★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK196 > 455.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「解党し新党を」一致 民主・前原氏、維新・江田氏(ANN) 民主・岡田代表、細野氏らの「解党」を否定
http://www.asyura2.com/15/senkyo196/msg/455.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 11 月 12 日 20:40:05: igsppGRN/E9PQ
 

「解党し新党を」一致 民主・前原氏、維新・江田氏 
http://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000062362.html
2015/11/12 16:42 ANN



 民主党の前原元代表や維新の党の江田前代表らは、両党を年内に解党し、新党結成を目指すことで一致しました。しかし、民主党執行部は冷ややかな反応です。


 11日夜の会合には、前原氏や江田氏のほか、民主党の細野政調会長も出席しました。年内に民主党と維新の党を解党したうえで、新党を結成することで一致し、民主党の岡田代表に近く申し入れる方針を確認しました。細野氏は12日、複数の議員と会談し、「一緒に声を上げてほしい」などと新党結成に向けて連携するよう求めました。これに対し、民主党執行部の一人は「解党なんて多数の意見にはならない」と不快感を示しています。


 民主党・枝野幹事長:「細野政調会長は執行部の一員、しかも主要執行部の一員であります。もし、外の方とそのような(新党の)お話をされるのであれば、当然、事前になされるはずでありますので、そうした話をされたとは到底、思えません」


         ◇


民主・岡田代表、細野氏らの「解党」を否定
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151112-00000544-san-pol
産経新聞 11月12日(木)18時23分配信



民主党・岡田克也代表=2日午後、東京・永田町の民主党本部(斎藤良雄撮影)(写真:産経新聞)


 民主党の岡田克也代表は12日の記者会見で、民主党の解党を求める意向を固めた細野豪志政調会長について「党執行部の一員との自覚があれば軽々に発言しないはずだ」と不快感を示し、解党しない考えを強調した。


 細野氏は11日夜、前原誠司元外相や維新の党の江田憲司前代表らと会談し、年内に民主、維新両党を解党した上で新党結成を目指すことで一致した。江田氏はその後、岡田氏とも会談して新党結成を求めたが、岡田氏は拒否したという。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2015年11月12日 20:42:37 : NNHQF4oi2I
カスの 民主党は 早く解党しろ  

 有権者の為だ


2. 2015年11月12日 20:47:02 : 4W5hw1CpCM
<民主党・維新の党>岡田氏、新党の動きに「軽々に」不快感
毎日新聞 11月12日(木)20時10分配信

 民主党の細野豪志政調会長と前原誠司元代表、維新の党の江田憲司前代表が11日夜、東京都内のホテルで会談し、自民党に対抗するため、年内にも両党が解党した上で新党を作るべきだとの認識で一致した。これに対し、民主党の岡田克也代表は12日の記者会見で「今、何か決めているわけではない」と明言を避けつつも、細野氏に不快感を示した。今後、「解党」の是非をめぐる党内の路線対立が深まる可能性がある。

 党内の保守系議員をまとめる細野、前原両氏は、党勢が低迷する中、新党の設立で国民の期待感を高める狙いで野党再編に積極的な江田氏と会談したと見られる。しかし、民主党執行部は「国民に再編への期待はない。維新の分裂に巻き込まれるべきではない」との慎重意見が大勢。当面は国会での維新との統一会派検討を優先する考えだ。

 岡田氏は12日の会見で、「党の本質が変わらないと看板の掛け替えではだめだ」とも述べ、慎重姿勢を示した。一方で細野氏に対しては「政調会長は政策に責任を持つが、基本的な党運営は(担わない)。執行部との自覚があるなら軽々に行動しないだろう」と批判した。

 岡田氏は11日夜、3氏の会談後に江田氏と会談したほか、12日には都内で催された秋の園遊会で前原氏と立ち話をして、両氏の説明を受けたという。

 一方、前原氏は12日夜、記者団に「年内の民主党の解党的出直しについて、賛同者で手分けして声を大きくし、岡田代表にも決断いただきたい」と述べた。【田所柳子、飼手勇介】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151112-00000056-mai-pol


3. 2015年11月12日 20:50:45 : SlznbfB7Lo
よっぽど自民も焦っているんでしょうなぁ
このような分裂とイメージダウン工作をするとは

それにしても一体何がこの先に予測されているのでしょうね?
大暴落?


4. 2015年11月12日 21:06:32 : hYZoapMOfA
>党の本質が変わらないと看板の掛け替えではだめだ

それはそうなんだけどね。
自己満足に浸って何も変わらなかったから、受け皿になってないんであって。
本質を変えるために何をしてきたの?


