★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK185 > 378.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
ポツダム宣言を読んでいない事を認めた安倍首相の致命的答弁  天木直人(新党憲法9条)
http://www.asyura2.com/15/senkyo185/msg/378.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 5 月 22 日 08:00:05: igsppGRN/E9PQ
 

ポツダム宣言を読んでいない事を認めた安倍首相の致命的答弁
http://new-party-9.net/archives/1458
2015年5月21日  天木直人のブログ


 今度の党首討論の最大の意義は、安倍首相がその答弁の中で、ポツダム宣言を読んでいないことを認めてしまったことだ。

 すなわち共産党の志位委員長が侵略戦争に関する歴史認識を質問した際に、ポツダム宣言を引用し、これでも間違った戦争だったと認めないのかと迫った。

 それに対し、なんと安倍首相は、ポツダム宣言をよく読んでいないから論評を差し控えると答弁したのだ。

 これは日本の首相として致命的な答弁である。この発言を引き出した志位委員長の質問の大殊勲である。

 言うまでもなくポツダム宣言の受諾は日本が戦後国際社会に復帰した際の大前提である。

 そこには、ナチス・ドイツ軍と並んで日本軍が並記され、連合国側は日本に対し、世界征服に乗り出す過ちを犯した無責任な軍国主義を世界から駆逐する事を受け入れる事を無条件で求めている。

 そして日本はそのポツダム宣言を無条件で受け入れたのだ。

 安倍首相は口が裂けても「読んでいない」などと言っていけなかった。

 ウソでもいいから読んでいる振りをしなければいけなかった。

 ウソをつきたくなかったら、ポツダム宣言を完全にスルーして、単に「論評は控える」とだけ言って逃げればよかったのだ。

 安倍首相はその知恵がなかった。

 そこまでの余裕はなかった。

 悪知恵を働かすには、安倍首相はあまりにも正直だということだ。

 大手メディアは共産党の志位委員長の質問と、それに対する安倍首相の答弁としてごまかしているが、大手メディアこそこの安倍首相の答弁を大声で批判すべきなのだ。

 中国がこの安倍首相の発言を聞き逃すはずがない。

 安倍首相は8月15日の安倍談話に向けてさらなる窮地に立たされるだろう。

 安倍首相の致命的な発言をした。

 この安倍首相の致命的発言を引き出した今回の党首討論は、かつてない 有意義な党首討論だったということだ(了)

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2015年5月22日 08:48:49 : KzvqvqZdMU
天木らサヨちんわ、戦勝国の立場に立ってることがバレバレだね。
自分らが敗戦国国民であることをうち忘れて、戦勝国の立場になってることに
気がついてなぃ。サヨらの日本叩きの根本原因だな。



[32削除理由]:削除人:アラシ

02. 2015年5月22日 08:54:22 : XfLqWi8hGc
日本は敗戦して無条件降伏したのだ。別にこの事実を認めたからと言って、左翼云々は関係ないだろう。敗戦を認めたくないネトウヨどもだけが、この投降の様な訳の分からないことを言っているのだ。だから、世界中から相手にされないのだ。

03. 2015年5月22日 08:55:43 : KzvqvqZdMU
> そして日本はそのポツダム宣言を無条件で受け入れたのだ。

軍事力でもって無理やり承諾させられたのだが、その後、サンフランシスコ条約
をもってポツダム宣言は無効となったのだよ。カイロ宣言も同様にサンフランシスコ条約によってチャラになった。


[32削除理由]:削除人:アラシ

04. 2015年5月22日 08:57:21 : KzvqvqZdMU
参考文献:
http://www.asyura2.com/0401/bd33/msg/320.html


[32削除理由]:削除人:アラシ
05. 2015年5月22日 09:24:28 : ADhx9Txozv
>>01. 2015年5月22日 08:48:49 : KzvqvqZdMU さん
>天木らサヨちんわ、戦勝国の立場に立ってることがバレバレだね。  
 
  
 
 「ポツダム宣言というのはアメリカが原爆を落とし、日本に惨状を与えた後、『どうだ』とばかりにたたき付けたものだ」(安倍総理)
 ※『諸君!』2005年7月号(文芸春秋)
 
 「安倍総理大臣はポツダム宣言を読み直してみずからの認識を表明する考えはあるのか」⇒ 「受諾をしているわけで、それに尽きる」(菅官房長官)
 
 
 
 安倍政権の立場は、
 
「書かれれている内容を知らずに、脅されて供述調書に署名押印させられたが、署名押印してしまったので、それに尽きる。」
 
「『アメリカが原爆を落とす前に、ポツダム宣言が出された』と書かれている現在の日本の歴史教科書は、史実の順序が逆であり、間違っている。」
 
  
 
 つまり、「戦後レジームからの脱却」とは、わたしたち日本人が、屈辱的な過去を思い出させる自虐的な内容の歴史教科書を捨て、すっきりした歴史教科書で日本史を学ぶことであって、決して戦勝国に楯突くことではない。
 
