★阿修羅♪ > 原発・フッ素43 > 300.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
福島県が小児甲状腺がんの患者数を約900人と想定していることが判明!甲状腺がん支援で想定値を発表!
http://www.asyura2.com/15/genpatu43/msg/300.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 6 月 25 日 22:00:06: igsppGRN/E9PQ
 

福島県が小児甲状腺がんの患者数を約900人と想定していることが判明!甲状腺がん支援で想定値を発表!
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-6960.html
2015.06.25 12:00 真実を探すブログ



☆福島県、甲状腺治療の費用負担 診療データ収集も
URL http://www.47news.jp/CN/201506/CN2015062301001800.html
引用:
 東京電力福島第1原発事故の当時18歳以下だった福島県の全ての子どもに対する甲状腺検査で、県は23日、治療や経過観察が必要とされた人の医療費の自己負担分を全額支援すると発表した。


 対象は、詳細調査で甲状腺にしこりなどが見つかり、がんの疑いがあるとされた人やがんと確定した人で、県は今年3月末時点の調査から900人程度と見込む。


 7月上旬から申請を受け付ける。これまでに負担した医療費を証明できる書類のほか、甲状腺がんが増えているかどうかを調べる目的で、診療データの提出も求める。
:引用終了


☆福島県が甲状腺治療費を支援する「900名」の考え方とは
URL http://oshidori-makoken.com/?p=1176
引用:
4行まとめ


・23日、福島県の検査で診断された甲状腺がんの治療をしている18歳を超えた方々、県外に引っ越しをした方々も、福島県が医療費を負担することが発表された。


・これは通常診療に移行した1,694名のうち、約55%が18歳を超えていると推計し、約900名と見込んだ。


・県外に引っ越しした方々も含むが、この数字には入っていない。


・引っ越し先の自治体で医療支援があったり、生活保護を受けていたりすれば、負担が無いと判断して、福島県の支援対象ではない。
:引用終了


以下、ネットの反応
















この900人という値は通常検査などから弾き出した推測値のようですが、福島県もある程度の増加を想定しているということが分かったのはとても重要な情報です。


福島県で実施されている小児甲状腺がんの検査は、毎年のように患者数が増加しています。今年は甲状腺癌が確定した子供だけで100人を超える事が発覚しましたが、その時に政府側の学者たちは「事故の影響は考えにくい」と述べ、原発事故との因果関係は否定しました。


それなのに、福島県は約900人まで患者数が増えることを想定していたのです。ここで問題なのは、「スクリーニング効果で偶然に増加しただけ」等と主張している側の組織が増加を想定しているという部分になります。
正に表向きの発言とは真逆のことを裏ではしていたということになり、行政は市民に対して二枚舌を使っていた事を示唆していると言えるでしょう。


☆ドイツZDF「フクシマでの甲状腺がん症例増加」


関連過去記事
☆【ヤバイ】福島県の小児甲状腺癌、新たに16人増加!癌確定は103人に!通常の数百倍に相当!
URL http://saigaijyouhou.com/blog-entry-6545.html


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2015年6月25日 22:53:32 : YjgiPPmDKI
ベラルーシでは、福島県の先行検査に相当する期間、1986−1989年に甲状腺癌を発症した、チェルノブイリ原発事故当時18歳以下だった子どもの数は、33人だ。

この内、15歳以下の子どもは、18人で、15−20歳の子どもは、15人だった。

福島県では、112人の子どもたちに、甲状腺癌ないし疑いの結果が出ている。

これは、ベラルーシの3.4倍に当たる。

この内、14歳以下の、甲状腺癌ないし疑いは、43人で、15−18歳の甲状腺癌ないし疑いは、69人だ。


ベラルーシでは、1986−2002年の間に手術をした小児甲状腺癌患者の総数は1917人だ。

この内、15−20歳で手術を受けた患者は、487人(全体の25.4%)、20歳以上で手術を受けた患者は、735人(全体の38.3%)だ。

手術を受けた年齢の中央値は、18.69±7.00歳である。

事故当時18歳で、17年後に手術を受けた例もある。

http://www.bmub.bund.de/fileadmin/bmu-import/files/strahlenschutz/schriftenreihe_reaktorsicherheit_strahlenschutz/application/pdf/schriftenreihe_rs668_appendix8.pdf


2. 2015年6月25日 23:04:32 : ynSQvzTlvk

>ここで問題なのは、「スクリーニング効果で偶然に増加しただけ」等と主張している側の組織が増加を想定しているという部分になります。

「スクリーニング効果」を確認するには、全ての治療を停止して結果を観察する、あるいは、半数ぐらいの治療を停止して結果を比較する、等の措置を取ることになるわけで、医療倫理上、そもそもできない話でね。

