★阿修羅♪ > 環境・自然・天文板6 > 394.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
封印されてる、日本の異常気象の原因 (極東アジアの真実) 太陽黒点の減少が宇宙線の増大を招き雲が多くなり雨が降る
http://www.asyura2.com/15/nature6/msg/394.html
投稿者 てんさい(い) 日時 2016 年 8 月 02 日 15:23:25: KqrEdYmDwf7cM gsSC8YKzgqKBaYKigWo
 

https://twitter.com/tokaiama/status/760217299768913921
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&t=6&k=2&m=317937
http://blog.goo.ne.jp/xenaj/e/476097593e36d792dfc0c2c70ce998b2

2014-08-19 06:21:18 | 日記

 我々は学校で、雲は水等が蒸発、上昇等し雲が発生、また雨になる等々学んできました・・・この説はどうも可笑しいと言うことが研究の結果ある程度立証等され、一部教科書等の書き換えが必要との声が諸外国等では大きくなっているようです。
 
今年も豪雨等々により日本は甚大な被害を受けています、マスコミ等は旧来の天気解説のみ、我々一般国民は真実を知る必要がないとでも思ってるのだろうか・・・
ネイチャー等々の資料によれば、雲(発生の要因となるエアロゾル)は大気中の蒸気からできているのではなく、ほとんどが宇宙線により作られていると考えられると言われており衝撃的な事実です。雲の素は蒸気で無いということ!(この説には大きな圧力を受けてるそうです。)
ネイチャー等々で発表された記事に、 欧州原子核研究機構( CERN )の CLOUD(雲) 実験の結果に関しての最初の報告が記載されています。

CLOUD(雲)の実験では、宇宙線が大気のエアロゾルの形成に与える影響についてを、コントロールされた実験室の条件で研究しています。エアロゾルとは、気体の中に液体や固体の微粒子が多数浮かんだ物質のことをさします。このエアロゾルが雲の雫となる大きな要因となると考えられています。エアロゾルの構造と形成プロセスを理解することが、「気候」というものを理解することにとって重要だというのが最近の認識となっているようです。

欧州原子核研究機構( CERN )の実験結果により、これまで、下層大気の中でのエアゾール構造の要因となっていると考えられてきた微量の蒸気は、大気中のエアロゾル生成のごくわずかな部分しか説明できないことが解かったそうです。宇宙線からのイオン化がエアゾールの構造を大きく強化させる結果も示されたそうです。

今回のようなエアロゾルの生成に関しての正確な計測は、雲の構造を理解するために極めて重要なものであり、気候モデルにおいて雲の影響を考える見識とも関係するそうです。

実験のスポークスマン、ジャスパー・カークビー氏は、宇宙線が対流圏と上層大気において、エアロゾル粒子の形成を強化していることがわかりました。結局は、これらのエアロゾルが雲となるわけです。以前は、エアロゾルの構造の多くは蒸気だろうと考えられていたのですが、それは構造の中のごく一部にすぎない!と分かったそうです。

太陽黒点が沢山現れると太陽は活発に活動し、太陽風磁場が地球を包み、太陽系外等からの宇宙線等を遮る。(異常気象が少ない。)

黒点が少なくなる、太陽風磁場が地球を包み込みきれないため、直接太陽系外等の宇宙線が直接地球に降り注ぐことになる。(異常気象が多くなる。)

太陽黒点は磁場が弱くなると消えてしまう性質を持っているようです。
  
11年周期の太陽活動(普通はN極とS極の「1極構造」が11年周期で反転)、ここ数年は太陽黒点がほとんど消え、太陽のN極S極の反転も無く、1極構造がびっくり仰天、4極構造(ちょうど地球の極が、地球上に4箇所出来た状態)に成っているようです、ネット上の理研、国立天文台、NASA等資料で誰でも簡単にNET等で見ることができます。是非太陽のどこが異常かみてください。

太陽活動の低下で太陽風磁場が弱くなる。すると、それまで太陽系に入って来れなかった太陽系等外からの宇宙線が直接地球に届いて「より沢山の雲が発生する」ようになる。雲は太陽光線を宇宙に反射するから、その分地球は寒冷化することになる。