 
 
 
 
■ 「これが安倍総理の本心だ」共産党・志位委員長
(テレ朝news,2015/05/21) 

共産党の志位委員長は、安倍総理大臣が以前にポツダム宣言について「違和感を覚えた」と述べていたことを指摘し、「これが安倍総理の本心だ」と批判しました。

 20日の党首討論で、志位委員長は、ボツダム宣言を引用し、「過去の日本の戦争は間違った戦争という認識はあるか」とただしました。これに対し、安倍総理は、「ポツダム宣言を詳らかに読んでいないので論評を控えたい」と明言を避けていました。共産党が明らかにしたところによりますと、2005年発行の雑誌の対談で、安倍総理は「ポツダム宣言というのはアメリカが原爆を落とし、日本に惨状を与えた後、『どうだ』とばかりにたたき付けたものだ」と語っていました。そのうえで、「あたかも自分自身が戦勝国であるかのような態度で日本の総理を責め上げる。大変な違和感を覚えました」と述べています。志位委員長は、「戦勝国が勝手に突き付けたものであって、破り付けたいというのが安倍氏の本心だ」と指摘しました。共産党は、安保法制を巡る今後の国会審議で安倍総理の歴史認識を改めて追及する方針です。

http://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000050916.html
 
 
 
■ 官房長官 ポツダム宣言「受諾したことに尽きる」
(NHE NEWSWEB,2015年5月21日)

菅官房長官は午後の記者会見で、安倍総理大臣が20日の党首討論で、ポツダム宣言への認識を問われたことに関連して「日本はポツダム宣言の受け入れを表明し、繁栄する国を築き上げたわけで受諾したことに尽きる」と述べました。
 
20日行われた党首討論で、安倍総理大臣は共産党の志位委員長から、ポツダム宣言への認識を問われたのに対し「『日本が世界征服をたくらんでいた』ということ等は、その部分をつまびらかに読んでおらず、承知はしていないので論評は差し控えたい」などと述べました。
 
これに関連して、菅官房長官は記者会見で「ポツダム宣言は、わが国は受け入れを表明し受諾をして、今日の豊かで平和で自由で繁栄する国を築き上げてきたわけで、受諾したことに尽きる」と述べました。
 
そのうえで、菅官房長官は記者団が「安倍総理大臣はポツダム宣言を読み直してみずからの認識を表明する考えはあるのか」と質問したのに対し「受諾をしているわけで、それに尽きる」と述べました。
 
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150521/k10010087431000.html)  
 
 
 


06. 2015年5月22日 09:31:58 : 5IuSlC3a1Y
自民党幹事長代理だった首相が月刊誌「Voice」2005年7月号の対談で、「ポツダム宣言というのは、米国が原子爆弾を二発も落として日本に大変な惨状を与えた後、『どうだ』とばかり(に)たたきつけたものだ」と語っていた

07. 2015年5月22日 09:55:30 : XfLqWi8hGc
ポツダム宣言は、原爆投下前に出されているよ。歴史年表を調べればすぐ分かることだよ。サンフランシスコ講話条約は米国と日本の2国間のもので、米英ソ中の連合国が出したボツダム宣言とは性格が全然、違うよ。ちょっとは勉強しなさい、投稿する前に。

08. 2015年5月22日 10:02:41 : 5VNX5jZmtM
>>06さん
 
 その記事を担当した月刊誌の編集者も、安倍さんに対して相当に意地悪な人だったんだろうね。 
 
 編集者は、すぐに間違いに気付いていただろうけれども、きっと、あとで安倍さんに恥をかかせようと思っていたんじゃないのかな?
 
 陰湿だね。
 
 発行元は、文芸春秋? それともPHP研究所?
 


 
 

 

 
 
 
 


09. 2015年5月22日 11:04:54 : 2DNR4Amrxs
これが中国共産党からすれば、まんまと騙されたふりをして、「この安倍首相からして、自民党こそがアメリカの言いなりになるだけの間抜けの党どころではない、これをごまかそうとしている反日愛国党に他ならない、ということを自ら明らかにしてくれたのだからな。嘘だというならば、外務省から、表紙を差し替えただけの偽物の核開発計画書を差し出すと言うならば、この見返りに尖閣諸島を沖縄県に払い下げてから、翁長知事に涙を流しながら、深く感謝をして応えてやることだな」とでも言い返してもらうしかございませんね。