まあ、「スクリーニング効果」を主張している連中は狡猾で、この辺りは計算済みなんだろうけど。


3. 2015年6月26日 03:13:06 : Hx7CbOpV36
福島県の人口は9億人いる計算になるな。
スクリーニング(笑)

4. 2015年6月26日 04:05:35 : xgZDdnzKOI
そのうち、1万超えだね。
昨日まで数人、今日100人、明日は千人、100人まで「フクイチ無関係」記者会見医者は、明日はトンズラ、マスゴミ完全黙秘。

5. 茶色のうさぎ 2015年6月26日 05:42:14 : qtmOTsgWNIsK2 : 6PwEhDtRJw

ばぁっか、だねー。!900人w あまい、あまーいーー。! 甲状腺の、ヨウ素被曝でしょ。!w 

事故当時の、飯館村の住民なんて、965Bq/kgの、水道水を飲んでたんだよ。!ばか

ヨウ素だけで、965Bqだよ。!あほ  東京でも、ヨウ素が、210Bqだったね。!金町浄水場で。!

 ↓ 今中が計算すると、飯舘村の年間の外部被曝量は、7mSvでしょ。!
同年7月31日までの外部被ばく線量の平均は7ミリシーベルトで、最大値は23.5ミリシーベルトだった。年齢別にみると、10歳未満の平均が3.8ミリシーベルトとなるなど、若い世代が相対的に低い結果となった。今中助教は、避難が早期に行われたためとみている。

弘前大の床次教授測定では、浪江町赤宇木で、年間の外部被曝量は、約190mSvの人もいたんだよ。!

外部と内部を合計したら、。。避難の遅れた飯館村や浪江町赤宇木なんて、。。現在、。病気?死亡。?

やっと飯館村長が「妊婦や乳幼児を村外避難させる方針を固めた」のが4月6日になってからだね。!💢

結論: もっと調べて、勉強して、想定、分析して欲しいですね。!あほ汁みたいwぷっ♪  うさぎ♂



[32削除理由]:削除人:言葉使い

6. 知る大切さ 2015年6月26日 05:51:14 : wlmZvu/t95VP. : rXmQVSTR26
>5
「茶色のうさぎ」さん965ベクレルのソースを提示してくれないか?
ヨウ素はベーター線だから、当時どのような体勢で測っていたか今追っているんだ。

何から拾ったか教えてくれないか?

>事故当時の、飯館村の住民なんて、965Bq/kgの、水道水を飲んで
>たんだよ。!ばか

>ヨウ素だけで、965Bqだよ。!あほ  東京でも、ヨウ素が、210
>Bqだったね。!>金町浄水場で。!


7. 2015年6月26日 10:04:09 : 02fMMK710U
ばかとかあほを言いたいだけのDNQ。
地下で不満ぶつけてもいいけど迷惑になるから外に出るなよ。

8. 2015年6月26日 10:24:37 : VCEaXrW57M
この記事の元になっていると思われる資料
福島県庁HP
第19回福島県「県民健康調査」検討委員会(平成27年5月18日開催)
http://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/21045b/kenkocyosa-kentoiinkai-19.html

検討委員会の全文は
http://www.pref.fukushima.lg.jp/uploaded/attachment/115357.pdf

実効線量推計結果の状況ってのも記載があるけど
チェルノブイリ事故より被曝が少ないとか
100mSv/年間 以下では健康に影響がでるのは考えにくいの文言がある
マッドサイエンティストが揃った漫画みたいな報告書だ。

しかし結節やのう胞 のデータを見ると漫画と揶揄して済む値ではない。
900人では終わらないだろう。


9. 2015年6月26日 13:44:12 : wlj16cbkzA
チェルノブイリ原発事故当時、ベラルーシに、18歳以下の子どもたちが、何人いたかは分からない。

2000年の人口数は分かっていて、270万5860人だ。

福島県における先行検査対象者は、36万7685人(受診者数、29万9543人)で、ベラルーシの方が福島県より7.4倍ほど多い。

ところが、実際の小児甲状腺癌の発生数は、ベラルーシが33人に対して、福島県は疑いを含めて112人だ。

チェルノブイリ原発事故を遥かに凌駕する健康問題が、福島県で起きているにも関わらず、国も自治体も、何の対策も講じようとしない。

これは、明らかに人道に対する犯罪だ。


10. 2015年6月26日 16:11:04 : pRp6TlKFSY
これを 阿鼻叫喚 と言わずして何というのか。
ここのコメント者にいつ阿鼻叫喚が起こるのかしつこく聞いてくる人がいるようだがすでに阿鼻叫喚は起こっている。

