★阿修羅♪ > 日政U2 > 476.html
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ ★阿修羅♪
安倍氏「国葬」を岸田・麻生が決めた「真の目的」…安倍派壊滅の「カウントダウン」が始まった!/週刊現代・msnニュース
http://www.asyura2.com/15/gaikokujin2/msg/476.html
投稿者 仁王像 日時 2022 年 8 月 02 日 12:29:03: jdZgmZ21Prm8E kG2JpJGc
 

安倍氏「国葬」を岸田・麻生が決めた「真の目的」…安倍派壊滅の「カウントダウン」が始まった!/週刊現代・msnニュース
週刊現代 2022/08/02 06:00
https://www.msn.com/ja-jp/news/national/%e5%ae%89%e5%80%8d%e6%b0%8f-%e5%9b%bd%e8%91%ac-%e3%82%92%e5%b2%b8%e7%94%b0-%e9%ba%bb%e7%94%9f%e3%81%8c%e6%b1%ba%e3%82%81%e3%81%9f-%e7%9c%9f%e3%81%ae%e7%9b%ae%e7%9a%84-%e5%ae%89%e5%80%8d%e6%b4%be%e5%a3%8a%e6%bb%85%e3%81%ae-%e3%82%ab%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%88%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3-%e3%81%8c%e5%a7%8b%e3%81%be%e3%81%a3%e3%81%9f/ar-AA10bTlx

レオンアート「パイルダー125」【1分で読める 原付二種解説 2022年現行モデル】
山形のコロナ感染者、最多の942人確認

権力という怪物は、人の死さえもエサにする。衝撃のただ中で、岸田総理をはじめ永田町の有力者たちは、令和最大の政局を勝ち抜くために権謀術数を巡らせていた。激変する政界地図をすべて書く。

生涯最大のチャンス
「こんなことまで書かれて、黙ってられるか!」

憤りもあらわに、居並ぶ安倍派の議員らに紙を配って回るのは、同派最長老の衆議院議員・衛藤征士郎である。7月21日昼、自民党本部で開かれた安倍派総会。やつれた表情の昭恵夫人も姿を見せ、沈鬱な雰囲気の中で、衛藤の声が鋭く響いた。

〈(安倍派には)誰一人、全体を仕切るだけの力もカリスマ性もなく……〉

配られたのは、自民党の前幹事長・甘利明が前日に公式サイトへ載せた「国会リポート」のコピーだ。そこには、主を失って漂流を始めた、安倍派を揶揄するかのような言葉がつづられていた。

「衛藤さんは怒るけれど、正解だよ。安倍派の崩壊は避けられそうもない」

ある安倍派ベテラン議員はこう語る。

「清和研(清和政策研究会=安倍派)は長年、森喜朗さん、小泉純一郎さん、安倍さんと大物が要になってきたが、今は誰もいない。塩谷(立衆院議員)さんは誰にも好かれてもいないし嫌われてもいないから会長代理になっただけ。他の幹部は全員、派閥内でいがみあっている内弁慶ばかり」

総理を退いてなお、自民党最大派閥を率い、永田町の実質的な最高権力者であり続けた安倍晋三。その唯一の弱点が、後継者の不在だった。

Photo by gettyimages© 現代ビジネス Photo by gettyimages
安倍派では塩谷とともに会長代理に就いた下村博文のほか、西村康稔、世耕弘成、萩生田光一が有力幹部五人衆と言われるが、どれも安倍の存在感と実力には及ばない。というより、安倍は自らの権勢を不動のものにするため、後継者を育てようとしなかったのである。

それが裏目に出た。安倍派はいまや、頭部を失ってなおフラフラと歩き続ける鶏のようなものだ。バラバラに解体され、食われるのを待つだけの存在になってしまった。

「岸田さんは政局勘が鋭い」
安倍は生前、親しい自民党の保守系議員にこう漏らしていたという。

「岸田さんはああ見えて政局勘が鋭い。意外にやるよ」

その評価は正しかった。他ならぬ安倍の急死こそ、岸田にとって政治家人生で最大の政局となった。そして岸田は、その好機を逃さなかった。

実際、安倍が銃撃されたとの一報が入ってから、岸田は実に敏速な動きを見せている。選挙応援から官邸に取って返し、汗と涙にまみれて会見する姿で国民の同情を呼ぶ。そして衝撃も冷めやらぬ中、安倍の「国葬」を閣議決定する――。

