★阿修羅♪ > テスト30 > 632.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
テスト
http://www.asyura2.com/14/test30/msg/632.html
投稿者 不動明 日時 2014 年 10 月 24 日 22:49:17: yX4.ILg8Nhnko
 

(回答先: テスト 投稿者 不動明 日時 2014 年 10 月 08 日 03:06:48)

3000年に1度しか咲かない「うどんげ」の花、韓国の大学で見つかる―中国メディア|中国情報の日本語メディア―XINHUA.JP
3000年に1度しか咲かない「うどんげ」の花、韓国の大学で見つかる―中国メディア
2014年10月22日
 20日付の韓国紙コリア・タイムズによると、韓国中源大学のキャンパスに設置されている石像に「うどんげ」(優曇華)の花が100本以上咲いているのが見つかり、マスコミの注目を集めている。21日付で国際在線が伝えた。
 うどんげの花が見つかったのは、教育文化宗教館の屋上にある18体の十八羅漢像。仏教では、3000年に1度しか咲かず、花が咲くのは吉祥のしるしとされている。同大では「1度にこれほど多くのうどんげの花が咲くのは珍しい」「何かよいことが起こるのでは」と歓迎されている。同大は最近、創立5周年を迎え、記念活動が行われていた。
(編集翻訳 小豆沢紀子)
 
 
 
韓国、「伝説の花」再発見 中国国営メディアが異例報道 - (大紀元)



韓国中源大学のキャンパス内にある石像に優曇華の花が100本以上咲いているのが見つかった (合成写真)


韓国、「伝説の花」再発見 中国国営メディアが異例報道
【大紀元日本10月24日】近年、世界各地でしばしば咲く「優曇華」(うどんげ)と呼ばれる小さな白い花が韓国メディアをはじめ、世界のメディアの注目を集めている。この「伝説の花」は仏教経典に関連するため、中国国営報道機関はめったに報道しない。韓国で20日に再び優曇華の花を見つかり、中国新聞網や新華社などの中国国営報道機関が相次いで関連ニュースを転載した。
 報道によると、韓国中源大学のキャンパス内にある石像に優曇華の花が100本以上咲いているのが見つかったという。優曇華の花は3000年に1度しか咲かないと言われるため、ちょうど開校5周年を迎える同大では「なにかおめでたいことがあるのでは」との吉祥のしるしとされている。
 佛教の経典『法華文句』には「優曇華は、霊瑞の意を示し、三千年に一度現れる。その花が現れたときには、金輪王(轉輪聖王)がこの世に現れる」と記載されている。
 2005年、優曇華が韓国慶州市の正覚寺で咲き初め、その後、中国国内や、台湾、香港、マレーシア、シンガポール、豪州、米国ニューヨークなど各地で開花が確認された。
 仏教伝説に関する内容だが、中国国営メディアにも報じられた。しかも、中国共産党の重要会議である第四回全体会議(四中全会)が開かれていた政治的敏感な時期でもあり、極めて異例な報道と見なされている。
(翻訳編集・王君宜)
 
 
 
うどんげ - Wikipedia
実在の植物
 国内では熊本県山鹿市と長崎県佐世保市のみに自生するアイラトビカズラ、南アジア原産のクワ科イチジク属の落葉高木、フサナリイチジク (Ficus racemosa syn. Ficus glomerata) をウドンゲにあてる場合がある。
 バショウの花をウドンゲと呼ぶことがある。


伝説上の植物
 仏教経典では、3000年に一度花が咲くといい、その時に金輪王が現世に出現するという。『金光明経』讃仏品に「希有、希有、仏出於世、如優曇華時一現耳」とある。また『法華経』、『南史』にも出る。 日本の古典文学では、『竹取物語』、『源氏物語』若紫、『うつほ物語』などに用例がある。
 近代文学では、岡本綺堂『半七捕物帳 人形使い』、蒲原有明『仙人掌と花火の鑑賞』、斎藤緑雨『かくれんぼ』、泉鏡花『白金之絵図』、田山花袋『道綱の母』、夏目漱石『虞美人草』などに用例がある。
 現代文学では宮本輝『蛍川』などに用例がある。古典から現代まで、いずれも架空の花、すなわち前記の3000年に一度だけ咲く花として用いられている。先に架空の花の名として流通し、後に実在の植物名に用いられたからである。
 2010年2月27日、中国江西省九江市廬山区の民家で18輪が咲いたと報じられた[1]。


