り返すが、DFタナブーン・ケセラットにクリアされる。同16分にも香川の右CKからDF吉田麻也がヘディングシュート。こぼれ球にDF森重真人が詰めたが、右足のシュートはブロックに遭った。

 序盤から立て続けにセットプレーからチャンスをつくった日本。前半18分、セカンドボールを粘り強く拾いながら2次攻撃、3次攻撃を仕掛けると、右サイドを駆け上がってきたDF酒井宏樹の低いクロスを原口が体をへねりながらヘディングで捉え、ゴール左隅に流し込んだ。W杯アジア最終予選初先発に抜擢された原口の国際Aマッチ3得点目で先制に成功した。

 日本は前半24分、左サイドを浅野が抜け出し、グラウンダーのクロスに本田が飛び込むが、本田の左足は空を切る。同27分には自陣でMF長谷部誠がパスミスを犯し、ヒヤリとさせられた。さらに直後の前半28分、プレーを止めて主審にボールの空気圧の確認を求めた森重に対し、イエローカードが示される。ボールを弾ませて確認したイラン人のモフセン・トーキー主審は問題なしと判断。遅延行為で森重を警告したと見られる。

 試合前に吉田が「気難しい人」と警戒していたように、モフセン主審の判定にはフラストレーションを感じるシーンもあった。前半34分、香川がファウルを取られた場面はタイ側のファウルにも見えた。いずれにせよ、徐々にリズムが狂い始めた日本はなかなか追加点を取れない。前半アディショナルタイム、酒井宏の右クロスから本田がヘディングシュート。GKが弾いたところに詰めた香川のシュートもDFにブロックされ、前半は1-0で折り返した。

 後半の立ち上がりはタイが前に圧力を強めるが、冷静に押し返す。後半9分にはCKからゴール前混戦の中、浅野がシュート。ブロックに入ったDFの手に当たったようにも見えたが、主審の笛は鳴らなかった。同10分、右サイドのスペースに飛び出した浅野の折り返しから原口がシュートを放つが、浅野の位置がオフサイド。同17分には左クロスを酒井宏が頭で落とし、本田が右足でシュートを打ったが、GKの好セーブに阻まれる。同19分、香川の左足シュートはコースが甘く、GKに弾かれた。

 何度となく追加点の好機をつくる日本だが、決定力を欠く。タイは後半25分、MFチャナティプ・ソングラシンのスルーパスにFWティーラシン・デーンダーが反応。吉田と競り合いながらフィニッシュまで持ち込むが、右足のシュートは飛び出してきたGK西川周作が体を張ってブロックした。

 嫌な空気がピッチ上を覆うが、そんな雰囲気を振り払ったのは浅野だった。後半30分、長谷部からの浮き球パスからゴール前へ抜け出し、右足でシュート。GKの体に当たったボールは転々とゴールマウスに吸い込まれ、待望の追加点となった。

 2-0とリードを広げた日本は後半37分、浅野に代えてFW武藤嘉紀、同41分には本田に代えてFW小林悠をピッチに送り込んだ。終盤は守備陣のミスからピンチを招くシーンもあったが、粘り強く耐える。タイは後半44分、MFプラキット・ディープロムが2枚目の警告で退場。後半アディショナルタイム、原口に代えてFW宇佐美貴史を投入した日本はそのままタイムアップを迎え、敵地で勝ち点3をもぎ取った。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160906-01631019-gekisaka-socc

[32初期非表示理由]:担当:意味なし


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。) ★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK170掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK170掲示板  
次へ