★阿修羅♪ > 経世済民103 > 771.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
ドルが基軸通貨でなくなる未来へのシナリオ(ダイヤモンド・オンライン)
http://www.asyura2.com/15/hasan103/msg/771.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 12 月 24 日 10:11:35: igsppGRN/E9PQ
 

ドルが基軸通貨でなくなる未来へのシナリオ
http://diamond.jp/articles/-/83596
2015年12月24日 マシュー・バロウズ,藤原朝子 [学習院女子大学] ダイヤモンド・オンライン


大統領の指針ともなる最高情報機関・米国国家会議(NIC)。CIA、国防総省、国土安全保障省――米国16の情報機関のデータを統括するNICトップ分析官が辞任後、初めて著した全米話題作『シフト 2035年、米国最高情報機関が予測する驚愕の未来』が11月20日に発売された。日本でも発売早々に増刷が決定、反響を呼んでいる。本連載では、著者がNIC在任中には明かせなかった政治・経済・軍事・テクノロジーなど多岐に渡る分析のなかから、そのエッセンスを紹介する。


20世紀初頭、アメリカ経済はイギリス経済の2倍近い規模となっていたが、基軸通貨は「ポンド」だった。アメリカ・ドルは国際的なインフラを備えていなかったからだ。第12回では、未来の「通貨」にありうるシナリオを分析する。


■人民元が基軸通貨になる?


ドルが世界の基軸通貨であることは、歴史的にアメリカの優位を強化してきた。フランスのシャルル・ドゴール大統領は、アメリカの「法外な特権」と語ったことがある。



大英帝国の終焉は、第2次世界大戦でイギリスの財政が破綻したことで拍車がかかった。ドルはポンドほど劇的で破滅的な道のりをたどることはないだろう。


アメリカと中国が紛争に突入して、中国が莫大な財政赤字を被り、保有する1兆ドル超の米国債を手放さないかぎり、ドルは基軸通貨の地位を維持し、人民元とユーロがその傍を固める形になるだろう。


しかしドルが基軸通貨の座から転落し、もっと多極的な通貨体制が生まれたら、それはアメリカの地位低下を最も鮮明に示すサインになるだろう。ドル研究の権威であるカリフォルニア大学バークレー校のバリー・アイケングリーン教授は、「国際通貨体制は10年以内に間違いなく大きく変わる」と断言する。


アイケングリーンによれば、中国の金融当局は人民元を取引可能にし、基軸通貨にしようとしている。しかしそのためには、資本規制を撤廃して流動性の高い金融市場を構築するだけでなく、透明性が高く、法治主義的な政府が必要だ。


実際、中国共産党は2013年の3中全会で、法による統治を目標に掲げた。それ以外にも中国には幅広い構造改革が必要だが、アイケングリーンは、中国は数年前から基軸通貨の座を本気で目指してきたと指摘する。


「中国はブラジルとの2国間貿易で、両国の通貨を使用しやすくする合意を結んだ。アルゼンチン、ベラルーシ、香港、インドネシア、韓国、マレーシアとも通貨スワップ協定を締結。香港と中国本土5都市の間でも人民元決済協定が結ばれ、HSBCは香港で人民元建て債券の発行を認められた。さらに香港で1兆ドル相当の人民元建て債券も発行された。こうした措置はどれも、輸出入業者と投資家に人民元の使用を促し、国内外におけるドル依存を低下させたいという狙いがある」


■それでもドルは安全か


2013年10月、欧州中央銀行(ECB)と中国人民銀行(中央銀行)は、通貨スワップ協定を締結。国際決済銀行(BIS)によると、人民元は2013年、過去10年で世界で最も使われた通貨トップ10の一つになった(2004年は35位だった)。


基軸通貨の交代は、一般に考えられているよりも早く起きる可能性がある。


ドルも1914年まで、まったく国際的な通貨ではなかった。アメリカ経済はすでにイギリス経済の2倍の規模になっていたが、世界の銀行はイギリス政府だった。アメリカにはドルが国際的な通貨になるためのインフラもなかった。


しかしこの年、連邦準備制度が構築されて状況が大きく変わった。一方、現代の中国政府は、2020年までに北京と上海を世界の金融センターにすると目標を定め、人民元を世界の基軸通貨にしようとしている。


金融の多極化がどのくらいのスピードで起きるかは、アメリカ国内の動向にも左右されるだろう。2013年に連邦政府の債務上限引き上げ問題で、政府機関閉鎖など政治的混乱が生じたとき、アメリカはドルの地位を危険にさらしているという批判が起きた。それでも、ドルへの信頼は、まださほど失われていない。


人民元の取引がまだ限定的なのと、ヨーロッパの景気回復が遅れていることもあり、ドル以外に安全な投資先があまりないのだ。2008年の世界同時不況の原因はアメリカの銀行だったが、アメリカの国債と株式はいまも安全な逃避先と見られている。


■社会保障増大がいずれはドルの信頼性低下を招く


ただ、今後選択肢が広がれば、アメリカ国内の政治的混乱は、アメリカ自身にもっと大きな代償をもたらすだろう。アメリカ議会予算局(CBO)は、何らかの措置(つまり社会保障費と医療費を減らすか、歳入を増やすか)を取らなければ、2038年には政府債務がGDP比100%に達すると試算している。


しかし財政健全化措置が取られなければ、もっと早い段階で米国債の投資家は懸念を深めるだろう。長期金利が上昇して、財政赤字と債務問題が悪化――これはアメリカが避けなければならない悪夢のシナリオだ。


投資家の忍耐がいつ限界に達するかはわからないから、なおのこと恐ろしい。投資家にそっぽを向かれたら、アメリカ人の暮らしや世界における地位が大打撃を受けるのは間違いないだろう。


マシュー・バロウズ(Mathew Burrows)
米国の最高情報機関であるNIC(国家情報会議)の元分析・報告部部長。直近の2号である『グローバルトレンド』(2025/2030)で主筆を担当。ウェズリアン大学(学士号)とケンブリッジ大学(博士号)で歴史学を学ぶ。1986年にCIA入局。2003年にNICに加わる。28年に渡って国家情報アナリストとして活躍。リチャード・ホルブルック国連大使の情報顧問を務めたこともある。2013年に辞任し、現在は「アトランティック・カウンシル」戦略フォーサイト・イニシアチブ部長を務める。ワシントン在住。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 佐助[3093] jbKPlQ 2015年12月24日 11:25:19 : QXWXtKzZVU : KMxE_bHF90o[116]
円が第三の世界基軸通貨の本命です
基軸通貨は一極ドルからドル・ユーロ・円などの複数通貨制になる。多極化は避けられません。
しかし政府と日銀の失政で基軸通貨の仲間に入れないかも知れない。