中国外務省にしてみれば、まんまと騙されたふりをして「そりゃそうだろう。日本の外務省からして、この自民党と同じ穴の狢に過ぎないということを、自ら明らかにしてくれたのだからな」とでも日本の外務省に言い返してやることで、この偽物の核開発計画書については、ドイツのメルケル首相にでも預かって頂くということで、横流しをするならば、韓国にしてみれば、大日本帝国軍性奴隷問題の事実を裏付ける動かぬ証拠をドイツに差し出すならば、南京大虐殺をはじめ731部隊等戦前の日本が仕出かした悪事の全ての事実を裏付ける動かぬ証拠もドイツに送ってもらえるのであれば、今度はドイツがまんまと騙されたふりをして、この戦前の日本をナチスドイツに置き換えれば、憲法9条をワイマール憲法に置き換えて頂くならば、中国、韓国、ロシア、フランス、イギリスと共に、アメリカに対して、「戦前の日本を国連安全保障理事会にて旧敵国条項に基づき制裁決議を発動して頂くことで、この自民党を全て終わりにさせ、全体主義を止めて頂く見返りとして、この憲法9条にノーベル平和賞のお墨付きを賜る」という外交手段に利用して頂くしかございませんね。


10. 2015年5月22日 16:44:49 : 2qFxCLEpfw
天木氏にすら同情されるようになった安倍。
ネトウヨ(=たわけ)の代名詞の大代表だからな。
どうしようもないレベルの低い知性なのは、各国、特に発展途上国からすら
舐められている事でも解るだろう。

11. 戦争とはこういう物 2015年5月22日 16:58:49 : N0qgFY7SzZrIQ : WJiCmAappI
べんきょうしろ、ほんをよめ。
おおものになるために...

12. 2015年5月22日 18:01:35 : Rl4jq1Hh0w
天木さんは育ちがいいからか知らんけど、優しいし、とにかく論考が甘いんだよなぁ。
安倍は、あれでも安倍なりに最良の回答をしてるんだって。

今回、志位が安倍に仕掛けた討論は、安倍がどちらの回答をしても、
安倍政権にとっては致命傷になる言論ナイフみたいなもの。

ポツダム宣言に書かれている内容を認めると言えば、
支持母体の右派から厳しく突き上げられて政治死するだろうし、
逆に、ポツダム宣言の内容を認めないと言えば、その時点で首相としての政治生命は終わる。

そりゃもう、直接にトップのクビをとって安倍内閣を打倒してやろうという
意欲まんまんで共産党の志位は臨んできてるわけさ。

安倍も前回首相時よりかは学習してるから、
志位の土俵に乗っからずにのらりと逃げれたわけで、昔の安倍だったら危なかったかもよ。

他の野党も志位ぐらいの戦い方でないと、党首討論がほんとつまらんね。
岡田が出てくるくらいなら、山本太郎に譲れよ。


13. 2015年5月22日 20:27:51 : tcka7eEHgM
>安倍も前回首相時よりかは学習してるから、
>志位の土俵に乗っからずにのらりと逃げれたわけで、昔の安倍だったら危なかったかもよ。
全然学習してないだろ。逃げられないから幼稚園児のように、国会でサルの真似してみたのに等しい馬鹿っぷりだぞ。
質問する側も、流石にこれは避けるだろうと思って質問した質問が、外したパンチに勝手に当たりに行って、自爆して顔面にクリーンヒットしてしまった、みたいな状況だぞ。馬鹿だとは思っていたが、ここまでかと志位すらも驚いている事だろう。
国会議員は何党であろうと国会の権威を無視している安倍に対して激怒してもいいくらいの事だ。

14. 2015年5月22日 22:07:47 : NF6nePYzas
アメリカは心配ないよ。安倍からたんまりカネを貰ってるから。
日本を中国にぶつけて武器を買って頂かなきゃならんしね。
武装乞食の黒ンボ大統領や白豚議員はカネの為なら喜んで日本の肩を持つ。
大東亜戦争では良くぞ我がアメリカのガキどもをぶち殺してくれました。
大東亜戦争の真の勝利者は日本です。これで各人1000万ドルはもらえるw。

15. 2015年5月22日 23:08:56 : lXGrF7OLvM
>>14.

お前がぶち殺されないようにしろよ。

昔の兵隊さんに成り切って今の人間を批判しても遅い。



[32削除理由]:削除人:言葉使い

16. 2015年5月23日 00:01:20 : cTJE4e4mZs
属国の議院内閣制の首相はバカしかなれないから、こんなもんでしょう。
国民は、毎日莫迦と付き合わされて、一喜一憂して大変なんだよ。
自国民の総理大臣とはどんなものか一回ぐらい見てみたい。

17. おじゃま一郎 2015年5月23日 00:03:25 : Oo1MUxFRAsqXk : FOArRL816Q
ポツダム宣言というと日本が無条件降伏したと捕らえてしまう
奴がいるが、原文を読めばわかるとおり、「全ての日本軍は
無条件降伏せよ」「国民は政府によってミスリードされた被害者」
であるという事である。

今でも国、政府、国民、軍隊を同一視して区別できていない奴が多い。
「わが軍」発言の安倍もその一人である。



18. 2015年5月23日 00:37:41 : NF6nePYzas
15
何を喚いてるんだW。
昔の兵隊さんに成り切って今の人間を批判しても遅い。>>なんのこっちゃW。
錯乱すんなよ。
よほど痛い所突かれたかw。

[32削除理由]:削除人:無関係
19. 2015年5月23日 00:39:36 : NF6nePYzas
管理人様
発言者を殺害すると脅す馬鹿者が出て来ました。
削除願いますW。
ここはキチガイのたまり場ではありません。

[32削除理由]:削除人:無関係
20. 2015年5月23日 00:40:56 : lXGrF7OLvM
>>18.

