★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK187 > 618.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
沖縄二紙の本気度を疑う  天木直人(新党憲法9条)
http://www.asyura2.com/15/senkyo187/msg/618.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 6 月 29 日 10:10:05: igsppGRN/E9PQ
 

沖縄二紙の本気度を疑う
http://new-party-9.net/archives/2002
2015年6月29日 天木直人のブログ 新党憲法9条


 きょう6月29日の東京新聞が百田尚樹の暴言に対する琉球新報と沖縄タイムスの抗議声明全文を掲載している。

 それを読んで私は沖縄二紙の本気度を疑った。

 何と言っても、その内容がどちらも冗長で甘い。

 怒りが全く伝わってこないのだ。

 二つ目に、それを発したのが、どちらも編集局長はおろか、編集局次長どまりだ。

 なぜ社長の声明にしなったのか。社を潰すとまで言われたのに。

 三つ目に、そのタイミングの遅さだ。なぜ間髪を入れずに行わなかったのか。

 こんな抗議などクソくらえと言わんばかりに、百田尚樹は28日に大阪で行われた講演会で、「その時は冗談だったがいまは本気でつぶれたらいい」などと反省ゼロだ。

 百田がここまで言いたい放題できるのは今でも安倍・菅暴政コンビの後ろ盾があるからだ。

 なぜ沖縄二紙は社長名で「安倍政権を潰さないといけない」と言えないのか。

 私は沖縄二紙の本気度を疑う。

 百田暴言に対する抗議だけではない。

 辺野古移設反対についてもだ。

 沖縄二紙は本気で辺野古移設を阻止しようとしているのか。

 いまこそ結縄二紙は、すっぱ抜かれた菅官房長官と幹部のホテル高級バーでの密談についてその全貌を釈明しなければいけない。

 私の沖縄二紙に対する信頼はこの抗議声明文を読んで限りなく崩れようとしている(了)

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2015年6月29日 10:16:47 : k5rNVMGFiU
百田氏発言:権力に「ノー」を言う使命 沖縄タイムス・石川達也編集局次長
2015年6月29日 10:00 沖縄タイムス

 米軍普天間飛行場のある宜野湾市は戦前、「じのーん」と呼ばれるのどかな農村だった。現在の飛行場敷地内には10の集落と役場、郵便局があり、9千人を超える人々が豊富な泉を生かして田畑を耕した。

 各集落の子どもたちは、国の天然記念物にも指定された松並木を抜け、うやふぁーふじ(先祖)が眠る墓を通り、国民学校で勉強に励んでいた。

 そんな人たちの当たり前の営みを一変させたのが沖縄戦だ。追いやられた住民は収容所から戻った後も海岸側へと居を移さざるを得ず、松並木は日本軍や米軍に切り落とされた。中にはほぼ全域を基地に接収された集落もある。それが今の普天間飛行場である。先祖から受け継いだ土地の近くに住みたいという思いはどこでも同じだ。原発に避難生活を強いられる福島の住民にも通じる。

 「周りは何もなかった」「沖縄2紙をつぶさないと」。史実を顧み、言論の自由を守るべき作家とは思えぬ発言には開いた口がふさがらない。何より深刻なのは、表立って言えない自身の考えを作家に代弁させた自民党の若手国会議員である。

 安倍晋三首相に近い議員たちの考えは、安全保障関連法案への風当たりが強まる中、政権の意に沿わない報道への明らかな弾圧でしかない。底流には数の論理で反対意見を封じ込めようとする政権そのものの本質が見えてくる。絶対的な権力を背にした民主主義の否定そのものであり、首相も無関係ではいられない。

 勉強会があった同じ日、政権に批判的な文化人を招いたハト派の会合が党幹部の判断で延期されたという。異常なまでの政権への忖度(そんたく)には、多元的な意見を集約してきた党の姿はもはやない。

 沖縄だけの問題ではない。メディアへの攻撃は「言論の自由」への挑戦であり、本土メディアも覚悟が必要になる。

 元白梅学徒隊の中山きくさん(86)は「無謀な戦争に突き進んだのは、政治圧力に屈した報道機関がうその情報を流し続けたからだ。あの暗い時代に戻ってしまうのでは」と不安を口にする。

 沖縄タイムスの先達は戦後、二度とこの地で住民を戦争に巻き込ませない、それにつながるペンを取らないとの思いで新聞を発刊した。普天間や新基地建設作業が進む名護市辺野古で今、何が起きているのか。安保法案が県民、国民生活に何をもたらすのか。報道機関はそれをしっかり見据え、時に権力に対し「ノー」を言う使命がある。

