★阿修羅♪ > 環境・自然・天文板6 > 470.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
2030年に世界は氷河期突入、確率は「97%」とザーコバ教授(週刊ポスト)
http://www.asyura2.com/15/nature6/msg/470.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 1 月 30 日 16:22:25: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

             ASAも「寒冷化」を裏付ける報告を発表


2030年に世界は氷河期突入、確率は「97%」とザーコバ教授
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170130-00000020-pseven-life
週刊ポスト2017年2月10日号


「2030年、世界は氷河期に突入する」──2015年7月、この説を発表したのは、英国ノーザンブリア大学のバレンティーナ・ザーコバ教授率いる研究チームである。

 同チームの研究によれば、太陽の活動は2030年代に現在の60%にまで減少し、1645年に始まった「ミニ氷河期」(マウンダー極小期)の時代に近い状況になると結論づける。この「ミニ氷河期」の説明は後述するが、その確率は「97%」と高いという。ザーコバ教授が解説する。

「太陽内部の表面に近い2つの層の電磁波の同期がずれると、太陽の活動が低下して地球の気温が下がる。この現象は2030年頃から本格的に始まると予測されているのです。

 すでに太陽の活動が停滞し始めているのは間違いない。近年、欧州を襲っている寒波もこれに関連していると思われます」

 モスクワ国立総合大学のヘレン・ポポヴァ博士やNASA(米航空宇宙局)の元コンサルタント、ジョン・ケイシー氏らも同意見だ。

 ザーコバ教授らが「2030年氷河期」説を発表した直後の2015年10月には、NASAも「寒冷化」を裏付ける報告を発表した。人工衛星から南極氷床の高さを計測した最新の分析データによれば、南極の氷は1992年から2001年にかけて1120億トン、2003年から2008年にかけても820億トン増えていたというのである。

 この結果は「南極の氷が溶け、海面上昇を引き起こして南太平洋の島々は水没する」という地球温暖化の議論をリードしてきたIPCC(気候変動に関する政府間パネル)の予測を覆すものだ。

 ここ数年、夏は猛暑続きで「温暖化の影響か」と感じていた人は少なくないだろう。しかし、「これは寒冷化の影響」と語るのは理化学研究所の主任研究員・戎崎俊一氏だ。

「寒暖がどちらも極端になり、異常気象が連続するのが『ミニ氷河期』の特徴です。極端に暑い夏、極端に寒い冬を多くの人が体感しているはず。

 ザーコバ教授らの発表通り、いま太陽の活動は非常に弱くなっている。私はすでに『ミニ氷河期』に入っていると見ています。昨年11月に都内で積雪があったのは、まさにその影響かもしれません」

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. taked4700[5928] dGFrZWQ0NzAw 2017年2月01日 17:01:44 : 7rLS1H2HTo : VPGChg8RaF8[2]
よくぞ書いてくれました。感謝!

トランプ氏が、化石燃料の使用をためらわず、地球温暖化など関係ないと明言しているのは、彼らの見通しがやはり寒冷化であるからでしょう。

ただ、化石燃料の使用は大気中の微小なチリを増やす効果もあります。微小なチリが増加すると太陽光が反射され、地表への日射量が減少します。

農業、食糧問題が再燃しますね。

>1645年に始まった「ミニ氷河期」(マウンダー極小期)

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC%E6%A5%B5%E5%B0%8F%E6%9C%9F
>マウンダー極小期は中世における小氷期中頃の寒冷期の遠因と目され、この時期のヨーロッパ、北米大陸、その他の温帯地域において冬は著しい酷寒に震え、暦の上では夏至であっても夏らしさが訪れない年が続いた。北半球平均気温は極小期の前後と比べて0.1 - 0.2度低下したのではないかとされている[2]。
>2010年、東京大学・名古屋大学・名古屋工業大学の研究チームが、この時期の日本(江戸時代初期)は周期的に雨が多い湿潤な気候であったと奈良県内の老木の年輪を分析して結論付け、論文にまとめた[3][4]

