★阿修羅♪ > 経世済民103 > 371.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
世界一、二位を競う大気汚染と日本の技術(NEVADAブログ)
http://www.asyura2.com/15/hasan103/msg/371.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 12 月 08 日 13:21:15: igsppGRN/E9PQ
 

世界一、二位を競う大気汚染と日本の技術
http://blog.livedoor.jp/nevada_report-investment/archives/4977100.html
2015年12月08日 NEVADAブログ


中国の北京とインドのニューデリーが大気汚染濃度の世界一位、二位を争う事態になっていますが、北京ではPM2.5濃度が1000にも達する事態になっており、もはやまともに住めない環境になってきていると言えます。

ニューデリーでも300を超えてきており、自動車規制が行われるようですが、ここまで事態が悪化すればもはや小手先の対応では改善はするものではなく、首都への自家用車乗り入れ禁止や自動車販売を一年以上禁止したり一般家庭や工場での石炭使用を禁止したりする必要があると言えます。

これらは外部の者がどうこういうものではなく、中国、インド国民が声をあげて対策を政府に迫る必要がありますが、環境面ではかつての大気汚染を制圧し今や世界一の技術をもつ日本が協力するべきだと言えます。

日本の技術で世界を救うことが出来る分野も多くあり、シャープにしましてもプラズマクラスターやその他の空気清浄機もあり、ビジネスチャンスはあるはずなのです。

それを活かすも殺すも経営者の判断となります。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2015年12月08日 13:45:33 : nJF6kGWndY : n7GottskVWw[67]

>シャープにしましてもプラズマクラスターやその他の空気清浄機もあり、ビジネスチャンスはあるはず

詐欺商法ではねw

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%BA%E3%83%9E%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC
シャープは、プラズマクラスターイオンに以下の効果があるとしている。
布に染み込ませたタバコの臭いを脱臭
浮遊しているダニの糞や死骸等のタンパク質を切断して除去、アレルゲンの作用を低減
空気中のウイルスを除去し、浮遊ウイルスの作用を抑える
細菌の細胞膜のタンパク質を断片化して不活化
浮遊しているカビの細胞膜のタンパク質を切断して分解除去
イオン濃度25000個/cm2の場合、肌の水分量の増加
機能搭載エアコンの場合、内部のカビを除菌
しかし、2015年2月現在、「有効性を確認出来ない」とする研究[4]はあるが、開発者と開発者が研究委託した機関以外の純粋な第三者による「除菌効果が実空間で実証された」とする科学論文がみあたらないことが、有効性について懐疑的な主張や、消費者庁による優良誤認の判定につながっている(後述)。
有効性に関する議論[編集]
有効とする研究報告など[編集]
同社は、東京大学、広島大学、大阪市立大学、ハーバード大学、ソウル大学など国内外の複数機関で研究を行い効果を実証しているとしている[5]。新型H1N1インフルエンザウイルスに対しても2時間の照射で99.9%抑制するなどの効果を検証している[6]。
シャープはまた、財団法人パブリックヘルスリサーチセンターが東京大学大学院医学系研究科大橋靖雄教授監修で行った二重盲検法による試験で、インフルエンザウイルス感染率を約30%低減できたことを確認したと発表している[7][8]。
シャープはさらに、東京大学医学部附属病院臨床研究支援センターに委託し、大橋靖雄教授監修により実施した臨床研究において、プラズマクラスターイオン技術が、小児アトピー型ぜんそくの気道炎症レベルを低減することが証明されたと発表している。[9]。
懐疑的な研究報告など[編集]
前述のインフルエンザウイルス感染率試験については、イオン有り群とイオン無し群の間でインフルエンザの発症件数に統計学的な有意差がなかったことから、プラズマクラスターイオンの効果が確認できなかったと解釈する意見もある[10]。また、空気中のインフルエンザウイルスの減少は集塵フィルターの効果であったとする報告もある[11]。
「感染症学雑誌 Vol.86 (2012) No.6」に掲載された論文「殺菌性能を有する空中浮遊物質の放出を謳う各種電気製品の、寒天平板培地上の細菌に対する殺菌能の本体についての解析」[12]によると、プラズマクラスターやナノイーには極めて狭い空間で濃度を高めた場合には一定の殺菌効果が認められた。しかし、殺菌効果を持つのはプラズマクラスターやナノイーと同時に発生するオゾンであり、プラズマクラスターやナノイーの粒子そのものではないとしている[13][14]。
グローブボックス内で黄色ブドウ球菌、緑膿菌、セレウス菌、腸球菌に対して使用した試験では、殺菌効果の有効性が確認できなかった[4]とする研究がある。
更に、効能の一つに「機能搭載エアコンの場合、内部のカビを除菌」が挙げられているが、カビの発生自体を防ぐわけではない。プラズマクラスター機能がついていても、定期的な分解掃除は必要である。プラズマクラスター発生装置が備わっている製品は、その分分解掃除が困難になり、むしろカビが多く溜まってしまうという矛盾を抱えている。[要出典]
消費者庁による不当表示判定(優良誤認)[編集]
シャープは製造した「プラズマクラスター」を組み込んだ掃除機に関して、空気中に浮遊しているダニの糞や死骸等のアレルギーの原因となる物質を分解、除去すると広告で表示していた。 2012年11月28日、消費者庁が外部の研究機関に依頼して当該掃除機を調べた結果、表示された通りの性能が出なかったため、同社に対し不当景品類及び不当表示防止法違反(優良誤認)で再発防止を求める措置命令を出した[15][16]。この措置命令に対しシャープは、プラズマクラスターの性能自体の問題ではなく広告表示への指摘(「エアコンや空気清浄機などは部屋で長時間使うので効果がありますが、掃除機の場合は使用する時間も短く、動き回るので、部屋全体に効果があるような表示が行き過ぎと判断された」)とした上で、2012年10月末までに広告表示の修正を行った[17]。
特許内容[編集]
特許第3680121号。特許庁webより閲覧できる。実験は縦2m、横2.5m、高さ2.7mの空間において行われているが、実験の有意差検定は行われておらず、n数も載っていない。
48項
イオンを送出しない場合において、1時間後の浮遊細菌の残存率は63.5%と書かれており、イオンとは関係なく36.5%減る。
36項
第一形態におけるイオン送出1時間後の残存率は36%であり、48項の内容と比較して27%程度の効果があるように書かれている。
56項
第三形態では同20%の効果。
61項
第四形態では30%の効果。
65項
第五形態では20%少々の効果。
上述の特許内容においては、プラズマクラスターがいずれの形態に該当するかは書かれていない。
原理[編集]
シャープによると、H+とO2-がカビや細菌やウイルス等の表面に付着すると、OHラジカルに変化し、それらの表面のタンパク質から水素を抜き取り分解して水になる、としている[3]。
シャープ技報において公表された開発者の論文[18]によると、除菌効果は放電と同時に発生したオゾンによるものではなく、正イオンと負イオンの反応により生成した活性酸素(OHラジカルなど)のタンパク質変性作用が、ウイルスを不活性化するとしている。


2. 2015年12月08日 14:59:04 : xqEk6mxhpE : lQRfCI6C698[57]
協力はしても良いが、技術の無償供与なんて必要ない。せいぜい排出権とのバーターでやればよい。

3. 2015年12月08日 18:14:55 : aXMqObr5Zk : BiEihENk5Ws[19]
空気清浄器で解決出来る話じゃない、インドでも中国でも環境規制の法制は整備されている、後は法令順守なんてまったく考慮しない国民の民度の問題だろう。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民103掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
経世済民103掲示板  
次へ