★阿修羅♪ > 原発・フッ素44 > 457.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
高浜原発、地元同意手続き大詰め 福井県知事、年内判断可能性も(福井新聞)
http://www.asyura2.com/15/genpatu44/msg/457.html
投稿者 ナルト大橋 日時 2015 年 12 月 06 日 12:05:52: YeIY2bStqQR0.
 

高浜原発3、4号機再稼働に同意したことを、西川一誠知事(手前左)に報告する野瀬豊町長(右)=3日午後6時ごろ、福井県庁

2015年12月4日午前7時00分

http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/nuclearpower/84881.html

 関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜町)の再稼働に向け高浜町の野瀬豊町長が3日同意し、いよいよ地元同意手続きは県に舞台を移して大詰めを迎える。県議会は今12月議会で「総括的な検証」(仲倉典克議長)を行い、意見集約する方向だ。西川一誠知事が最終判断する環境は整いつつあり、早ければ年内に判断する可能性もある。

 ■代表質問答弁で号砲

 「本議会での議論を十分承った上で県民に信頼される判断をしたい」。12月県会の1日の代表質問。西川知事の答弁が、県議会の意見集約に向けた“号砲”となった。

 県議会の過半数を占める最大会派の自民党県政会は、政府与党の再稼働推進の方針に沿って容認の方向とみられ、議会最終日の17日の決議採決も視野に入れる。第2会派の民主・みらいは、県境をまたぐ広域避難計画が未確定のため「時期尚早」と慎重だ。

 決議は法的な位置付けはないが、議会の意思を表明するもの。福島の事故後、国内初の再稼働となった3年前の関電大飯3、4号機の同意手続きの際には、県議会が全員協議会を開いて各会派が意見を述べたものの、最終的な判断は知事に一任。意見集約しなかったことに批判もあった。

 今回は「結論の出し方を含め議論を尽くしたい」(仲倉議長)考え。仮に最終日に再稼働を認める決議案が上程されれば、賛成多数で可決する可能性は高い。

 ■首相発言を評価

 西川知事が代表質問で、高浜町長の意向と県議会の議論以外に判断の要件として挙げたのが▽県が国に要請している5条件の回答▽県原子力安全専門委員会の安全性の検証結果―の二つだ。

 5条件のうち、知事が国の姿勢が不十分と再三指摘してきた「原発の重要性に対する国民理解の促進」については、11月27日の全国知事会議で安倍晋三首相が「さまざまな機会を利用し緊密に誠実な説明を尽くす」と発言。この発言を知事は代表質問で「評価する必要がある」と答弁した。県議の一人は「全国の知事が集まる前での首相発言は大きかった」とみる。

 今後焦点になるのは、政府が5条件に対する正式な回答をいつ県に伝達するか。経済産業相の来県が軸とみられるが、5条件のうち立地地域の経済・雇用対策は来年度の政府予算案と関わり、知事は「最終的に国の対応をしっかりと確認する」としている。さらに高速増殖炉もんじゅ(敦賀市)を含めた核燃料サイクル政策や廃炉などに対する政府の責任も問う考えだ。

 一方で、11月30日に現地視察した県専門委は年内にも検証結果の報告書を取りまとめ、知事に答申するとみられる。

 ■残る不確定要素

 2基の再稼働に向け鍵となるのが、県境をまたぐ広域避難計画の確定と、運転差し止めを命じた福井地裁の仮処分をめぐる司法手続きだ。

 広域避難計画は、国と福井、滋賀、京都の3府県などでつくる地域原子力防災協議会でまとめ、再稼働前に政府の原子力防災会議で諮る流れ。しかし同協議会の開催は「国が京都などとの交渉で時間を要している」(関係者)ため遅れている。

 知事は3日、同意の伝達に訪れた野瀬豊高浜町長に「防災対策、避難対策もクリアになる必要がある」と話した。「慎重な知事だけに、国の原子力防災会議を踏まえた後でないと判断しないだろう」との見方もある。

 一方、地裁の仮処分は決定が覆らない限り、関電は2基を再稼働できない。ただ野瀬町長は同日、「(司法判断は)別の土俵の話。判断する材料や視点が違う」と強調。知事も「司法手続きと行政手続きは別系統のもの」と主張しており、仮処分決定に関係なく判断するとみられる。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2015年12月06日 12:26:54 : joTTgzgx61 : TbRdNdd4nN0
半径100キロを地元にして住民投票で決めろ。

2. 2015年12月06日 13:32:57 : 1ioo7h1uY6 : p1BnCI4sGlI
■『ここにもおったか

     キチガイ首長

 住民の 命売却 金儲け』!



