★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK183 > 401.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
翁長さん、安倍さん、猿芝居をぎりぎりまで続けてください
http://www.asyura2.com/15/senkyo183/msg/401.html
投稿者 あっしら 日時 2015 年 4 月 18 日 04:25:50: Mo7ApAlflbQ6s
 


「翁長さん、猿芝居はいい加減にしてください(生き生き箕面通信)」
http://www.asyura2.com/15/senkyo183/msg/369.html

==========================================================================================
 タイトルのようなことを阿修羅に書いても、肝心な人たちは見向きもしていないはずだから問題はないだろう。

 辺野古問題については、翁長さんに限らず、沖縄知事選にわざわざ立候補し敗れた仲井真前知事も、安倍首相や菅官房長官も猿芝居を演じていると受け止めている。

(普天間基地を閉鎖するためにやむを得ず辺野古沖の埋め立てを認めた仲井真さんが県知事選に立候補し敗れたことで、沖縄県民多数派が辺野古基地建設に強い反対の意思を持っていることが際立った。仲井真さんの県知事選立候補はそのための猿芝居)

 猿芝居をしなかった(できなかった)鳩山由紀夫氏は、普天間基地の移転について「国外少なくとも県外」を主張したことで、国内主要メディアから足を引っ張られ、衆知の事実であった母親からの巨額献金問題が決め手になって首相職を辞することになった。

 最高裁が憲法適合判断を放棄したことでもわかるように、日本国で、憲法よりも上位にある規定が、日米安全保障条約であり日米地位協定なのである。

 要は、条文的には廃棄できる日米安保条約を廃棄しようとする政治家や国民が多数派になるのかという問題なのだが、世論形成に大きな影響を及ぼしている主要メディアが「鳩山事件」や「小沢事件」でもわかるように米国支配層の走狗なので、日米安保条約廃棄での多数派形成は今しばらくムリだろう。

 日米安保条約廃棄という立場から普天間に駐留する米国海兵隊の辺野古への移転問題には反対(基地の新設をやらせないことが重要だと思うから)だが、普天間基地の返還もしくは使用停止は喫緊の課題である。

 日米安保条約を廃棄できる政治的条件が整っていないのなら、移転先の基地を建設する素振りだけ見せて引き延ばしながら、普天間基地をできるだけ早く使用停止(やむを得ないときは県外で訓練など)に持ち込むという戦術しかないのではと思っている。

 また、東アジアの国際情勢も変化していくので、引き延ばしを図っているうちに、日米安保条約の「形骸化」を国民多数派が恐れなくてもよくなる状況が生まれる可能性もある。

 そのような策しかないのなら、「生き生き箕面通信」のように、翁長知事が「埋め立て許可を取り消す」といえばすむ話と考えるわけにはいかない。
 それにより辺野古での基地建設は暗礁に乗り上げる可能性もあるが、普天間基地使用停止のほうは実現しないからだ。
 裁判になり、沖縄県知事に取り消しの権限がないという判断が出てしまう可能性もある。その場合、政府は辺野古での基地建設をずるずる引き延ばす戦術が採りにくくなる。

 辺野古基地建設についてはこれまでも「出前の蕎麦」のように建設を進めているふりだけでいいと言ってきたが、そのふりが通用するためには、沖縄県と日本政府が激しく対立して思うように建設が進まないという状況を見せ続けなければならないのである。
 なぜなら、“建設ができない”、“建設ができる”のいずれであれ、決定的な状況を生み出してはならないからである。

 “建設ができない”なら、普天間基地の使用が固定化されてしまう。
 “建設ができる”なら、辺野古に新基地を建設するしかなくなる。

 安倍首相を信じ切っているわけではないが、普天間基地を使用停止にしたいという気持ちと辺野古に新しい基地は建設したくないという気持ちの両方を持っているとは推測している。

 安倍首相の“策”が揺らがないようにするため、米国の新基地建設意欲を削ぐため、安倍首相の真意を信じるひとも信じないひとも、辺野古での新基地建設に対する反対の意思を強く長く示さなければならないと思っている。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2015年4月18日 04:58:46 : h7H4FQnYpE
  
基地建設反対…沖縄の揺るぎない自信は、安倍政権と米国との軍事戦略のズレに起因!
http://carpenter.2ch.net/test/read.cgi/liveplus/1429169127/

 
 「すべての卵をひとつの籠に盛るな」

 これは、経済・投資用語として有名な諺だが、軍事戦略上でも同様の理屈がいえる。
 数々の米国高官や米戦略研究者の間で すでに常識化しているのは、アジア地域の米軍が沖縄に
 一極集中していることの脆弱性だ。彼ら専門家達は中国軍の近代化やミサイル性能の向上などで、
 沖縄の地理的優位性は確実に低下しているとみる。

 現在の中国の先制攻撃力を考えた場合、アジアの主力米軍が沖縄に集中し続けることは
 米国側からすれば自国の抑止力に足りえてない状況だといえる(ここが日米の重大なズレでもある)

 そこで、米国はグアムへの基地移転を進める等、中国の「先制攻撃圏外」に下がることで、中国軍の
 第一撃から主力米軍全体が壊滅するようなリスクを減らす「アウトレンジ戦略」をとりはじめている。

 この様に沖縄集中状態の主力米軍を部分撤退させて分散化したいというのが米国の本音であり、
 また同時に、財政赤字上、軍事予算の削減も行う方針だ。その過程で、
 出来得ることなら撤退部分を日本の自衛隊増強で補いたいと彼らは考えている。
 日本の予算から米国の兵器を購入してもらえば米国経済にとっても都合がよく、一石二鳥である。