第二次大戦の武器輸出で、ドルが世界の金の75%以上を保有した8年後の44 年の国際会議でヤット、世界の基軸通貨がポンドからドルヘ交代。従って通貨の交代はそう簡単にいきませんが今回は世界恐慌が多極化の根因なので,複数通貨制になるまで世界金融恐慌も世界の政権の混乱も収束しません。

もしも「発行する国債又は通貨発行高を保有する金とリンクさせる」とドルとユーロが約束すれば、為替の乱高下と、国債をデフォルトする危機は収束できると断言できるのです。

最初からドルとユーロが一緒に、債券や通貨発行高を金とリンクさせれば、より長期間安定できるのですが、ユーロは「ドルの寿命を延命させるだけだとか、自己責任をとらない国は除名脱退すればよい」と、お互いのテレトリー(縄張り)の既得権益擁護が障害となり、簡単に収束できないのです。

そのために中国、ロシヤ、インド、ブラジル、豪州、南アフリカの通貨が、第三の世界の基軸通貨をめざします。でも、どの国も25%の金を市場から購入することができません。そして、バルブで支えている景気が作裂し、外国投資が引上げられるので金買いどころではなくなります。

そして世界の通貨投機は元に集中します。だから中国は元の管理が破れないように、香港の銀行(国有・私有)に元建て国債を発行させ、たいへんな人気なのです。しかし、第三の基軸通貨国の見える本命の元はなれません,元は中国解体とバブル作裂と、シーラカンス銀行のデフォルトの三つの危機に直面しているのだ!そして多民族・多部族国家なので第三の基軸通貨になるには中国分割しかありません。

そこで、日本は1933 年のルーズベルト大統領にならい、金の輸出輸入を国家管理にし、原価百円の1万円札紙幣で、国民から金価格相場にプレミヤムを付けて買上げると、円は間違いなくドルとユーロと共に、25%の金を保有して、第三の基軸通貨となる。

「日本の商品の世界的優位性」の法則により,第三の基軸通貨になるのは円です。しかし経済は2007年の経済指数には戻りません,そして世界で最も景気の回復が遅れて苦しむのが日米です。だが産業革命を加速させると未曽有の繁栄が期待できるが政府・日銀の失政で第三の基軸通貨になれない可能性がある。


第二次世界金融大恐慌や世界経済全体に波及するバブルの発生なんて、想像することができない!日本は貧乏人には我慢、金持ちには借金棒引き救済なので、回復する時間を長期化させます。

しかも今度の苦痛は、いざなぎ景気越えの見かけの景気をともなわない。なぜなら、見かけのいざなぎ景気越えは、国内市場の縮小を海外市場の拡大によってカバーされた、蜃気楼化された経済指数が正体だからだ。ドルのキン離れによる世界の信用膨張で、最も恩恵を受けた国が日本だからだ。そのため、日本は、最大の打撃をこうむる。そして慣習期の商品にあぐらをかき、市場拡大のインパクトのある商品を開発できなかった企業は、縮小&倒産は避けられない。


2. 2015年12月24日 11:29:18 : nFv8XGcOxP : FSFlAe3GfZg[2]
英国と米国は同類だからポンドがドルに切り替わっても何の問題も生じない。

ドルの基軸通貨体制を脅かす通貨が出てきたら叩き潰されるよ。それでも昔のように戦争にならないだけまし。


3. 2015年12月24日 12:28:12 : 1ngw2OuUP6 : xLuLSldPCQk[12]
アメリカが基軸通貨国になれたのは国民一人当たりの生活水準がほかの国よりも高かったからだ。貧乏くさい浪費大国の中国人民の生活水準が日本並みになれば、世界の人々は喜んで中国人民元をほしがる。しかし、中国には人口構成からしてもう伸びしろがない。中国が浪費政策をやめて中国人民の生活向上を目指すのは正解だが、、中国企業の国際競争力は失う。汎用品を生産する国家は中国だけではないのだ。

4. 2015年12月24日 14:26:06 : OO6Zlan35k : ScYwLWGZkzE[109]
米ゼロ金利の解除、FRBは市場との対話に成功

2015年12月24日(木)門司 総一郎

 12月16日、米連邦公開市場委員会(FOMC)は政策金利であるフェデラルファンド(FF)レートの誘導目標を0〜0.25%から0.25〜0.5%に引き上げることを決定。実質ゼロ金利政策(以下、ゼロ金利政策)を解除しました。今回はこのゼロ金利政策解除を取り上げます。

リーマン・ショックを受けて危機対応モードに突入


9年半ブリに政策金利引き上げに踏み切ったFRBのイエレン議長(写真:Abaca/アフロ )
 まず、リーマン・ショック以降の米国の金融政策を振り返ってみます。ゼロ金利政策が始まったのは2008年12月、同年9月のリーマン・ショックの後です。また、米連邦準備制度理事会(FRB)はゼロ金利政策に先んじて、11月に量的緩和(QE)と呼ばれる1.7兆ドルの国債や住宅ローン担保証券(MBS)の買い取り策を開始していました。

 このゼロ金利政策やQEは「100年に1度」といわれる危機の中で、通常の金利水準の操作だけでは効果が薄いと判断したFRBが危機対応のために採用したものです。「非伝統的な」金融緩和と呼ばれます。この「ゼロ金利」+「量的緩和」の組み合わせは、その後欧州中央銀行(ECB)などでも採用されました。ECBの場合は政策金利をマイナスにまで引き下げています。

2013年に転換点を迎えた非伝統的な金融緩和

 非伝統的金融緩和の効果もあり、リーマン・ショックによる金融危機や景気後退は一段落しましたが、FRBは依然としてゼロ金利政策やQEを継続していました。これは米景気が本調子にはほど遠い状態だったことや欧州で債務危機と呼ばれる新たな金融危機が発生したことが理由です。しかし、2013年に入って外部環境に変化が生じ、米国の非伝統的金融緩和は転換点を迎えます。

 まず欧州債務危機は、各国の財政赤字削減努力や、ECBが2012年9月に決定した国債購入措置が効果を発揮し、市場は徐々に落ち着きを取り戻しました。2013年に入ってからは、最悪期を脱したことが明らかになってきました。

