★阿修羅♪ > 自然災害21 > 876.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
死の熱波、2100年には人類の4分の3が脅威に直面(ナショナル ジオグラフィック)
http://www.asyura2.com/15/jisin21/msg/876.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 6 月 22 日 09:36:25: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

2010年8月、ロシアの首都モスクワのマネージュ広場。この年モスクワは、山火事によって発生した有害なスモッグに覆われ、ロシア西部の猛暑による死者は5万5000人にのぼった。(IVAN SEKRETAREV, ASSOIATED PRESS)


死の熱波、2100年には人類の4分の3が脅威に直面
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170622-00010001-nknatiogeo-env
ナショナル ジオグラフィック日本版 6/22(木) 7:30配信


■温室効果ガスを削減せずに放置した場合の最悪のシナリオ

 現在、世界の30%の人々が、死に至る恐れのある暑さに年間20日以上襲われていることが、新たな研究によってわかった。こういった熱波は気候変動によって大きく広がっている。それはまるで山火事が広がるかのようだ。

 6月19日に気候変動に関する専門誌「Nature Climate Change」に掲載された分析によると、二酸化炭素などの温室効果ガスの排出を大幅に削減しない限り、2100年には最大で世界の4分の3の人々が熱波による死の脅威に直面することになる。温室効果ガスの削減に成功したとしても、2人に1人はその熱波の中で少なくとも20日を過ごさなければならない。

 論文の筆頭著者である米ハワイ大学マノア校のカミロ・モラ氏は、「死者の出る熱波はありふれたものになっている。なぜ社会としてこの危機に関心を向けることがないのか、理解できない」と記す。「2003年に発生したヨーロッパの熱波では、約7万人が死亡した。これは、9・11の死者数の20倍以上にあたる」

 危険な熱波は人々が意識している以上に頻繁に発生している。その数は、死者を伴うものだけでも毎年世界中で60件以上だ。たとえば、2010年のモスクワでは少なくとも1万人が死亡しており、1995年のシカゴでは熱波の影響で700人が死亡している。

 2017年もすでに熱波による犠牲者が出始めている。53.5℃という記録的な暑さに襲われたインドやパキスタンでは、2週間で20人を超える人が死亡した。米国でも、すでに暑さによる死者が複数名出ている。

■熱波による犠牲者

 モラ氏と多数の国の研究者や学生からなるチームは、3万件以上の資料を調査し、暑さに起因する死者が出た都市や地域について、1949件の事例を集めた。死者を伴う熱波は、ニューヨーク市、ワシントンD.C.、ロサンゼルス、シカゴ、トロント、ロンドン、北京、東京、シドニー、サンパウロでも記録されている。

 最も危険なのは、高温湿潤な熱帯地域に住む人々だ。このような場所では、温度や湿度の平均がわずかに上がるだけで、死につながる危険が生じる。しかしモラ氏によると、平均気温が30℃を下回る穏やかな地域であっても、湿度が高くなれば死者が出ることもあるという。

 医学史を専門とする米ウィスコンシン大学マディソン校のリチャード・ケラー教授は、米国の暑さによる死者数はトルネードなどの他の異常気象による死者数より10倍多いという。

 2003年のヨーロッパ熱波に関する本を執筆したケラー教授は、不意に熱波に襲われるのは、暑くなるのは夏だと思いこんでいるからだという。

 人間の体温は37〜38℃ほどに保たれており、体温がそれ以上になると、熱がある状態になる。気温が上がった場合、体は汗をかいて体温を下げようとする。

 体温が40℃に近づくと、重要な細胞組織が壊れ始める。40℃を超えると、即座に治療を要する非常に危険な状態になる。

 温度と湿度を組み合わせた指標である熱指数が40℃に達すると、体を冷やそうとしない限り、体温は徐々に気温に近づいてゆく。

 暑さの影響を最も受けやすいのは、子どもや高齢者、とりわけ過度の貧困や社会的に孤立した状況にある人々だ。ケラー教授によると、2003年のヨーロッパ熱波によるフランスでの死者1万5000人のうち、大半は75歳以上の高齢者で、その多くが一人暮らしだったという。

 ケラー教授は、「熱波による死者の増加の背景には、格差の拡大がある」と述べている。

■南の途上国を襲う熱波

 ケラー教授によると、インド、パキスタンなどの途上国では、かつて暑さは大きな問題ではなかった。しかし、気候変動によってその深刻さは増しており、今では身近な問題となっている。

 近年のインドでは、数千人もの人々が熱波による犠牲になっている。学術誌「Science Advances」に掲載された別の論文によると、インドで100人以上が犠牲になった熱波の数は、1960年から2009年の間で2.5倍に増加した。この論文の共著者であるカリフォルニア大学アーバイン校のスティーブン・デービス教授は、気候変動の影響である可能性が高いとしている。

 とはいえ、インドの平均気温はここ50年間で0.5℃しか上昇していない。世界の他の地域と比べれば、ゆるやかな上昇だ。

 地表の気温の計測からわかっているのは、地球の温度は産業革命前から1℃上昇していることだ。しかし、地球全体の気温が同じように上がっているわけではない。北極の気温は、平均2.5℃上昇している。米国本土よりも広い北極海の大半で、2016年11月の気温は通常よりなんと20℃も高かった。

 熱帯地方では、平均気温が少し上昇しただけでも大きな影響を受けることになる。デービス教授は、特に影響を受けやすいのは、貧困に苦しむ人々だとしており、「シカゴの人々は暑さを避けることができるが、インドの貧しい人々はそういうわけにはいかない」と述べている。

