★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK183 > 455.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
TPP日米閣僚級協議 コメで厳しい交渉も:輸入実需激減の主食用で枠総量を超える17.5万トンの増加要求という無理難題
http://www.asyura2.com/15/senkyo183/msg/455.html
投稿者 あっしら 日時 2015 年 4 月 19 日 04:02:42: Mo7ApAlflbQ6s
 


 現在、ミニマムアクセス(MA)米として年間約77万トン輸入されており、主食用であるSBS(売買同時契約)輸入はそのなかで10万トンに制限されてきた。(残りは加工用・援助用・飼料用)

 主食用として輸入されるSBS米は、外食産業向けにコンスタントに10万トン枠いっぱいの輸入が続いてきたが、国内産米価格(価格下落)と国際米価格(円安)の価格差が大きく縮小した一昨年から、満量ではなく13年6万トン・14年1.2万トン(わずか10分の1)と激減している。

 現在の価格動向であれば国産米への需要が強く、主食用SBS米の輸入量は今後も低迷すると考えられている。

 米国側は、そのような状況のなかで、主食用SBS米の対日輸出量を一気に17.5万トンも増加するよう迫ってきたわけである。

 しかも、主食用SBS米の輸入量が減少していることは米国サイドも当然承知だから、これまでのSBS(売買同時契約:完全な国家貿易である他のMA米とは違い実質的には民間取引)ではなく、加工米などと同じ完全国家貿易対象のMA米として主食用米の割り当てを求めている可能性さえある。

 米国の要求は、SBS米の米国シェアがこれまでの平均で30%ほど(10万トン換算で3万トン)であることから、SBS米総量10万トンの2倍を超える20.5万トンの輸入を迫っていることを意味する。

 NHKは、安倍政権に気を遣ってか、転載する記事のなかで「日本は最大限応じたとしても主食用として5万トンが限度だと主張しており、日米双方の主張の隔たりは大きいまま」と“のんき”に書いているが、現状では1万トンレベルの実需しかない外国産(SBS)主食米を、米国だけで5万トン増加(総量8万トン)することさえとんでもない“譲歩”なのである。

 萬歳全中会長が突然辞任した背景には、この問題があった可能性もある。
 TPP交渉でずるずる後退したうえ、主食用の米まで“米国割り当て10万トン”を現実化されたら、安倍政権の農協改革政策を受け容れた全中会長として存在意義を全面的に失ってしまう。


※ 米国産は主食用としては中国東北部産に比べて食味で劣るためシェアが30%ほどだが、政府の裁量で決まるMA米全体では50%ほどのシェアという破格の厚遇を受けている。

==================================================================================================================
TPP日米閣僚級協議 コメで厳しい交渉も
4月18日 19時08分

TPP=環太平洋パートナーシップ協定の交渉で日米両政府は19日から東京で閣僚級協議を行います。大きな焦点となっているコメについてはアメリカ側が輸入量を年間21万トン余り増やすよう求めているのに対して日本側は最大限応じたとしても5万トンが限度だと主張しており、隔たりを埋めるために厳しい交渉が予想されます。

TPP=環太平洋パートナーシップ協定を巡って日米両政府は19日から2日間、東京で甘利経済再生担当大臣とフロマン通商代表による閣僚級協議を行うことにしており、アメリカ側が求めるコメの輸入拡大の扱いが大きな焦点となっています。

これまでの交渉でアメリカはTPPの特別枠として、主食用のコメが年間17万5000トン、加工用などのコメが年間4万トンの合わせて21万5000トン、輸入量を増やすよう求めています。

これに対して、日本は最大限応じたとしても主食用として5万トンが限度だと主張しており、日米双方の主張の隔たりは大きいままとなっています。

コメの輸入を巡っては、日本は国際的なルールに基づきミニマムアクセスという制度で毎年、一定量を関税をかけずに輸入することが義務づけられており、国内の生産量の1割にあたるおよそ77万トンが海外から輸入されています。

このうち、主食用を流通させる目的で作られたSBSという10万トンの特別な輸入枠が設けられており、アメリカからの輸入実績はおよそ3割を占めています。

今月28日に日米首脳会談が控えていますが、19日からの閣僚級協議では隔たりを埋めるために厳しい交渉が予想されます。


日本のコメ輸入制度

日本は輸入するコメには高い関税をかける一方、一定量については「ミニマムアクセス」という制度によって関税をかけずに国が義務的に輸入しています。

これは1986年から1993年まで行われた貿易自由化を議論するガット・ウルグアイラウンド交渉で、日本がコメの関税化を受け入れない代わりに一定量を義務的に輸入するミニマムアクセスを受け入れたことによるものです。