 また米国では「財政の崖」と呼ばれて警戒されていましたが、何とかこれをクリアします。「財政の崖」は、2013年初め予定されていた大型減税の失効や、財政再建のための歳出自動削減措置の発動が全て実行された場合、GDP(国内総生産)を下押しする効果が3%に及ぶとして懸念されたものです。減税の一部を恒久化するなどして経済への悪影響を緩和することで乗り切りました。

 ここで経済の先行きについてのリスクが低下したと判断したベン・バーナンキFRB議長は、非伝統的金融緩和の縮小に向けて動き始めました。

 まず2013年5月の議会証言や6月のFOMC後の記者会見で、当時実行していたQE3(量的緩和第3弾)の規模縮小に言及しました。この2回のバーナンキ議長の発言は、いずれも世界の株式市場や新興国通貨の下落を引き起こしたため、「バーナンキ・ショック」と呼ばれました。

 しかしFRBが、ただちに行動を起こすことはありませんでした。2014年1月になってようやくFRBはQE3の規模縮小を開始します。その後、2014年2月にFRB議長はバーナンキ氏からジャネット・イエレン氏に代わりますが、QE3の規模縮小は継続。QE3が終了したのは14年10月のことでした。

 それからしばらくFRBは行動を起こしませんでしたが、ゼロ金利政策が始まった2008年12月から丸7年が経過した2015年12月、FRBはゼロ金利政策を解除しました。

 これで非伝統的な金融緩和策は全て終了したことになります。ゼロ金利政策の解除は米国の金融政策が危機対応モードから通常モードに復帰したことを示す象徴的な出来事といえます。この量的緩和の縮小開始からゼロ金利政策解除までのプロセスは「出口戦略」と呼ばれました。

 以上述べたように、FRBはきわめて慎重に出口戦略を進めてきました。バーナンキ議長がQE3の縮小に言及してから実際に開始するまで8カ月、そこからQE3終了までが9カ月、さらにゼロ金利政策解除まで14カ月です。

 この間、何度か株式市場や新興国通貨の下落を招き、「すわ危機か」と思わせることもありましたが、FRBはその都度慎重に市場の反応を見ながら、出口戦略を進めました。ゼロ金利政策の解除も当初は2015年9月と見られていましたが、中国株式の急落をきっかけとした世界の金融市場の混乱を受けて、12月に先送りされることとなりました。

 このように市場との対話に時間をかけながら出口戦略を進めたことにより、FRBは景気の悪化や市場の混乱を招くことなく非伝統的な金融緩和を終了させることができました。バーナンキ氏、イエレン氏と2代の議長にわたるFRBの出口戦略は成功だったと評価できるでしょう。

今後の利上げは「ストップ・アンド・ゴー」

 ここからは今後の金融政策やそれが経済・市場に与える影響について検討します。ゼロ金利解除で出口戦略は一段落しましたが、FFレートが異例の低水準であることに変わりはありません。FRBは緩やかに利上げを続ける見込みです。

 2016年についていえば、3回ないしは4回の利上げ、合計の利上げ幅は0.75〜1%が一般的な見方です。ただ、実際にはこの見通しよりも小幅な利上げにとどまる可能性があります。その場合は「緩やか」というよりも「ストップ・アンド・ゴー」に近いといえるでしょう。そう考える理由は3つあります。

 まず米国経済は、全体として拡大しているものの、過熱というほどではありません。雇用は強く、消費や住宅といった家計に関する分野は好調ですが、原油安がシェール・オイルの開発を抑制するなど設備投資は盛り上がりを欠いています。

 また、原油安やドル高の効果によりインフレも抑制されており、米国内の事情から見ると、利上げを急ぐ必要はありません。これが1つ目の理由です。

 次に世界全体を見渡すと、日本や欧州、豪州など先進国の経済は2016年にかけて改善すると見ていますが、新興国、特に資源への依存度が高い国の経済には不安が残ります。また原油などの商品価格や新興国通貨は不安定なままです。これが2つ目の理由です。

 3番目はFRBのスタンスです。先ほど述べたようにFRBはきわめて慎重に出口戦略を進めてきました。このスタンスは今後も変わらず、市場との対話に時間をかけながら、慎重に利上げを進めることになると思われます。以上3つの理由から、今後の米国の利上げは「緩やか」というよりは、「ストップ・アンド・ゴー」に近いものになると考えています。

「良い利上げ」と「悪い利上げ」

 最後に利上げが経済や市場に与える影響について考えてみます。もっとも最近、少なくとも先進国では、利上げが経済に直接影響することはほとんどありません。リーマン・ショックでも欧州債務危機でもまずバブルが破裂することによって金融危機が発生。それが実体経済の悪化に繋がるというプロセスでした。したがって、ここでは主として市場への影響について考えます。

 また利上げが株式市場に与える影響を考えるにあたって、「利上げ=株安」と単純に判断するケースを多く見受けますが、これは正しいとはいえません。「良い利上げ」と「悪い利上げ」を区別する必要があります。

 良い利上げとは景気が底堅く、金融市場が安定している時に行う利上げです。利上げそのものは株式市場にマイナスですが、景気が好調であることが利上げのマイナス効果を相殺するために、株式市場は下落しません。仮に下落したとしても一時的なものにとどまります。

 一方、悪い利上げとは景気が弱く、金融市場が混乱している時に行う利上げです。火に油を注ぐようなもので、株価の下落に拍車をかけることになりかねません。市場参加者からすれば、「空気を読め!」と言いたくなるところです。

 もしFRBが9月に利上げを実施していれば悪い利上げとなり、世界的な株価の下落を招いて危機的な状況に陥っていたかもしれません。しかし、FRBは利上げを見送りました。一方、12月16日にFRBが利上げしたにもかかわらず同日のダウ工業株30種平均が200ドル以上上昇したのは、これが良い利上げと認識されたためです。同じ利上げであっても、その効果が時々で異なるのはこうした理由によります。

 今年9月に見られたように、FRBは市場との対話を通じて良い利上げか悪い利上げか判断します。今後もFRBが現在の慎重な姿勢を続けるのであれば、その利上げが悪い利上げとなる可能性は低く、利上げが景気や市場に与えるネガティブな影響も限定的なものにとどまると考えています。

問題は利上げの有無でなくバブルの有無

 FRBの利上げが悪い利上げとなってしまう可能性は2つあります。1つは石油危機のように外的ショックで物価が高騰する中、景気や市場に明らかにマイナスと認識しながらも、物価を抑制するために利上げを余儀なくされるケースです。現時点でこのリスクを考える必要はないでしょう。