 5月にあった辺野古への新基地建設に反対する集会。翁長雄志県知事は島言葉で「うちなーんちゅ うしぇーてぃ ないびらんどー」と訴えた。本人は「沖縄県民をないがしろにしてはいけない」と“和訳”したが、「うしぇーてぃ」には「ばかにするな」の意が込められている。

http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=121891


2. 2015年6月29日 10:30:56 : k5rNVMGFiU
沖縄2紙が共同抗議声明 言論弾圧の発想そのもの
2015年6月27日 01時35分 東京新聞

 自民党若手議員の勉強会で作家の百田尚樹氏が「沖縄の二つの新聞はつぶさないといけない」などと発言したことに対し、沖縄の有力2紙は26日「政権の意に沿わない報道は許さないという“言論弾圧”の発想そのもの」だとする共同の抗議声明を発表した。「沖縄タイムス」の武富和彦、「琉球新報」の潮平芳和両編集局長の連名。
 声明は、百田氏の発言は「民主主義の根幹である表現の自由、報道の自由を否定する暴論にほかならない」と指摘。政権与党である自民党の国会議員が百田氏の発言を引き出しており「看過できるものではない」と批判した。

百田尚樹氏の自民党勉強会での発言などに対する、沖縄タイムスと琉球新報の共同抗議声明
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/images/2015062601002602.jpg

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2015062601002468.html


3. 2015年6月29日 10:37:11 : Rd1xWWFXnw
百田氏発言をめぐる沖縄2新聞社の共同抗議声明
2015年6月26日 20:27

 百田尚樹氏の「沖縄の2つの新聞はつぶさないといけない」という発言は、政権の意に沿わない報道は許さないという“言論弾圧”の発想そのものであり、民主主義の根幹である表現の自由、報道の自由を否定する暴論にほかならない。 

 百田氏の発言は自由だが、政権与党である自民党の国会議員が党本部で開いた会合の席上であり、むしろ出席した議員側が沖縄の地元紙への批判を展開し、百田氏の発言を引き出している。その経緯も含め、看過できるものではない。

 さらに「(米軍普天間飛行場は)もともと田んぼの中にあった。基地の周りに行けば商売になるということで人が住みだした」とも述べた。戦前の宜野湾村役場は現在の滑走路近くにあり、琉球王国以来、地域の中心地だった。沖縄の基地問題をめぐる最たる誤解が自民党内で振りまかれたことは重大だ。その訂正も求めたい。

 戦後、沖縄の新聞は戦争に加担した新聞人の反省から出発した。戦争につながるような報道は二度としないという考えが、報道姿勢のベースにある。

 政府に批判的な報道は、権力監視の役割を担うメディアにとって当然であり、批判的な報道ができる社会こそが健全だと考える。にもかかわらず、批判的だからつぶすべきだ―という短絡的な発想は極めて危険であり、沖縄の2つの新聞に限らず、いずれ全国のマスコミに向けられる恐れのある危険きわまりないものだと思う。沖縄タイムス・琉球新報は、今後も言論の自由、表現の自由を弾圧するかのような動きには断固として反対する。

 沖縄タイムス編集局長・武富和彦、琉球新報編集局長・潮平芳和

http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=121626


4. 2015年6月29日 10:46:11 : ljTXVOcxVg
また天木の悪い癖が始まったよ。
だったらアンタが百田に宣戦布告して論争すればいいじゃないか。
沖縄の二紙は百田なんぞに関わっていられるほど暇じゃない。
沖縄のメディアは沖縄の問題を発信し続け、それを本土に問う。
それでいい。
それにハラワタを煮え繰り返してあんな発言をした百田は、まんまと沖縄メディアにしてやられたと考えればむしろ百田は飛んで火にいるナントヤラじゃないのか。
バカのふるまいに乗ることはない。
そんなことより、沖縄のメディアは変わらず中央政府の横暴に対する怒りを発信し続けてくれればいいのだ。
百田のごときバカタレの相手は天木直人が買ってでればいい。
それとも沖縄のメディアを焚き付けることは言うが、渦中に首を突っ込むことは本意ではないとでも?
そうであるなら余計なことは慎むべきだろう。
天木の悪い癖だ。

5. 2015年6月29日 10:50:20 : 6NC7VxWvE2
この天木といい、いくつか前のスレッドの生き生き箕面通信の物言いといい、なんなのだ、こいつら?