アイラトビカズラ - Wikipedia
優曇華
 トビカズラは霊華「優曇華」(うどんげ)と呼ばれ「霊華時を隔て開花することあり。開花すれば必ず国家的事変がある」と言い伝えられてきた。事実、1929年(昭和4年)5月に35年ぶりに開花した翌年に満州事変が勃発した。また、仏教の世界では「三千年に一度開花し、その時は金輪王が出現するとも、如来が現われる」とも言われている。
 
 
 
2010年の中華人民共和国 - Wikipedia
5月
・5月1日 - 上海国際博覧会(上海万博)[2]開幕
6月
7月
・7月1日 - 国防動員法施行
・7月15日 - 7月16日 - 中国農業銀行が15日に上海株式市場(A株)、16日に香港株式市場(H株)に新規株式公開を行った。調達額が総額221億ドルとなり、これまでで世界最大となった。
8月
9月
・9月7日 - 尖閣諸島中国漁船衝突事件
10月
・10月1日 - 嫦娥2号打ち上げ。
・10月8日 - ノーベル平和賞に劉暁波が選ばれる。
・10月16日 - 河北大学飲酒運転ひき逃げ事件
・10月19日 - チベットで大規模な抗議行動。
・10月28日 - 天河一号が世界最速のスーパーコンピューターとなる。
・10月31日 - 上海国際博覧会閉幕
11月
・11月12日 - 11月27日 - 広州市で第16回アジア大会が開催された。
・11月15日 - 2010年上海マンション火災
12月
・12月10日 - 劉暁波がノーベル賞授賞式を欠席。
・12月18日 - 黄海中国漁船沈没事件
 
 
 
転輪聖王 - Wikipedia
 転輪聖王(てんりんじょうおう、転輪王とも)は古代インドの思想における理想的な王を指す概念。地上をダルマ(法)によって統治し、王に求められる全ての条件を備えるという。 日本では日光山輪王寺に祀られる。 サンスクリット語ではチャクラヴァルティラージャン(cakravartiraajan चक्रवर्तिराजन्)或いは単にチャクラヴァルティン(cakravartin चक्रवर्तिन्)という。チャクラは「輪」、ヴァルティンは「動かすもの」の意味。



 転輪聖王たる者は輪宝を転ずるとされるが、それがいかなる起源を持つものかについては定説が無い。起源論としては、インドラ神の力を象徴する戦車の車輪とする説や、世界を照らす日輪(太陽)とする説、或いは輪状の武器チャクラムとする説や、マンダラを表すという説もある。
 この輪宝は理想的な王である転輪聖王の無限の統治権のシンボルであった。ヴェーダ時代(紀元前2千年紀)半ば以降から輪を王権のシンボルとする観念はインド世界に存在し、転輪聖王の概念もその延長上にあるものである。バラモン教においてもこの観念は継承されたが、「転輪聖王」の概念がよりはっきり形成されたのは、寧ろインドにおける非正統派宗教である仏教やジャイナ教においてであった。転輪聖王に関する記述は『転輪聖王師子吼経』や『大善見王経』といった仏典の随所に登場する。