 もう1つはどこかにバブルが発生しており、利上げがきっかけとなってそれが破裂するケースです。1987年のブラック・マンデーはこの典型例です。また2000年代初頭のITバブルの破裂もこのケースに当たるといえます。

 こちらについては注意する必要があります。ただし、経済はここ数年、世界的に低成長で、株価の上昇も緩やかなものにとどまっており、バブルが膨らんでいる雰囲気はありません

 新興国通貨や原油価格の低下などはバブルというよりも、破裂したバブルの残滓とでもいうべきもの。価格下落が続いても他の金融市場や経済への影響はそれほど大きくないと思われます。

 このように考えて、FRBが慎重に進める限りにおいて、利上げが米国やその他の国の景気や金融市場に与える影響は限定的と見ています。2004年から2006年にかけての利上げ局面がそうでした。

 今後1〜2年が経過してFRBだけでなく、日本銀行やECB、英中銀(BOE)などが出口戦略で足並みをそろえることになれば話は別ですが、それまではFRBの利上げに一喜一憂する必要はないと考えています。

このコラムについて
政治と市場の“正しい”見方

 今、日本は新政権の誕生で「政治」と「金融市場」の関係がこれまで以上に強まり、複雑化しています。さらに欧州の債務危機や米国の財政の崖、中国の新執行部選出など、政治と市場を巡る動きは、海外でも大きな焦点となっています。

 しかし、市場関係者がこの両者の関係を論じる場合、「アベノミクスで日本は変わる」など物事を極めて単純化した主張になりがちで、十分な分析がなされているとは言えません。そこで、このコラムでは政治と市場の関係について深く考察し、読者の皆様に分かりやすく解説していきます。
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/opinion/15/243048/122200004/?ST=print


 
日本株堅調、原油続伸で資源中心買い、日水買い気配−指数伸び悩みも
2015/12/24 10:49 JST
    (ブルームバーグ):24日午前の東京株式相場は上昇している。海外原油市況の続伸や米国個人消費の堅調を受け、景気の先行き不透明感が後退する中、鉱業や石油、商社など資源関連、鉄鋼や非鉄金属など素材株中心に高い。海運株も買われ、複数のアナリストによる投資判断引き上げが重なった日本水産はストップ高買い気配と、水産株の上げも目立つ。
午前10時34分時点のTOPIXは前営業日比5.66ポイント(0.4%)高の1539.26、日経平均株価は105円51銭(0.6%)高の1万8992円21銭。東証1部の値上がり銘柄数は820、値下がりは945。
カブドットコム証券の河合達憲マーケットストラテジストは、「ニューヨーク原油先物は売り材料が出尽くしたところでリーマン・ショック後の安値まで瞬間的に付けた。長期的には下落方向だろうが、金融危機が起きているわけではないことを考えると、いったん底を打った感じがある」と言う。
もっとも、為替のドル安・円高推移も重しとなり、日経平均は3営業日ぶりに1万9000円台を回復した後は伸び悩み。「クリスマス休暇による参加者減少で、国内勢だけで上げるには力不足。国内勢は日経平均1万9000円を越えて買っていく主体ではない」とも河合氏は話した。
23日のニューヨーク原油先物は3.8%高の1バレル=37.50ドルと大幅続伸し、2週間ぶりの高値となった。米エネルギー情報局(EIA)の統計で先週の米原油在庫の大幅減少が明らかになり、供給超過解消への期待が広がった。
また、米商務省が23日に発表した11月個人消費支出(PCE)は、インフレ調整後で前月比0.3%増と3カ月ぶりの高い伸びとなった。個人所得は前月比0.3%増と、ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の中央値(0.2%増)を上回った。米国では、22日発表された7−9月実質国内総生産(GDP)確定値でも個人消費の拡大が成長に寄与したことが示された。
原油価格の反転や景気指標の堅調を受け、米国株のボラティリティの指標であるシカゴ・オプション取引所ボラティリティ指数(VIX)はこの2日間で急低下。こうした海外動向を受けた祝日休場明けの日本株は、直近のリスク回避の巻き戻しの動きが先行した。
東証1部の業種別33指数は水産・農林、鉱業、鉄鋼、石油・石炭製品、卸売、海運、非鉄、電気・ガス、保険、機械などが上昇。空運、情報・通信、建設、サービス、陸運、医薬品は下落。売買代金上位ではソニーや三井住友フィナンシャルグループ、ファナック、三菱商事、三井物産、新日鉄住金、コマツ、JFEホールディングス、伊藤忠商事、川崎汽船、国際石油開発帝石が高い。SMBC日興、みずほ両証券が投資判断を上げた日水はストップ高買い気配。半面、小野薬品工業やNTTドコモ、日本新薬は安い。大規模開発構想の検討期間を延長したオリエンタルランド、野村証券が投資判断を下げた協和発酵キリンも売られている。
記事についての記者への問い合わせ先:東京 長谷川敏郎 thasegawa6@bloomberg.net
記事についてのエディターへの問い合わせ先: Sarah McDonald smcdonald23@bloomberg.net 院去信太郎
更新日時: 2015/12/24 10:49 JST
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NZU1NJ6JTSEA01.html



2015年ヘッジファンド総括:群を抜くブラックストーン、全般には不調
2015/12/24 05:44 JST

    (ブルームバーグ):流動性不足と市場のボラティリティ(変動性)の高さ。ヘッジファンドの運用責任者らはこの二つを挙げて、金融危機以降で最悪となった今年の成績を弁明している。
一方でこうした悪環境にもかかわらず二けた台のリターンを実現した大型ファンドも少数ながら存在する。ブラックストーン・グループやD.E.ショー、ミレニアム・パートナーズ、シタデルなどがそうだ。