3. 2015年12月06日 13:48:17 : WRWvZr5gi6 : &X44Br45lG4
ステーションブラックアウトでは風下250キロが毎時50ミリシーベルト以上、最大250ミリの高濃度汚染に見舞われる。原発利権の中心人物は元資源エネルギー庁、今井尚哉が背後から安倍をあやっている。フクイチの事故の真犯人は国民の手で始末するべきです。

4. 2015年12月06日 17:27:17 : tctY4BgZcg : mrwV7uG1itY


>野瀬町長は同日、「(司法判断は)別の土俵の話。判断する材料や視点が違う」と強調。知事も「司法手続きと行政手続きは別系統のもの」と主張しており、仮処分決定に関係なく判断する

           高浜町は なにやっても 良いのか

     法律無視の 独裁町長の声一つで なんでも出来る 穢れた町


5. 2015年12月06日 18:29:06 : gjSWR86AiA : u0glpiXsZGg
西川なんて、ゴスロリおばさんのリモコン知事。

ゴスロリおばさん
私が原発再稼動と引き換えに、北陸新幹線をとってきたのよ。
わかっているわね !

西川・福井県知事
はいっ !

ゴスロリおばさん
敦賀から大阪は、若狭湾を通るのよ。高浜も便利になるわよ。

野瀬・高浜町長
ありがとうございます。


6. 2015年12月09日 10:21:35 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[49]
2015年12月9日(水)
「燃料棒溶けても大丈夫」

福井県議会 国、原発基準で居直り

佐藤議員が追及

 福井県議会は7日、全員協議会を開き、関西電力高浜原発3、4号機(同県高浜町)の再稼働問題で国側から説明を受けました。日本共産党の佐藤正雄議員が質問し、国の規制基準と審査のずさんさが浮き彫りになりました。

 国側は、再稼働に関する方針、高浜地域の原子力防災の取り組み、新規制基準に基づく審査内容を説明しました。

 佐藤議員は、原子力防災で放射能汚染を予測する緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI)の活用をなぜやめたかを質問。内閣府の山本哲也・官房審議官は「避難対策を検討する際には活用する」「自治体での活用は交付金で支援する」と答えました。

 過酷事故対策では、溶け落ちる核燃料をためて冷やすのに、「コアキャッチャー」を格納容器底部に設置せず、水を張るのでは、逆に爆轟(ばくごう=爆発的燃焼の際に火炎が音速を超えて広がる現象)の危険を高めるとの指摘もあるとただしました。

 原子力規制庁の山形浩史・実用発電用原子炉規制総括官は、どちらでも問題なしと答弁。

 佐藤議員は、原子炉の鋼材が長期に中性子線を浴びてもろくなり、急冷に耐えられなくなる問題も質問。「冷却水注入で原子炉容器が破壊される危険がある。脆性遷移(ぜいせいせんい)温度について規制基準がないのはおかしい」と指摘しました。

 山形総括官は「基準がないのは、燃料棒が全部溶け落ちても大丈夫にしているからだ」などと開き直りました。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2015-12-09/2015120903_01_1.html

2015年12月9日(水)
東電、事実と異なる申請

ケーブル分離「対策済」

柏崎刈羽原発

 東京電力柏崎刈羽原発(新潟県)で安全設備関連のケーブルが新規制基準に反して分離されていなかった問題で、東電が原子力規制委員会に提出した同原発6、7号機の審査の申請書類に、「対策を講じている」などと実態と異なる記述があることが8日、分かりました。

 規制委の審査は原発再稼働の前提として行われますが、電力会社の申請書類に事実と異なる記載があることを想定しておらず、ケーブルの分離は現場で確認していませんでした。審査の限界が浮き彫りになりました。

 原発の新規制基準は火災対策として、安全上重要な設備と関連のあるケーブルは系統を分離するよう求めています。板などで隔離する必要がありますが、柏崎刈羽6、7号機では少なくとも計296本のケーブルが分離されていませんでした。

