★阿修羅♪ > 戦争b14 > 162.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
[ジム・ストーン氏]ISISによる米国人記者の“やらせ”斬首動画を検証  動画は閲覧注意
http://www.asyura2.com/14/warb14/msg/162.html
投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 9 月 03 日 01:52:15: igsppGRN/E9PQ
 

画像の出典: imStoneFreelanceJournalist & liveleak.com


[ジム・ストーン氏]ISISによる米国人記者の“やらせ”斬首動画を検証 【動画は閲覧注意】
http://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=73244
2014/08/23 4:25 PM Shanti Phula


翻訳チームからの情報です。
 この事件に関するジム・ストーン氏サイトの見解の要約です。それを基本に検証動画も作成してみました。斬首映像がありますので閲覧注意です。編集するうえで気づいたことも加味しています。
(編集長)
――――――――――――――――――――――――
ISISによる米国人記者の斬首動画はやらせ【動画は閲覧注意】
転載元より翻訳・要約) Jim Stone Freelance Journalist 14/8/20



[ジム・ストーン氏]ISISによる米国人記者の“やらせ”斬首動画を検証 【動画は閲覧注意... 投稿者 shantiphula


◇事件の概要:
2012年11月シリアで、フリーランスのアメリカ人フォトジャーナリスト、ジェームズ・ライト・フォーリー(40歳)が拉致された。今月19日になり、過激派組織「イスラム国」(アメリカによって訓練され、これまでISISとして知られたテロ集団)が彼の首をナイフで切り裂こうとする5分弱の動画をユー チューブにアップし(但し、映像は斬首の前後の様子だけ)、イラクへの空爆を開始したオバマとアメリカへの抗議を表明した。
イギリスのハモンド外務大臣が、処刑者役の人物は英国籍の可能性が高いと発表。キャメロン首相が休暇を切り上げ、ロンドンに戻った。


◇JimStoneFreelanceJournalistの分析


●冒頭はマイク・リベロ氏の指摘 
「大手メディアは戦争をするため、9.11前のように、ISISをアルカイダとビン・ラディンのような広告塔に仕立てあげようと現在必死である。アメリカ政府がいかに追い詰められているかを考慮すると、ワールドトレードセンターよりも残酷な偽旗作戦を覚悟すべきなのかもしれない」


●ストーン氏のコメント 「その通り。皆がイスラムを憎み、中東でこれから多くの人々が殺されても反対しないように、ニセ斬首動画は作られたのだろう」


ノーカット版斬首動画 
http://www.liveleak.com/view?i=bc1_1408481278


証拠 
1.フォーリー記者は動画で所々、笑顔。
2.処刑者役のテロリストが【きちんとした】イギリス英語で話している。
3.ナイフで首を数回切りつけ始めたのに、血が全然出ない【※生きた人間の首には太い血管が通っており、血が大量に噴き出し、あちこち飛び散るのが普通】。
4.その後、完全に首をかっきる部分の映像が都合良くカットされている。
5.動画では最後にいきなり胴体と頭が切り離された映像が現れるが、周囲の砂に血は飛び散っていない(←バケツで胴体の下に多少、血糊を撒いただけっぽい)。しかも、あんな小さなナイフで一体どうやってのけたのか、ものすご〜く見事に切断されている。


結論 
あまりにお粗末な作りの動画なため、イギリスの警察は閲覧を禁止し「動画を見ること自体がテロ行為である」と宣言せざるを得なかったのだろう。


●読者からの追加指摘 
フォーリーの死体の前腕に体毛がないんですけ ど…右足の方はプラスチック的なテカり具合だしw


ストーン氏の返答 
加えて日焼け具合も変。少なくとも手は顔と同じ位、日に焼けている筈では?おそらく顔の方はハリウッドの技術で作ったが、胴体は心肺蘇生練習用の人形で済ませたのだろう。普通のマネキンよりは質感や体勢などが自然になるが、シリコン肌と色合いでミスったと思われる。


◇訳者より参考情報【アレックス・ジョーンズ氏のサイト、infowars.comの記事からの要約】:
ファーガソンでの報道が過熱している、このタイミングで出されたことから、目をそらすための心理戦ではないか。
動画では空爆を停止するよう求めているが、こんなものを出せば、攻撃を激化させる恰好の口実をアメリカに与えることは必至。事実、大手の報道は、アメリカが本腰で再びイラクでの戦闘に関わるよう、煽り始めている。


