★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK197 > 861.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
なんか変だよ『安保法制』反対運動 過去の「解釈改憲」は「立憲主義」に反しない !?
http://www.asyura2.com/15/senkyo197/msg/861.html
投稿者 ダイナモ 日時 2015 年 12 月 11 日 23:31:47: mY9T/8MdR98ug
 

Peace Philosophy Centre December 11, 2015 より

「靖国・天皇制問題情報センター通信」11月27日号の横田耕一氏(憲法学・九州大学名誉教授)の巻頭発言は、「安保法制」反対運動について、自分も抱いていたが言葉にならなかった疑問を解き明かしてくれている一文と思い、許可を得て転載します。@PeacePhilosophy



http://peacephilosophy.blogspot.jp/search/label/In%20Japanese%20%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E%E6%8A%95%E7%A8%BF


憲法第9条に対する政府解釈の変化


1950年(昭和25)
GHQマッカーサー元帥による警察予備隊創設命令に関する吉田首相の参議院での答弁
 「警察予備隊の目的は全く治安維持にある。それが国連加入の条件であるとか,用意であるとか,再軍備の目的であるとかはすべて当たらない。日本の治安をいかに維持するかというところにその目的があり,従ってそれは軍隊ではない。」

1952年(昭和27)
政府,「戦力」に関する統一見解発表
1.憲法第9条第2項は,侵略の目的たると自衛の目的たるとを問わず「戦力」の保持を禁止している。
1.右にいう「戦力」とは,近代戦争遂行に役立つ程度の装備,編成を具えるものをいう。
1.「戦力」の基準は,その国のおかれた時間的,空間的環境で具体的に判断せねばならない。
1.憲法第9条第2項にいう「保持」とは,わが国の保持の主体たることを示す。米国駐留軍は,米国の保持する軍隊であるから憲法違反ではない。

1954年(昭和29)
自衛隊の合憲性=自衛権の存在(鳩山内閣の統一見解;衆・予算委大村防衛庁長官答弁)
ア 憲法は、自衛権を否定していない。
 自衛権は、国が独立国である以上、その国が当然に保有する権利である。憲法はこれを否定していない。したがって、現行憲法の下で、わが国が、自衛権を持っていることは、極めて明白である。
イ 憲法は、戦争を放棄したが、自衛のための抗争は放棄していない。
 @ 戦争と武力の威嚇、武力の行使が放棄されるのは、「国際紛争を解決する手段としては」ということである。
 A 他国から武力攻撃があった場合に、武力攻撃そのものを阻止することは、自己防衛そのものであって、国際紛争を解決することとは本質が違う。したがって、自国に対して武力攻撃が加えられた場合に国土を防衛する手段として武力を行使することは、憲法に違反しない。

自衛隊の海外出動を為さざることに関する決議(参議院本会議)
本院は、自衛隊の創設に際し、現行憲法の条章と、わが国民の熾烈なる平和愛好精神に照し、海外出動は、これを行わないことを、ここにあらためて確認する。
 右決議する。

1955年(昭和30)
鳩山首相,憲法改正問題について
「直接または間接の侵略に対しては,自衛権を持っているという解釈は正しいものと思っております。しかし,憲法第9条を何も考えないで読みますと,そういうような程度の兵力すら持てないように見えますから,そういうあいまいな規定は直した方がいいと思っております。」

1972年(昭和47)
「昭和47年政府見解」の要求質疑における吉國内閣法制局長官答弁
 「その防げなかった侵略が現実に起こった場合に、これは平和的手段では防げない、その場合に『生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利』が根底からくつがえされるおそれがある。その場合に、自衛のため必要な措置をとることを憲法が禁じているものではない、というのが憲法第九条に対する私どものいままでの解釈の論理の根底でございます。その論理から申しまして、集団的自衛の権利ということばを用いるまでもなく、他国が――日本とは別なほかの国が侵略されているということは、まだわが国民が、わが国民のその幸福追求の権利なり生命なり自由なりが侵されている状態ではないということで、まだ日本が自衛の措置をとる段階ではない。日本が侵略をされて、侵略行為が発生して、そこで初めてその自衛の措置が発動するのだ、という説明からそうなったわけでございます。」
 「憲法第九条に自衛権があるとも、あるいは集団的自衛権がないとも書いてございませんけれども、憲法第九条のよって来たるゆえんのところを考えまして、そういう説明をいたしますと、おのずからこの論理の帰結として、いわゆる集団的自衛の権利は行使できないということになるというのが私どもの考え方でございます。」