5. 2015年11月12日 21:21:35 : SlznbfB7Lo
別に余計なことしなくていいよ
共産だろうがなんだろうが選挙協力さえしてくれればそれでいいよ

6. 佐助 2015年11月12日 21:42:28 : YZ1JBFFO77mpI : B7E8ljgaGg
今の政治姿勢では絶対に避けられない銀行・証券・為替の一時閉鎖と大企業の消失劇

大企業と金持ちだけは救済してパニック発生を避け、貧乏人は自己責任だから救済しないために、世界信用恐慌発生の日付は、1998年から2008年から2017年に先送りされています。

そして信用恐慌の早期脱出のためのマニフェストの実行が遅れたので、地方銀行の取り付け騒ぎや倒産が避けられなくなる。そして、2017年までに、予告どおり全国の銀行のモラトリアムが世界中で発生する。

日本政府は一千万円以下の預金を払い戻すルールを採用すれば、取付け騒ぎは発生しないと錯覚してしまった。だが、銀行や証券会社が倒産すれば、短期間でも、死に金(引き出せない預金)を発生させる。死に金はビジネスを破産させる。そして、150兆円の国民資産は、投信に傾斜すると、投信の解約は、早い者勝ちとなるため、取り付け騒ぎの発生は不可避となる。

さらにリストラその縮小スピードを、景気の縮小速度より遅延させれば、倒産消滅は避けらない。しかもあぐらをかいた財閥系の大企業の消失を体現することになる。

日本はドルのキン離れによる世界の信用膨張で、最も恩恵を受けた国が日本だからだ。そのため、日本は、最大の打撃をこうむる。


日本の政治は
民主主義はルールではなく、自由・平等と同じような政治的理念だと仮定して観察すると、政治のルールの基本対立要素とその周期が、全く見えなくなる。
政治家は当選した瞬間、その政治のルールの中に思考と行動は閉じ込められる。そして、ルールのコップの中で権力争奪のため、離合集散する。その駆け引きは、現実に次々と発生する問題解決を論じながら、実際には、応急手当の試行錯誤を攻撃し、互いに足を引っ張りあう。

政治現象の周期は、2020年までの約20 年間多数派の思考と行動に統合されるが、次の約20 年間は、統合を破壊する少数の原理主義・教条主義の思考と行動に寛容な時代になる。そして、その次の20 年間は、左右原理主義の一方を修正して統合させて進行する。


7. 2015年11月12日 22:03:10 : HbH5ZxBZcQ
この話に、共産党や生活も乗ったらどうですか。
みんなで解党、いいですね。



8. 2015年11月12日 22:10:04 : C31aL3EEO2
離党したいお方は,離党すれば良いのでないか?

細野、前原も、、、そうそう野田も一緒に、、、。


9. 2015年11月12日 22:29:54 : 50YHVPZ5Xs
まず先に「松下政経塾」を追い出せ!
日本の害虫。
世界の害虫。

10. 2015年11月12日 22:57:50 : LY52bYZiZQ
前原や細野のバックには原発推進派である(日本人被害者のいないセオゥル号の裁判を大きく報じる)読売をはじめとする財界の姿。そして劣化した自民党である民主党と左派的な思考の民主党とが壮烈な争い。今がまともな野党再編ができるかどうか正念場といえる。

11. 2015年11月12日 23:15:38 : 4W5hw1CpCM
【民主党解党論】前原氏「年内に新党を」「岡田代表と考え同じ」「橋下氏らも排除しない」
2015.11.12 22:59 産経新聞

 民主党の前原誠司元外相は12日、園遊会の場で岡田克也代表に対し、年内に民主党を解党し、維新の党と新党を結成すべきだとの考えを伝えた。その後、記者団にも新党結成の必要性を強調した。記者団とのやり取りの詳報は次の通り。

 

−−岡田氏は記者会見で「本質的が変わらなければ看板の掛け替えにすぎない」と言ったが

「それはその通りだ。政策の対立軸をしっかり示し、新しい旗を掲げ、そこで野党の結集を図るプロセスは大事だ。単なる看板の掛け替えではダメだというのはその通りだ」

−−11日夜の細野豪志政調会長や維新の党の江田憲司前代表らとの会合では、どういうことで一致したのか

「1強多弱の状況を打破しなければいけないとなれば、野党第一党の民主党が他を糾合していかなければいけない。新たな旗を立て、年内に民主党も解党出直し、他党にもそれを求め、より大きなものをつくっていくというプロセスを取るのが大事ではないかと思っているし、何人かの仲間とその確認を昨日した」

−−今日の園遊会で岡田氏と話していた

「私の気持ちを話した。方向性は全く、考え方に違いはなかったと思っている」

−−解党、新党結成には民主党内でも批判があるが

「政権交代をもう一回目指そうということについて異論を言う人はいないと思う。どこと組むとかになると、『そこは嫌だ』という意見が出てくる。何を政権交代で自民党の対立軸にするのかという旗をしっかり掲げ、その下に一人一人が集まるということになれば、そのプロセスにおいてそんなに好き嫌いではなくて、大義の下に集まれるのではないかと思う」