「当初は総理にも迷いがあったが、麻生(太郎)副総裁に『絶対に国葬だ』と背中を押された。麻生さんが安倍さんと仲が良かったせいもあるが、岸田さんの後見人である麻生さんには、安倍派の連中を黙らせる狙いもあったのだろう」(前出と別の自民党ベテラン議員)

自民党史を振り返っても、有力者の退場は必ず派閥の瓦解を招いている。田中角栄が脳梗塞で倒れた後、田中派は竹下派(現在の平成研究会)と二階堂進グループに分裂した。安倍の父・晋太郎ががんで倒れた後は、清和会で三塚博と加藤六月が後継争いを始め、加藤が派閥を割って出ていった。

今回起きたのは、それらの故事をも上回る大事件である。岸田は、崩れゆく安倍派をどうやって「取って食う」べきか、すでに事件直後から算段を巡らせていたのだ。

安倍派に手を突っ込む
その嚆矢と見られているのが、7月19日夕方、岸田が経産大臣の萩生田と30分あまりサシで話した一件である。

「岸田さんが呼んで総理執務室で話し込んだ。萩生田さんは番記者に『安倍さんの思い出話をした』と答えていましたが、実際は安倍派の今後について話したようです。

萩生田さんは安倍派の幹部でもとりわけ岸田さんの信頼が厚い。また今、安倍派の表向きのトップは下村さんですが、野心家の下村さんは人事などに関する派閥の意向をきちんと岸田さんに上げてくるかどうか怪しい。だから岸田さんは、萩生田さんを通じて安倍派をグリップするとアピールしたわけです」(官邸スタッフ)

安倍派内では、前述したように前経済再生担当大臣の西村、会長代行の下村、そして萩生田らが次期領袖の座を争っている。岸田が萩生田を贔屓し、実質的な後ろ盾になれば、手を突っ込まれた安倍派はますます混乱に陥る。

効果はてきめんだ。すでに安倍派内では、

「焦った下村さんが、さっそく若手を食事会に誘い始めているが、みんな『下手に参加すると下村支持者だと思われる。かといってむげに断るわけにもいかない』と困惑している」(安倍派関係者)

との声も上がり、所属議員らが右往左往している状況だ。萩生田を、安倍派に打ち込む楔とする。これこそ、岸田が何よりも早く手をつけた第一の策だったのである。

「大宏池会」という切り札
これまで岸田にとって安倍は「目の上のたんこぶ」だったが、その安倍がいなくなり、派閥も崩壊へのカウントダウンに入った。残るは、安倍と同格の二人の重鎮、麻生太郎と菅義偉をどのように御するかだ。

前者の麻生は、それほど難しくない。というのも岸田は、岸田派=宏池会を麻生派=志公会と合流させる「大宏池会」構想という切り札を最初から手にしている。前出の自民党保守系議員が語る。

「生前、安倍さんが岸田総理の政局勘についてもうひとつ評価していたのが、麻生さんが熱望している、この『大宏池会』の扱いについてだった。安倍さんは『岸田さんは大宏池会の結成にあえて踏み込まず、カードとして温存している』と見抜いていた。大宏池会という大目標を掲げている限り、岸田総理は麻生さんを繋ぎ止められるから」

次の衆院選で長男の将豊へ代替わりを果たすとみられる麻生は、自派の将来をどうするかで頭がいっぱいだ。義弟で財務大臣の鈴木俊一を会長に就けたいと考えてきたが、派閥をまとめきれるか心もとない。岸田派との合流こそ、ベストシナリオなのだ。

