★阿修羅♪ > 自然災害21 > 892.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
2017年06月27日相次ぐ震度5強は「中央構造線」上の地震活動活発化の影響?過去にはM7以上連動も(地震ニュース)
http://www.asyura2.com/15/jisin21/msg/892.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 6 月 27 日 22:30:50: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

2017年06月27日相次ぐ震度5強は「中央構造線」上の地震活動活発化の影響?過去にはM7以上連動も
http://jishin-news.com/archives/2444
2017/06/27 地震ニュース


6月20日の豊後水道M5.0・震度5強と6月25日の長野県南部M5.6・震度5強地震について複数の日刊紙が中央構造線との関連に言及する記事を掲載している(画像はWikipediaより)。

まず6月25日の朝、震度5強の揺れを観測した長野県南部・M5.6の地震について6月27日に「日刊ゲンダイ」が「『中央構造線』の活発化によるものとみている」という専門家の見解を紹介し、中央構造線付近や延長線上にある首都圏での揺れに警戒を促している。

この見解は武蔵野学院大学の島村英紀特任教授によるものだが、島村教授は6月20日の豊後水道震度5強地震についても中央構造線の一部で起きたとしていた。

これは6月21日に「zakzak」が掲載した記事の中で島村教授が「今回の地震は熊本地震の余震と考えていい」「地震が起きた場所は中央構造線の一部であると考えられる」などと発言していたもの。

島村教授は「今後、断層帯の別の場所でも同じような地震が発生しても決して不思議ではない」と話していたが、関連は不明ではあるものの5日後に長野県南部において震度5強の地震が起きたことになる。

日本国内で震度5強以上を記録した地震は2016年12月28日の茨城県北部M6.3・震度6弱が最後だったが、6月下旬に入り相次いで発生した震度5強の地震は中央構造線付近の地震活動が活発化しはじめた為なのだろうか。

確かに中央構造線上で地震、しかもM7を超える地震が連動したケースが過去に存在している以上、その可能性は否定出来ない。中央構造線付近においてわずか数日の間にこれだけの地震が起きていたケースがあるのはよく知られた話である。

1596年09月01日 M7.0 慶長伊予地震
1596年09月04日 M7.8 慶長豊後地震
1596年09月05日 M7.5 慶長伏見地震

6月20日の地震が豊後水道で起きていたのが不気味さを増すが、2016年の熊本地震も中央構造線近くで発生していた点に照らせば、現時点で中央構造線周辺における地震活動の活発化を否定することは出来ず、短期間の間に相次いだ震度5強が相次いでいる以上、警戒すべき場所は長野県南部に限るべきではないだろう。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. taked4700[6301] dGFrZWQ0NzAw 2017年6月28日 11:19:20 : agDu2EN0dA : T8lHGjH_sqk[1]
1596年09月01日 M7.0 慶長伊予地震
1596年09月04日 M7.8 慶長豊後地震
1596年09月05日 M7.5 慶長伏見地震

これは現在は起こらない。根拠は次の通り。

1.16世紀末は次のような地震が起こっていた。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%B0%E9%9C%87%E3%81%AE%E5%B9%B4%E8%A1%A8_(%E6%97%A5%E6%9C%AC)より引用:
1586年1月18日(天正13年11月29日) 天正地震(東海東山道地震、飛騨・美濃・近江地震) - M 7.8〜8.1(それ以上の可能性あり、あるいはM 8クラスの地震が3つ以上同じ日に立て続けに発生した可能性あり)、死者多数。飛騨・越中などで山崩れ多発、白川郷で民家数百軒が埋まる。内ヶ島氏、帰雲城もろとも滅亡。余震が1年以上続く。三河湾と若狭湾という日本海・太平洋両岸での大津波記録が複数あり、複数の巨大地震の同日発生の可能性がある。少なくとも養老断層(愛知県)、阿寺断層(岐阜県)の2つの断層の活動(いずれもM 8クラスか)の可能性が高い。さらに若狭湾に津波をもたらした断層も活動したと考えられ、3つのセグメントでのM 8クラス地震が同日に少なくとも3つ以上発生した可能性が高い[注 10]。
1590年3月21日(天正18年2月16日) 安房で地震 - 2mの隆起あり。潮が引いて3キロの干潟が形成された。
*引用終わり
つまり、関東から本州中部、または関西で地震が発生していたことが分かる。この原動力は伊豆・小笠原海溝からのフィリピン海プレートの発生の活発化であり、南海トラフ付近の北西方向圧力の増加。天正地震と慶長豊後地震などは一連の同じ力による地震と見ていい。

2.中央構造線は南海トラフに面した太平洋沿岸部分と日本海に面した部分を東西方向に二分している。そのため、どちらかが動けば中央構造線付近での地震となる。

3.現在は、中央構造線の北側、日本海側が動いている時期。よって、太平洋側が動いて起こった慶長豊後地震などは現在起こらない。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 自然災害21掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
自然災害21掲示板  
次へ