★阿修羅♪ > 経世済民104 > 756.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
反対論が相次ぐ”クロダバズーカ砲3”(NEVADAブログ)
http://www.asyura2.com/15/hasan104/msg/756.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 1 月 25 日 08:57:20: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

反対論が相次ぐ”クロダバズーカ砲3”
http://blog.livedoor.jp/nevada_report-investment/archives/5001681.html
2016年01月25日 NEVADAブログ


今回の株式急落を受けて、ドラギECB総裁が述べた金融緩和発言を受けて、株価が回復したことを受けて、日本政府内においても日銀は更なる”バズーカ砲”を打つべきだとの意見がありますが、経済界からは反対する意見が相次いでいます。

日本商工会議所三村会頭 : 金利は十分に低く、更に緩和しても資金需要が増える効果は見込めない
経済同友会小林代表幹事 : 想定外の原油安を考えれば、2%の物価目標にこだわるべきなのか。これ以上の
                    緩和はもうやめた方がいい


これだけの金融緩和が進んでいる中、更にお金をばらまいて円相場が更に不安定化してどうするのか、という意見なのです。

今や、経済界では金融緩和で株を上げることより、金融緩和で円相場が激しく動くことへの警戒感が強くなってきていると言えるのです。
一ドル120円前後で安定していればよいが、先般の115円ともなれば、企業の想定ライン(一ドル118円前後)を超えてきており、業績が悪化するとの危惧があるのです。

株式市場は緩和期待一色ですが、経済界が懐疑的になっている今、仮に緩和し株価が上がるようなことがありましても、そこが戻り一杯となり、そこから急落していくことになるかも知れません。

バズーカ3度目の正直(効果)はなく、3度目の失望となるかもしれません。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年1月25日 10:42:12 : R0LxjIRplA : OnvgoDyWq5A[29]
失業率がまだ高いのだ、2パーセント前後目指さないといけない。

2. 2016年1月25日 13:31:49 : EAkIk2fULU : JJK78ODjYnY[112]
円とドルはお互い螺旋を描きながら落ちて行っている。

しかし、経済的実力が落ちて行っていることは現在のGDPなどの経済指標では
つかみにくい。したがって、気付いたときにはすでに遅し、となる。

大国が滅ぶときというのは、外見にはわからない、というのが歴史の常。
中身の見えないところからボロボロになっていき、看板は最後まで残る。


3. 2016年1月25日 14:26:01 : BjXFt3ERjI : d0Oa97@Lvpw[3]
アホくさ。
一発目も2発目も
否定されたのが今回の株安だ。

アベノミクスそのものが
アホノミクスだったということ。

馬鹿につける薬はないし
馬鹿にロクな策は期待できない。


4. 2016年1月25日 21:36:59 : OQsjKRfcYU : a64T7fgsq3c[1]
緩和に反対ではないが、
ヘッジファンドの跳梁跋扈をどう抑えるかが大事なことなんじゃない?
戦略のない緩和はただ利用されるだけ。
バズーカ2なんて、結局行って来いでヘッジファンドだけが儲けて、
日本市場からお金を抜き取り、真っ当な投資家は皆な損している。
ヘッジファンドの理不尽な売り仕掛けにはとことん対抗して、
日本人の財産を守るという姿勢が最も大事。

5. 2016年1月25日 23:54:17 : G8uHGxn14U : nphMsoQlCKY[2]
4.
戦略のない緩和はただ利用されるだけ。>

軽々しく戦略を語ってはいけない。
今緩和は暴落要員でしかない。
出口探しこそが戦略だ。
ハイエナが諦めて去るまで緩和はひとまず引っ込めろ。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民104掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
経世済民104掲示板  
次へ