★阿修羅♪ > 経世済民104 > 587.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
超小型人工衛星で、衛星写真のコストを100分の1に!(Forbes JAPAN)
http://www.asyura2.com/15/hasan104/msg/587.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 1 月 19 日 08:10:19: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

超小型人工衛星で、衛星写真のコストを100分の1に!
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160119-00010860-forbes-bus_all
Forbes JAPAN 1月19日(火)7時0分配信


アクセルスペースの超小型人工衛星は、衛星写真のコストを100分の1にする。宇宙のビッグデータ活用の時代が到来した。

「宇宙はこれから、夢やロマンを持って見上げる存在ではなくなります」

オフィスの一角で開発中の人工衛星を横目にそう話すのは、アクセルスペースCEOの中村友哉。2008年に創業し、「超小型人工衛星」の開発・運用を行う同社は今年9月、ベンチャーキャピタル等から約18億円の資金調達を行い、新たな取り組みに乗り出している。それは手の届かない夢のある宇宙より、手の届くビジネスがある宇宙の利用を広げようというものだ。

超小型人工衛星とは、主に重量100kg以下の人工衛星を指す。その魅力は開発費が、場合によっては1億円以下に抑えられること。高価な宇宙専用部品を使用せず、品質が保証された安価な民生品を使うことで、低コストの人工衛星開発を実現した。一般的な人工衛星の開発費が大型であれば数百億円、小型でも数十億円かかることに比べれば、その投資はヘリコプター1機程度。民間企業が人工衛星を所有し、ビジネスに活かすことが視野に入ってくる。

「たとえば従来の地球観測衛星では衛星写真を1枚撮るのに100万円かかる。我々はそのコストを100分の1にして、幅広い用途をもたらしたい」

さらに同社は、人工衛星によって得られる宇宙のビッグデータの巨大市場に注目する。新たに調達した資金で自社衛星3基を打ち上げ、宇宙データのビジネスを展開する。同社が志向するのは「地球全球の高頻度データ」だ。高頻度で撮影された全球データを解析すれば、アメリカなどの巨大農地の収穫高予測、主要都市部の渋滞の緩和など、様々な応用が可能となる。「さらに、IoTをはじめとした地上のミクロ視点に、我々が提供する宇宙からのマクロ視点を掛け合わせれば、新しい地球のビッグデータが生まれる」

中村氏は地球全球の高頻度データによる未来の宇宙の情報産業となれば1兆〜10兆円規模の市場ポテンシャルを見込めるという。「宇宙情報のインフラは先行者利益が大きな市場でもあるため、速さが勝負」と話す中村氏の目には、自社の超小型人工衛星への自信が溢れていた。

宇宙をみんなのものにする超低コスト人工衛星
一辺27cm、重さ10kg。手で持てるほどの超小型人工衛星が、安価で手軽な「宇宙からのビッグデータ」を可能にし、宇宙を利用したビジネスを目論む企業に道を拓く。1個あたりの製造コストは大型衛星の1/100だ。

アクセルスぺース◎超小型人工衛星の設計・製造・打ち上げまで手がけるスタートアップ。東京大学と東京工業大学の研究チームがベースだ。CEO中村友哉は、東京大学入学後に手づくり人工衛星に出合い、博士課程修了まで超小型衛星の開発に没頭。同大学での特任研究員(大学発ベンチャー創成事業)を経て、2008年に同社を設立。

Forbes JAPAN 編集部

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民104掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
経世済民104掲示板  
次へ