 気温の調査から、米国の都市の92%で夏季の気温が1970年に比べて上昇していることがわかっている。米国の気候調査機関クライメート・セントラルがまとめたデータによると、最も大きな影響が現れているのは、テキサス州や、ロッキー山脈とシエラネバダ山脈に挟まれた地域にある都市だ。夏の平均気温は、ウィスコンシン州ミルウォーキーで1.34℃、テキサス州ダラスで1.6℃、ユタ州ソルトレークシティで2.1℃上昇している。

 デービス教授は、「これが実際に起きている気候変動だ」という。死者を伴う熱波が年間60回発生しているのも、驚くには値しない。気温の上昇によって、住み慣れた土地を離れて移住する人々も増えている。

「我々は環境に対してあまりに無関心すぎるため、未来の選択肢を失いつつある」。ハワイ大学のモラ氏はそう書いている。「熱波に対する有効な選択肢はもう残されていない。すでに世界中でたくさんの人々が熱波によって命を落としている」

文=Stephen Leahy/訳=鈴木和博
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2017年6月22日 10:38:57 : Mq4H9Tq6wY : KKjG4KZW4iU[1]

地球の周期的気候変動を、インチキホッケースティック曲線に基づくIPCCのCO2

地球温暖化説によるものとして同詐欺計画をSF的に援護射撃する学者たちの記事で

すね。


2. p4rhfeEDdk[279] gpCCU4KSgoiChoKFgmSCY4KEgos 2017年6月22日 11:30:55 : BHbKBDRuIU : VrM6trujbUE[134]
>インドで100人以上が犠牲になった熱波の数は、1960年から2009年の間で2.5倍に増加した。

人口も、それ以上に増えている。
1960年:4億4,831万人
2010年:12億1,446万人
と約2.7倍に増えている。
人口密度が高くなれば犠牲者も増える。

情報元
http://www.indo-india.com/india/population.htm


3. 2017年6月22日 18:05:02 : w3M1BHSquE : 5KToaZSVnLw[1585]
別に 温暖化でも 寒冷化でも どっちでも良いんですけど この投稿者 赤かぶさんは 節操がありませんな


「遂に本格的な氷河期が到来へ!中国で1100キロの黄河が凍る!内モンゴルでも−58℃、韓国では9万人が孤立!北米等も大寒波」
http://www.asyura2.com/15/jisin21/msg/241.html

↑ この記事 投稿したのは 赤かぶ さんではありませんか ほんのちょっとの間でまったく真逆の記事を
平気な顔して いけしゃあしゃあと投稿するなんて 風見鶏にも程があるというものでしょう。


4. 2017年6月22日 19:44:42 : spsNISNy6U : _QAcM2S9@9U[3]
赤かぶさんは記事を紹介しているだけですよ。自分の主張をしているわけではありません。

当たらない地震発生予想を繰り返す誰かさんとは異なります。


5. 2017年6月23日 03:40:19 : UaM7rfsSzM : xT_ZpGXQLbE[40]
そうか。
こういう投稿作業は、将来AIに取って代わられるな。
みんな失業だ

6. 2017年6月23日 19:00:38 : 4YYrzdxdME : kL37DvJ@@K4[132]
極端な 暑さも人の 為せる業?

7. 2017年6月23日 22:39:11 : no31X615y2 : MLXvQrwDTgc[435]
赤カブさんは管理人さんだと思います。確証ないですけど〜w

8. 2017年6月24日 20:33:19 : G1tjAhWeHe : op1NZkalbxs[33]

 当たり前の気象の変動ですね。
 熱波は時に、30年間も50年間も居座り、これで滅亡した文化文明は多数。

 オーストラリアも叱り。
 アボリニジ以前にも先住民はたくさん居た。
 熱波は長年居座って死滅している。
 この時は、風は<東から西>が<西から東>に変わり、
 つまり、南米沖海水が暑くなり、上昇するので、<西から東>
 へ風が引き込まれる。

 この風で帆掛け舟で逃げ出し、東へ東へと人々が渡った説が有力。

 ================

  昔は死滅→→→遺跡が多数存在する理由。

  今は科学の進歩で生き残るので修羅場になる。

  ==============

以前から書いて来たように、これからは農家は全滅に近いほど
  大変な時代だ。
  北海道ではジャガイモ以外に、たまねぎ農家も復旧に15年間も
  掛かるので絶望的。
  これからは、日本中が同じ結末を迎える。

  スーパー台風も頻発する時代に、原発再稼動では、日本が死ぬ。

  軽自動車が看板のように飛ばされるスーパー台風だぁ。
  辺境地の原発群はいとも容易く潰れるだろうに。

  ==========

★:簡単な熱中症対策〜〜高齢者や幼児

    風呂に入れ・・・水風呂に・・・
    入れておくと温くなってるべぇ。30〜度位。
    冷え過ぎずに丁度良い。
    冷たきゃお湯を落として35度にすれば良い。

    温度計を見て室温が高い時は、30〜35度の
    風呂に浸かって、ワンセグTVでも見ればいい。

    神経痛が痛むのでエアコンが駄目な高齢者は、
    これで熱中症を解消できるべ。

    温い(35度)シャワーを一日に2〜3度浴びて
    もいいべぇ。
    高齢者も知恵を絞れ・・・
    自治体も、温い温水プールに年寄りを誘い出して、
    水中の運動〜足腰の痛み解消〜でもやれば、一石二鳥だ。

〜〜


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 自然災害21掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
自然災害21掲示板  
次へ