1980年(昭和55)
自衛隊の国連軍への派遣(衆議院稲葉誠一議員の質問主意書に対する答弁書)
 いわゆる「国連軍」は、個々の事例によりその目的・任務が異なるので、それへの参加の可否を一律に論ずることはできないが、当該「国連軍」の目的・任務が武力行使を伴うものであれば、自衛隊がこれに参加することは憲法上許されないと考えている。これに対し、当該「国連軍」の目的・任務が武力行使を伴わないものであれば、自衛隊がこれに参加することは憲法上許されないわけではないが、現行自衛隊法上は自衛隊にそのような任務を与えていないので、これに参加することは許されないと考えている。

自衛隊と戦力(衆議院森清議員の質問主意書に対する政府答弁書)
 憲法第9条第2項の「前項の目的を達するため」という言葉は、同条第1項全体の趣旨、すなわち、同項では国際紛争を解決する手段としての戦争、武力による威嚇、武力の行使を放棄しているが、自衛権は否定されておらず、自衛のための必要最小限度の武力の行使は認められているということを受けていると解している。
 したがって、同条第2項は「戦力」の保持を禁止しているが、このことは、自衛のための必要最小限度の実力を保持することまで禁止する趣旨のものではなく、これを超える実力を保持することを禁止する趣旨のものであると解している。

1990年(平成2)
国連平和協力隊への参加と協力についての政府統一見解
 「国連軍」への関与のあり方には,「参加」と「協力」とがある。「参加」とは,国連軍の指揮下に入りその一員として行動することを意味し,…‥自衛のための必要最小限度の範囲を超え,憲法上許されない。
 これに対し『協力』とは,国連軍への参加を含む広い意味での関与を表すものであり,国連軍の組織の外にあって『参加』に至らない各種の支援を含む。国連軍の目的・任務が武力行使を伴うものであっても,それがすべて許されないわけではなく,国連軍の武力行使と一体とならないようなものは,憲法上は許されると解される。」

外国の領土における武器の使用(工藤法制局長官答弁;衆議院・国連特別委員会)
 (外国の領土における)応戦ということの意味でございますけれども、いわゆる武力の行使のような、武力の行使に当たるようなことはできません。そういうことを意味しての応戦でございましたら、これはできないと申し上げるべきことだと思います。
 それに対しまして、……いわゆる携行している武器で、危難を避けるために必要最小限度の、いわば正当防衛、緊急避難的な武器の使用ということであれば、これは事態によっては考えられないことはない。ただ、それはいわゆる応戦、通常言われるような意味におきます応戦というふうなものではございませんで、あくまでも護身、身を守りあるいは緊急に避難する、こういう限度において、言ってみれば、本来は回避すべきところでございましょうけれどもそのいとまがないというふうなときに限定されて認められる、こういうふうに考えております。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. ダイナモ[5] g1@DQ4Npg4I= 2015年12月12日 00:06:09 : Kr2S1L17Og : L_53zu7@D3Q[7]
正しい引用元のURLは以下の通りです。

http://peacephilosophy.blogspot.jp/2015/12/blog-post_11.html


2. 2015年12月12日 01:38:17 : KzvqvqZdMU : OureYyu9fng[56]
戦後の憲法学・憲法学者は、犯罪そのものである。
非占領下、主権喪失のときに出来た憲法なるものを、改正の提案一つ出さず、
ひたすら勝者におもねり、守ってきた憲法学・憲法学者、まさに犯罪者集団である。
 勝者におもねることでメシを食い、名を売ってきたガクシャども。



[32初期非表示理由]:担当:多数のアラシコメントが確認されているため、この人のコメントは内容にかかわらずすべて削除

3. 2015年12月12日 02:17:12 : G9pRncd5P6 : kNLawzAmjgA[66]
9条に関する立憲主義は、これまでが実現されていたかというよりは、これから実現して行こうというものでしょう。
どうしたって、理想を掲げた9条と、この現実の国際間の力関係に基づく選択は常に矛盾してきた。

「実現できていないのだから廃棄せよ」という立場ならば、それはそれでスッキリはしますが、それでいいというわけでもないんでしょう?


