★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK182 > 755.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
山崎行太郎氏の皇室護憲論者説も、八木秀次氏の“宮内庁批判”も、ともに的外れ
http://www.asyura2.com/15/senkyo182/msg/755.html
投稿者 あっしら 日時 2015 年 4 月 07 日 17:26:10: Mo7ApAlflbQ6s
 

(回答先: 天皇発言と八木秀次。最近、天皇陛下と皇后陛下が、ともに、安倍政権の改憲路線に逆らうかのように、しきりに「護憲発言」… 投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 4 月 07 日 14:45:15)


 憲法規定に従えば、天皇をはじめとする皇室構成員は、憲法改正など政治的なテーマについて発言することを厳に慎まなければならない。選挙権や被選挙権もなく、憲法改正の発議権や国民投票への参加権もないのが皇室メンバーである。

 皇室メンバーは、現実として、そのような態度を心がけてきたと思っているが、いわゆる有識者とされる人たちのなかには、天皇など皇室メンバーの散発的な発言を牽強付会で自分の思想信条に引きつけて解釈し“利用”する人もいる。

 売れっ子の池上彰氏も、先頃、皇太子の発言を都合よく解釈した内容を流布させた。

※ 参照

「戦後日本の歴史的経緯と国家統治の現実を語っただけの皇太子の発言を“政治利用”し悦に入る池上彰氏」
http://www.asyura2.com/15/senkyo180/msg/683.html


 スレッドの内容に移るが、山崎行太郎氏の言説も、八木秀次氏の“宮内庁”批判も、ともに皇室メンバー発言に対する的外れな解釈に基づくものだと思う。


 山崎行太郎氏は、「皇后陛下が、「五日市憲法」について肯定的発言を行ったので、驚いた。明らかに政治的発言であり、護憲的発言である。かなり踏み込んだ発言等思われる。ということは、皇后陛下も、相当の危機感を持っているのだろうと思われる。つまり、天皇や天皇周辺は、安倍政権の「改憲路線」「軍国主義路線」、あるいは近隣諸国との「軍事対立路線」に危機感を感じているということだろう」と書いているが、「五日市憲法」について肯定的発言を行ったことが、どうして現行日本国憲法の護持につながると判断したのか理解しがたい。

 皇后の「五日市憲法」に関する発言は、「今年は憲法をめぐり,例年に増して盛んな論議が取り交わされていたように感じます。 主に新聞紙上でこうした論議に触れながら,かつて,あきる野市の五日市を訪れた時,郷土館で見せて頂いた「五日市憲法草案」のことをしきりに思い出しておりました。明治憲法の公布(明治22年)に先立ち,地域の小学校の教員,地主や農民が,寄り合い,討議を重ねて書き上げた民間の憲法草案で,基本的人権の尊重や教育の自由の保障及び教育を受ける義務,法の下の平等,更に言論の自由,信教の自由など,204条が書かれており,地方自治権等についても記されています。当時これに類する民間の憲法草案が,日本各地の少なくとも40数か所で作られていたと聞きましたが,近代日本の黎明期に生きた人々の,政治参加への強い意欲や,自国の未来にかけた熱い願いに触れ,深い感銘を覚えたことでした。長い鎖国を経た19世紀末の日本で,市井の人々の間に既に育っていた民権意識を記録するものとして,世界でも珍しい文化遺産ではないかと思います」というものである。

 この発言がどうして護憲を表明したという解釈につながるのか、どうにも合点がいかない。

「五日市憲法草案」は地域の小学校の教員や地主や農民が集って討議を重ねて書き上げたものであるが、大日本帝国憲法(明治憲法)や日本国憲法は、制定の形式は欽定であり、内容も国民レベルで議論された結果としてまとめられたものではない。

 皇后の発言は、幅広い国民の叡智が結集したものとはいえない現行憲法をある意味で否定的にとらえているとも解釈できてしまうものである。


 続いて八木氏の宮内庁批判に移る。
 山崎氏に「天皇陛下も皇后陛下も、あきらかに、安倍政権の改憲路線に危機感を感じている。八木秀次が、天皇を名指しして批判したのも、偶然ではない。八木秀次も、確信犯的に天皇と対決しようとしている。要するに、天皇や天皇周辺と安倍政権とは、憲法改正か護憲かを巡って対決しようとしている」と批判された八木氏は、天皇と対決しようとしているわけではなく、宮内庁官僚たちと対決しようとしている。