================================================================
| Assets under | Jan.-Nov. |
Fund | management | Return | Strategy
================================================================
Blackstone Senfina|$792 mln | 23%|equity
Citadel main funds|$15 bln | 12.6%|multistrategy
Passport Special | | |
Opportunities |$430 mln | 11.6%|equity
Millennium | | |
Partners |$33 bln | 11.1%|multistrategy
D.E. Shaw Oculus |$10.1 bln | 10.2%|macro
Lansdowne | | |
Developed Markets | | |
Master Fund |$12 bln | 16.2%|equity
Marshall Wace | | |
Eureka Fund |$8 bln | 11%|equity
Source: fund | | |
documents, people | | |
familiar | | |
優秀な成績を残したヘッジファンドの多くは、運用を複数のチームに広く分散し、市場の垣根を越えてそれぞれのチームが運用総額のほんの一部を運用する方式を採用している。一方で成績が特に悪かったヘッジファンドはポートフォリオを一極集中させ、どれもシェニエール・エナジーやウィリアムズ、サンエジソン、バリアント・ファーマシューティカルズ・インターナショナルといった銘柄に今年後半の急落前に資金を投じていた。
ヘッジファンド向けにポートフォリオデータを分析するノーバス・パートナーズの最高調査責任者、スタン・アルトシュラー氏は「2015年の場合、標準を下回るパフォーマンスの多くは投資の一極集中で説明できる」と指摘。「これらの銘柄の一部は、その時価総額の半分ほどをヘッジファンドが占めていた」と続けた。
マルチチーム方式のファンドで成績トップだったのはブラックストーンのセンフィナ・アドバイザーズ。2014年に株式フォーカスで運用を開始した同ファンドは、今では運用チームの数が10を下るという。事情に詳しい関係者が明らかにした。ブラックストーンのトム・ヒル副会長は昨年、同ファンドが運用する資産は2016年末までに数十億ドル規模になるとの見通しを示していた。
ヘッジファンド全体に目を向けると、今年のリターンは11月まででゼロに等しく、5.2%のマイナスだった2011年以降で最悪の成績に甘んじる可能性が高い。これに比べてS&P500種株価指数は同期間に3%、中期の米国債は2%の上昇。ブルームバーグの商品指数は22%下げた。
マイナスの成績、あるいは2008年より悪い成績を残した著名運用者もいる。グリーンライト・キャピタルのデービッド・アインホーン氏は年初から11月までの成績が約21%のマイナスとなり、年間ではほぼ20年ぶりの2年連続マイナスとなりそうだ。パーシング・スクエア・キャピタル・マネジメントのビル・アックマン氏は、今年の成績は過去最悪になりそうだと投資家に話している。
通貨の賭けを誤るなどで閉鎖を余儀なくされた知名度の高いヘッジファンドも複数あった。フォートレス・インベストメント・グループやベイン・キャピタル、ブラックロックが運用するマクロファンドがそれに含まれる。かつて欧州最大のヘッジファンドの一つだったブルークレスト・キャピタル・マネジメントは今年、顧客から預かった資金を全額返還すると通知。同ファンドを率いるマイケル・プラット氏と社員の資金運用に専念するという。
ヘッジファンドの成績について、担当者のコメントは得られていない。
原題:Blackstone, Citadel, Lansdowne Gain as Rivals Falter in 2015 (1)(抜粋)
記事に関する記者への問い合わせ先:ニューヨーク Katherine Burton kburton@bloomberg.net;ニューヨーク Saijel Kishan skishan@bloomberg.net;ロンドン Nishant Kumar nkumar173@bloomberg.net
記事についてのエディターへの問い合わせ先: Christian Baumgaertel cbaumgaertel@bloomberg.net
更新日時: 2015/12/24 05:44 JST
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NZTR28SYF01V01.html


 
ドルは120円台後半、米株高・金利上昇で底堅い−黒田総裁講演見極め
2015/12/24 11:17 JST
    (ブルームバーグ):東京外国為替市場では、ドル・円相場が1ドル=120円台後半で推移。前日の米国市場で株高・金利上昇の展開となったことを背景に、ドルが底堅い展開となっている。
24日午前11時15分現在のドル・円相場は120円78銭付近。朝方に120円98銭を付けた後、120円74銭までドルが水準を切り下げたが、下値は限定的となっている。一方、ユーロ・ドル相場は前日の海外市場で一時1ユーロ=1.0870ドルと、2営業日ぶりの水準までユーロ安・ドル高が進み、同時刻現在は1.0920ドル付近で推移している。
みずほ証券の山本雅文チーフ為替ストラテジストは、「原油価格の上昇はリスクオンの動きにつながる一方、下落は、米国株の下落につながり、リスクオフの動きになる」と説明。「クリスマス休暇で市場参加者が少ないのではっきりとした方向感がない」と言い、米株・原油価格が回復し、米国債利回りも持ち直した割にドルの上値が重い感があると話す。
23日のニューヨーク原油市場でウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物は大幅続伸し、終値ベースで2週間ぶりの高値を付けた。これを受けて、米株式相場は続伸。主要3株価指数がそろって上昇した。米国債相場は続落し、10年債利回りは2.25%に上昇した。
この日は日本銀行の黒田東彦総裁が午後1時半に日本経団連審議員会で講演する予定。三井住友信託銀行NYマーケットビジネスユニットのマーケットメイクチーム長、海崎康宏氏(ニューヨーク在勤)は、前週末18日の日銀政策決定会合での措置に関して「解釈が分かれている」とし、「それに対して総裁がどういったコメントをするのかが注目」だと指摘。「日銀はネタ切れなのではないか、他にもう手がないのではないかといった見方も一部では出ているので、もう一度黒田総裁の考えを確認するいい機会になる」と話す。
記事についての記者への問い合わせ先:東京 三浦和美 kmiura1@bloomberg.net
記事についてのエディターへの問い合わせ先:山崎朝子 tyamazaki@bloomberg.net 青木 勝, 山中英典
更新日時: 2015/12/24 11:17 JST
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NZU2CQ6K50XY01.html