翻訳・要約:Yutika


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年9月03日 02:50:03 : JrWsKEAo6s
普通ナイフのようなものでは首の骨は切断難しいのであって世界でもっとも切れ味のするどい日本刀で切腹の介借でも一撃で首を切り落とすことができずに二度三度と刀を首にあてなければならなかったことがあったのは日本人なら分かっている。

ナイフで切り落とししたというならこの動画はもう大嘘である。



02. 2014年9月03日 05:51:17 : jXbiWWJBCA
イスラム国、米国人ジャーナリストの首切断映像を公表か
2014年 09月 3日 04:12 JST
[ワシントン 2日 ロイター] - イスラム教スンニ派の過激派組織「イスラム国」は2日、米国人ジャーナリスト、スティーブン・ソトロフ氏の首を切断したとするビデオを公表した。事情に詳しい関係筋によると、映像に信ぴょう性があるとの見方を示した。

SITEモニタリングサービスによると、映像中のマスク姿の人物は、英国人の人質についても脅迫、「イスラム国に対するこの悪の連合」に各国が近づかないよう迫ったという。

ホワイトハウスのアーネスト報道官は記者団に、ビデオの信ぴょう性は直ちに確認できないが、非常に慎重に分析する方針を示した。

イスラム国は先月、米国人ジャーナリスト、ジェームズ・フォーリー氏の首を切断したとするビデオを公表していた。
 
http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPKBN0GX29R20140902

 

中東の聖戦に向かう西側の若者たち(上)
2014年09月03日(Wed) The Economist
(英エコノミスト誌 2014年8月30日号)

西側諸国の人間はなぜ、そして、どのようにシリアやイラクへ戦いに行くのか。

過激派組織「イスラム国」戦闘員、シリアに推計5万人
イラクやシリアに向かい「イスラム国(IS)」に合流する西側の若者が増えている(写真はシリア北部ラッカの通りを行進するISの戦闘員たち)〔AFPBB News〕

 トルコ南東部の都市アンタキヤからシリア国境近くのレイハンルへと向かうバスに乗っていた2人の若い男は、これ見よがしに長い髭を生やし、膝下までのズボンをはいて、最小限の所持品を詰めた口紐付きの小さな袋を持っていた。

 バスの運転手には片言のアラビア語で話しかけるが(このあたりのトルコ人は大抵、多少はアラビア語を話せる)、2人の間ではイギリス英語の方言で話した。彼らは、戦闘に加わるためにシリアへと向かった欧州出身の何百人かのイスラム教徒の中の2人だった。それは2年前のことだ。

 それ以降、数千人もの人が戦闘に加わったものと思われる。入隊者の増加ペースは上昇しているかもしれない。彼らはシリアに着いたら何をするのか? そして、帰国したら何をするのだろうか?

退廃的な生活を捨て、殉教者として「五つ星聖戦」へ

 外部からの戦闘員の流入が増加した効果は、シリアとイラクで活動し、外国人戦闘員の大半を集めている残忍な過激派組織「イスラム国(IS)」が、ヨルダンと同じくらいの大きさの土地を領土と宣言し、約600万人というヨルダンとほぼ同じ人口を擁していることを見れば明らかだ。

 また、こうした流入の結果、誇らしげな戦闘員が、外国の同胞を呼び込もうと、インターネットによく練られた動画を投稿し、西側の退廃的生活を捨てて「殉教者」になろうとする者に楽園を約束している。ツイッターには、戦闘員に支給されるエナジードリンクの「レッドブル」のような贅沢品の写真を掲載した後に、切断した敵の首を持った「自撮り」写真を載せる。

 そして、西側諸国に脅しをかける際にも、顔文字――例えば、記号を使って表現した笑顔――や「LOL」(大笑い)のようなネットスラングを使う。

 ISは、シリア東部の町ラッカの支配を強めた。昨年3月にこの町を占拠したほかの反政府勢力から奪い取ったのだ。ラッカは、シリアとイラクの聖戦(ジハード)戦士の拠点となった。アフガニスタンやスウェーデンなど遠くからやって来た戦闘員が妻や子をラッカに呼び寄せ、逃げ出した住民の家に住んでいる。