岸田はそんな麻生の不安を利用し、麻生に首輪をつけることに成功しているのである。

「週刊現代」2022年8月6日号より

主の急死により崩壊しつつある安倍派と、それに乗じて「挙党一致体制」を磐石にしようとしている岸田総理。後編記事【菅も麻生も進次郎も河野太郎も全員降伏…「安倍後」の日本、岸田政権が最強になってしまう可能性】では、岸田総理が何としても取り込み味方につけたい菅義偉前総理との攻防、そして9月の内閣改造で描く人事計画を明らかにしていく。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. しんのすけ99[2219] grWC8YLMgreCr4JYglg 2022年8月03日 16:59:25 : A4AvZivHZs : WU95VlVYQVVmdmM=[3137] 報告
なんだか、戦前の軍部 旧陸軍の「皇道派と統制派の対立」と似てきたな

2.26事件における皇道派の失態を うまく利用して統制派は 皇道派を一斉に粛清し始めたのと瓜二つで
中でも最も「冷や飯を食らった」のは 山下奉文大将だろう、皇道派と関わっていた事への処分として
死ぬ確率の高い最前線 特に苦戦が予想されていた 戦争開始当初のマレー半島およびシンガポール攻略戦
ここへ文字通り「飛ばされた」訳であるが、ところがどっこい 予想を覆す快進撃でシンガポールを攻略
山下奉文大将は「マレーの虎」とあだ名されて国民の英雄となって映画化までされたと言う

これだけの大活躍をなし得た山下大将だが、天皇陛下への拝謁はなされず あろう事か本土へ帰国後は
あっさりと満州へ左遷(この当時の満州の司令官は ほとんど閑職)して髀肉之嘆をかこつと言う
そして戦局がどうしようもないほど悪化してから急に駆り出されてフィリピンと言う死地へ向かう
(このあたりは硫黄島で米軍を震撼させた栗林忠道とも似ている境遇だ)

本当に優れた戦略眼を持った指揮官なら 日米開戦に反対するのが当たり前だが、戦争に反対した
優秀な指揮官はみな 開戦時に最前線は飛ばされた、山下奉文 飯田祥二朗 本間雅晴 そして今村均と
みんな戦争開始に反対もしくは消極的だった指揮官たちだ

だから 戦争開始当初だけ日本軍は 目の覚めるような快進撃をしたのだった。

結局

本当に優れた人間が指導層に大勢いたなら そもそも日本は あんな無駄な戦争を始めたりしなかった
派閥の論理 もしくは出身の藩での優劣とか 理不尽な主導権争いは 国を亡ぼす元となり得るのです。

2. 蒲田の富士山[1295] ipeTY4LMlXiObY5S 2022年8月03日 18:54:03 : 7v53KsbgjI : aG83ZVZkd3JxalU=[1] 報告
>なんだか、戦前の軍部 旧陸軍の「皇道派と統制派の対立」と似てきたな

似てないと思います。
皇道派が、安倍派ですか?

3. 2022年8月03日 20:57:32 : wHz0tjbCVA : eE4wUmhpbldOcEk=[159] 報告
壺売りしんのすけ893まともに相手にしていると疲れるだけだぞ
雇い主の指図通りにでかい面するアルバイトだから
4. 氷島[38] lViThw 2022年8月04日 09:16:39 : haDDktq4et :TOR dS9jVFJVeTJpYlU=[1] 報告
【関係修復? 岸田首相が森喜朗、青木幹雄両氏らと会食】
https://mainichi.jp/articles/20220803/k00/00m/010/303000c
⇒《会食には自民党の遠藤利明選対委員長、小渕優子組織運動本部長も同席した。》
https://mainichi.jp/articles/20220803/k00/00m/010/303000c
⇒《青木氏は茂木敏充幹事長と折り合いが悪く》
⇒《出席者によると、会合では青木氏が同じ派閥の小渕氏について、「まだ若いが頼んだ」と岸田首相に求めたという。
9月の内閣改造などで、小渕氏の処遇に関心が集まることになる見込み。》

へぇー… 9月の内閣改造での注目点が増えましたね。
一つは「国家公安委員長」。ココを「脱統一教会」できるかどうか?
あとは、茂木、小渕、遠藤… この辺りの人事。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 日政U2掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 日政U2掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
日政U2掲示板  
次へ