 昨年暮れの天皇の発言である「、「戦後、連合国軍の占領下にあった日本は、平和と民主主義を、守るべき大切なものとして、日本国憲法を作り、様々な改革を行って、今日の日本を築きました。戦争で荒廃した国土を立て直し、かつ、改善していくために当時の我が国の人々の払った努力に対し、深い感謝の気持ちを抱いています。また、当時の知日派の米国人の協力も忘れてはならないことと思います」も、八木氏のように「陛下が日本国憲法の価値観を高く評価されていることが窺える」と受け止めることもできれば、“陛下は現行憲法には連合国軍の占領下に作られた否定的な側面もあることを指摘した”と解釈することもできる内容である。

 八木氏は、「私がここで指摘しておきたいのは、両陛下のご発言が、安倍内閣が進めようとしている憲法改正への懸念の表明のように国民に受け止められかねないことだ。なぜこのタイミングなのか。デリケートな問題であることを踏まえない宮内庁に危うさを覚える」と続けているが、憲法の条文には「改正」の規定もあるのだから、真意は不明だが憲法の価値観を高く評価していることと憲法改正を否定したい意識とはイコールではない。

 ともかく翌年の天皇誕生日前に敗戦70周年を迎えることを踏まえた発言であり、現行憲法が条文を全く変えることなくそのほとんどの期間において国体を規定したことを考えれば、ことさら政治的な発言だとはいえない。


 ともかく、有識者と自負する人たちは、天皇をはじめとする皇室の発言をあれこれ解釈して、それらを護憲や反安倍政権など政治的な発言として勝手に流布するような愚を慎むべきである。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2015年4月07日 18:07:20 : KzvqvqZdMU
>天皇など皇室メンバーの散発的な発言を牽強付会で自分の思想信条に引きつけて解釈し“利用”する人もいる。

おっさるとーりだろう。
逆言えば、天皇に政治的発言をしてもらいたいという深層心理があるのかもね。
日本の左翼は不思議と独裁国家(スターリンや毛沢東、今の中国)らに親近感を持つみたぃね



[32削除理由]:削除人:アラシ

02. 2015年4月07日 20:29:01 : R7hQxaLhnk
五日市憲法の皇后陛下の言葉は民権意識について言及したものだろう。
八木の発言にもあるが、安倍政権の憲法改正案には天皇を元首と定める条項があり、これらに皇室が難を示している旨の誤解を取り除いて欲しいと八木が天皇皇后を諌める侍従が宮内庁にはいないのかと言うくだりなぞ、やんわり民権意識を対置させて自民党の改正案に煙幕を張る天皇皇后の意図は確かに感じるけどな。
天皇皇后の発言の意図を八木がいくら誤解に基づくものだと言い張っても、そうは思えない連中が憲法をいじくろうとすることに思うところがあるのかもしれんよ。
また、天皇皇后にそう思わせてしまう改憲派自身もまるで問題がないと思っているとしたら、その鈍感さは非常に危ないけどな。

03. 2015年4月07日 21:51:36 : Wd1a8oWBaQ
あっしらくんの投稿に人気が無い理由がよく分るね。

>ともかく、有識者と自負する人たちは、天皇をはじめとする皇室の発言をあれこれ解釈して、それらを護憲や反安倍政権など政治的な発言として勝手に流布するような愚を慎むべきである。

同意だは。
右も左も都合よく天皇陛下や皇室を利用しすぎだよ。
利用したいのなら象徴天皇制を廃止してからにしてほしいね。
今のままでは天皇陛下は反論したくても反論できない。

と、こんなことを書くボクは天皇御親政派。


04. 2015年4月07日 23:04:53 : GsrbLjy08g
私は、両陛下のお人柄に深い尊崇の念を抱いている。

尊崇といっても、戦前のような現人神的敬い方ではなく、
太古よりの日本文化や伝統を象徴・体現されているご存在、
宗教的な権威、祭祀長といった意味でご尊敬申し上げている。

したがって、ネットが使える環境になってからは、宮内庁のHPにて、
機会あるごとに皇族方のお言葉に目を通してきた。

そういう私の個人的感触ではあるが、

- 現在の政治の在り方に危機感をお持ち
- 少なくなくとも、現憲法の3原則を骨抜きにすることには反対
- 立憲主義を骨抜きにするようなことにも反対

ということは、両陛下・皇太子殿下のお気持ちと言って
差し支えないように思われる。



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK182掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK182掲示板  
次へ