 ある欧州出身の戦闘員はシリアの北部で、母国が恋しくなる物は何かと尋ねられた時、こう答えた。「牛乳さ。ここでは直接牛から絞らなくてはいけないからね」。確かにスーパマーケットのテスコで買うよりも手間がかかる。

 しかし、ジャンクフードはたっぷり支給されると、スウェーデン出身の戦闘員はうれしそうにツイッターに書いている。それに、時には何日も続けて、「落ち着いた」時間をたっぷり取れると、その戦闘員はスマートフォン向けのインスタントメッセンジャー「Kik」で知らせてきた。そういう時に、彼は「日常生活」を送る。「洗濯をしたり、家を掃除したり、訓練をしたり、買い物をしたり」するのだ。

 衛星インターネット通信、継続的な物資の流入、中東の他国に比べるとかなりましな経済的発展のおかげで、シリアはアフガニスタンの山岳部のような困窮とは無縁だ。昨年には、仲間を集めようと、聖戦戦士が「FiveStarJihad(5つ星聖戦)」というハッシュタグをつけて写真をツイッターに投稿していた。

 だが、だからと言って、西側の戦闘員が戦闘に尻込みしているわけではない。カーフィル(不信心者)の烙印を押された者の虐殺に加わった者もいる。カーフィルには、全員が背教者と見なされるシーア派だけでなく、スンニ派でも穏健すぎると判断された者も含まれる。

 西側出身の戦闘員は、ダムや軍事基地、油田を巡る戦いを支援する。自爆攻撃も行う。2月にシリア第2の都市アレッポであった自爆攻撃は、英国人アブドゥル・ワヒード・マジードによるものだった。

 西側の人間が役に立つ理由はほかにもある。ISによる拘束から解放された人質は、英語を話す3人の人物に監視されていたと話す。外国人の聖戦士は、人質の家族に母国語で身代金を求める電子メールを送ることもできる。

西側諸国から3000人が戦闘に参加

 西側出身の戦闘員の多くは、戦いに加わったり、新しいイスラム国家の建国に力を寄せたりする機会に自ら飛びついた者たちだと思われる。ニューヨークを拠点とする安全保障情報企業ソウファンの推計によると、5月末までに81カ国から1万2000人が戦闘に加わり、そのうち約3000人は西側出身だという(図参照)。


 現在では、その数ははるかに多くなっているだろう。ISが6月29日にカリフ制を宣言して以降、新兵は急増した。シリア地域での戦闘員の増加ペースは、1980年代のアフガン戦争や2003年の米国侵攻後のイラクなど、過去のどの紛争よりも速い。

 8月19日前後に米国人ジャーナリストのジェームズ・フォーリー氏が、ロンドンなまりで話す覆面戦闘員によって斬首されたことで、注目は英国に集まった。1990年代、ロンドンは、多くの過激派が逃げ込む避難所だった。その中にはイスラム教過激派も多数含まれていた。

 ロンドンでは、過激な説教師が自由に憎悪をぶち上げることができた。英国は今でも多くの点で、欧州の聖戦戦士ネットワークの一大中心地であり続けていると、ノルウェー国防研究機構のトーマス・ヘッグハマー氏は言う。「英国の過激派のコミュニティーは今でも、思想や手法を輸出している」

 シリアで活動する外国人戦闘員の大多数はアラブ人だが、西側出身の戦闘員の中では、英国人が大きな比率を占める。しかし、国の人口に対する割合で言えば、ベルギー人、デンマーク人などの方が高い(上掲の図の左参照)。過激派に対してより厳しい法律を制定しているフランスも、英国より多くの市民が聖戦遂行のために出国している。

 英国が目立つ理由の1つは、英語が幅広く通用するからだ。ISは、英語が理解される国々の政府に特に影響力を及ぼしたいと考えている。フォーリー氏の殺害動画のタイトルは「A Message to America(米国へのメッセージ)」だった。ISは、シリア北部の地域名にちなむ「ダビク」という英語グラビア誌を、これまでに2号発行している。

機会均等の雇い主

 西側出身の戦闘員はほとんどが40歳未満の男性だが、今回の戦いでは過去に比べて女性が多く集まっている。一部の西側諸国では、シリアへの出国者の約10〜15%を女性が占めていると、ロンドンに拠点を置くシンクタンク、国際急進主義研究センター(ICSR)のピーター・ノイマン氏は推定する。スウェーデンからは、30人もの女性がシリアに出国した模様だ。