なんだ、お前はただの馬鹿ウヨか。



[32削除理由]:削除人:言葉使い

21. 2015年5月23日 05:23:09 : SlVZnytC6A

ポツダム宣言を認めて死ぬなら、そもそも政権者になる資格無し

22. 2015年5月23日 06:41:08 : NpAboQx6vb
マッカーサー「自衛戦争」証言
http://www.geocities.co.jp/Bookend-Yasunari/7517/nenpyo/1951-60/1951_makasa_shogen.html

昭和26(1951)年5月、アメリカ上院の軍事外交合同委員会で、ダグラス・マッカーサーは以下の2つの重大な発言を行なった。
1.日本の戦争は自衛戦争であった
2.アメリカが過去100年に太平洋で犯した最大の政治的過ちは、共産主義者が支那において勢力を増大して行くのを黙過してしまったことである

1.「日本の戦争は自衛戦争であった」

原文と和訳は以下の通り

"There is practically nothing indigenous to Japan except the silkworm. They lack cotton, they lack wool, they lack petroleum products, they lack tin, they lack rubber, they lack great many other things, all of which was in the Asiatic basin.
They feared that if those supplies were cut off, there would be 10 to 12 million people unoccupied in Japan. Their purpose, therefore in going to war was karagely dictated by security."

和訳:
「日本は絹産業以外には、固有の天然資源はほとんど何もないのです。彼らは綿が無い、羊毛が無い、石油の産出が無い。錫(すず)が無い、ゴムが無い。それら一切のものがアジアの海域には存在していたのです。もし、これらの原料の供給を断ち切られたら、1000万から1200万の失業者が発生するであろうことを日本人は恐れていた。したがって、彼らは戦争に飛び込んでいった動機は、大部分が安全保障の必要に迫られてだったのことだったのです」

対訳 マッカーサー証言
http://www.chukai.ne.jp/~masago/macar.html


マッカサーは東京裁判を開廷させ、大東亜戦争を「侵略戦争」と断罪しました。その判決のわずか1年半後、マッカサーは大東亜戦争は「自衛戦争」であったと、米国上院の軍事外交合同委員会に於いて証言しています。

1950年(昭和25年)6月、朝鮮戦争が勃発します。当時日本の占領軍司令官だったマッカサーは、ソ連・中国と連帯した北朝鮮の侵攻に直面し、朝鮮戦争が共産主義で覆われることが、どれほど日本の安全を危うくするかということを、身をもって味わったのです。そして、共産主義の脅威に直面していた戦前の日本の立場に自らが置かれたことで、漸く日本が戦わざるを得なかった本当の理由に気付いたのでした。

マッカサーは、1945年(昭和20年)に日本を占領した直後から、戦前の日本を指導した各界各層の人々を「軍国主義者」のレッテルを貼ってその地位から追放していきました(公職追放)。その一方で、獄中にあった共産主義者らを開放するなどして、戦前の日本を否定する占領政策を次々と推し進めていきました。しかし、「平和主義者」と思われた共産主義者の正体が、実は革命を志向する暴力集団であることに気付き、朝鮮戦争直前の1950年(昭和25年)5月から、最終的に共産党員等を1万人以上公職から追放する、いわゆる「レッドパージ」を行いました。また、本国アメリカで多くの共産主義者を政治の中枢から追放したマッカーシズムを強く支持し、共産主義者に対し徹底して反対する姿勢を示すようになったのです。

また、日本国憲法で日本に非武装を突き付けた張本人のマッカサーは、この朝鮮戦争を期に、今度は日本の再軍備を進めるようになります。朝鮮戦争勃発の2カ月後、自衛隊の前身である警察予備隊を発足させるのです。

マッカサーの豹変は、戦前から戦後にかけて、アメリカがアジアと日本、そして共産主義の脅威について如何に無知であったかということを鮮やかに示しているのです。

阿比留瑠比 『ポツダム宣言を聖典化する愚』
http://ameblo.jp/mio8921fuku/entry-12029746617.html


23. 2015年5月23日 09:17:39 : sFjcRNOwiE

三菱 が 癌


24. 2015年5月23日 11:56:25 : O1smL8iwKE
ポツダム宣言(国立国会図書館)より部分引用>
千九百四十五年七月二十六日
米、英、支三国宣言
(千九百四十五年七月二十六日「ポツダム」ニ於テ)
引用終わり>

漢用数字の読めない人のために見やすくすると
『1945年7月26日
米、英、支三国宣言    (注:「支」は当時の中華民国)
(1945年7月26日「ポツダム」ニ於テ)』
となる。

広島原爆投下は、1945年8月6日
長崎原爆投下は、1945年8月9日

敗戦の日は、1945年8月15日

時の前後を間違えないように!


