★阿修羅♪ > 経世済民104 > 819.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
アップル:成長鈍化から下降へ(NEVADAブログ)
http://www.asyura2.com/15/hasan104/msg/819.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 1 月 27 日 12:37:20: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

アップル:成長鈍化から下降へ
http://blog.livedoor.jp/nevada_report-investment/archives/5002625.html
2016年01月27日 NEVADAブログ


米アップルがiPhoneの最新モデルを3割減産すると報じられていますが、第一四半期のアイフォーンの販売台数が予想を下回り、出荷の伸びが過去最低になり、流通在庫がかなり積みあがっているのではないかと見られています。

具体的には、アイフォーンの販売台数は7480万台となり、調査会社の予想である7550万台を下回っており、出荷の伸びは0.4%となり、この0.4%という伸びは2007年にアイフォーンが販売されてから最低の伸びとなっています。

これを受けて、アップルのクックCEOは、第2四半期には販売は減少すると述べており、具体的には4500万台から5000万台になるとしており、前年同期では6120万台売り上げていましたので大幅な減少となります。

すでにアイフォーンの不振はお知らせしてきた通りですが、事態は予想を超える悪化を見せており、今後上記の下限予想である4500万台を下回るかもしれません。

部品メーカーは3割の減産(発注減)となっていますが、今後納品価格の更なる引き下げとロットの縮小を求められることになり、ダブルパンチとなります。

「アップル独り勝ち」から「アップル転倒」となれば、業界はどうなるでしょうか?

もう一方のサムスンは、スマートフォン不振で日本から撤退するのではないかとも言われており、今後生産を大幅に減らすこともあり得、打撃はアップルより大きいかも知れず、サムソンに納品している部品メーカーは
淘汰されるところも出てくるかもしれません。

世界はアップル景気が終わったということを認識しておくべきだと言えます。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年1月27日 13:00:17 : yBQkrRTumA : UvxNb8gKnf4[273]

 これも愛が3年前から 主張している

 世界経済が 窮地に陥るのは アップルのアイホーンが売れなくなるときだと!!

 愛は 2015年に アップルの成長が止まると予想したが 図らずも 2016年に明らかになった

 ===

 愛の 主張では 

 アップルの停滞 => 金融の停滞 => 金融の崩壊(2020年)と説明している

 つまり アップルの停滞 = アップルの株価総額の低下 = 金融の停滞 になるのだ
 


2. 2016年1月27日 13:55:03 : iPbXYYSDKQ : 3GmY1nSeMgw[24]
>>
アップルの停滞 => 金融の停滞 => 金融の崩壊(2020年)
は、ちょっと違う!

アップルの停滞は、どうでもよいし、世界経済と何の関係もない!

正しいのは、
アメリカ金利の上昇 ⇒ 金融・経済の停滞  ⇒ 世界恐慌突入(2017年)
          (世界の株価と商品暴落)
さらに、
 ⇒ 世界戦争突入(2020年)

です。

2017年になれば
どちらが正確か判明します。

それまで、
阿修羅のこの板残っていてほしいですな〜!


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民104掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
経世済民104掲示板  
次へ