 こうした米国−中国間の構造変化に対して、在日米軍の存在を中国からの盾にしたいという
 安倍政権の古典的戦略は、米国の現代戦略と適合が難しくなってきていると言えよう。
 米軍の撤退を食い止め、現状を「保守」したい安倍政権が必死になるのも分からなくもない。

 また、現状を保守したいという点では、基地利権に依存する霞ヶ関の天下り連中や
 沖縄保守とも思惑は一致する。「保守」というのは使い勝手がよい言葉で、それは古典戦略を維持する
 場合でも「保守」なのであり、基地移設反対でも「保守」なのである。

 日米中他、国際情勢を敏感に感じ取ってきた沖縄の嗅覚はあなどれない。沖縄は安倍政権の思惑と、
 米国のリスク分散の思惑とのズレを敏感に感じとり、確信を持って基地建設に反対している。
 そしておそらく、この潮流(特に米国の戦略転換)に逆行することは無理だろう。
 (政府関係者見聞)
 


02. 2015年4月18日 05:08:50 : h7H4FQnYpE
自衛隊幹部OBがいう。
「辺野古基地に駐留するのは海兵隊。海兵隊は敵地の海岸へ強行上陸するための部隊で、
国土を防衛する目的もなければ、能力もない。国防の喫緊の課題
である尖閣諸島など島嶼部防衛にも役に立たない」


 そもそも小泉政権時代に決められた在日米軍の再編合意書には、
島嶼部への侵略に対処するのは日本、つまり自衛隊の責任であることが明記されている。
尖閣有事に際し、辺野古に米海兵隊がいても出動することはないのだ。
“日本の安全を守るため”というお題目は崩れている。

「米軍は海兵隊をグアムに移転させるロードマップを描いていたが、
小泉政権時に“沖縄にいてほしい”と辺野古移設を提案した経緯がある。
小泉首相は政権幹部が辺野古は環境へのダメージが大きいので止めるべきだと進言すると、
“二度とその話をするな”と一喝した。そもそも、辺野古移設は日本側の利権の話であって、
米軍側の要請でもなければ、国防とも関係がない」(当時の官邸スタッフ)


 高村正彦・副総裁は、3月27日に訪米するとカーター米国防長官に
「国会を延長させ安保法制関連法案を今国会中に成立させる」と大見得を切った。米大使館関係者は唖然とする。

「安倍政権は我が国が喜ぶと思って辺野古も安保法制もTPPも進めているが、
そんなことは望んでもいない。よほど4月末の訪米と首脳会談を実現したかったのだろうが、
一方的でピント外れのラブコールにオバマ大統領は困惑している」
http://www.news-postseven.com/archives/20150410_314560.html
 


03. 2015年4月18日 05:16:36 : KzvqvqZdMU
米軍を沖縄に引き留めておかねばならない。これが国防政策として必要だ。
一地方が、えらそうに国家の国防政策に対等にものを言う、なんてことは、
これがクセになれば、国家としての国防の統一性にひびが入り、中国が得意とする「工作」の場となる。
 地方の反乱は厳しく鎮圧するべきである。


[32削除理由]:削除人:アラシ
04. 佐助 2015年4月18日 07:41:09 : YZ1JBFFO77mpI : wgqur15vNg
話しがズレていってますよ! 辺野古は「核抑止力」と「米国の武器購入」です

安倍軍国後継政権は平和憲法反故にして「戦争の出来る国」「核武装化」ですよ
現在の政治家は,戦争待望論者が多数派です,まったく認識していない。だから目糞鼻糞論議に終始するのです。

米海軍のグアム移転した後に辺野古に電子噴射式の原子力潜水艦を配置です,さらに米国から「兵器武器」を購入し改良し日本の企業でも製造したいのです。つまり核廃棄物を出さない水素の核融合とプラズマを電磁波です。最終的にはミサイルもロケットも破壊兵器などすべて電子噴射式です。イオン噴射がありますので電子噴射式なら自由自在に移動出来るし。UFOと同じ瞬間移動できます。


原発より巨大なパワーがえられるものもありますが,なぜ原発に拘るのか,それは「核武装化」と「抑止力」です。

狭い隙間から入力した電磁波を同期させると、原子力発電以上の巨大なパワーがえられる電磁波起電もある。しかも核廃棄物をつくらない電磁波起電力発電所の建設が可能です。それなのに「原発」に拘るのは,「戦争の出来る国」「核武装化」です。そのために辺野古が必要不可欠なんです。

ベースロード電源60%は政府と官僚のダマシで2040〜60年の産業革命で世界はベースロード電源0%です。日本はなぜ原発に拘るのか,それは,プルトニウム核です。電子を激突させると崩壊は加速され原子爆弾のように大量に殺傷破壊させられる。そして濃縮されたウラニウムやプルトニウムなら、スグに原爆を作成できるからです。外務省と政府には「原爆保有国になる」と自慢しています。


05. 2015年4月18日 08:49:16 : X7GbpGuPvs

いつもコメント長文ですがこの人の洞察はあたったためしがない

自己満足のマスターベーション? or  工作員

いずれにしても頓珍漢のテンコ盛り。


06. 2015年4月18日 11:23:37 : mjUyNZomVo
アンカでサンゴ潰しまくって猿芝居?
それこそが反対派への目晦ましというもの
バカも休み休み言え


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK183掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK183掲示板  
次へ