 結婚を望んでいる者もいるし、ISの支配地域の女性たちに、顔を布で隠すなどのイスラム教で最も厳しい戒律を遵守させるための女性だけの部隊に入る者もいる。少数だが戦闘に参加する女性もいる。

 西側の人が加わるのはISだけではないが、ISが最も人を引き付けている。その理由は、世界中にカリフ制を広めるなどの世界的視野を持つこと、厳格なシャリア(イスラム法)の施行を試みていること、そして軍事的に輝かしい成功を収めていることだ。

 ニュースサイト「VICE」がISのメンバーに同行してラッカで撮影した5部構成のドキュメンタリーの中で、ISの宗教警察がシリア人を教育し、法廷を運営し、子供を洗脳し、大衆向けの娯楽を催している場面が映し出されている。

 戦闘に赴く人々の動機は、パスポートの発行国と同様、実に様々だ。シリアでの戦闘の初期には、外国人は、食料や医薬品を運んだり一緒に戦ったりすることで、同朋のイスラム教徒を助けたいと思っていた。西側諸国の政府は軒並み、バシャル・アサド大統領とその残虐行為に歯止めをかけなければいけないと言っていた。

 英国人のアッバス・カーン氏などの医師たちが反体制派の支配するアレッポを訪ねたが、アサド軍に捕らえられた後、シリアで監禁中に殺害された。

 それ以来、戦闘はいっそう残忍で党派色の強いものになっている。市民の死者も数万人に上る。国連の発表では、少なくとも19万人のシリア人が殺害され、反体制派の犯罪的行為も増えた。その結果、シリアでの戦闘はより過激な人々を呼び込んでいる。

 シリア人を守ろうと話していた人々が今、シリアの土地が地元の人々のものであることを否定していると、ICSRのシラーズ・マハー氏は話す。「シャーム地方」、つまり大シリアがイスラム世界で特別な地位を占めるのは、終末の予言に登場するからだ。大シリアはアラーのものだと、戦闘員は宣言する。

 しかし、シリア人がイスラム法を望まないとしたらどうだろう? 「それを決めるのはシリア人ではない。なぜなら、イスラム法を施行するのはイスラム教徒だからだ」。十分にイスラム化されていないという理由で母国を離れた欧州出身の戦闘員はこう言う。その戦闘員は、「シリア人を、斬首するより教育したい」と話している。


 ISは、過去数世紀の歴史に対するイスラム教徒の反応が最も過激な形で表れたものだ。この間、繁栄する西欧を横目に、イスラム世界は衰退していた。

 1つの考え方として、この衰退はカリフ制とシャリア(イスラム法)の支配が行われなくなったせいだとするものがある。最後のカリフ制は、1924年にトルコの世俗的近代化主義者のムスタファ・ケマル・アタチュルクによって廃止された。

 大半のイスラム教徒は、ISの思想のほとんどと、その凄惨な手法のすべてを拒否し、ISを単純に犯罪者集団と見なしている。しかし、ISは実際にイスラム神学に依拠し、例えば、非イスラム教徒はジズヤと呼ばれる特別な税金を払うべきだと主張している。

貧困や宗教心では説明がつかない

 欧米など西側出身の戦闘員が聖戦に引きつけられた理由を、貧困で説明することはできない。戦闘員の多くはそこそこの中流階級だ。ISの動画に登場するウェールズ生まれで20歳のナーセル・ムサナ――アブ・ムサナ・アルイエメニと名乗っている――は、4つの大学から医学部入学の許可を得ていた。

 欧米人が聖戦に参加する理由として、周りの社会に溶け込めなかったからという説明も当たらない。最近死亡したと考えられている英国出身の別の戦闘員、ムハンマド・ハミドゥアー・ラーマンの写真を見ると、しゃれた髪型で粋なスーツを着こなしている若者だ。彼は、イングランドの沿岸都市ポーツマスで、低価格ファッションブランド「プライマーク」の店員として働いていた。父親はカレー料理店を営んでいた。

 さらには、敬虔な宗教心だけでも説明がつかない。7月にテロ行為に関して有罪を認めた2人の若者、ユースフ・サルワーとモハメド・アーメドは、シリアへ出発する前にアマゾンで『Islam for Dummies(サルでも分かるイスラム教)』と『The Koran for Dummies(サルでも分かるコーラン)』という本を注文していた。ICSRのマハー氏によると、戦闘員の中にはこれまで宗教に関心を持ってこなかった者もいるという。