結局、海の少ない、かつ極地に近い地域で寒冷化が進みやすいのです。南半球は影響が少なく、北半球は影響を強く受け、特にユーラシア大陸と北アメリカ大陸は寒冷化が苛酷になりますね。

アメリカから主に輸入している大豆や小麦、トウモロコシは輸入が出来なくなるでしょう。日本の東北から北の地域は、白頭山の噴火の影響もあり、居住が不可能になる可能性が強い。


2. 2017年2月02日 19:31:46 : XhP3n5JKWs : tGYQLIC9jr4[1]

2015年に桜井邦朋元神奈川大学学長が著した「日本列島SOS-太陽黒点消滅が招く異常気象」(小学館新書)をお読みください。

桜井氏は、数十年間、一貫して「地球温暖化」論を誤りと指摘して来ました。
カナダ、ロシアの国土の大部分は居住不可能に陥る可能性が高い、と言うのですから
大変も大変で、世界はどうなるもこうなるもない状態になります。
戦争、不況なら知恵と対話を積み重ねて打開もあり得ますが、
太陽の活動が変動してしまっては・・・、どうしようもないです。


3. 2017年2月03日 21:36:17 : EOXZRDSzLM : uypfXXFTIns[131]
前回の氷河期が終わり温暖化は進みその為寒冷期に農業が出来ない場所で農業が
出来る様に成り人類の居住場所が広がり人口は増えて行った。
今後が氷期に入り温暖化に伴い農地が増えた分それが徐々に減っていき
その結果知恵と科学が無ければ食料的に無理が来て飢えて来ることに成り
温暖化で増えた人口は減った食料分だけ減少する事になる筈だが
その過程は悲惨な事になるだろう。
人類が選ぶのは知恵と科学と協力によって平和に過すか、又は他の物を奪う
修羅場を選ぶか、どちらを選ぶか人類の英知が試される時代がやって来るのかも
しれない。

4. 2017年2月10日 16:43:27 : nJF6kGWndY : n7GottskVWw[3636]

>確率は「97%」

またfake newsかw

>ザーコバ教授らが「2030年氷河期」説を発表した直後の2015年10月には、NASAも「寒冷化」を裏付ける報告

あほらしい

全然、裏付けてないだろw


http://bylines.news.yahoo.co.jp/emoriseita/20151118-00051570/
「温暖化なのに南極の氷が増えている」件の記事で、さすがにひどい見出し
江守正多 | 国立環境研究所地球環境研究センター気候変動リスク評価研究室長
2015/11/18(水) 9:36



5. 2017年2月10日 16:48:53 : nJF6kGWndY : n7GottskVWw[3637]

>2015年10月には、NASAも「寒冷化」を裏付ける報告

アホというのは、都合の悪い事実から目を逸らし

自分にとって都合の良い事実ばかりをいつまでも示し続ける好例だな

そうやって自滅していくのだろう


http://bylines.news.yahoo.co.jp/emoriseita/20161218-00065610/
南北両半球で海氷面積の減少がすごいことになっている件
江守正多 | 国立環境研究所地球環境研究センター気候変動リスク評価研究室長
2016/12/18(日) 18:08 

南北両半球を合わせた海氷面積の年毎の年変化を表すグラフ
海氷減少のショッキングなグラフ―出どころは?
いささか鮮度の落ちた話だが、国内であまり話題になった形跡が無いので、紹介しておきたい。

まずはこのグラフをご覧いただきたい。

南北両半球を合わせた海氷面積の年毎の年変化を表すグラフ
南北両半球を合わせた海氷面積の年毎の年変化を表すグラフ
地球全体の海氷面積(つまり北極海と南極の周りの海氷の面積を合計したもの)の一年間の変化を年毎の線で表したグラフである。
9月以降、赤い太線で描かれた今年(2016年)の値が、例年の季節変化の年による変動の範囲を明らかに逸脱して下回っているのがわかる。

ひと月ほど前に米国カリフォルニア大学バークレー校のZack Labeという博士課程の学生がTwitterでこのグラフを紹介したところ、大議論が巻き起こった。(筆者はそのずっと後にネット記事を追いかけて知った)

