★阿修羅♪ > 環境・自然・天文板6 > 343.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
小保方晴子の“白いワンピース”に感じた才能――「第二の瀬戸内寂聴になれる」発言の行方(サイゾーウーマン)
http://www.asyura2.com/15/nature6/msg/343.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 5 月 29 日 19:19:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

小保方晴子の“白いワンピース”に感じた才能――「第二の瀬戸内寂聴になれる」発言の行方
http://www.cyzowoman.com/2016/05/post_20221.html
2016.05.26 サイゾーウーマン


羨望、嫉妬、嫌悪、共感、慈愛――私たちの心のどこかを刺激する人気芸能人たち。ライター・仁科友里が、そんな芸能人の発言にくすぐられる“女心の深層”を暴きます。

<今回の芸能人>
「『第二の瀬戸内寂聴になれる』というお手紙もございました」小保方晴子
「婦人公論」(中央公論新社、6月14号より)

 寂庵を訪れ、瀬戸内センセイに励ましてもらったのはベッキーではなく、小保方晴子氏だった。

 小保方氏の手記『あの日』(講談社)を読んだ寂聴の呼びかけで、今回の訪問が実現。寂聴は小保方氏への報道を「公のいじめ」とし、自身もバッシングを受けた過去について語った。『女子大生・曲愛玲』で新潮同人雑誌賞を受賞した寂聴は、受賞後第一作として、『花芯』(新潮社)を発表。夫の上司と恋に落ちる女性の話だが、文中に“子宮”という言葉が頻繁に使われたことで、「子宮作家」と酷評され、その後5年、文芸誌から干されてしまう。それだけに、小保方氏の気持ちがわかるそうだ。

 ここで根本的な疑問に突き当たる。それは、寂聴と小保方氏が受けたバッシングが、同じ種類のものなのかということである。個人的には『花芯』を読んでも、特に“子宮”を強調しているようには感じられないが、それは「現代の感覚から言えば」という前提が付く。『花芯』が発表されたのが1956年であることを考えると、男性評論家にとって、妻の奔放な性愛は許しがたく映った可能性は捨てきれない。寂聴は先を行きすぎたのである。

 それに対し、小保方氏のしたことは何だったのか。生命科学の博士号を持つ知人に、小保方氏が「したこと」が、どんな意味を持つのか解説してもらった。

・論文のコピーアンドペーストについては、論文の結果に該当する部分で行えば問題だが、そうでない部分であれば、それを断罪する規定はないので、問題はない。ただし、常識的にはしない。

・論文中の実験写真が、自分の博士論文からの流用だったことについて、本人は「うっかり」ミスをしたと思っているようだが、科学の世界ではあり得ない間違い。

・小保方氏の論文では、STAPが作成できないことから疑惑が持たれたが、だからといってSTAP細胞がないとは言い切れない。しかし、小保方氏本人が作成できていないとなると、ねつ造と言われても仕方がない。

・ハーバード大学がSTAP細胞の特許を出願したことにより、「小保方氏は正しかった」と見る人がいるが、ハーバードはまったく別のやり方。小保方氏のやり方を信じた研究者に、時間と金の無駄をさせたという意味で、科学界への貢献度はマイナス。

・一連の行動は、科学者として信頼をなくすものだが、その背景には、成果を要求して先走る上司、派手な論文を好む傾向がある「ネイチャー」、えこひいきにも思えるような女性優遇など、科学界の構造的な問題も含まれている。

 寂聴へのバッシングが先を行きすぎた“不運”ゆえなら、小保方さんへのそれは稚拙なのに祭り上げられてしまった、つまり“幸運”からのバッシングであり、両者は異なるのだ。しかし、寂聴と小保方氏には共通点を見つけることができる。それは“小説”である。

 博士号取得者の知人は「小保方氏が書いたのは、論文ではなく小説」と表現した。研究者も小説家も、自説をもとに結論まで突き進む。小説も論文も評価する側が気にするのは、「論理の破たんがないか」である(論文通りに実験をして結果が出たら採択するわけではない。小説も同様で、殺人事件を描いた小説の審査で、実際に殺人をする必要はない。ストーリーや登場人物の心情に無理がないかがポイントになる)。論文と小説の違いは、論文では実験結果という“証拠”が必要なことだろう。

 寂聴は小保方氏のことを「持って生まれた文才がある」と評価し、小説を書くことをすすめた。寂聴が認めた文才以外で、私が小保方氏に小説家としての才能を感じるのは、「第二の瀬戸内寂聴になれるというお手紙もございました」という小保方氏の発言である。

 「第二の〇〇」という表現は、それだけ偉大な才能の持ち主という意味であるので、「〇〇」には当然ビッグネームが入る。ゆえに、それを口にするのは、それ相応の“証拠”がなければ、相手に対して失礼である。小保方氏の『あの日』はベストセラーを記録したが、小説はまだ書いていない。“証拠”がないのに、「第二の瀬戸内寂聴」とは大きく出たが、これこそが彼女の“才能”なのではないかと思うのだ。

 出典は失念したが、直木賞作家・桜庭一樹氏は、作家の才能について、「調子に乗ること」と述べていた。編集者から「できる! やれる!」と言われたら、うまく踊らされることが大事という意味だが、これってまさに小保方氏のことではないか。

 寂聴は小保方氏を「あなたは必ず蘇る」と予言したが、私もそう思う。小保方氏は袖と太ももまで透けるミニのレーシーな白いワンピースに白い靴で、寂庵を訪れた。お寺という場所や、畳に正座する可能性があることを考えると、透けた素材やミニのワンピースはTPOにそぐわず、全身真っ白のいでたちは、まるで花嫁さんのようである。

 花嫁さんといえば、結婚式の“主役”。小保方氏が意識しているかどうかは別として、小保方氏からは「私が中心」という“主役意識”を感じずにいられない。自分が主役だと信じている人は、決してへこたれない。思わぬ形で、小保方氏が降臨する日は近い。

仁科友里(にしな・ゆり)
1974年生まれ、フリーライター。2006年、自身のOL体験を元にしたエッセイ『もさ子の女たるもの』(宙出版)でデビュー。現在は、芸能人にまつわるコラムを週刊誌などで執筆中。気になるタレントは小島慶子。最新刊は『間違いだらけの婚活にサヨナラ!』(主婦と生活社)。
ブログ「もさ子の女たるもの」
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年5月30日 09:11:49 : 3yY2TaOwSE : nj9J0WXMWWI[1]
>「論理の破たんがないか」

「あの日」前半
初期化を証明する為に、お願いして若山さんに研究に加わって貰いましたぁ!

「あの日」後半
細胞の変化を観ていたかっただけなのに、勝手に若山さんが凄い研究の方に突っ走って…


思いっきり破綻してるw
小保方が出来るのは短いポエムを書くことだけ


2. 2016年5月30日 09:13:26 : mA38xZROCE : g2q1et_DKjw[1]
>小保方氏からは「私が中心」という“主役意識”を感じずにいられない。

間違った心理学的な暗示を刷り込まれたかもしれないね
あなたは悪くないのよ 悪いのは全て世の中なのよとね


3. 2016年5月30日 15:03:13 : EcgyMlZgc2 : Y2TavsrAPhM[18]
女性記者に取材させると
中傷記事に見えないと思ってるらしいなw

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 環境・自然・天文板6掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
環境・自然・天文板6掲示板  
次へ