★阿修羅♪ > 原発・フッ素44 > 645.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
装着の有無で差はなし 個人線量計の外部被ばく量推定 (福島民友)
http://www.asyura2.com/15/genpatu44/msg/645.html
投稿者 魑魅魍魎男 日時 2016 年 1 月 06 日 17:29:01: FpBksTgsjX9Gw 6bOWo@mx6bKSag
 

「装着の有無で差はなし 個人線量計の外部被ばく量推定」 (福島民友 2016/1/5)
http://www.minyu-net.com/news/news/FM20160105-039905.php

英国インペリアル・カレッジ・ロンドン公衆衛生大学院の野村周平氏らの研究チームは、南相馬市の児童生徒を対象に、外部被ばく量を測定する個人線量計(ガ ラスバッジ)を自宅に置きっ放しにするなどして身に着けなかったり、持ち歩かなかったことがあった場合、測定値にどの程度誤差が出るかを調べ、論文にまと めた。ガラスバッジを適切に装着していた場合に想定される被ばく量と比べて大差はなかった。

4日までに英国医学雑誌のオンライン版に発表した。論文では「たとえ適切に使用されなかったとしても、その測定値は十分評価が可能だ」と結論づけた。

 研究では、2012(平成24)年9〜11月にガラスバッジが配布された南相馬市の児童生徒1637人の測定値を分析。このうちガラスバッジを学 校や屋外に持って行かないなど不適切に使用する時間帯があったのは1518人で9割以上を占めた。すべての時間帯で適切に扱ったのは117人にとどまっ た。1518人の被ばく量の平均値を、適切に使用した児童生徒の値から推定した本来の被ばく量とを比べた結果、統計的な差はなかった。

 除染が早く完了した学校にガラスバッジを持って行かず自宅に放置した場合は、ガラスバッジは実際の被ばく量よりも高い値を示し、逆に放射線量が高い屋外に持って行かなかった場合は実際の被ばく量よりも過小評価となったが、いずれの場合も誤差は非常に小さかった。

 研究チームには、南相馬市立総合病院に勤務する東大医科学研究所の坪倉正治医師らが参加した。

------(引用ここまで)--------

ガラスバッジは、福島のような全方向照射では、実際よりも3−4割低めの値を表示すると
製造メーカーが証言しています。

ガラスバッジは人間のように呼吸も飲食もせず、内部に放射性物質を蓄積することもないので、
安全かどうかを判断する基準にはなりえません。

装着の有無で測定値に差があろうがなかろうが、ほとんど意味がありません。

御用医学者による無意味なマヤカシ研究です。


(関連情報)

「ガラスバッジは福島のような全方向照射では3−4割低めに検出する (フクロウの会)」
(拙稿 2015/1/21)
http://www.asyura2.com/14/genpatu41/msg/686.html

「スクープ「個人線量計が最大4割低く表示」福島県内の子供が危ない!〈週刊朝日〉」 
(阿修羅・赤かぶ 2015/1/28)
http://www.asyura2.com/14/genpatu41/msg/725.html
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年1月06日 18:41:52 : 1ioo7h1uY6 : p1BnCI4sGlI[89]
■配布ガラスバッジとやらは

 不良品か

 感度が鈍く

 レンジの違う品物

 じゃ〜ないの?



2. 戦争とはこういう物[1010] kO2RiILGgs2CsYKkgqKCpJWo 2016年1月06日 21:11:59 : 0lfblgLuXc : joWj7kZ@L@I[58]
福島”汚染地域”には住むべきでない、
と書いたコミックが出版された時には、国民挙げてバッシングが起きたが。
本当に「20倍甘い基準」の汚染地域に帰還させて良かったのか、5年目の今こそ再検証するべきでないか。

3. 2016年1月06日 23:00:03 : nmkb8LjVkk : HTRzJx3K1vc[4]
使われたガラスバッジは、千代田テクノルのガラスホルダGD−450。HPは1センチ(皮膚下1センチの線量当量)。

ガラスバッジには、投稿者が指摘する問題点があるけれど、その点に関して、当該論文は、「EGSによる地表に広く分布した134Cs及び137Csの環境における個人線量計の評価」と言う論文を引用する。

しかし、この論文は、筆者がまとめで述べているように、「理想に近いエネルギー・角度特性を持つ個人線量計を模擬した計算」の結果であり、「実測に基づいた検討」が必要だ。(人は、必ずしも大地に対して垂直にある訳ではないし(子どもは寝転がって遊ぶ。)、毛髪や着衣に付着した放射性物質の影響もあり、さらに体内に入り込んだ放射性物質によって被曝する。)

https://www.jstage.jst.go.jp/article/radioisotopes/62/6/62_335/_pdf

記事にある論文はこれ。

>Compliance with the proper use of an individual radiation dosimeter among children and the effects of improper use on the measured dose: a retrospective study 18–20 months following Japan's 2011 Fukushima nuclear incident

http://bmjopen.bmj.com/content/5/12/e009555.full

前段に「研究の制限と強み」と題して、「(ガラスバッジ)不使用における誤差の臨床的意義に関する、我々の結論(誤差は小さく問題がないと言う結論)は、福島県のより高い線量の地域には、一般化できないかもしれない」とある。

>our findings with regard to the clinical significance of the errors may not be generalisable to other areas with higher exposure levels in the Fukushima Prefecture.

当該論文が、表3で示す3か月間の実効線量の範囲は、0.32−0.37mSv。

http://bmjopen.bmj.com/content/5/12/e009555/T3.expansion.html


自宅、校庭、校門、校舎入り口の平均空間線量率は、それぞれ、0.49、0.11、0.22、0.17μSv/h。

>The mean air dose rates at a height of 1 m above the ground at home, on the school grounds, at the main gate and at the entrance/exit of the school were 0.49, 0.11, 0.22 and 0.17 μSv/h, respectively.

南相馬市の平均空間線量率は、0.49μSv/h。範囲は、0.19−2.13μSv/h。

>the mean air dose rate in Minamisoma City during the study period was 0.49 μSv/h (range 0.19–2.13 μSv/h).

チェルノブイリ原発事故に習うと、非常に深刻な健康への影響が懸念される。

一種の人体実験、ジェノサイドが行われている。


4. 2016年1月06日 23:03:09 : RrWW6hls7I : _m1drS54Jis[10]

一億総玉砕などと言っていた戦時中でさえ、学童疎開が実施され戦火から子供たちを

守ろうとしていたのに・・・・



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素44掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
原発・フッ素44掲示板  
次へ