グラフは、Arctic sea ice forumのメンバーが作ったものだそうで、サイトから最新版がダウンロードできる。元データは米国雪氷データセンター(National Snow & Ice Data Center; NSIDC)が公開しているものだ。

同様のグラフは、日本の水循環変動観測衛星「しずく」による観測データに基づいて、JAXAのウェブサイトでも発表されている。

Twitterの議論の初期には、測器の故障によるエラーである可能性が指摘されたようだが、すぐに否定された。現時点でわかっている限り、このグラフはデータの間違いでもグラフの描き方の間違いでもなく、現実を表しているものらしい。

通常、専門家はこのようなグラフを描くことはなく、北極と南極の別々のグラフを描く。北極と南極では季節が正反対だし、海氷のでき方も性質も違うが、両者を合計するとそれらがごっちゃになってしまうからだ。

特に、海氷の減少を議論する際に通常注目されるのは、北極海の海氷が最小になる9月の面積である。9月の北極海海氷面積は最少記録を2012年に更新したが、今年はそれに次ぐ2番目の記録となった。なので、今年は記録更新がなかったことで筆者も油断していた。

ところが、その後の10月以降、今年のデータは過去の最少記録を下回り続ける。北極では秋から冬に向かって海氷が増えていくが、その増え方が例年よりかなり遅いということだ。
同時に南極の海氷も最少記録を下回り始めた。南極では春から夏に向かうので海氷が減っていくが、その減り方が例年より急なのだ。
その結果、両者を合わせたグラフはこのようにショッキングなものとなった。

データソースである前出のNSIDCも12月6日にプレスリリースを出しており、北極、南極ともに平年よりも高い気温、海水温、風のパターンが今年の海氷減少をもたらしているようだと説明している。

論争に終止符?
思い返せば、海氷の減少は温暖化問題の中で論争的なテーマの一つだった。

北極海の海氷減少が記録を更新するとニュースになるが、社会の中には「温暖化の報道は大げさで、特定政策への誘導の意図が感じられる」と思っている人たちが一定数いて、その人たちは異論を唱えた。

たとえば、「減少するとニュースになるが、次の年に面積が回復してもニュースにならないではないか」という指摘を見たことがある。
確かに海氷の面積は(同じ月で比べても)年々変動する。しかし、面積が回復したようにみえるのは薄い一年氷が張っているのであって、分厚い多年氷はかなり一方的に減少を続けていたのだ。

また、少し詳しい人が「南極の周りの海氷はむしろ増えているではないか」と指摘するのも何度か聞いた。
確かにその通りだ。南極の海氷増加を説明する理論はいくつかあるが(オゾン層の減少による風の変化、海水の密度成層の変化、詳しく知りたい方はこちら)、筆者の認識ではこれは現在の気候科学で明確な解答の出ていない難問の一つだった。
しかし、今年は南極の海氷もはっきりと減った。科学者が海氷増加の謎に頭を悩ます必要も減ったのかもしれない。

もちろん、南北両半球の海氷がこのまま激減するのか、それとも今年だけの特異な出来事なのかはわからない。減少のメカニズムもこれから解明されなければならない。海氷の減少がどんな影響をもたらすかも解釈が分かれるだろう。議論は続く。

しかし、海氷の減少にこれまで異論を唱えていた人の(全部ではないにしても)ある部分は、このグラフを見れば「もはやそこを議論してる場合じゃあないみたいだ」と、ぞっとしながら気付くのではないか。