明日の「中東の聖戦に向かう西側の若者たち(下)」に続く


http://jbpress.ismedia.jp/articles/print/41633


03. 2014年9月03日 07:14:44 : EmkgfzlbC6

イスラム国やイスラム原理主義者達が斬首映像を公開するときは必ず一部始終公開しているが今回だけ途中をカットしているのは確かに不審点がある。

その前にイスラム国じたいがヤラセっぽいのだがw


04. 2014年9月03日 09:59:51 : LBtbDXFoS6
切った時に血さえ噴き出さないというのはどう考えてもおかしい。
偽映像にしても手を抜いたものだ。

05. 2014年9月03日 17:19:56 : TGgfYEbPRU
米軍の地上部隊が投入されるまで続くんだろな・・・。

06. 2014年9月03日 21:12:19 : lcKn9lb916
二人目は本物のように見える

イスラム国による2人目の処刑(きっこのブログ) 動画は閲覧注意
http://www.asyura2.com/14/warb14/msg/168.html
投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 9 月 03 日 19:53:16: igsppGRN/E9PQ


07. 2014年9月03日 21:13:44 : Wr5cvCffrE
たく、こんな子供だましを、よく続ける気になるもんだ

ジム・ストーンも、元CIAだっけ?
ユダメリカのような恥知らずの国も珍しい、亡命して当然だわな


08. 2014年9月03日 21:23:49 : 2MMUPi7mNU
実に低予算の”ユダヤハリウッド特撮”。横たわる”ひじ”などまるで人形そのものの形状と質感。首から血を噴出す装置は”おカネと時間がかかるから”出来なかっただけの話。

まあここまで質が低いと、手を叩いて爆笑してしまう者続出である。

以前にもあった「宇宙人解剖」とか言うヤラセ映像や、はるか以前、戦前から合成写真やフィルムは常に”政治の為に製作され”資本が利用してきた。つまりこの手のものは「私設情報兵器」に過ぎナイ。

ISISはアサド撲滅の為にアメリカ資本が作り失敗した「シリア自由軍」そのものであり、「イスラム国」もアメリカ英豪欧の貧乏白人に、日当や家族への支給をエサに”特定白人資本”が人為的に作った謀略組織であることは、人員の出身地、言語、そして彼らを食わせるメシ、武器物資、輸送手段、生活物資等、その”莫大な資金”がなければ絶対に出来ナイ事実からも、明々白々。

この「ISIS、イスラム国等の資金源」を全く調査しようともしナイCIA,MI6、アムネスティ、ヒューマンライツウオッチ等の組織こそが、実はテロリストそのものであることは、彼らの資金、経緯、流される情報を見ずとも疑いようのナイ事実である。

オバマが言った「テロリストはあらゆる意味で破綻している」の意は、=「アメリカ欧の白人資本は全ての面で破綻している」の意そのものである。

「欧米西側の政府、企業、マスコミの言動は、全く真逆を言い”自分を正当化”する」のが常套手段。

他にも韓国、北朝鮮、在日コリア、在日米軍、アメリカ政府の論理、体裁、軍通貨情報の全てが、もはや破綻してしまっていることも事実である。

さて、我々が打ち立てる次の社会で使用する教科書にも、この出来の悪い「特撮映像」を、歴史上実際に謀略に用いられた資料として、教材とすることにしよう。

人間の現実は、長い歴史と共にその全てを白日の下に晒す。謀略が見抜かれ、その首謀者が大衆の前に姿を現すことが出来ナイ時点で、すでに我々一般大衆が勝利していることを意味する。

何度でも言う、次の社会への序章は既に始まっている。それは普通に誰もが描き、構築し実行し、それを享受することが出来る現実である。我々は着実に前進している。


09. 2014年9月04日 02:19:50 : U76fWuU9rc
ソトロフ氏はイスラエル市民権を持ったユダヤ人だが、ユダヤ人団体が静かにしているのはなぜだろうか?
殺害されたジャーナリストがこれまでにどのような記事を書いていたのかを知りたい。


http://www.timesofisrael.com/steve-sotloff-beheaded-by-isis-militants-had-deep-roots-in-israel/?utm_source=The+Times+of+Israel+Daily+Edition&utm_campaign=f4fb2a3fb1-2014_09_03&utm_medium=email&utm_term=0_adb46cec92-f4fb2a3fb1-54909797