その後、ガットを引き継いだWTO=世界貿易機関の下で1999年に日本は関税化を受け入れましたが、関税化が遅れたためにミニマムアクセス制度は残り、日本は毎年、アメリカやタイなどから合わせて77万トンを関税をかけずに輸入しています。

一方、ミニマムアクセスで輸入されたコメの多くは主食用ではなく、家畜の餌や加工用として使われていてアメリカなどコメの輸出国が主食用として流通させるよう強く求めました。

こうした要求を受けてミニマムアクセスのうち、「SBS」という10万トンの輸入枠が設けられており、国内の卸売業者などが主に主食用として輸入業者から実質的に直接買い入れることができるようになっています。

こうしたSBSで輸入されたコメは国産より安い価格で主にレストランなどの業務用として流通しています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150418/k10010053081000.html

============================================================================================
14年度の主食米輸入量が過去最低に、国内米の価格低下で
2015年 03月 27日 13:41 JST

[東京 27日 ロイター] - 政府が1995年から設定している無関税のコメ輸入枠のうち、2014年度の主食米輸入量が、過去最低の水準にとどまっている。国内産の価格低下で内外価格差が縮小し、国内産米の価格競争力が増した結果との声が、関係する業界関係者から出ている。

農水省によると、関税貿易一般協定(GATT)ウルグアイ・ラウンド交渉の結果、日本が1995年度から無関税で輸入しているコメ(ミニマム・アクセス米)のうち、主食米の2014年度の輸入量は1万1606トン。制度が本格的に始まって以来、最低の水準だった。

ミニマム・アクセス米の年間輸入枠は、全体で77万トンだが、ほとんどは加工用や飼料となる。

輸入業者を入札で決める売買同時契約(SBS)方式で行われる主食米の枠は10万トン。12年度までほとんどの年で枠いっぱいの10万トンが輸入されていたが、13年度から減少し、14年度は枠の10分の1をやや上回る水準にとどまった。

ミニマム・アクセス米の輸入先国は米国、タイ、オーストラリア、中国など。価格は国内産米より低いにもかかわらず需要が減少していることは、内外価格差縮小で国産米の競争力が高まったことを示すとも言える。

この原因について、農水省は「国産米の価格が低下したため、輸入米のメリットがなくなった」と分析している。また、主な消費主体である外食、昼食産業では、国産米志向が高まっていることも背景にあるという。

日本農業研究所の服部信司氏客員研究員は「1万トンというのは驚くほど少ない量だ。国内産米の価格が非常に下がり、内外価格差が縮小していることが原因だろう」としつつ、「ただ、これをもって、関税が撤廃されても国内産米の競争力が十分あるとまでは言えない」との見方を示した。

(宮崎亜巳 編集:田巻一彦)

© Thomson Reuters 2015 All rights reserved.

http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPKBN0MN0AZ20150327


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2015年4月19日 04:44:03 : 1xsU11EWUM
●自民党のTPP交渉参加の判断基準
(1)政府が、「聖域なき関税撤廃」を前提にする限り、交渉参加に反対する。
(2)自由貿易の理念に反する自動車等の工業製品の数値目標は受け入れない。
(3)国民皆保険制度を守る。
(4)食の安全安心の基準を守る。
(5)国の主権を損なうようなISD条項は合意しない。
(6)政府調達・金融サービス等は、わが国の特性を踏まえる。

●米国にYESの回答をもらうべき6つの質問
Q1、「聖域なき関税撤廃」を撤回するのか
Q2、工業製品の数値目標を撤回するのか
Q3、国民皆保険制度を交渉の対象外とするのか
Q4、食の安全安心で国内基準を優先するのか
Q5、ISD条項をTPP協定から削除するのか
Q6、政府調達・金融サービスを交渉の対象外とするのか

こんな大事なことを開示しない
理由はいかさまがバレルカラ
あべ
お前は人間の屑だ
貴様の血はヤマトのクウォーターだろ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK183掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK183掲示板  
次へ