とうとうこういうグラフを現実のデータとして見るときがきちゃったのか、という感慨がある。

ツイート
シェア
ブックマーク

江守正多
国立環境研究所地球環境研究センター気候変動リスク評価研究室長
1970年神奈川県生まれ。1997年に東京大学大学院総合文化研究科博士課程にて博士号(学術)を取得後、国立環境研究所に入所。2001年に地球フロンティア研究システムへ出向し、2004年に復職した後、温暖化リスク評価研究室長等を経て、2011年より気候変動リスク評価研究室長。専門は地球温暖化の将来予測とリスク論。気候変動に関する政府間パネル第5次評価報告書主執筆者。著書に「異常気象と人類の選択」「地球温暖化の予測は『正しい』か?−不確かな未来に科学が挑む」、共著書に「地球温暖化はどれくらい『怖い』か?温暖化リスクの全体像を探る」「温暖化論のホンネ -『脅威論』」と『懐疑論』を超えて」等がある。
江守正多の最近の記事
温暖化「2℃目標」の生みの親 シェルンフーバー博士に聞く ― 脱炭素化に向けたわれわれの役割は何か? 2016/11/25(金) 17:45
大気中CO2濃度が去年は飛躍的に増加 世界のCO2排出量は横ばいなのに、なぜ? 2016/3/21(月) 9:11
温暖化対策計画 2050年80%削減は可能? 「分煙革命」を参考に考える「脱炭素革命」の意味 2016/3/15(火) 8:17
地球温暖化の意外なリスク 「世界一受けたい授業」のネタ補足 2016/1/24(日) 10:46


6. 2017年2月11日 20:00:21 : FriqboisPP : aSEk4h9EZiw[1]
阿修羅は陰謀系サイトだから、いちいち反論することもないだろうけど、前からある話ですね。
The Astrophysical Journal, 795:46 (8pp), 2014 November 1
2014. The American Astronomical Society. All rights reserved. Printed in the U.S.A.
PREDICTION OF SOLAR ACTIVITY FROM SOLAR BACKGROUND MAGNETIC FIELD VARIATIONS IN CYCLES 21–23
http://iopscience.iop.org/article/10.1088/0004-637X/795/1/46/pdf
下の方にある図Cycle26を見てください。青い線と赤い線が逆向き(離れている)に出ているでしょう。このことを指します。Cycle25も同様の傾向にあります。
この後のデータがないのでこの図からはわかりませんが、Cycle-26以降は元に戻ります。よって”氷河期”であろうがなんであれ、期間があまりに短すぎます。

当然ですが本人は「氷河期がくる」とは一言たりとも述べていません。気候は専門外ですから、分かるわけもありません。
No, Sunspots Will Not Cause A New Ice Age [Forbes] 2015年
News about an imminent ‘mini ice age’ is trending ― but it’s not true [Washington Post]
CNNのようにならないでね(笑)
RTメディア女史側のインタビューを見る限り、すでにIPCC側には報告をしているようです。特に注目も問題にもなってもいません。

次に戎崎俊一氏を調べてみました。専門は宇宙線みたいですが、この人もいろんな分野にコメントつけてますね。こんなのがありました。
「白亜紀末の寒冷化と暗黒星雲遭遇による大絶滅:End-cretaceous cooling and mass extinction driven by a dark cloud encounter」
K-Pg境界の大量絶滅。隕石ではないそうで、なかなかおもしろいです。と思ったら、丸山茂徳の名前もありました。よく図書館などに置いてある反温暖化本を書いていらっしゃる方です。言いたいのはスペンスマルクとか、そのあたりでしょうか。ところで、その暗黒星雲は観測できないのでしょうか。
http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1342937X16000253

マウンダー氷河期なるものの原因はそもそも単一ではありません。火山の影響もあるし、いくつかの自然発生要因が重なったものというのが現在の通説です。
もちろんその一つに太陽も考えられていますが、温暖化の影響にはほど遠いという見方です。
英語ですが、専門の学者が色んなところで分かりやすく説明しているので、調べれてもらえばすぐに分かると思います。
それともWeather Newsの会長が言うように、温暖化などなく、すべては神の思し召しなのでしょうか。
【よくある間違い】マウンダー極小期が来る 気候変動の向こう側
http://climatechange.seesaa.net/article/431572838.html
エクソンモービル社とコーク産業による気候変動否定派ネットワークの構築と世論及び政界への影響
http://climatechange.seesaa.net/article/430922026.html
何を信じようと勝手ですが、後世の世代に恨まれても知らなかったとは言えません。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 環境・自然・天文板6掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
環境・自然・天文板6掲示板  
次へ