★阿修羅♪ > 環境・自然・天文板6 > 736.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
南極で巨大氷山誕生へ、ハワイの島1つ分「1600平方キロ」
http://www.asyura2.com/15/nature6/msg/736.html
投稿者 ピノキ 日時 2019 年 7 月 04 日 00:49:52: /cgEbzQ/iEx0c g3ODbYNM
 

https://www.msn.com/ja-jp/news/opinion/%e5%8d%97%e6%a5%b5%e3%81%a7%e5%b7%a8%e5%a4%a7%e6%b0%b7%e5%b1%b1%e8%aa%95%e7%94%9f%e3%81%b8%e3%80%81%e3%83%8f%e3%83%af%e3%82%a4%e3%81%ae%e5%b3%b61%e3%81%a4%e5%88%86%e3%80%8c1600%e5%b9%b3%e6%96%b9%e3%82%ad%e3%83%ad%e3%80%8d/ar-AADMQ72#page=2
Eric Mack 2019/07/03 18:00

南極のブラント棚氷では、数年前から不吉な亀裂の広がりが観測されてきたが、間もなく氷の分離が起こりそうだ。ハワイ諸島の一つ島ほどの大きさの、巨大氷山がいつ誕生しても不思議ではない状況だ。

英リーズ大学の極地観測モデリングセンターは先日、ブラント棚氷の2つの亀裂のChasm-1とHalloween Crackの模様を収めた動画を公開した。6月初旬の時点で2つの亀裂の間の距離は、わずか5キロメートルになっていた。亀裂がつながれば巨大氷山が生まれることになる。

新たに誕生する氷山の面積は約1594平方キロで、ハワイ諸島のカウアイ島(1430平方キロ)より大きく、マウイ島(1884平方キロ)よりもやや小さいサイズだ。

ブラント棚氷は南極大陸から海にせり出す位置にあり、研究者らは以前からこの棚氷の動向を注意深く観測してきた。英国の南極研究所はブラント棚氷の分離に備え、数年前に現地のハリー研究基地を移動させていた。

南極で巨大氷山が生まれるのは珍しいことではない。2017年のラーセンC棚氷の分離では、約5800平方キロの氷山が生まれた。しかし、ブラント棚氷においては過去最大の分離が発生しようとしている。

棚氷の分離の背景には気候変動の影響が指摘されている。ノーザンブリア大学の研究チームは、ブラント棚氷の分離は氷が巨大化し過ぎ、重みを支えきれなくなった結果だとしているが、地球全体の平均気温の上昇が、これらのプロセスを加速させていることに疑いはない。

研究者らは今、新たに生まれる巨大氷山の動きに神経を尖らせている。巨大氷山によって、さらなる海面上昇が引き起こされる可能性がある。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲上へ      ★阿修羅♪ > 環境・自然・天文板6掲示板 次へ  前へ

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 環境・自然・天文板6掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
環境・自然・天文板6掲示板  
次へ