債券は下落、原油高・株高受けた米債安で売り−需給の良さが下支え
2015/12/24 10:44 JST

    (ブルームバーグ):債券相場は下落。前日の米国債相場が原油高・株高を背景に続落した流れを引き継ぎ、売りが先行した。半面、日本銀行の国債買い入れオペによる需給引き締まりが下支えしている。
24日の長期国債先物市場で中心限月3月物は、前営業日の22日終値比5銭安の148円92銭で開始し、一時は148円88銭まで下げた。
現物債市場で長期金利の指標となる新発10年物国債の341回債利回りは、日本相互証券が公表した前営業日午後3時時点の参照値より1ベーシスポイント(bp)高い0.28%で始まり、その後も同水準で推移している。新発20年物の155回債利回りは1bp高い1.01%で取引されている。
岡三証券の鈴木誠債券シニアストラテジストは、「原油価格は週初に底入れ後に反発し、内外株高もあって債券売りが先行した。日銀が金融緩和の補完措置を決定した後、10年債利回りは一時0.265%まで低下、金利水準面からも買いづらさが強まった印象」と言う。一方、「今日も含めて日銀買い入れが年内は続くなど、需給引き締まりの構図は変わらず、持ち高調整が一巡すれば売りも限定的の公算が大きい」と話した。
23日の米国債相場は続落。10年債利回りは前日比2bp上昇の2.25%程度で引けた。原油相場の上昇を受け、2016年にインフレが加速するとの思惑が強まった。一方、米国株市場ではS&P500種株価指数が3日続伸した。
日銀は今日午前10時10分の金融調節で、今月8回目となる長期国債買い入れオペ実施を通知した。残存期間5年超10年以下と変動利付債が対象、総額は5200億円程度となる。
財務省は2016年度の国債発行計画を発表した。入札を通じて機関投資家に販売する国債の市中発行額は147兆円と3年連続で前年度を下回る。年限別では2年債を27.6兆円、5年債は28.8兆円に減額。20年物を減らす一方、40年債は発行を年5回から6回に増やす。10年債は28.8兆円、30年債は9.6兆円で据え置く。
ドイツ証券の山下周チーフ金利ストラテジストは、国債発行計画について、「プライマリーディーラー会合や投資家懇談会の議事要旨などでだいたい推測される範囲内。特にサプライズはない」と話した。相場への影響は限定的となっている。
記事に関する記者への問い合わせ先:東京 山中英典 h.y@bloomberg.net;東京 赤間信行 akam@bloomberg.net
記事についてのエディターへの問い合わせ先: Garfield Reynolds greynolds1@bloomberg.net 山中英典, 青木 勝
更新日時: 2015/12/24 10:44 JST
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NZU1Q26TTDS501.html



国債市中発行は来年度147兆円に減額−中期と20年を減額、40年は増額
2015/12/24 10:12 JST

    (ブルームバーグ):安倍晋三内閣が来年度に入札を通じて機関投資家に販売する国債の市中発行額は147兆円と、3年連続で前年度を下回る。税収増で新規財源債が約2.4兆円減るほか、借換債が約7.2兆円減少することなどが背景。中期債中心の減額で平均償還年限を延ばす一方、流動性低下への懸念も考慮し、40年債を増発する。

麻生太郎財務相が24日の臨時閣議に出した2016年度の一般会計予算案に伴う国債発行計画によると、市場の需給に影響を及ぼす市中発行額は15年度当初計画を5.6兆円、18日に閣議決定した補正予算案を5.2兆円下回る。国債市場特別参加者に対する入札後の追加発行は1.24兆円多い5.62兆円を計上した。
市中発行の年限別では、2年債を2.4兆円減らして27.6兆円、5年債は28.8兆円と1.2兆円減額。超長期ゾーンでは20年物を13.2兆円と1.2兆円減らす一方、40年債は発行を年5回から6回に増やし、0.4兆円増の2.4兆円と2年連続で増額する。40年債は来年度は5月から全ての奇数月に発行。新発債の利回りが長期金利の指標となる10年債は28.8兆円、30年債は9.6兆円で据え置く。

補正予算案で0.4兆円減額した1年割引短期国債は25.0兆円と当初比1.2兆円減るが、発行計画に含まない1年物の政府短期証券を増やし、総額は1回当たり2.5兆円を維持。平均償還年限は9年2カ月と前年度より2カ月延びる。日本銀行の異次元緩和による低金利下で、年限を長期化して将来の借り換えリスクと中長期的な資金調達コストを抑える方針だが、中短期債の流動性低下にも配慮して大幅な減額は避けた。

残存5年以下も流動性供給

国債市場の流動性を維持・向上させるため、投資家の需要が強い既発債を追加発行する流動供給入札は9.6兆円で据え置くが、市場で需給が特に逼迫(ひっぱく)している残存1年超5年以下を新設する。今年度は5年超15.5年以下が月5000億円、15.5年超39年未満は3000億円。毎月の実施額などは市場関係者との意見交換を踏まえて決める。

消費者物価が上昇すると元本・利払いが増える10年物価連動債は2.0兆円で据え置き、0.5兆円ずつ4回発行。市場環境や投資需要に応じ、発行額は柔軟に調整する。17年2月からは個人向けの新型窓販の取り扱いを開始する予定だ。

物価連動債は財務省が04年3月に発行を始めたが、その後の相場低迷で08年8月を最後に発行を中止。13年度に発行を再開した。経済活性化による将来の金利上昇を想定して昨年10月末に資産構成を見直した年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は14年度から購入を始めた。

日銀は2%の物価目標を達成するため、マネタリーベースを積み増す「量的・質的金融緩和」を13年4月に導入した。昨年10月末の追加緩和で、国債保有増の目標額は年80兆円と、政府が来年度発行する新規財源債34.4兆円の2倍超に上る。資金供給手段の国債買い入れオペは、来年は120兆円と今回発表の市中発行額147兆円の8割超に及ぶ計算だ。

*T 【当初計画の国債発行額比較】(単位:億円)2015年度当初 15年度補正後 16年度当初=========================================================発行総額 1,700,241 1,667,374 1,622,028新規財源債 368,630 364,183 344,320復興債 28,625 19,463 21,564財投債 140,000 140,000 165,000借換債 1,162,986 1,143,728 1,091,144市中発行分 1,573,241 1,542,374 1,522,028カレンダーベース 1,526,000 1,522,000 1,470,000第2非価格競争入札 43,800 79,070 56,200年度間調整分 3,441 −58,696 −4,172個人向け販売(窓販も) 23,000 21,000 20,000公的部門(日銀乗換) 104,000 104,000 80,000=========================================================


  *T
年限別国債(市中消化)発行額・回数は次の通り
40年債 2.4兆円 0.4兆円、年6回
30年債 9.6兆円 0.8兆円、年12回
20年債 13.2兆円 1.1兆円、年12回
10年債 28.8兆円 2.4兆円、年12回
5年債 28.8兆円 2.4兆円、年12回
2年債 27.6兆円 2.3兆円、年12回
1年割引短期国債 25.0兆円 2.0兆円、年2回
2.1兆円、年10回
10年物価連動債 2.0兆円 0.5兆円、年4回
流動性供給 9.6兆円 -- --
-----------------------------------------------------
計 147.0兆円
記事に関する記者への問い合わせ先:東京 野沢茂樹 snozawa1@bloomberg.net; Tokyo Chikako Mogi cmogi@bloomberg.net
記事についてのエディターへの問い合わせ先: Garfield Reynolds greynolds1@bloomberg.net 山中英典, 崎浜秀磨
更新日時: 2015/12/24 10:12 JST
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NZT9BL6K50XU01.html


