★阿修羅♪ > 環境・自然・天文板6 > 250.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
小保方氏に割烹着を着せたのは笹井氏なのか? 〈「笹井副センター長」未亡人インタビュー(2)〉(週刊新潮)
http://www.asyura2.com/15/nature6/msg/250.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 2 月 16 日 15:35:10: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

                   小保方晴子氏


小保方氏に割烹着を着せたのは笹井氏なのか? 〈「笹井副センター長」未亡人インタビュー(2)〉
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160216-00505666-shincho-soci
「週刊新潮」2016年2月11日号


 小保方晴子氏(32)による手記『あの日』の出版を受けて行った、笹井芳樹氏の未亡人へのインタビュー。小保方氏の元上司で、理化学研究所のCDB(発生・再生科学総合研究センター)副センター長だった笹井氏が自ら命を絶ったのは、2014年8月5日のことだった。家族宛て、理研の幹部宛て、小保方氏宛てに残された遺書には、共通して〈マスコミなどからの不当なバッシング、理研やラボヘの責任から疲れ切ってしまった〉とあったという。

 ***

 確かにその当時、笹井氏と小保方氏の“関係”についての報道は過熱する一方だった。

 例えば、自殺の10日前に放映された『NHKスペシャル 調査報告 STAP細胞 不正の深層』では、〈小保方さんと論文準備が出来るのをとてもうれしく思っています〉〈笹井先生 また近いうちにご相談に伺わせていただけないでしょうか〉なる両氏のメールのやり取りを、男女のナレーターに思わせぶりな口調で音読させていた。

 著書で小保方氏はこれを、「個人攻撃」「過剰演出」と述べている。

「主人はその番組は見ていませんでした。ただ、研究室で誰かに内容を聞き、取材にもメールで答えたようですが、番組では、『都合の良いところだけピックアップされてしまった』と残念がっていました。私は番組を見ましたけど、あのメールも、変なナレーションを付けなければ、至って普通のメールですよね。単なる業務上のやり取りでしょう。それをわざわざ、という思いはあります」(未亡人)

■“小保方さんに割烹着を着せた”

「また、以前から親しくしていた全国紙の記者が、一方からの情報で事実確認もなく『笹井が小保方さんを囲い込んでいた』というような記事を載せたこともありました。これに主人は『裏切られたみたいだ』とすごく怒っていました。信頼していただけに、その豹変ぶりがとても信じられなかったようですね。

 笹井が仕組んで小保方さんにわざわざ割烹着を着せた、という報道もありましたが、あれも違う。そもそも主人は、女の人の服装やファッションには、まったくセンスがない人なので、そんな知恵が働くわけがありません。『乱倫な研究室』とか、『小保方さんと出張に55回も行っていた』と指摘する記事など、あの頃はもう“何でもあり”でした。主人は最初こそ報道はあまり気にせず、笹井が小保方さんを『僕のシンデレラ』と呼んでいる、なんて記事が出た後も、『あれは自分じゃなくて、違う人が言ったんだよ』と笑っていたくらいでしたけど、精神的な負担が増すにつれ、そうした記事に次第に追いつめられるようになっていったのです」(未亡人)

■ノーベル賞のチョコレート

「また、主人が山中(伸弥・京大iPS細胞研究所所長)先生への対抗心を強く持っているかのような報道もありましたけど、あれも違います。STAP論文発表の記者会見の際、(STAPとiPSとを比較し、STAPの方が性能が高いと書いたような)ペーパーを配ったことから、そういう見方が広まったのだと思いますが、主人は後で『数字が独り歩きしてしまった』と後悔していました。実際は、山中先生とは厚労省のミーティングなどでしょっちゅう顔を合わせていてとても親しい仲でした。先生がノーベル賞を取った時も、主人は、メダルと同じ形をした記念のチョコレートにサインしてもらって、家に大切に飾っていたくらい。これは今でもそのままにしています。私はあの頃は逆に報道陣の方が狂っていたんだと思っています」(未亡人)

(3)へ続く(2月17日(水)掲載予定)

「特集 『あの日』から初めて口を開いた! 黒い割烹着『小保方手記』に『笹井副センター長』未亡人単独インタビュー」より

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年2月17日 08:33:02 : z21ZXlbTkk : kWLAeg39xdc[134]
「あの日」を読むと、寧ろ異常なまでの対抗心を山中さんに燃やしていたのは、
若山さんの方だったのではという気ががしてくる。

2. 2016年2月17日 16:42:09 : 0I3b3xb4d3 : xDRs9F9B8Us[3]
割烹着は研究用の制服よりはるかに軽快に動きやすく出来ている。
日本の主婦は偉かったということだ。
非常に理にかなった作業服だ。
こういうことは、けっして珍しいことではなく、小保方さんを批判した日経サイエンスの古田彩も学生時代、研究室ではツナギを着ていた。そのほうが彼女には動きやすいからだ。
それから小保方さんの研究室がピンクだったなんてのも、小保方さんが塗ったのではなく、はるか以前からだし、それも別の研究室へ通じるドアだけ。
なにからなにまで小保方さんをおとしめるために、重箱の隅をつっつくように誹謗中傷したマスゴミの異常さに唖然とする。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 環境・自然・天文板6掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
環境・自然・天文板6掲示板  
次へ