25. 2015年5月23日 12:19:31 : fpt8itpB5Q
逆に安倍の人生で何か読んだことはあるのか聞いてみれ
麻生はマンガは読むようだが
小泉は文字自体が嫌いのようだったな
朝鮮人なんてそんなもんさー

26. 2015年5月23日 12:50:57 : LKXRYf922A
>>22
マッカーサーの証言のどこを見ても、「自衛」とは書いていない。意図的な誤訳だ。
自衛:英語では sélf‐defénse
securityを安全保障と訳しているが、それは国内で失業者があふれて治安が悪化することを懸念したことを指している。決して「外国から攻撃された、あるいは攻撃されそうな緊迫した事態にある」とは書いていない。

日本の戦争が自衛であったら、アメリカは日本に侵略戦争を仕掛けたことになる。マッカーサーがこんなこと言うわけがないだろ。「一体、わしの人生はなんだったんだ?」ということになるじゃないか。

ついでながら、マッカーサーの証言は、
>共産主義の脅威に直面していた戦前の日本の立場に自らが置かれたことで、漸く日本が戦わざるを得なかった本当の理由
とは、読めない。共産主義と対決しているのは、その証言時(1951年)のことだ。だいたい戦時中の日本は日ソ中立条約を結んでいたし、特に共産主義の脅威を感じていたとは思えない。終戦前には、日本は、ソ連にアメリカとの終戦の仲介を依頼したぐらい、ソ連を信じきっていた。これが甘すぎたんだね。その後、ヤルタ協定に基づき条約が破棄されソ連は参戦した。

なお、マッカーサーの証言の前後の部分は、ここで見ることができる。
http://ameblo.jp/scopedog/entry-10023353939.html
興味深いことに、戦前の日本に対して行ったのと、同じことを中国に対して行おうと提案しているね。決して戦前の日本に対し自らが行ったことを反省したのではない。



27. 2015年5月23日 14:52:15 : OA65qT6hlQ
「つまびらかに」読む時間を与えよう。そして同じ質問しよう。

28. 2015年5月23日 15:42:57 : FuJgA6pYCj
家庭教師のナンとか議員は何と言っている?

29. 2015年5月23日 17:15:32 : rRwgGKRbR2
22さん
阿比留瑠比の引用では都合が良いだけの本ですよ。

マッカーサーは大統領になりたかっただけの人物。
軍人が大統領になれないから早く軍人を辞めて大統領選にそなえる為
自分に有利にはたらくような都合のいいような報告書を書く。
実際に日本に対する報告書で
本土での評判が良くなかったマッカーサーに対する評判がよくなった。


30. 2015年5月23日 18:24:07 : YbBgMB0rk2
>>26さん、ありがとさん。

最近しきりと流される議論。
産経あたりの佐々木だの、阿比留だののルイが吹聴している。
こいつらアメリカとの言語の壁があることをいいことに言いたい放題である。
それを咎めれば反日分子が根も葉もないことを言ってアメリカを混乱させるとかなんとか。
要するに本来アメリカ人には日本に対して敵対感情はないと信じたいようである。
悪いのは中韓、日本の反日左翼であると。
そういう議論もなんか卑屈さを感じるねぇ。
こういうのをアメリカ上下両院の議員が知ったら驚くだろう、なんせ安倍のべんちゃら演説を聞かされたばかりだから。
そういうことを言うとまた告げ口をしたとクレームが入る。
まるでいじめっ子の言うセリフ。
チクんじゃねーよ。
じゃごまかすんじゃないよ、彼らの前でホントの事言えよといいたい。
しかし考えてみたら安倍政権教育改革の目玉、いじめ対策じゃなかたっけ。


31. 2015年5月23日 19:39:23 : s1NdBM0Le6
極東国際軍事裁判ーいわゆる東京裁判ーは1948年(昭和23年)11月4日、判決の言い渡しが始まり、11月12日に刑の宣告を含む判決の言い渡しが終了した。

判決は英文1212ページにもなる膨大なもので、裁判長のウィリアム・F・ウエップは10分間に約7ページ半の速さで判決文を読み続けたという。7人の絞首刑(死刑)判決を受けたものへの刑の執行は、12月23日午前0時1分30秒より行われ、同35分に終了した。この日は当時皇太子だった継宮明仁親王(今上天皇)の15歳の誕生日(現天皇誕生日)であった。これについては、作家の猪瀬直樹が自らの著書で、皇太子に処刑の事実を常に思い起こさせるために選ばれた日付であると主張している。