10. 2014年9月04日 10:06:11 : S1foTIVqiA
「イスラム国」なんて胡散臭さいっぱいの集団だ。
特にその資金源がな。

11. 隣のおじさん 2014年9月04日 17:31:05 : frMAtCq6DbLpw : EtrmAaoM4o
08さんへ
「我々は着実に前進している。」って、何が前進しているのですか?
放射能に汚染され、人が住めなくなった東北地方はもちろん、
日本は着実に破綻(崩壊)の道を前進しています。
さて、100年後の日本?

12. 2014年9月05日 08:38:01 : 5Jpvho4NgA
現場で処刑を確認していない映像はデツチあげの可能性がある。がその辺は同なのか?。

13. 2014年9月05日 11:06:13 : vFquuIP5OY
>11  「我々は着実に前進している。」って、何が前進しているのですか?

多分我々が奴隷という身分からの解放に向けての前進何じゃない?


14. モンロー 2014年9月05日 14:30:34 : ChtbDLxjY18cE : okbh1GevDQ
子供のころ、知り合いがカミソリで首切り自殺した人がいるが動脈が切れたら血が3メートル位飛び散るそうです。
これはうそくさい。

15. 2014年9月05日 18:10:00 : Z2381i6xtc
英語なら字幕で付けたっていいのに、まともにアラビア語を話す役者も調達出来なかったということか?

16. 2014年9月07日 18:07:52 : LsHf8ynP6g
もしやらせなら米記者は生きて発見されるはずだ。
さてさて・・・・

17. 2014年9月07日 20:32:54 : LBtbDXFoS6
>>16

他の方法ですでに殺されているんじゃないかって言う人もいるよ。
あるいは運が良ければ、別の顔と名前と金をもらってどこかで悠々と暮らすってこともあるんじゃない?
アメリカなんかだと、マフィアが絡んだ犯罪のことで司法取引とかして証言した人なんかは別の名前もらって他の場所で暮らさせてるとか聞いたことあるけど。
日本人には考えにくいけど、外国なら、それでいいって人もいるかもね。


18. ○十の米 2014年9月08日 15:03:47 : oilfsLCQs/M9Y : kFSxAfAWHg

昨日、初めて、その動画を拝見させて頂いたのですが、そう言うことだったのですね。

教えて下さり誠に有りがとうございます。


            惟神霊幸倍坐世


19. taked4700 2014年9月08日 22:10:16 : 9XFNe/BiX575U : ZaavhAbCrM
>>16

>もしやらせなら米記者は生きて発見されるはずだ。
>さてさて・・・・

現代の謀略の悪質さを誤解されています。

「米記者」そのものがでっち上げと言うか役者なのです。被害者そのものが既にお芝居をやる側の人間で、世論操作をやっている側の人間なのです。

こういった状況は非常に大規模に出現していて、ボストンマラソンテロ事件での犠牲者もそうでした。

ただし、戦闘での犠牲者は確実に出ていて、例えば山本美香さんは実際に犠牲になったのです。


20. 2014年9月09日 07:40:04 : ecd7XJ6m6Y
シリア政府軍が抑えるデリゾール空港攻撃に向かうイスラム国の軍勢
http://www.youtube.com/watch?v=U7AjsjunrXI


そのデリゾールでイスラム国に反乱を起こしたシェイタト部族の末路。
戦功を誇るものでなく見せしめが目的のせいかいつもよりグロい。

http://pbs.twimg.com/media/BvBTEjGCQAEYSoX.jpg
http://pbs.twimg.com/media/Bvv4ZCzCQAAFNhQ.jpg
http://pbs.twimg.com/media/Bv4NjjwIEAAfUqq.jpg
http://pbs.twimg.com/media/Bv4NjvjIMAAd722.jpg
http://pbs.twimg.com/media/BvqVBpSCYAAdsWp.jpg
http://pbs.twimg.com/media/BwNBrD7CUAI9pZe.jpg
http://pbs.twimg.com/media/BvqVA-MCcAAPuLR.jpg
http://pbs.twimg.com/media/BvqVIW3CEAA0B5-.jpg
http://pbs.twimg.com/media/BvMbCMeCQAAE42R.jpg
http://pbs.twimg.com/media/BvB2r_pCQAAeltO.jpg
http://pbs.twimg.com/media/BvJsdSACMAEdfVp.jpg
http://pbs.twimg.com/media/BvL62rvCIAAWxuR.jpg