転輪聖王観
 仏典の記述によれば、転輪聖王の概念とは大雑把に以下のようなものであった。
 世界は繁栄と衰退の循環を繰り返し、繁栄の時には人間の寿命は8万年であるが、人間の徳が失われるにつれて寿命は短くなり、全ての善が失われた暗黒の時代には10年となる。その後、人間の徳は回復し、再び8万年の寿命がある繁栄の時代を迎える。転輪聖王が出るのはこの繁栄の時代であり、彼は前世における善行の結果転輪聖王として現れる。仏陀と同じ32の瑞相を持ち、4つの海に至るまでの大地を武力を用いる事無く、法の力を持って征服する。
 転輪聖王には金輪王、銀輪王、銅輪王、鉄輪王の4種類がある。鉄輪王は鉄の輪宝を持ち、(古代インドの世界観で地球上に4つあるとされた大陸のうち)1つの大陸を支配する。同様に銅輪王は銅の輪宝を持ち、2つの大陸を、銀輪王は銀の輪宝を持ち、3つの大陸を支配する。そして最上の転輪聖王である金輪王は、金の輪宝を持ち、4つの大陸全てを支配するという。
 また、法(ダルマ)に則った統治を強調するものとして、「輪王はまさに法に依り、法を敬い、法を重んじ、法を尊び、法を幡とし、法を旗印とし、法を第一としてクシャトリヤたち、家臣達、軍隊、バラモン・ガハパティ達、市民、地方民、シャモン・バラモン達、獣類、鳥類に対し方にかなった守護、庇護、保護を加える。」とする記述もある。
 転輪聖王は、寿命の尽きる前に、王宮の上の輪宝が離れ去るのを見て、王子に位を譲り、出家する。出家の7日後に輪宝は忽然と消えてしまう。新王がこれを元の王である父に問うと、父は輪宝が父祖伝来の物ではなく、王自身の功徳によって齎されるものであると説く。これを新王が聞き入れて法に則った統治を行うと、満月の夜に再び輪宝が空中に現れるのだという。
 転輪聖王が出家せずに王位にあるまま死んだ場合には、その遺体は大衆の手で仏陀の遺体と同じように丁重に扱われ、遺骨は大塔に収められる。
 この転輪聖王の時代が終わると、再び世は暗黒の時代へと移行していくという。


転輪聖王の七種の宝、四種の神徳
転輪聖王は各種の宝と徳性を持つと言う。
・輪宝(チャッカラタナ cakkaratana):四方に転がり、王に大地を平定させる。
・象宝(ハッティラタナ hatthiratana):空をも飛ぶ純白の象。
・馬宝(アッサラタナ assaratana):空をも飛ぶ純白の馬。
・珠宝(マニラタナ maniratana):発する光明が1由旬にも達する宝石。
・女宝(イッティラタナ itthiratana):美貌と芳香を持つ従順かつ貞節な王妃。
・居士宝(ガハパティラタナ gahapatiratana):国を支える財力ある市民。
・将軍宝(パリナーヤカラタナ parinayakaratana):賢明さ、有能さ、練達を備えた智将。
以上の7つを七宝と言う。また四種の神徳を持つと言う。
・美貌
・長寿
・少病少悩
・バラモン・ガハパティからの敬愛と彼らに対する慈愛
 
 
 
阿羅漢 - Wikipedia
 阿羅漢 (あらかん、サンスクリット:arhat अर्हत् アルハット)は、仏教において、尊敬や施しを受けるに相応しい聖者のこと。サンスクリット語"arhat"の主格 "arhan" の音写語。略称して羅漢(らかん)ともいう。漢訳には応供(おうぐ)という意訳もある。もとは釈迦の尊称の一つであった。[要出典]


呼称
 元々、インドの宗教一般で「尊敬されるべき修行者」をこのように呼んだ。[要出典] 初期仏教では、修行者の到達し得る最高位をこのように呼ぶ。[要出典] 学道を完成し、これ以上に学ぶ要がないので阿羅漢果を「無学位(むがくい)」という。それ以下は、不還果(ふげんか)・一来果(いちらいか)・預流果(よるか)を「有学(うがく)」という。(四向四果)
 arhat(arhan) の原意は「(応供の)資格を有する(者)」という意味で、仏教成立以前から存在した述語であることはほぼ間違いない。しかし、仏教成立以前からインドの諸教で用いられていたかどうかについては、未だ定説と呼べるものはない。
 語源として、煩悩の賊(ari)を殺す(han)から殺賊(せつぞく)と言われたり、涅槃に入って迷いの世界(三界)に生れない(a(不)+ruh(生ずる))から不生(ふしょう)と言われたりするが、これはいずれも通俗語源解釈である。本来は「価値ある」「立派な」などの意味を持つ語根〈arh-〉の派生語である。
 阿羅漢はそれ自体が修行過程の果得を示す用語であるとともに、応供の資格を表す尊称でもあるため、経典には「偉大なる阿羅漢にして仏(如来)」などと言った表現が出現する。声聞や縁覚(独覚(どくかく)/辟支(びゃくし))や菩薩も阿羅漢であることに変わりはない。