 一方、東電が6、7号機の再稼働を目指し、2013年9月に提出した工事計画認可申請書は「相互に分離したケーブル・トレー、電線管を使用して敷設」と明記。「独立性を侵害することのないよう適切に影響軽減のための対策を講じている」と記載していました。

 実際には安全設備関連のケーブルを入れたトレーに、別のケーブルも通すなど、不適切な工事が行われていました。東電は「対策を講じたと思い込んでいた。確認が不十分だった」としています。

 規制委は8月、東京電力福島第1原発と同じ沸騰水型原発のうち、柏崎刈羽6、7号機を優先的に審査すると決めました。しかし9月に東電が報告するまで、ケーブルの問題を把握していませんでした。

 同様の問題は、中部電力浜岡原発4号機(静岡県)や、北陸電力志賀原発1号機(石川県)などでも発覚しています。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2015-12-09/2015120915_03_1.html

2015年12月9日(水)
被災県で再稼働推進

復興相の資質なし

衆院復興特別委 高橋氏が追及

 日本共産党の高橋千鶴子議員は8日の衆院東日本大震災復興特別委員会で、自民党の「電力安定供給推進議員連盟」事務局長として原発の早期再稼働を求めてきた高木毅復興相の閣僚としての資質をただすとともに、東京電力福島第2原発の廃炉を求めました。

 高橋氏は、高木復興相が就任会見でも、東日本大震災の被災県にある福島第2原発と東北電力女川原発の再稼働について「(新規制基準に適合すれば)再稼働を進めていく」と発言していることを指摘。福島県議会では福島県内の原発全基廃炉を求める請願を採択していることをあげ、「民意を踏まえるなら、再稼働するべきではない」と迫りました。

 しかし、高木復興相は「さまざまな意見を総合的に勘案しながら事業者が判断するもの」と述べ、再稼働を否定しませんでした。

 高橋氏は、福島第2原発では不適切な報告処理が見つかり、原子力規制委員会の立ち入り検査を2度も受けていることを指摘。「福島第2原発の状況は再稼働どころか、新規制基準の申請以前の状態だ」と強調しました。

 これに対して原子力規制委員会の田中俊一委員長は「できることなら(立ち入り検査による報告の)再補正のプロセスはしない方がいい」と答えました。

 高橋氏は、福島第2原発は必要最小限の復旧にとどめ、東電は福島第1原発の事故収束に集中すべきだと述べ、被災者の声に応えて廃炉にするよう改めて強調しました。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2015-12-09/2015120915_02_1.html


7. 2015年12月11日 14:25:39 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[87]
2015年12月11日(金)
高浜原発 報告書案は「不十分」

福井県安全専門委 委員が指摘

 福井県原子力安全専門委員会は10日、会合を開き、再稼働の地元同意手続きに入っている関西電力高浜原発3、4号機(同県高浜町)の安全性について、これまで行ってきた審議をとりまとめる報告書案を審議しました。西川一誠知事は委員会の審議状況もふまえて同意判断を行うとしています。

 報告書案は「原子炉の安全確保のために必要な対策は確保できている」としていますが、委員からは、地震動想定や、増え続ける使用済み核燃料、テロ、放射能汚染水、設備の高経年化などの対策の不十分さを指摘してきたのに盛り込まれていないとして報告書案に反映させるよう求める発言があり、中川委員長は「どう盛り込むかは検討したい」としました。

 問題を指摘した委員は「『基準地震動』700ガルでは不安で、不十分だ」「過酷事故対策、テロ対策が、はっきりしない」とのべました。また、再稼働すれば増え続ける使用済み核燃料の問題でも「現時点まで日本では、なんの解決策も出ていない」と指摘。これに関連して中川委員長は高浜原発の使用済み核燃料プールについて「(再稼働後)7年半で満杯だ」とのべました。

 委員の「高経年化問題が(報告書案に)出ていない」とする意見には、同調する別の委員もいました。

 この日の会合に先立ち、日本共産党の佐藤正雄県議が、傍聴者と専門家委員の質疑応答や、県民説明会の開催、報告書案への意見の募集と反映を強く要望していましたが、傍聴者との質疑は行われませんでした。会合後、中川委員長は、佐藤県議に要望があれば委員長として別の機会に説明責任を果たすと話しました。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2015-12-11/2015121115_03_1.html