4. 2015年12月12日 02:48:06 : QS5YfdUWL6 : b_vH2RzkFoY[13]
 多摩散人です。

 「専守防衛の戦争は戦争ではないから、9条に違反しない」「防衛戦争の為の軍隊は戦力ではないから、9条に違反しない」こんなバカげた理屈が通るなら、
 「侵略の為の戦争も戦争ではないから、9条に違反しない」「侵略戦争の為の軍隊も戦力ではないから、9条に違反しない」という理屈だって通る。

 「女の人は、人ではない」こんなバカげた理屈が通るなら、「男の人も、人ではない」という理屈だって通る。護憲派は、戦後70年間、9条を護るために9条を破ることを認め続けてきた。いくら9条が破られても、そのことには知らんぷりで、「9条を壊すな・破るな」と言い続けてきた。

 9条は廃止が最善策だが、護憲派が廃止させないので、当面は今まで通り、護憲派の主張を受け入れて破り続けるしかない。護憲派は、9条を破ることを支持し続けるだろう。そうしないと9条を護れないからだ。

 9条を破ると言うのがいやなら、9条を護ると言ってもよい。「戦争は放棄しているから、紛争の解決と呼べば戦争をしても9条は護っている」「戦力は保持しないと書いてあるから、自衛のための実力を保持すると言えば、9条は護っている。

 9条は廃止が最善策だが、破ってもよいし、護ってもよい。護憲派は、9条を守り続けてきた。

 9条なんて護れないし、誰も護るつもりもない。日本人は全員そのことを知っているので、いくら9条を破っても、「9条を護っている」とウソをついている。


5. 知る大切さ[3977] km2C6ZHlkNiCsw== 2015年12月12日 06:48:05 : rXmQVSTR26 : wmfWUboB@Eg[48]
前文で目指すべき国家を掲げている、それになる為に9条を唄っている。
だが現実はまだその条件を満たしていない、まだまだ先は長いが、それに
向かって努力を重ねないと到達できない。 無くせば失う。 気づかないでも失う。


常に意識して憲法を自分の拠り所としていないと、絵に描いたモチちなる。

9条以外も全部そう。



6. 2015年12月12日 07:35:34 : 3zajDbppNo : @vrI2kOsulQ[1]
>>4

で、かわりの制約をどう設けるのか?
どう文言に表現するのか?
そこが解決しないからなかなか改正できないのだろう。


7. 2015年12月12日 07:50:41 : QS5YfdUWL6 : b_vH2RzkFoY[17]
>6
 多摩散人です。

>で、かわりの制約をどう設けるのか?

 私の4の趣旨には賛成だが、9条の替わりの制約はどうするのかという意味ですか。

>そこが解決しないからなかなか改正できないのだろう。

 答はちゃんと書いてありますよ。二重投稿は心苦しいが、一応引用しよう。

>9条は廃止が最善策だが、護憲派が廃止させないので、当面は今まで通り、護憲派の主張を受け入れて破り続けるしかない。護憲派は、9条を破ることを支持し続けるだろう。そうしないと9条を護れないからだ。(4)


8. 2015年12月12日 11:12:14 : 3mgJvqLV7M : vXTqeHoOVoY[4]
9条をたたき台とした解釈による新たな法律が次々につくられ、それが9条の条文原点を満たしていないものになっているという批判は、純粋に9条を見ればだれもが自衛隊の存在や日米安保を疑う矛盾を見れば当然のことだ。

一方で憲法学では、憲法条文が法律の雛形であるという基本に帰れば、条文(9条条文のみに拘らない)に法律を認めうる痕跡あるいはそれと現実の流れとの折衷が認められれば必ずしも、9条にのみにその帰結の是非を求めうる必要性はないと唱える説もある。

改正派や改憲派にもさまざまな立場があるが、概ね合憲解釈でこれまでの安全保障法案を取りまとめてきたものだと思う。
この際の合憲解釈とは、いうまでもなく国際的規約や国内法の再整備という要求に沿う形で9条以外の条文からその根拠を援用して、作り上げてきたもので合憲であるという一点で反対の声を封じ込めてきた。
改正派や改憲派こそが合憲論を持ち出して、9条は守っていると言い繕ってきた一方で同時に改正派や改憲派は何かあるごとに憲法改正を訴えては集会を開き、安全保障を危機バネに利用してきた。

とはいうものの、では改正派や改憲派が現実に憲法を改正改憲しようという動きを行ったのかといえば、過去から今に至るまで皆無である。
安倍晋三は来年は改憲元年だと息巻いているようだが、俺の見るところとてもそんな余裕や力があるとは思えない。
あったら今般の安保法制で憲法改正を正式に打ち出して、国民に問うたはずである。
ところが安倍もまた従来の与党が行ったように、とことん合憲で無理強いしたのみである。