11. 2015年6月26日 22:04:54 : m06hBvjOnE
*10
たぶん、彼らの言う阿鼻叫喚とはゾンビ映画などでパニックが起きて
秩序がなくなった状態のことを言うと思います
つまり、沖縄戦のように住民の4分の1が死ぬような最悪の状態でも
秩序が維持されていると、阿鼻叫喚ではないと判断すると思われます

12. 2015年6月26日 23:02:57 : 4JhxfVMYU6
甲状腺がんばかり注目されるが、その背後には予備軍・その他の疾患も相当出ることが予想されると考えると、ゾッとするな。

福島以外ではほとんど検査している自治体がいないことを考えると、どれだけのことが起こるんだろ?


13. 2015年6月27日 00:43:34 : ociNNieji2
本気で実験してんだな、と思う投稿ですね。

モルモットは実験されてる事を知る必要は無いし、気が付かなくても良い。

戦後、高度経済成長、原発誘致…

日本は被曝実験国に選ばれたのだろうね。

チェルノブイリ越えてる汚染地があるのはもうわかってる事だが、被害者も同じくチェルノブイリを遥かに越えそうだなこりゃ…

わかっていた事とは言え、担々と情報出して来る政府は本当恐ろし過ぎる。

確実にこれから切り捨て政策を促進させるだろうね。


14. 2015年6月27日 10:34:17 : mAKWjxKjsw
以前阿修羅に「医療費900人に支給」という投稿があったけど。
あれとの関連は?
なんで900。
今、甲状腺で治療している人が福島と元の住民で900人いるってこと?
がん、以外の甲状腺の病気の患者も含めて900人ってこと?
これが今後がんになるという想定なのかな?
900ってすごい数字なのに、
こんなにシラっと言ってもいいのかな。
福島在住&事故当時住んでいた子どもの数の何パーセントなんだろう。
茨城なんて、たった数メートルの違いなのだから、
被害に差はないはずなのに、
医療費の補助がないなんてかわいそうだな。
そういう人はいっそのこと福島に引っ越したらどうなるのだろう。
医療費がタダになるのかな。
だったら難病になったら福島移住っていうのはいい選択になるよね。
宮城も同様な被害が出るはずなのに、
東京みたいに大病院がいくらでもあるわけじゃないんだろうに、
うちから30分以内に大学病院が10はあるよ。
もっと首都機能を地方に移転するべきだな。
専門医も少ない地方はかわいそうだな。

15. taked4700[5116] dGFrZWQ0NzAw 2016年2月26日 20:20:52 : AMG8wklo4I : TTMXEAYhVL8[4]
http://archive.is/BNMrm#selection-887.30-887.49

来月上旬から助成申請 甲状腺検査県負担は約1000人 県議会一般質問
 東京電力福島第一原発事故当時、18歳以下だった子どもの甲状腺検査で、治療や経過観察が必要となり県から医療費の全額負担を受ける対象は約1000人となる。7月上旬から助成の申請を始める。23日開かれた6月定例県議会本会議の一般質問で、西山尚利議員(自民、福島市)の質問に鈴木淳一保健福祉部長が示した。

 県は3月31日現在、甲状腺検査の二次検査で「B」や「C」の判定を受けた1694人のうち、経過観察措置となった約900人、手術を受けた約70人が公費負担の対象になると見込んでいる。
 甲状腺がんの手術費は被保険者の所得によって異なるが3万〜30万円、経過措置の医療費は1万円前後と県はみている。
 対象者には7月10日ごろに案内文書を送付する。医療機関で「診療情報個人票」に診断内容などを記入してもらい、これまでに支払った医療費を証明できる書類などと合わせて県に提出する。
 甲状腺検査は超音波を使った一次検査、血液や細胞などを調べる二次検査とも受検者に医療費の負担はない。ただ、二次検査で甲状腺に一定以上の大きさのしこりなどが見つかり、経過観察や手術のための通常診療に移行した場合、医療費や手術費は原則、自己負担となる。
 県は原発事故後、18歳以下の医療費を無料化しているが、19歳以上になった受診者は経済的な負担を余儀なくされてきた。このため、甲状腺検査を受け始めた時点にさかのぼって県が費用を支払う。避難などで県外に住民票を移した人も対象とする。
( 2015/06/24 09:34 カテゴリー:主要 )



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素43掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
原発・フッ素43掲示板  
次へ