国立天文台と理化学研究所の研究者を中心とした研究チームによると、13年秋から太陽の黒点が増える時期に突入するが、過去100年間にはなかったほど、黒点が少ないと発表しています。NASAの科学者も未来の予測は難しいと述べています。

異常気象の原因は、ズバリ太陽異常「太陽活動が低下し、もろに地球に宇宙線が降り注ぐ結果、多量の雲が発生、地球上の大気等々と複雑に絡み合い・・・豪雨等が発生」、今後太陽異常が収まらない限り、今後更に日本全国どこでも豪雨等々大災害が発生するでしょう。更に悪い情報としては、現在メキシコ湾海底流出事故でメキシコ暖流は停止したと言われてますが、地球にとっては太陽異常ばかりでなくメキシコ暖流の停止によって気候変動等は一段と予測不能に見えます。
 
「マスコミ等は太陽異常等の真実を報道すると不都合」があるでしょうかね、多くの国民が太陽異常等を知ったら、危機管理、防災等に対する一般国民の認識は大きく変わると思います。

日本中何処にいても、今後、太陽異常等々のため、想定外の諸災害等々のリスクが極めて高まっていることを、我々は再認識する必要がありそうです!

被害を極限するためにも、太陽異常等を異常気象の原因の一つに入れるべきで、何も隠す必要はないと思います、異常気象は今後、何十、何百年続くか分かりませんが・・・

 
参考資料
2014年は、太陽の黒点が減り寒冷化が進む? 日経トレンディネット、ネイチャー
欧州原子核研究機構( CERN )の CLOUD(雲) 実験等々
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年8月05日 11:16:27 : fpt8itpB5Q : zW@YYVl31Kw[871]
台風が無くなってしまった
確かに異常だ
そのうち田んぼも干上がるかも知れん

2. 2016年8月06日 03:46:18 : HpGxYVnxMo : N_7VkTrJWT4[11]
電磁波兵器に決まってるじゃないですかあ〜〜
本当の事いい加減言いましょうよ。本当のこと言うと狙われるから?(笑)
まあ台風なんぞ来なくてもいいんですよ。たぶん大昔の文献も捻じ曲げられてるんじゃないかな?アメリカ、北米大陸東部に地震が異常に少ないっていう事実ももしかしたら……
まあ頭のいい人間は早く気付いた方がいいなあ

3. 2016年8月14日 13:54:45 : fpt8itpB5Q : zW@YYVl31Kw[898]
台風が来ないうえに
最近はやりのゲリラ豪雨さえもない
利根川水系ダムの貯水率は6割である
これまでは9割あった
来年は3割
再来年はゼロの勢いである

4. 2016年8月24日 01:55:54 : 7VgcO596oU : nTmDWfUOiv8[1]
ここ数日(いや知っている者ならずっとなんだが)電磁波兵器の攻撃が激しい。
台風も大雨も雷も人類は今や完全にコントロールできます。
裏の本当の支配層はそれを一般大衆に知られたくないのです。秘密がばれれば支配できなくなっちゃうのかもね。それにしてもHAARPは厄介だ。
ところで忍!はどこ行っちまったんだ?消されたのか?昔から阿修羅を見ている人間ならヤツのことは知ってそうなものだが……

5. 2016年8月30日 12:07:38 : c3MGH08xSU : 6ZqZ8yBfSxo[85]
既に気象改変装置の歴史は120年前に遡る。鬼奴らは、1955年に、原爆地震、震度5をたたき出している。同年頃には、既に気象兵器が開発され、当時のマクナマラ国防長官とフルフチョフの間で、気象兵器制限交渉されていた事実もある。
 したがって、気象兵器は、既に半世紀以上の歴史があるのだ。よって、昨今の人工台風には進路を自由に変えることができるのだ。前記から、1955年以前から気象兵器を開発実験していたようだ。
 いずれにせよバレバレの気象兵器といえる。
 見方を変えれば、小型の東日本大震災又の名をダメリカによる地震津波原爆テロかも。津波と台風を違えただけの。
 「これも焼け石に水の」ドル防衛TpPごり押しせんがための。加え、今回は、日露平和条約への脅しともとられかねない。