5. 2015年12月24日 20:43:50 : aXMqObr5Zk : BiEihENk5Ws[57]
ドルが基軸通貨でなくなれば、とりあえずアメリカ市場は貿易の世界から消える、アメリカは世界中にバラマイた米国債の処理が終わらない限り自分の作ったIMFの緊縮政策で死んでいるしかないだろう。

6. 2022年6月25日 13:01:36 : DVDeYGo0cY : NDdQeVhKUDRLQ28=[4] 報告
米国はドルが基軸通貨であることをいいことに野放図に国債を発行が罷り通り成長し莫大な軍事費を出して世界を征服してきた。
しかし、米国はドルが基軸通貨であることをいいことに国内事情で経済制裁を掛け捲りそれに第3国まで引っ張りこんでいた。確か、今30か国に制裁を掛け第3国にも縁切りさせてる。こうした国々には世界最大の経済を誇る中国や原油埋蔵量や生産量がトップクラスのベネズエラ、イラン、ロシアなども入ってる。対ロ制裁で海外にあるロシアのドル資産を凍結しスイフトから追放するのを見た非白人&非名誉白人国は、怖くてドル払いで米国以外の国とまで貿易なんかできないと思ってるところだろう。
 で今ブリックスを中心にドル払いでなくワシントンコンセンサスで無い世界、つまり米国に支配されない、食い物にされない国際経済世界を作らんとしている。金本位なのか、互いに自国通貨又は相手国通貨で支払う世界なのか、物々交換的なのか、一つまたは複数の基軸通貨を作るのかはわからないが。
 この米欧主導の対ロ制裁攻撃を通じて、これまで水面下にあった世界の新たな本当の構造(世界の代表面する帝国主義植民地主義八紘一宇主義の白人&名誉白人国ブロック12億人と連中に玩具にされ悪魔化され侮辱され搾取・収奪されてきたが連中の経済政策によってけっこう強くなってしまった被植民地主義被帝国主義被八紘一宇な有色人種国の巨大ブロック66億人)が表に出てきたのは面白い。
7. 2022年6月26日 07:38:42 : xJbbYkrMvk : Rm9NbUY0ZW9ZVnc=[91] 報告
>>1

日本円が基軸通貨になる?

もうすぐ通貨がなくなる日本円が。なれるはずがない。

人民元が基軸通貨になるはありうるが、現在世界の支配者はフランスのロスチャイルド家であり、フランスが中国共産党に指令を出してアメリカを支配しているから、世界の構造は変わらない可能性が高い。

8. [980] iKQ 2022年6月26日 20:05:57 : 2PO6QU0fEg : RVU2LktrbnViUG8=[884] 報告

 コモディチー通貨となるのだね

 原油 1バレル   金 1g

 トヨタのランクル  金 1KG

 小麦 100キロ  金 1g

 などなど 物質 = それ相応の 金のグラム数表示となる

 今までは トヨタのランクル = 6万ドル <= 必ず ドル表示の価格だった わけだ

 ===

 お金も  金に換算するわけで

 ロシアの  5500ルーブル = 金1g などと 表示されるわけだ

 日本の   8000円    = 金1G  

 ===

 例えば   日本の円が 9000円 = 1G になるとしても

 トヨタの ランクル = 金1KG というのは 変わらない

 ===

 もっと言えば  ルーブルが 値上がりして 5000ルーブル = 1G となって

 日本の円安 9000円 = 1G になったとすると 

 ロシアは 5500ルーブルが 1G となるように 日本円を買って バランスをとるので

 ルーブルが下がって 円が上がることになるが〜〜

 ===

 ロシアは 買った円で 日本の土地を買うとか トヨタのランクルを 1万台八ちゅして

 ロシア中を トヨタのランクルが 走り回ることになる

 今でも 中東では 似たようなことで 片側 6車線の道路を ランクルが いっぱい走ってる
 
    

9. 2022年6月27日 07:05:46 : TClSSf9sKA : UTFicUNtMnR3VmM=[266] 報告
ドル崩壊は始まっている。

ロシアが、世界の英米覇権を崩壊させて、世界を正常化させている。

世界統一政府で、世界人民を奴隷にする! この政策は大失敗。

一部の金持に世界人民の支配、は無くなりました? 助かりました人類。

ロシア・プーチン大統領に感謝ですぞ!

世界人類支配の機関です;国連、WHO,IMFは、解体しましょう。

誰が、つくったのだ?これら機関! これが分かると、納得しますよ。 

10. [979] iKQ 2022年6月27日 11:35:53 : 2PO6QU0fEg : RVU2LktrbnViUG8=[883] 報告

 >ロシア・プーチン大統領に感謝ですぞ


  偉大なり プーチン

 

11. 2022年6月28日 03:04:21 : zxwgdn1rZI : azB0emtRQ0pvZEE=[311] 報告
米国のバブルは不動産をはじめとする資産価格の上昇と、海外投資の好調な成績によって、支えられていた。両者の分野で、信用創造がマネーを増やしていたので、このマネーを新たな投資に回すことができた。ITバブルが形成されていた時のようなバブルが生まれる原因になったのである。

負債が積み上がった今日では、負債より返済が増えることが、バブル崩壊の最大の原因だ。利上げはきっかけに過ぎない。負債が積み上がっていることが最大の原因だ。

現在のバブ崩壊は経済の正常化の過程で生じている。利下げができない環境の中で生まれる。バブルの中身は、ITバブルと、不動産バブルと、新興国の債務バブルがトリプル同時崩壊の形になってやって来るだろう。

マネーの返済は、資本主義の厳しい現実だ。

バブルは、こまめにはじける政策が資本主義にとって、正しい政策である。

こともあろうに、中央銀行が投資家になって、バブルを膨らませた。中央銀行のマネーが、バブル崩壊を遅らせたのである。

実際に起きたことは、中央銀行のマネーが、多くの財やサービスの価値を誤謬させてしまったのである。マネーを作るために、本来売られるべき資産や財が売られなかったことがバブルの認識が遅れた原因だ。

中央銀行の投資マネーは誤りである。中央銀行は投資家になってはいけない。中央銀行のマネーはトレードオフが無い状態で生まれるからである。

今回の最大級の世界バブル崩壊の原因はすでにわかっている。

中央銀行のマネーによって資本主義経済原理のトレードオフが棄損したことである。
バブル崩壊は長期間にわたり蓄積した利益(資本)のリセットである。バブル崩壊の中身を調べれば、みんな、このようになっている。バブル崩壊の過程で、蓄積した金銭的資本=金銭的貯蓄が膨らんでいるほど、はじける規模は大きくなる。