こういう残虐な行為をする連中がわざわざFAKEにする理由が分かりません。


21. 2014年9月10日 07:48:58 : Rlr97AvzO2
>>20
イスラムと戦争したい国が作ったFAKEということではないかと思いますがどうなんでしょう

それにしても残酷な写真ですね
ちょっと鬱になりました
こんな残虐行為も、戦時中ならイスラムに限ったことではないでしょう


22. 2014年9月12日 02:14:24 : 1CICSHN4ig
>>20

YNCサイトで、こういう残虐な動画をよく見たよ。残虐な殺人行為は世界の各国にいるんだけれども、イスラム系の人の共通点は公開処刑も含めて「斬首」の趣向が多い。
兵士の首刈りはタイ軍にもいるね。タイ軍の兵士は敵の兵士の体や頭を切断して噛み付く行為を誇張したりする。アフリカ人は人が生きていようがすぐ焼いたりする。
中国の田舎は野蛮で、人間さらって、すぐ解体し、内蔵を取り出してすぐ売り先に運んでしまう。韓国人はレイプが多いが殺人現場が汚い。バイオレンス系はロシアだが、アメリカと同じで撃ち殺す。


23. 2014年9月15日 10:04:23 : 4nOKhk4SHw
切断された後の首だけは、3Dプリンターで作ったのかな?
その後ペイントしたりして面倒だと思うけど・・・。

24. 2014年9月15日 10:29:37 : F4aSBxRT8I
斬首刑では
斬られた首の断面から激しく出血するのが普通。

斬られる前の恐怖と緊張で
血圧がMAXまで上がっているので
「出血する」というより「血が噴き出す」

出血がほとんどない、というのであれば
ヤラセである可能性が高い。


25. 2014年9月15日 16:51:55 : du9TvXLDmg
>>24


刑罰 斬首
http://anpo.b.ribbon.to/keibatu-zansyu.htm

>ところで、人が斬首刑により瞬時に首を切られた場合、血はどのように噴き出るのであろうか。元代の劇作家、関漢卿の有名な悲劇、「竇娥冤(とうがえん)」によれば、竇娥は打ち首にあう前に、「自分がもしも冤罪であるならば、首を落とされたときに噴き出た血が死刑台の傍にかけられた長さ二丈(約6メートル)の白練絹(しろねりぎぬ)を紅く染めるだろう。」と言ったが、事実そうなったとされている。南北朝時代、梁の天監(てんかん)15年(516)に荊州で行われた斬首では、血は一丈(約3メートル)噴き上がり、紅い霧雨となって降ってきたと言う。まさに血の雨だ。また、晋の元帝、司馬睿(しばえい)が令史(れいし・下級役人)の淳于伯(じゅんうはく)を糧食の納入期限を誤ったとしてこの刑に処したときには、その血は柱にそって二丈三尺(約7.5メートル)も噴き上がったという。話半分としても、約3メートルぐらいは噴き上がるようだ。首は心臓に近いこともあり、また、処刑前には心臓の拍動が極端に高まっているであろうことを考えれば、あながちうそではあるまい。


26. 2014年9月15日 19:05:25 : PTeX1Bz4WM

 知り合いに、人工透析患者がいる。
 腕にシャント・・・とか云うのを作り、動脈の1本を表面の静脈に連結し、その表面の静脈(動脈化)
 に針を2本刺す。

 腕には、2本の動脈が走っているので、1本を切って、上の静脈につなげても、残りの1本で十分な
 血液が行くそうです。

 さて、この知人、治療後に会ったのですが、抑えてある注射の穴〜爪楊枝大の針の跡〜を押えが外れ
 たら、1〜2m位は、勢い良く血が噴出してました。

 小さな1〜1.5m程度の穴でも、これだけ出るなら、頚動脈なんて、5〜6mでも飛ぶでしょうね。
 布で抑えてやれば、プロだから、飛ばないでしょうが。
 
 実際に、いけにえを屠るときに、羊でもヤギでも、彼らは小さなナイフで上手に出来ます。
 血も飛ばないように布を当てます。
 映像では、何も当ててないので、切った側が入浴でもしなければ、血まみれですよねぇ・・・