現場の事情を顧慮すること無く、ひたすら威勢のいい督戦命令ばかり出しやがる。

アベシンゾーなんぞより、むしろこいつらのようなオツムの具合の連中の方が、かえって平気で玉砕や集団自決を命ずることができ、それを礼賛する体質を備えているに違いない。

なにしろ、現場の人々が何に困って思い通りに事を進められないか、その障害の原因は何か、その障害と取り除くには自分に何ができるかなんてことには、一切、心が向かっていない。

とどのつまり、こいつらの言ってることは、「オレ様の満足のために、おまえら働け。結果がどうなろうと悪にのは敵だ。オレのせいじゃないし」だけだろ。

アベシンゾーのオツムの具合とどこが違う?


6. 2015年6月29日 10:55:20 : 0A1lb2bt7Q
本気でないのは天木直人の方。いつも屁のような主張。
沖縄二誌の意見は安倍政権に打撃を与えているがこの天木の主張な痛くもかゆくもない。

7. 2015年6月29日 11:35:31 : Fd2UortdME
>>菅官房長官と幹部のホテル高級バーでの密談についてその全貌釈明

----もし、2紙が菅との密談釈明をしていなかったとすれば、
  氏の書いているとおりで編集局次長名の抗議声明文では、
  間違いなく腰が引けて圧力に屈した声明と言わざるを得まい。


8. 2015年6月29日 12:21:37 : LA8AgdAHic
こんな禿げ雑魚相手に社長まで出す必要はありません、

黙っていても自ら墓穴を掘って落ちていく愚連隊です。


9. 日高見連邦共和国 2015年6月29日 12:28:50 : ZtjAE5Qu8buIw : mFuG9qQlTk

>怒りが全く伝わってこないのだ。

冷静であろう、論理的であろう、と努力する沖縄両誌の、行間からにじみ出る
“憤怒”を読み取れないのであれば・・・天木さんの事は最終的に“見捨て”ざるを得ない。

土曜日の朝刊新聞、1面トップで扱ったのは、朝日と毎日、だけだよ?
(恐らく東京新聞もそうだろう)

天木さんこそ、怒りを向ける相手をお間違えでは?
・・・というか、天木さん自身の“本気度”を心から疑う。


10. 2015年6月29日 13:19:35 : fyPxZsARLc
じゃ、メディアなんて言葉使わないで、朝日や読売に噛み付いてみろって(小声)
文句いうのに個別新聞紙の名を出すのは地方ローカル誌というのは情けなさすぎ
やっぱ古賀茂明はすごいわ、何かぶっとんでるって感じ(笑)

11. 2015年6月29日 13:51:01 : YxpFguEt7k
「なぜ沖縄二紙は社長名で「安倍政権を潰さないといけない」と言えないのか。」

歯がゆいのですね。新党憲法9条を発展させ、大きくし、その主張を沖縄二紙に載せてください。
もう、実践あるのみです。
仮にも実践している二紙を批判するのはやめましょう。


12. 2015年6月29日 14:53:11 : 5IfA1fveDg
首相・橋下氏は改憲タッグ 共通項は「おとなげない」 読売テレビ 辰巳(共産)議員が出演
http://www.asyura2.com/15/senkyo187/msg/623.html

>ゲストは辰巳氏のほかに、外交評論家の天木直人、デモクラTV代表の山田厚史、
>軍事ジャーナリストの田岡俊次の各氏でした。

これはダメでしょ、読売テレビに出してもらってニコニコしてるようでは。
沖縄2誌は名指しで批判できても、読売には批判できない
どうせ報ステ出演依頼狙いで朝日批判できないだろう。
メディアなんて言葉使って誤魔化す人には必ず何かある。

なぜメディアは立ち上がらない。野党は安倍政権を追い詰めない  天木直人(新党憲法9条)
http://www.asyura2.com/15/senkyo187/msg/536.html


13. 罵愚 2015年6月29日 16:52:46 : /bmsqcIot4voM : fFuZjuQMHM
 百田発言が正鵠を射てたんだろう、

14. 日高見連邦共和国 2015年6月29日 18:57:29 : ZtjAE5Qu8buIw : mFuG9qQlTk

>>13 『罵禍』

まあ、オマエのような奴が昼中、大手を振って歩ける我が国は、
“発言の自由”は担保されているって言ってイイんだろうな。

オマエのような“薄弱者”に寛容な日本の民主主義に感謝せよ!(笑)