過去に蓄積された利益が取り消される過程がバブル崩壊だ。

このメカニズムは、資本主義ではなく、通貨システムの中に内在する。

グレートリセットが起こる理由は、中央銀行がバブル崩壊の後始末に徹する仕事を忘れて、こともあろうに、自ら信用創造した実体のないマネーを使う投資家になり、バブルを目一杯膨らませたことである。

だから、今のバブル崩壊の最終的な後始末で、ドル通貨の信用失墜が待っている。つまり、米国国債を民間が買って保有する時代は終わる。

中央銀行が無尽蔵に国債購入して、浪費経済を続けるのは、間違いだ。不動産投資は構造改革にならない。

住宅に向かった不動産購入は、個人が自分の生涯で消費に要する金額を前倒しして支払っていることに過ぎない。不動産は残るが、ローン返済のマクロの金額が大きいほど、将来の消費を犠牲にすることになる。この現象は、民間の消費を節約志向にして、経済の構造改革を引き起こす。

世界経済が、すでに転換点を迎えたからには、日本は今、アベノミクスを再考しなければならない。アベノミクスは日銀マネーによって、経済のトレードオフを破壊してきたのだ。投資が、生産性の向上を伴わないので、実質的な給料を上げることがでない。

マネーの使い方が悪かった。世界バブルを後半で、膨らませた責任の半分は日銀にあるだろう。現実に何百兆円ものマネーが生まれ、日本から世界に移転したのだ。

12. 2022年6月28日 09:49:32 : L31pQi9NcA : Vk04eEE4VWo4Ulk=[3] 報告
基軸通貨を維持するには強大な軍事力が必要
13. 2022年6月28日 09:55:42 : L31pQi9NcA : Vk04eEE4VWo4Ulk=[4] 報告
オバマはロスの命令で中国とロシアと連携して
三強で世界支配体制を敷こうとしたが
中国が馬鹿だからでしゃばりすぎて失敗した
14. 2022年6月29日 08:55:11 : VTH59AY6XQ : WWk1VDA0bXVWVGM=[2493] 報告
初期のアメリカは、中国に人参を売っているような流刑地であった
ユダヤ人はアフリカから黒人を連れてきて働かせ
日本の長州朝鮮族を使って、日本の大判小判を騙し取った

それは徳川がアホなのではない
長州朝鮮族が外国船を攻撃しまくるので、多額な賠償金を請求されて弱い立場にあったのだ

黄金の国ジパングの金、そして黒人や日・中の奴隷によって開発されたのがアメリカだ
そして英国が没落することで、基軸通貨の地位を手に入れた

基軸通貨であるドルを、世界が外貨準備として買ってくれる
買ってくれないと爆撃しちゃう
つまり世界が米国債を買ってくれるのだから、世界中のマネーがアメリカに流入するのだ

とはいえ、それは借金なので返さないといけない
しかしアメリカを支配するユダヤ人は流浪の民であり
借金を返すのはアメリカ国民なので、どんどん借金させる
ここんとこが日本と同じ構造であることに気付かなければならない

アメリカは、どうしようもなく破綻してしまうが
それは日本も同じなのだ
朝鮮人天皇の国は、ユダヤ人のアメリカと同じ運命だが
支配層の寄生虫民族は逃げ出せば問題なしというところが悔しいな

日本の失われた30年というのは、日本の資産と技術を韓国に移転していたものなんだろう
アメリカのユダヤ人も既に逃げ出しているのではないか
そうすると日米はこれから極貧国になるが、寄生虫が去って政治は良くなるはず
骨と皮だけになってから政治が良くなっても意味ないか

15. TondaMonda[64] gnOCj4KOgoSCgYJsgo@CjoKEgoE 2022年7月09日 17:44:50 : B5ugkTdPzU : d0dhcTgydXozRi4=[2] 報告
しかし皆シャン。難しく考えすぎる。簡単に考えられないものか。

b人民元による貿易決済が増えたので米ドルが余り始めた。中露やイランやインドはすでに金地金を買い集めて相当持っている。アメリカに差し押さえられた利ウクライナやリビアから持ち出された金地金もかなりあるが、中露等は現物で買い増si
た。さらにFRB証券もロシアは1400億ドルあったものを40億ドルぐらいに減らし。トルコも減らした。中国はなぜ売らないのか不思議だが1.2兆ドルの利子が相当分ある。それを売っているものと推測できる。したがって、ドルは余るばかり。
 世界各地で政権転覆をはかるためにまず第一に現地を政情不安定にする。そのためにNGOにドル金を出し、ドル札をばらまく。第二に政府有力者を買収する。などなどドル札が世界中にばら撒かれる。第三に、ウクライナにも生物学研究所を複数造ってドルをバラまいた。かくして、ドル札が世界中に溢れ出している。将軍や有力者にも多くばら撒かれることもある。例えばアフガニ最後の大統領などは飛行機にドル札をいっぱい積んで国外逃亡したとか.
 そういう事情を知った東側の国際社会は、世界の各国は西側10億人の世界を嫌うようになった。サウジでさえ原油取引を人民元でするようだから「ペトロダラー」は昔の栄光を失ったことは明らか。カダフィやフセインはことを急ぎすぎた。

 要するに一進一退を繰り返すドル高円安だが,参院選後は円安がさらに進むだろう。金利を上げ続けない限り米ドルの価値は下がる。現象面では,SDRに人民元が加わり取引ができるようになった。上海には金地金の取引所が新設されロンドンから主役の座を奪った。東京にも人民元の取引ができる銀行ができた。隔世の感がある。

 ルーブルは世界で一番強い通貨となった。しかしゆくゆくは人民元が米ドルにとって代わるだろう。

16. 2022年7月11日 12:14:21 : TClSSf9sKA : UTFicUNtMnR3VmM=[315] 報告
国際金融資本家の使用人が、日銀にいる黒田。

これで円が基軸通貨になれるわけがない。

日本は、まず真っ先に、自立国家になることが、先決だ。

日本は、奴隷国家みたいなものだ、これを理解してくれよな!

オイ、日銀;黒田のかばん持ちょ。そうだな?

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)
タグCheck |タグに'だけを使っている場合のcheck |checkしない)(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民103掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
経世済民103掲示板  
次へ