8. 2015年12月16日 13:47:16 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[143]
Domestic | 2015年 12月 16日 13:16 JST

高浜原発の避難計画取りまとめ
http://s1.reutersmedia.net/resources/r/?m=02&d=20151216&t=2&i=1102679287&w=644&fh=&fw=&ll=&pl=&sq=&r=PN2015121601001108.-.-.CI0003
高浜原発の避難計画取りまとめ
 福井、京都、滋賀3府県と原子力防災を担当する内閣府は16日、関西電力が再稼働を目指す高浜原発(福井県)の事故時の避難計画を議論するため地域原子力防災協議会を東京都内で開き、計画を取りまとめた。離島を除き、原発30キロ圏に複数府県がまたがる避難計画は初めて。

 内閣府は原子力防災会議(議長・安倍晋三首相)に報告し、同会議が18日に避難計画を最終的に了承する方向。20日には林幹雄経済産業相が地元入りし、西川一誠福井県知事と面談する見通しで、西川知事が再稼働に同意表明する環境が整う。

 3府県は避難計画の策定が必要な原発の半径30キロ圏に入る。


〖共同通信〗

http://jp.reuters.com/article/idJP2015121601001115

高浜原発、異議審は24日に決定 再稼働是非で福井地裁
(2015年12月16日午前7時15分)


 関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜町)の再稼働差し止めを命じた福井地裁の仮処分決定を不服として、関電が申し立てた異議について同地裁は15日、決定を24日に出すことを決めた。2基は再稼働に向けた地元同意手続きが進んでいるが、仮処分決定を覆す判断が出ない限り、法的に再稼働できない。

 同地裁は4月、関電の安全対策の不備や原子力規制委員会の新規制基準の不合理性を指摘し、再稼働を認めない決定を出した。関電は同月、全交流電源喪失時の安全対策、使用済み核燃料プールの冷却設備の耐震性など「判断に明らかな事実誤認がある」として、決定の取り消しを求める異議を申し立てていた。

 4月の決定は樋口英明裁判長=名古屋家裁に異動=が出したが、今回は林潤裁判長が担当する。

 関電は当初、11月の再稼働を目指していたが、使用前検査の準備の遅れなどを理由に、3号機を来年1月下旬、4号機を同2月下旬に変更している。

 再稼働に向けた地元同意手続きをめぐっては、既に立地町の高浜町会と野瀬豊町長が同意。県会は12月議会最終日の17日に意見集約する方向で、西川知事の最終判断が焦点になっている。

 福井地裁は、同時に審理を進めていた大飯原発3、4号機(おおい町)の再稼働差し止めを周辺住民らが求めた仮処分についても24日に決定を出す。

http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/npp_restart/85681.html


9. 2015年12月18日 10:33:42 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[165]
Domestic | 2015年 12月 18日 09:31 JST

高浜原発の避難計画を了承

http://s1.reutersmedia.net/resources/r/?m=02&d=20151218&t=2&i=1103187044&w=644&fh=&fw=&ll=&pl=&sq=&r=PN2015121801001098.-.-.CI0003
高浜原発の避難計画を了承
 政府は18日、原子力防災会議(議長・安倍晋三首相)を開き、再稼働手続きが進む関西電力高浜原発(福井県)の周辺自治体の避難計画を了承した。

 計画了承は事実上、再稼働手続きの一環。林幹雄経済産業相が20日に福井県を訪れ、西川一誠知事と面会する方向で調整が進められており、その後、知事が再稼働への同意を表明する見通しだ。

 計画が必要な原発の半径30キロ圏には福井、京都、滋賀3府県が入る。離島を除き複数府県にまたがる避難計画は初めて。

 30キロ圏には約18万人が住む。避難計画では広域避難先に兵庫県や徳島県を指定。バスや自家用車での避難のため避難ルートも明記した。


{共同通信}

http://jp.reuters.com/article/idJP2015121801001078


10. 2015年12月18日 16:01:17 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[170]
2015/12/17 〖京都〗後藤政志さんに聞く高浜原発再稼働の危険性(動画)

 2015年12月17日(木)14時から、京都市中京区のGreen&gardenで、お話会「後藤政志さんに聞く高浜原発再稼働の危険性」が開催された。

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/279080
https://www.facebook.com/events/145470422484021/


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素44掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
原発・フッ素44掲示板  
次へ