15. 新鮮組 2015年6月29日 20:51:35 : hYT1ZzdBhtgo2 : FAt0kYWxVo
天木氏の言う通り間髪入れずの反論が大切。そうでないと反論の勢いもそうであると同時に反論する側になにかわだかまりがあるのかもしれない。

16. 2015年6月29日 21:23:59 : FfzzRIbxkp
沖縄の女性が国会前でスピーチをされた時に、
・・・すぐそばに米軍基地がないという静けさを東京で感じた。
というようなことを話していました。

住宅街すれすれに飛ぶ戦闘機、爆発音、銃撃音、火薬や兵器の臭い、街を闊歩する軍人。

ピカソのゲルニカに続くのならば、沖縄や福島の日常を、衝撃音で十分に表現できるだろう。70年ほったらかし。

政府も悪いけど、私も知らなかったのよ。日本の中で、なんですかこれは。


17. 2015年6月29日 22:48:30 : oQcsEYbqAI
え?6月27日の朝刊に二紙共同声明が載っていたんでは?それではダメ?
新聞ゆーのはネットのブログやらツイッターやらみたいに瞬間湯沸かし器よろしく書き散らせばいいといものではないだろ。

締切ぎりぎりまで必死で情報収集をして、正確な記事を書こうとするのが昔からの新聞のやり方だし使命。大量の紙という実媒体にウソを書いて紙屑にしちまうわけにはいかない。社の名誉のかかった大事な記事でフライングをして恥をかいた日には、沖縄県民の顔も一緒につぶすことになる。

土日はさんだこともあるし、たぶん、百田の言い分も載せてやろうと親切心でコメントを待っていたのではないかと思われる。百田への取材を試みたが後で連絡するといったっきり返事なしとかって記事も載せていたから。いっとくがおいらは新聞の回しもんではない。
ここで早さなど問題ではない。
沖縄二紙はいままでも小池百合子などの自民党お偉いさんたちから、偏向メディアだのつぶしてやる発言に近い暴言を吐かれ続けてきた。そのときどこの大手メディアも知識人も味方してくれたところなどなかったと記憶している。
工作員でアクセス数をあげているネットウヨブログでも毎回おんなじこといわれてるし、そういうのに慣らされているから、またいってらーという反応だったのも理解できるな。

それより、もし経団連が沖縄二紙に圧力をかけて広告を載せないようにしたら、困るのは企業のほうだって知ってるか?
パナ、トヨタ、イオン、通販化粧品、健康食品、ついでに大川隆法。これらの会社は沖縄県内では最小の広告費で最大限の効果を上げている。人口の1%に過ぎないと相手にしない会社も多かったが、伸びシロが高くて宣伝が当たれば一気に寡占状態にできるから、企業にとっては美味しい地域なのである。


18. 2015年6月30日 00:31:36 : ewUNDXeW9E
2社にはろんな圧力がかけられてるかもしれないよ政治の他に司法、国税の圧力もあるかもしれない、ま、いつもの歯向かう政治家への攻撃パタ−ンね。

19. 2015年6月30日 01:32:04 : O1QibD8jdg
なんだこの記事。

沖縄二紙の本気度を疑うどころか、むしろますます天木を疑う!!という記事じゃないか。

百田は極右チンピラで、知性や品格に欠けるガキ。

一口に抗議でも、こんなクズを"まともに"相手するようでは、沖縄二紙のレベルってものが下がっちゃうだろ。

クズ相手にどう抗議するのが然るべきか社内でよく検討したのだろう。沖縄二紙は利口だ。

知識人たるもの、そんなことも想像せず書く筈がない。だから天木は、わかって書いてる筈。

ペテン師め。


20. 2015年6月30日 07:15:13 : eUVRENhBw2
いや、ポイントは、沖縄二紙の幹部がそろって官房長官と密会していたことでしょう。

沖縄の二紙が官房長官に会いたいと言うわけが無く、官房長官が幹部を呼びつけたと考えるのが妥当でしょう。

こうした前振りがあっての紙面だけに、天木さんも憤慨したのだろう。
  


21. 罵愚 2015年7月01日 04:34:17 : /bmsqcIot4voM : fFuZjuQMHM
>百田は極右チンピラで、知性や品格に欠けるガキ。

 まさに『天に唾する…』(笑)


22. 2015年7月01日 21:21:21 : m70LxJVqHA

独立する国の世話はせんでいい

彼らには彼らの自由があるのだ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK187掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK187掲示板  
次へ