そして、1951年(昭和26年)9月8日にサンフランシスコ講和条約が調印され日本は国際社会に復帰した。

ということになっている。しかし、実際は、いまだに東京裁判は時事問題としてポッポと炎をあげているのである。

なぜか。

というのは、東京裁判における検事側の主張と史観は、そのまま東京裁判史観として強力に日本人の思考を縛り続けているからである。東京裁判は、マッカサー元帥が連合国から全権を委託されて行われたものであった。したがって、裁判も国際法に準拠したものではなく、マッカサー司令部がこの裁判のために作った条例(チャーター)に基づいたものであった。簡単に言えば、東京裁判はマッカサーの権威によって成り立ち、マッカサーを法源としたものであった。そのマッカサーは東京裁判の経過を見て、意外に思うようになった。

日本に来る前、マッカサーは日本人は野蛮で下等な人間ぐらいに思っていたらしい節がある。しかし滞日が長くなるにつれて、天皇についての考えも変わり、日本国民自体に対する考えも変わってきた。第一、簡単に裁けると思った裁判をやってみると、日本の言い分が正しいと思われるところが多すぎるように感じ出したらしい。

アメリカの弁護人に最初に指名された人達の中には、戦時プロパガンダを信じてか、悪の塊みたいな日本側の弁護人になることを辞退した人もいた。しかし実際に弁護人になったアメリカ人達は、本当に「日本の言い分」が正しいと確信するのである。マッカサーにもそれは伝わったに違いない。判決の時も、反日的だったと思われるウエッブ裁判長すら、A級戦犯の死刑には反対だった。日本の敵国側の裁判官の多数決で、ようやく7人の死刑が決まったような具合である。マッカサーに騎士道的、あるいは武士道的なセンスがあれば、死刑を許すことも容易にできたはずであった。しかし、鳴り物入りで正義の裁判を国際的に宣伝していた手前、その終結に恰好をつけるために、7人の死刑の変更を求める弁護側の嘆願を受け付けなかったのである。

それから間もなく朝鮮戦争が始まって、東京裁判における日本側の弁護人達の主張が全く正しかったということを実感した。そのことをマッカサーは、ウエーキ島でトルーマン大統領と会見した時に語っている。その極めつきとも言うべき言葉をマッカサーは1951年(昭和26年)5月3日の米国上院外交合同委員会で述べている。日本人がすべて暗記すべき言葉なのでその原文の一番重要なところを引用しておきたい。

"There is practically nothing indigenous to Japan except the silkworm. They lack cotton, they lack wool, they lack petroleum products, they lack tin, they lack rubber, they lack great many other things, all of which was in the Asiatic basin.
They feared that if those supplies were cut off, there would be 10 to 12 million people unoccupied in Japan. Their purpose, therefore in going to war was karagely dictated by security."

和訳:
「日本は絹産業以外には、固有の天然資源はほとんど何もないのです。彼らは綿が無い、羊毛が無い、石油の産出が無い。錫(すず)が無い、ゴムが無い。それら一切のものがアジアの海域には存在していたのです。もし、これらの原料の供給を断ち切られたら、1000万から1200万の失業者が発生するであろうことを日本人は恐れていた。したがって、彼らは戦争に飛び込んでいった動機は、大部分が安全保障の必要に迫られてだったのことだったのです」

マッカーサー「自衛戦争」証言
http://www.geocities.co.jp/Bookend-Yasunari/7517/nenpyo/1951-60/1951_makasa_shogen.html

ここにtherefore(したがって)という言葉があることに注目しよう。これはその前に、日本が戦争に突入しなければならなかった理由を挙げているのである。そしてそれは驚くべきことに、死刑になった東条英機大将の「宣誓供述書」の主旨と重なるのである。東京裁判は日本を一方的な侵略国とする歴史観、つまり東京裁判史観をもとにしていたのであるが、その裁判が終結してから2年足らずのうちに朝鮮戦争が起こり、東京裁判をやらせたマッカサーが被告で死刑になった東条英機と同じ歴史観を抱くに至ったのである。何という皮肉であろうか。東京裁判史観vs東條・マッカサー史観という構図になったのだ。

東條・マッカサー史観をもっと精密に法律的かつ史実的に説いたのがパル判事の判決書なのである。パル判事はA級戦犯被告全員の、しかもすべての検事側の告発条項に対して無罪であると述べた。しれは講談社学術文庫版の翻訳で一千数百ページになる膨大なものである。法律的に、かつ史実的にほとんど間然とするところがないと思われる。

つまり大東亜戦争については、2つの対立する史観がある。1つは東京裁判史観であり、もう1つはパル判決書史観である。どちらの史観が正しいかと言えば、言うまでもなく、パル判決書史観が正しいのである。そのことは『東京裁判 却下・未提出 辯護側資料』八巻(国書刊行会・平成7年)という巨大な資料集を見ればすぐ分かる。これは受理したら東京裁判が成り立たなくなるようなものだったからである。この却下・未提出資料には含まれていないが、例えばレジナルド・ジョンストンの『紫禁城の黄昏』が受理されただけでも、満州事変や満州帝国に関係するすべての告発は無意味になったであろう。