6. 2016年9月03日 22:44:11 : FUkShoZH5I : bPvYmyNxeLI[9]
宇宙線の増大、この宇宙線は地球をも貫く、ニュートリノも実はエネルギー体で
物質に反応するから観測出来る、勿論突き抜けていく奴もいるが、このニュートリノは
核分裂も促進し地殻にもマグマにも影響する、マントルの発熱が微妙に上がるのが
地球の今の状況で火山地震の増大を招く、つまり太陽の黒点が減少すると
宇宙線が地球上に増大してマントル熱が微妙に上がる。
マントルの熱の元は地球が出来た時の物が半分と核分裂が元の発熱が半分だそうだ。


7. 2016年9月04日 06:11:20 : FUkShoZH5I : bPvYmyNxeLI[10]
ちょっと書いとく

ニュートリノと地震

2011年( 平成23年)3月  東日本大震災

2011年 M101銀河   8月23日に発見された超新星爆発 

超新星爆発の方が後だろって。

超新星爆発 膨大なエネルギーを発生するが私達人が感知出来るその状況エネルギーは
1% 99%がニュートリノとして宇宙空間に放出される。

ニュートリノは高速を超えるか?

面白い記事

ニュートリノは水と反応して、
チェレンコフ光を放射するのですが、
カミオカンデではチェレンコフ光を観測しています。

チェレンコフ光は
ニュートリノが光速を超えたときに観測されるとの事です。

 


8. 2016年9月08日 08:05:58 : IuyAG7ZdmE : 7h18@df2KUE[4]
生きていたか……?まあ俺はずっとマークされている。
俺への攻撃はジュリアン・アサンジやエドワード・スノーデン、チェルシー・マニングなんかでは比べ物にならないほどだ。まあそもそも彼らが本当にヤバイ情報を握っているとしたらとっくに死んでいる。彼らの情報もまた、表面的な事でしかない。または「リークされてもいい情報」でしかない。
宇宙人情報はアメリカの一部、裏政府とも呼べるものの人間の一部にも宇宙人に対して危険であると思っている人間がいるからこそ宇宙人情報はある程度発信できるようだ。
HAARP、電磁波兵器の情報は宇宙人情報よりもやばいのだろう。これが無くなれば不安定なTR-3Bなどでは対抗できないと考えているのだろう。HAARPが奴らの切り札であり、すべてである。そこが強みでもあり同時に弱点でもある。
HAARPを「何とかする方法」はすでに知っている。まあ現時点でも何とか出来ているのかもしれないが……ただ台風や地震、個人への攻撃等々防げているとは言い難い。

9. 中川隆[-13551] koaQ7Jey 2018年7月18日 17:01:43 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-16786]
デマは止めろ!!

麻原先生の呪いが原因に決まってるだろ

[18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数により全部処理

10. 2018年7月25日 23:04:28 : N0JuVH9iZA : 9oIP5DWuQPg[48]
面白い言い伝え。  今度来た神様は生贄を要求した、これはひょっとすると
悪魔かもしれない、ここから逃げなくては。

こんな言い伝えが何処かの島で残っている。

その昔神と呼ばれる者達と人間は一緒に平和に暮らしていた、
ひょっとすると今まで居た神族がその悪魔と言われる者達との戦いに負けたのか。
その昔インカ帝国はスペインによって征服され文化も歴史も建築物も破壊され殺され
過去が抹消された、それと同じ事が人類にも起きた、洪水以前の過去の歴史は破壊され
そして歴史も建物も破壊され多くの人が死んだが少数の人々が生き残りやがて
地に満ちたがその悪魔と言われた者達の支配は続き嘘を吹き込み過去を消し去り
人類を操り搾取し殺しあわせた。


11. 2018年9月22日 23:27:17 : 3vDY8rWOSw : PqPTroBGEHA[1] 報告
地球の氷河期サイクルは、太陽系が銀河系の中を巡る際に恒星の密度が比較的高い腕の部分を通過するタイミングと一致しているらしい。近傍の宇宙線を多く浴びる、または星間ガス・粒子・チリ等が比較的多く地球に到達するため、地球の大気に雲を多く発生し、太陽光線を遮り、寒冷化となるメカニズムである。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 環境・自然・天文板6掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
環境・自然・天文板6掲示板  
次へ