−−年内に解党、新党だとなると、時間が限られている

「いろいろな方々に自分の本意を説明し、賛同いただける方々もいるので、そういう方々と手分けをしたい。何よりも岡田執行部だから、岡田さんと話をして、岡田代表にはそういう決断をいただけるように私なりに努力していきたい」

−−解党、新党がうまくいかなかったら、同じ考えを持つ方だけで新党をつくる考えはあるか

「これから力を合わせていこうということだから、できなかったことを考えるのはおかしな話だ。そのために努力を皆でしていく。方向性についてはそんなに大きな違いはないので、プロセスをどう歩んでいくかということについて忌憚のない話をしながら、結実するように、われわれも柔軟な考え方を持って、自分の考え方が全てベストだとは思わないので、大きな方向性に行くためにはどうしたらいいかという衆知を集めたい」

−−民主党全体をまとめて新党の形にしなければいけなくなるが

「そこは逆に岡田さんが記者会見で仰ったように、看板の掛け替えとみられてはいけないので、何をやる党なのかという旗が大事だ。私が他党との合併を言っていないのは、自民党に代わる対立軸を国民は求めていると思う。そこをしっかりと掲げることが大事だ。私に言わせると、ある程度の国民の負担はいただきながら、日本の構造問題である少子化とか高齢化の安心のセーフティーネットとかをしっかりとつくる」

「外交・安全保障政策では現実的な対応をしていく。そして何よりも現状を変えるという意味においての改革勢力になる。それは私の思いだが、そういうような旗が共有できるのであれば、皆で旗の下に集まっていくということで。できるだけ大きな家をつくることが大事だ」

−−解党に至る方法はトップダウンか

「こだわらない。岡田さんはわれわれが選んだ代表だから、大きな家をつくるために、そこの本質的な意見は全く違いがないので、そこは今の執行部にお考えいただくということではないかと思う」

−−細野氏は党幹部ということで、昨日の動きに風当たりが強い

「細野さんがその思いをしっかり伝え、しっかりと説明することが大事だ。彼の今の党に対する危機感、もう一度政権交代を皆でやりたいという思いというのはよく分かるので、説明をすればご理解をいただけることではないかと思う」

−−岡田氏に正式に考えを改めて伝える場面は

「園遊会で会ったときも『またお会いしましょう』ということで話をさせていただいたので、またお時間があればじっくり話をさせていただきたい」

−−「大きな家」の中には橋下徹大阪市長ら「おおさか維新の会」系も含まれるのか

「私は大阪系で付き合いを親しくさせてもらっているのは橋下さんだけなので、他の方はよく分からないが、少なくとも今まで何年かお付き合いをする中で、例えば関西国際空港と伊丹空港の統合の時に努力をいただいたとか、知事の時にダムの中止で協力をいただいたとか、地方の裏負担、『ぼったくりバー』と彼が言っていたことについて、共に解消するための努力をしたとか、改革のケミストリーは彼とは共有している。なおかつ彼は安倍(晋三首相)さんには頑張ってもらいたいが、政権交代可能な野党の存在は必要だと。野党再編にも非常に思いを持っている方だと認識している。掲げる旗をしっかり掲げた中で、橋下さん以外の方も排除しない。旗の下に集まる人は大きく集まることでいいのではないか」

−−今の執行部は自民党の安保法制について憲法違反だとしているが

「この間の議員懇談会でもその議論が出て、われわれは安全保障関連法案には反対していた。党内が一致してそれに対して対応した。それについてはそれぞれの思いはあっても、党で決まったことについてはそれを大事にしていこうということだったと思う。通った後に廃止だということは党内のプロセスを踏んでいない。そこは今後の議論だと思う。岡田氏、枝野幸男幹事氏もそこはわれわれの思いを忖度してもらって、少なくとも憲法違反というものについては白紙という言い方に変えていただいていると思っている。そこは今後議論する余地は十二分にあるかと思う」

http://www.sankei.com/politics/news/151112/plt1511120028-n1.html


12. 2015年11月13日 02:38:54 : FI2lFGm63Q
今回この動きに参加した議員、細野、前原に近い議員をあぶりだそう。その候補者がいる選挙区では必ず戦争法制を廃止すべきという候補者を擁立しよう。

自民党と第二自民党では不毛の選択になる。


13. ジョンマン 2015年11月13日 03:36:55 : 6nagECQfUT4Mc : M6WRxFCM2o

2012年3月の民主党のドタバタ劇から、前原誠司の正体はバレバレだったが、細野モナオもCSISと原子力村に○玉を握り潰されたな。情けない奴だな😢❗



14. 2015年11月13日 14:35:18 : dY8XaHioxQ
>>12
同意

>11で前原は「戦争法」に賛成だってことが分かる。
「戦争法」廃案など考えておらず憲法違反も認めていない。

隠れ自民党議員の前原等を離党させ維新と合流させろ。
選挙となれば自民党と共倒れしてくれる貴重な存在になる。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK196掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK196掲示板  
次へ