紫禁城の黄昏
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%AB%E7%A6%81%E5%9F%8E%E3%81%AE%E9%BB%84%E6%98%8F
レジナルド・ジョンストン
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%82%B8%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%B3

にも拘らず、今なお日本国内でも東京裁判史観がマスコミの主流を成しているように見えるのはなぜか。

1つは敗戦利得者が社会の重要なポストに多く残っているからである。占領期間中に行われた公職追放令によって、20万人以上の重要なポストに空きが生じた。ここを埋めたのは、主として占領軍の中でも左翼傾向の強かった民政局の眼鏡に叶った人たち、つまり戦前において、直接間接にコミンテルンの方針に同調した人たちであった。特に、有力な帝国大学、有力なマスコミにその人たちは根を下し、子分を再生産していった。その試験でエリート官僚になった人たちにもその史観は受け継がれた。

もう1つは、サンフランシスコ講和条約に反対した人たちである。日本をアメリカや自由主義諸国側の一員として復帰させることになる講和条約に、スターリンは反対した。世は東西冷戦の真っ只中だった。日本共産党がそれに従ったのは当然として、野党第一党の社会党もそれに従って講和条約に参加しなかった。多くの進歩的知識人たちは、岩波書店に本部を置く”全面講和論者”であった。全面講和というと人聞きがよいが、実際は「スターリンの要望に従おう」ということに他ならなかったのである。

社会党の中には、日本が占領されている状況を望む勢力が無視できないほど多かったと思われる。それは主として、コリア系の人たちである。彼らは日本が占領されている時代、一般日本人が最も惨めな時代に、闇などで特別いい思いをした。警察が当時、第三国人と言われた人たちの悪行には手を出さない時期があったからである。日本が主権を回復し、自前の統治能力を増すことは彼らには忌むべきことであったのだ。

この2種類の人たちは、東京裁判史観の熱狂的支持者になることは当然である。パル判決史観的な論者には、「右翼」のレッテルを貼ったり、暴行に及ぶこともあった。

しかしそれは、時の流れとともに消えてゆくはずのものであった。しかしそうはならず、今日でも東京裁判はポッポと熱い時事問題である。

それは何故か。

最も大きな原因は、昭和60年(1985年)11月8日の衆議院における質疑応答に遡るのである。この日、社会党の土井たか子議員が次の主旨の質問をした。
「政府は侵略戦争をどう考えているか」
これに対して、政府外務員として小和田 恆(おわだ ひさし)氏がこういう主旨の答をした。
「日本は東京裁判の訴因28条等について有罪とされていますから、そのようにご理解ください」

これはトンチキな問答である。サンフランシスコ講和条約が締結してから30年以上も経っているのに、それ以前の戦争の話を議会でやっているのだ。それはやってはならないことなのである。だからこれは、社会党と外務省の狎れ合いの問答であったと考えてよいだろう。しかしこの問答は、日本にとって致命的な結果を生むことになったのである。

外務省のエリート官僚なら、戦争の話は講和条約で終わっていることを知っているはずだ。東京裁判も今さら議会や公式の場での話になるはずがないのだ。それなのに小和田氏は、「日本は東京裁判を背負っているから、一丁前の外交はできない。ハンデキャップ外交だ」という変な主張を他でもしている人なのである。東京裁判の話が講和条約で片付いていない(第11条の「すでに判決を受けた人」に対する実行以外は)ということを知らないとすれば、外務省の官僚として失格であるし、知っていてそんなことを言うならば、間違いなく国賊である。

また、30年以上も前に講和条約でケリがついた話を知らないとすれば、土井たか子議員も失格である。知っていて日本に不利で、中韓などを喜ばせるような証言を引き出そうとしたのならば国賊である。当時、土井たか子議員の韓国名までまことしやかに囁かれていたのも分かるような気がする。

日本の政治家、言論人に在日がゾロゾロ
http://ameblo.jp/inubuse/entry-11518462061.html

いずれにせよ、この議会の問答の結果、日本政府は、今も東京裁判を背負ったままでいることが「政府見解」となったことの結果は恐ろしいことだった。これを承認した形になっているのは当時の中曽根首相の責任は大きい。大勲位は褫奪されるべきであろう。これ以後、日本の首相は中国に文句を言われると、靖国神社の参拝をやめるようになった。それ以前に、そのようなことが1回もなかったことを考え合わせるべきである。

そしてその後になると、中韓から歴史教科書の記述の変更について抗議を受けるや、宮澤喜一官房長官は「近隣諸国条項」なるものを出して、日本の歴史教科書の最終検閲権が北京やソウルにあるかの如き状況を作った。この件について、中国の抗議に根拠なきことが指摘され、中国が抗議を撤回した後のことだから全く恐れ入る。

近隣諸国条項
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BF%91%E9%9A%A3%E8%AB%B8%E5%9B%BD%E6%9D%A1%E9%A0%85

