★阿修羅♪ > 国際12 > 783.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
中国高官「北朝鮮の核問題は6か国協議で解決を」
http://www.asyura2.com/15/kokusai12/msg/783.html
投稿者 あっしら 日時 2016 年 3 月 05 日 05:48:42: Mo7ApAlflbQ6s gqCCwYK1guc
 

(回答先: ロシアは北朝鮮を守り、北朝鮮における自らの権益を守りおおせた:米国は強硬な制裁を主張しながら北朝鮮の核放棄に期待せず 投稿者 あっしら 日時 2016 年 3 月 05 日 04:47:55)


中国高官「北朝鮮の核問題は6か国協議で解決を」[NHK]
3月4日 19時09分

中国の高官は、アメリカの対北朝鮮政策が北朝鮮の核開発に影響を与えているとの認識を示したうえで、6か国協議を通じて核問題を解決すべきだと改めて訴えました。

中国で5日から始まる全人代=全国人民代表大会を前に、全人代の傅瑩報道官が4日、北京で記者会見しました。

この中で傅報道官は、北朝鮮の核開発問題について、「中国は、朝鮮半島の平和と安定、中国と周辺国の安全と利益を脅かす北朝鮮の核開発に断固として反対だ」と述べました。

一方で、「朝鮮半島は休戦協定があるだけで平和協定が締結されていない」と述べ、平和協定の締結に向けた話し合いに応じていないアメリカの対北朝鮮政策が、自国の安全保障だと主張する北朝鮮の核開発に影響を与えているとの認識を示しました。そのうえで傅報道官は、6か国協議を通じて北朝鮮の核問題を解決すべきだと改めて訴えました。


報道官 南シナ海での軍事的な動きを正当化

また,、傅報道官は、中国が南シナ海で活発化させている軍事的な動きについて「中国本土から遠く防御能力を備えるべきで、必要な防御措置や設備が必要だ」と述べ、自国の動きを正当化しました。

そして、アメリカ軍が南シナ海を含むアジア太平洋地域に最新の艦船や軍用機を展開していることを挙げて「アメリカの言動が中国人を刺激し反感を招いている。中国国民は島の拡張を支持している。軍事化とは何を指すのか、アメリカの行動こそ軍事化ではないのか」と述べ、アメリカをけん制しました。


中国の軍事拠点化の懸念 強まる

南シナ海ではフィリピンやベトナムなどが領有権を主張するなか、中国がほぼ全域の管轄権を主張して海洋進出の動きを強めており、軍事拠点化の懸念も高まっています。

このうち、南沙(スプラトリー)諸島では、2014年ごろから中国が7つの浅瀬を大規模に埋め立て人工島を造成し、主権の主張を強めています。

アメリカのシンクタンクCSISによりますと、ファイアリークロス礁では、戦略爆撃機も離着陸できる3000メートル級の滑走路がほぼ完成しているほか、スビ礁やミスチーフ礁でも滑走路を建設する動きがあるということです。

さらに中国は、クアテロン礁やガベン礁など4つの人工島で、空と海を監視するレーダー施設の建設を進め、監視能力が南シナ海全域に広がる可能性が指摘されています。

また、中国が全域を実効支配している西沙(パラセル)諸島でも戦闘機が派遣されたほか、先月には最新型の地対空ミサイル部隊が展開されたことが確認されています。

こうした動きに対しアメリカ軍は去年10月以降、南沙諸島にある人工島の12海里以内や西沙諸島の島の周辺に2度イージス駆逐艦を派遣するなど、中国の海洋進出の動きをけん制しています。

一方、中国政府はこれまで、「島に必要な国土防衛施設を配置することは、国際法で与えられた自衛権の行使であり完全に正当だ」としたうえで、アメリカ軍の活動が軍事化を招くと主張しています。

南シナ海を巡っては先月、ASEAN=東南アジア諸国連合の非公式の外相会議でも、中国の活動を念頭に「南シナ海で最近進行している状況に深刻な懸念を表明する」とする議長報道声明が発表され、軍事拠点化への自制が呼びかけられています。


http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160304/k10010431671000.html

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際12掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際12掲示板  
次へ