扱い
 応供の資格でもあるため、阿羅漢を自称または詐称する修行者は常に存在し得たと考えられる。これに対して仏教では、阿羅漢でない者が阿羅漢を名乗ることを故意・過失を問わず「大妄語」とし、最も重い四波羅夷罪を科して僧団追放の対象とした。大乗仏教の漢訳圏では、経典内の阿羅漢の用法がよく理解されず、声聞と阿羅漢とを同一視し、菩薩や仏と対置して批判的にみる俗説が通流した。
 その一方、中国・日本では仏法を護持することを誓った16人の弟子を十六羅漢、第1回の仏典編集(結集(けちじゅう))に集まった500人の弟子を五百羅漢と称して図像化することも盛んであった。ことに禅宗では阿羅漢である摩訶迦葉に釈迦の正法が直伝されたことを重視して[1]、 釈迦の弟子たちの修行の姿が理想化され、五百羅漢図や羅漢像が作られ、正法護持の祈願の対象となった。[要出典] [2]


十六羅漢
 『大阿羅漢難提蜜多羅所説法住記(だいあらかんなんだいみたらしょせつほうじゅうき)』(法住記(ほうじゅうき)、Nandimitrāvadāna)によると、仏滅800年経ち、ナンディミトラ大阿羅漢が大衆に説いたとされる、仏勅を受けて永くこの世に住し衆生を済度する役割をもった16人の阿羅漢。
  1.賓度羅跋囉惰闍(びんどらばらだーじゃ)(ピンドーラ バラドゥーヴァージャ Piṇḍolabharadvāja)
   眷属として1000阿羅漢を有し、西瞿耶尼洲(さいくやにしゅう)(西牛貨洲(さいごけしゅう))に住す。
   西瞿耶尼洲とは、須弥山世界の四大洲のうちの西大陸、ゴダーニーヤ・ドヴィーパ(Godanīya-dvīpa)
   賓度羅跋囉惰闍は、賓頭盧尊者(びんずるそんじゃ)即ち「おびんずる様」として知られる。
  2.迦諾迦伐蹉(かなかばっさ)(カナカヴァツァ Kanakavatsa)
   眷属として500阿羅漢を有し、北方の迦湿弥羅国(かしゅうみらこく)(カシミール Uttarapradeśa-Kāśmīra)に住す。
  3.迦諾迦跋釐堕闍(かなかばりだじゃ)(カナカバラドゥヴァージャ Kanakabharadvāja)
   眷属として600阿羅漢を有し、東勝身洲(とうしょうしんしゅう)に住す。
   東勝身洲とは、須弥山世界の四大洲のうちの東大陸、プールヴァヴィデーハ・ドヴィーパ(Pūrvavideha-dvīpa)
  4.蘇頻陀(すびんだ)(アベダ Abheda)
   眷属として700阿羅漢を有し、北倶盧洲(ほっくるしゅう)に住す。
   北倶盧洲とは、須弥山世界の四大洲のうちの北大陸、ウッタラクル・ドヴィーパ(Uttarakuru-dvīpa)
  5.諾距羅(なこら)(バクラ Bakula)
   眷属として800阿羅漢を有し、南瞻部洲(なんぜんぶしゅ)に住す。
   南瞻部洲とは、須弥山世界の四大洲のうちの南大陸、ジャンブー・ドヴィーパ(Jambū-dvīpa)
  6.跋陀羅(ばだら)(バドラ Bhadra)
   眷属として900阿羅漢を有し、躭没羅洲(たんもらしゅう)(タンラ・ドヴィーパ Tāmra-dvīpa)に住す。
   諸寺の浴室では首楞厳経の記述に随いこの尊者像が安置される事が多い。
  7.迦哩迦(かりか)(カーリカ Kālika)
   眷属として1000阿羅漢を有し、僧伽荼洲(そうかだしゅう)(シンハラ・ドヴィーパ Siṃhara-dvīpa)に住す。
  8.伐闍羅弗多羅(ばじゃらぶたら)(ヴァツァプトラ Vatsaputra)
   眷属として1100阿羅漢を有し、鉢刺拏洲(はらだしゅう)(パナサ・ドヴィーパ Panasa-dvīpa)に住す。
  9.戎博迦(じゅばか)(ゴーパカ Gopaka)