さらに細川首相は、首相として最初に「日本は侵略国だ」と公言し、後に続く村山内閣や土井たか子衆院議長は東南アジアにまで出かけて行って謝罪し、却ってマハティールなどからたしなめられるようなことさえあった。そして福田内閣の外相だった麻生太郎氏は、「日本は東京裁判を受諾して国際社会に復帰した」と公の場で述べた。東京裁判を「受諾」したA級戦犯など誰もいない。「判決」を押し付けられただけだ。講和条約の第11条は、判決をすでに受けた人だけに関係があるものだ。日本が国際社会に復帰したのはサンフランシスコ講和条約を「締結」したからであって、東京裁判を「受諾」したからではない。外務省の役人からレクチャーされたのであろうが、祖父の吉田茂が墓の下で生き還るほど(!)驚いていることだろう。

このように東京裁判史観は、悪質な外務官僚や悪質な旧社会党系の人々によって悪用され続けていることを我々は忘れてはならない。その悪質な東京裁判史観に対する最も強力・有効な解毒剤として、パル判決書の見解が、1人でも多くの日本人、否、世界の人々に知られることを希望するものである。


32. 2015年5月24日 00:19:33 : uJ8zlHnj5E
ネトウヨは息を吐くように嘘をつく。

>講和条約の第11条は、判決をすでに受けた人だけに関係があるものだ。日本が国際社会に復帰したのはサンフランシスコ講和条約を「締結」したからであって、東京裁判を「受諾」したからではない。

サ条約11条(抜粋)
「日本国は、極東国際軍事裁判所並びに日本国内及び国外の他の連合国戦争犯罪法廷の裁判を受諾し、且つ、日本国で拘禁されている日本国民にこれらの法廷が課した刑を執行するものとする〜」

東京裁判(極東軍事裁判)を受諾するのは「日本国」ですな。サ条約を締結するということは、第十一条も認めるということで、当然東京裁判を受諾しなければこの条約に違反することになるわけでねぇ。


33. 2015年5月24日 13:41:10 : FfzzRIbxkp
安倍さんは総理大臣だから特別なんです。

他の大臣や議員や官公庁の職員が、ポツダム宣言を読んでいなかったら大問題。

チェックしなくては!

国民の皆様においては、議員や公務員に出会ったら、憲法とポツダム宣言のテストをしましょう!


34. 2015年5月24日 14:48:17 : lXGrF7OLvM
>>19. 2015年5月23日 00:39:36 : NF6nePYzas
>管理人様
>発言者を殺害すると脅す馬鹿者が出て来ました
>削除願いますここはキチガイのたまり場ではありません

何をトチ狂ってるんだ >19. NF6nePYzas よ、改めるべきはお前だ。
お前の主張はこの通り精神異常者の狂った現状認識だ。

>14. 2015年5月22日 22:07:47 : NF6nePYzas
>アメリカは心配ない 安倍からたんまりカネを貰ってる
>日本を中国にぶつけて武器を買って頂かなきゃならん
>武装乞食の黒ンボ大統領や白豚議員はカネの為なら喜んで日本の肩を持つ
>大東亜戦争では良くぞ我がアメリカのガキどもをぶち殺してくれました
>大東亜戦争の真の勝利者は日本
>これで各人1000万ドルはもらえる

もうこいつ NF6nePYzas は阿修羅の愚人、逆秩序って感じだよな。



[32削除理由]:削除人:無関係

35. 2015年5月24日 15:17:51 : lXGrF7OLvM
>>18. 2015年5月23日 00:37:41 : NF6nePYzas
>なんのこっちゃ

お前が主張の内容を混同したんだろ、お前に理解能力が欠如する証拠だ。
確かに、我がアメリカのガキどもをぶち殺してくれました、と言っている。

それに対して俺は
>昔の兵隊さんに成り切って今の人間を批判しても遅い、と反論した。
>ぶち殺してくれた、とする認識は現在形でお前の意思でしかない。

そのようなお前の現在と過去を混同する異常な認識に対して
>お前がぶち殺されないようにしろ、と未来形でお前に用心しろという主旨の反論をしている。

ところがお前は状況錯誤を犯して管理人に対し
>発言者を殺害すると脅す馬鹿者が出て来ました、と事実を歪曲して告げ口した。

お前が文章読解能力があるか否かは問題ではない。
>ここはキチガイのたまり場ではありません、の主張は認めるがその余りのお前の主張は全否定だ。

なんのこっちゃNF6nePYzas の管理人に対する削除申請により言論の自由が著しく侵害されたことは事実であるから、コメント削除判断の理由が不当であるとして削除の撤回を求める。

阿修羅管理人



[32削除理由]:削除人:無関係

36. 2015年5月25日 04:22:49 : lXGrF7OLvM

阿修羅で論破された奴が怒り狂って他人のコメントを削除するのは止めろ。



[32削除理由]:削除人:無関係


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK185掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK185掲示板  
次へ