 太い針を1本抜いただけでも、天井にまで血が飛んだりするそうで・・・、映像は仕込みですね・・

 ただ、しっかり切断して、綺麗になった後を見せたかもしれません。
 首の前を数回擦っただけでは、血みどろになりません。

20さんの云うとおり、実際に行ってても可笑しくはありませんが・・・、世界の現時はむごいので、
  判断が付きません・・・。

http://www.bllackz.com/2010/11/blog-post_08.html
http://www.bllackz.com/2009/06/blog-post_08.html
http://www.bllackz.com/2010/09/blog-post_09.html
http://www.bllackz.com/2010/11/blog-post_5173.html

 最後のなんかも、血を飛ばせずに切断していますが、・・・・・

インドネシアはイスラムの最大国家です。
日曜日に教会に行く女子中学生でも、平気で首を切断して、壁に吊るします。
巧いのか、あまり、血だらけになっていません。

出来れば、ノーカットを観ればわかるのですが、コロンビアやブラジルでは、レイプ前に、手足や首を切
断し、下半身をやりで抉り出してから、レイプします。
これがビデオとして大流行で、現地では最も売れている映像です。
誰か購入すれば、やり方次第では、血が出ないかどうか、確認できると思うのですが・・・
向こうに、知り合いのいる人、いないでしょうか。
   


27. やらせ映像 2014年9月16日 01:31:58 : fjTOpCUA59sF2 : t0PhsDxZMI
やはりやらせ映像でしたwww

28. 2014年9月16日 20:26:09 : FQLpkMWNBg
もろ特殊撮影の現場。なかなかのいかさま映像の説得力がある。ハリウッドも落ちたもんだ。こんな手抜き映像を作るとは、アカデミー賞受賞者は拒んだことだろう。こんな世界に恥をさらす映像を好んで作っているハリウッド関係者。政府の金でプロパガンダ映画を作り続けて金儲けしているやつらが、今日のハリウッド映画の凋落を表している。もはやこの手のクロマキ映像なんて過去の遺産。マジカム撮影の時代とは違うことさえ知らない。身体張って映像を作れ!! ばれたからには関係者の処分が待っていることだろう。気の毒に・・。

29. 2014年9月22日 00:34:49 : BnNAvugBkc
アポロ月面着陸もやっぱ嘘か

30. 2014年9月26日 11:46:46 : atxeyfN6Rs
>29
あれからかれこれ50年もたっているのに未だその後誰も月に行ってないというのは本当に不思議な事ですね。あの月の石現代の科学で分析してみたらどうでしょう。それこそ地質学とかぐらいしか脳の無い東京大学あたりにやらせたらいいのではないか。

31. 2014年9月27日 18:56:53 : KTr0nSiOhw
茶の間の椅子に足組んで腰掛けて、カッターナイフで何か切ってたらつるんと滑って
足首のあたりに「ぷつん」と刺さった。
ほんの僅かに痛かっただけだが動脈だったらしく、そこからピューっと細く血が
吹き出した、タオルを当てても止まらないので119番呼ぼうかと思ったくらいだ。
床に新聞紙でも引けば良かったが、カーペットも押さえておいた濡れタオルも
血だらけに。
水と石鹸でなんとか綺麗になったが、ルミノール反応は出るだろうな。

32. おじゃま一郎 2014年10月02日 20:54:28 : Oo1MUxFRAsqXk : pOSjdC9tHO
証拠より何より、米国は捏造画像の前科者だ。

1990年湾岸戦争時はイラクフセインを悪者にするため、
原油を海に流したとして、海鳥が真っ黒になる捏造映像を
TVで全世界に流した。

コソボの紛争のときは幼子を抱えた母親が逃げ惑う捏造映像を全米に
流し、単純な米国人はそれを信じて政権の支持率は上昇した。
これらの捏造映像制作は、日本の某広告会社が絡んでいたといわれている。

今回の首チョン映像もその可能性は高い。


33. 2014年10月10日 15:31:49 : 7nbSSk2dCc
首切りならやっぱセタスの動画にまさるものはない
あれは捏造じゃなくリアル

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。) ★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b14掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
戦争b14掲示板  
次へ