★阿修羅♪ > 環境・自然・天文板6 > 234.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
≪小保方さん手記≫ 「科学の場で議論を」…ネット通販1位 反響大きく、理研側困惑(産経新聞)
http://www.asyura2.com/15/nature6/msg/234.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 2 月 02 日 14:31:30: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

              小保方晴子氏=2014年4月9日、大阪市のホテル(志儀駒貴撮影)


【小保方さん手記】「科学の場で議論を」…ネット通販1位 反響大きく、理研側困惑
http://www.sankei.com/life/news/160201/lif1602010033-n1.html
2016.2.1 18:59 産経新聞


 STAP細胞の論文不正問題をめぐり元理化学研究所研究員の小保方晴子氏(32)が執筆した手記が波紋を広げている。一連の騒動を謝罪する一方、実験の一部は再現できていたとの主張に、理研関係者からは「科学者なら科学の場で議論すべきだ」などと困惑の声が上がっている。

 手記は1月28日に発売された『あの日』(講談社)。ネット通販大手アマゾンの書籍の売れ筋ランキング1位になるなど反響は大きい。

 理研の調査では、STAP細胞の正体は何らかの理由で混入した胚性幹細胞(ES細胞)とされた。小保方氏は手記で「私は混入犯に仕立て上げられ、社会の大逆風の渦に巻き込まれていった」と振り返った。

 論文の調査や撤回過程については、理研への不満などをつづった。特に実験当時の上司で共著者の若山照彦山梨大教授への批判が目立つ。検証実験では「私が実験を行っていた範囲でのSTAP現象は、たしかに確認されていた」とした。

 理研関係者からは「出版は個人の自由なので権利は守られるべきだ」との意見がある一方、「なぜいまさら蒸し返すのか。論文の評価や調査結果が変わることはあり得ない」との声も。若山氏は大学広報を通じ「取材対応は控えたい」とした。

 手記はメディアに対しても「個人攻撃的な報道がどんどん流された」「真実が書かれた記事は果たしていくつあっただろうか」と反発。毎日新聞とNHKの記者の実名を挙げ批判した。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年2月10日 17:32:15 : 9is7FoQi0U : 0lmQ5Rh@P8E[2]
「科学の場で議論」って産経よ、おまえたちマスゴミがおもいっきり問題を下世話なレベルにおとしめて一若手研究者を追い詰めたのじゃないか。
犬のクソよりも臭いマスゴミが、何様のつもりだ。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 環境・自然・天文板6掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
環境・自然・天文板6掲示板  
次へ