   眷属として900阿羅漢を有し、香酔山(こうすいせん)(ガンダマーダナ・ギリ Gandhamādana-giri)中に住す。
   香酔山とは、須弥山世界での南瞻部洲の最北辺の山脈(これより北は、七金山(しちこんせん))。
 10.半託迦(はんたか)(パンタカ Panthaka)
   眷属として1300阿羅漢を有し、三十三天(忉利天)に住す。
   第16の注荼半諾迦(周利槃特)の兄、摩訶槃特(マハー・パンタカ)のこと。
   忉利天とは、須弥山世界の須弥山頂上。
 11.囉怙羅(らごら)(ラーフラ Rāhula)
   眷属として900阿羅漢を有し、畢利颺瞿洲(びりようくしゅう)(プリヤング・ドヴィーパ Priyaṃgu-dvīpa)に住す。
   釈尊の実子
 12.那伽犀那(ながせな)(ナーガセーナ Nāgasena)
   眷属として1200阿羅漢を有し、半度波山(はんどはせん)(パーンダヴァ・ギリ Pāṇḍava-giri)に住す。
   ミリンダ王の問いに出るナーガセーナと思われる。
 13.因掲陀(いんがだ)(アンガジャ Aṅgaja)
   眷属として1300阿羅漢を有し、廣脇山(こうぎょうせん)(ヴィプラパースヴァ・ギリ Vipulapārśva-giri)に住す。
 14.伐那婆斯(ばなばす)(ヴァナヴァーシン Vanavāsin)
   眷属として1400阿羅漢を有し、可住山(かじゅうせん)(ヴァイデハ・パルヴァタ Vaideha-parvata)に住す。
   ヴァイデハは小ヒマラヤ山脈に比定される。
 15.阿氏多(あじた)(アジタ Ajita)
   眷属として1500阿羅漢を有し、鷲峯山(じゅふせん)(ガダーラクタ・パルヴァタ Gṛdhrakūṭa-parvata)に住す。
   仏典の一部で弥勒菩薩と同一視されることがある。
 16.注荼半諾迦(ちゅだはんたか)(チューダパンタカ Cūḍpanthaka)
   眷属として1600阿羅漢を有し、持軸山(じじくせん)(イーサーダーラ・ギリ Īsādhara-giri)に住す。
   周利槃特のこと。
   持軸山とは、須弥山世界の四大洲から須弥山に至る七金山(しちこんせん)のうち6番目(須弥山側からは2番目)の山脈。


十八羅漢
 「法住記」に示される十六羅漢に、後世、二人の羅漢を追加して十八羅漢と呼ばれる。追加される羅漢は諸説あり、定まらない。例えば、賓頭盧を別の羅漢として、ナンディミトラ(慶友)自身とあわせ十八羅漢とする場合もある。 [3] また、チベット仏教では、17番目をナンディミトラとし、18番目を玄奘三蔵としている。「十八羅漢」の中国語版ページに清代の乾隆帝が公的に選んだ十八羅漢(17番目は大迦葉、18番目は弥勒菩薩)などが紹介されている。
 
 
 
衆生済度の意味 - 四字熟語辞典 - goo辞書
衆生済度 意味
仏道によって、生きているものすべてを迷いの中から救済し、悟りを得させること。
▽仏教語。
「衆生」は生きとし生けるもの。人間を含むすべての生きもの。「済度」は迷う衆生を悟りの境地に導くこと。
 
 
 
 
竹の花咲きましたとさ。 チャ〜グチャァ〜グ馬っコォ〜でホニャララ〜ララ〜 午年御縁年だしな。見に行くしかねえだろ。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。) ★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > テスト30掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
テスト30掲示板  
次へ