不思議なことに安全保障法をそのたび改正していくのは改正派や改憲派でありながら、そのたびに実に微細に憲法条文の隅の隅までをつついて合憲解釈の根拠を引きずり出すように弄してきたのも彼らであった。

コメントにはなにやら、そうした改正派や改憲派の誤魔化しに従ってきただけの反対派という図式で、9条は破られ続けてきたと反対派だけを糾問するかのような改憲論者がいるようだが、実に小狡いやり口ではないのかね。



9. 2015年12月12日 13:13:13 : M29z16XbN6 : bffSSDect1g[4]
なんか変だよぉダイナモちゃぁん。まだ
SEALDsが生まれてもいない頃の違憲解釈を
持ち出し、(ダイナモ達が葬り去れなかった
ことを棚に上げ)SEALDsにいちゃもんかい?

SEALDsに違憲解釈あるよってささやいて
ダイナモは、本当は彼らに「安保反対」
って言わせたいんだよねぇ。「自衛隊反対」
って言わせたいんだよねぇ。ダイナモは
かつての「運動」が恋しいんだよねぇ。
SEALDsが もしそう言えば、即刻彼らを
公安CIA監視下に置いて潰せるからねえ。
  <でも、言わないよ。>
  <言いたきゃダイナモお前が言え。>
 <ダイナモも安倍と同じ。他者を自分の
  道具に使いたがる点で、全く同じ。
  戦争したけりゃ
  若者にさせずに、安倍が行け。
  安保反対自衛隊反対したけりゃ
  若者にさせずに、ダイナモがやれ。>

それともダイナモは、SEALDsに便乗して
「安保反対」「自衛隊反対」って言いたい
のかナ? ダイナモ一人で復唱あるいは
講釈師となって全国を伝道して下さい。
何か変だよダイナモちゃん。反してると
思ったダイナモちゃんが反対運動すれば?
SEALDsに過去の負の遺産を背負わせたり
ダイナモ運動を他者にやらせないでね。
SEALDsはダイナモちゃんの兵隊じゃない。
SEALDsに『依存しつつ、反発する』という
二律背反は、ダイナモちゃんの病理です。
ダイナモちゃんの問題に、他者を巻き込ま
ないでね。ダイナモちゃんがなんか変だぁよ。

あるいは「安倍に改憲させて解釈を合法化
させたい日本会議」と、ダイナモちゃんは
奇しくもハーモニーですか?解釈違憲を、
改憲策動に合わせて丁度叫び始めるなんて、
下心みえみえ。<安倍改憲グルと共同歩調>

「反対運動」って一体何のことですか?
SALDsも学者もママも議員も高校生も
宗教者も年寄りもデザイナーも音楽家も
組合員も自衛隊員も俳優も店員も天皇も
戦争法は憲法に違反していると言ってるだけ。
「反対運動」なんてものは、公安が予算獲得
の口実にそう呼んでるだけ。ありません。

ダイナモが頭の中で言葉や法律や概念を
ただ、もてあそんでいるだけ。運動が
存在してほしいと思っている輩が
「反対運動」と言っているだけなのです。

ダイナモちゃんに宿題。
⑴ 法治国家だから法律を通すと政府が言うので、
  <A法案は憲法に違反してる>と国民が法的に
  当たり前の事を言うと、法律に違反して政府が
 「それは反対運動だ」と言って言論弾圧し、
  A法案を通しても違憲審査されぬのはなぜか
⑵ 違憲解釈と戦争法の違いを述べよ
⑶ ⑵はそれぞれの背景に即して述べよ

ダイナモちゃんに追試。
⑴ 帝国主義との闘いとファシズムとの闘いの
違いよ述べよ
⑵なんでも反米反帝にしたがる理由も述べよ
 ダイナモちゃんの運動を分析して下さい
⑶運動と抗議の違いを述べよ


10. 2015年12月12日 16:00:58 : IJjjrLkBu1 : Tp0IihGPIW0[40]
   憲法の中でも9条について、実態と条文が違う、という趣旨であろうが、法治主義における法の存在意義とは、実は法廷闘争以外には発揮される余地が無いものである。
   保険に入ったからと言って、自己申告制であることにより、自動的に保険金が下りる訳では無い。保険加入とは保険金が下りて初めて機能したと言えるものであるが、法とても、法があることだけでは本来は無意味であり、法が生かされて初めて法治主義と言えるのである。
   では、法が生かされるとはどういうことかと言えば、例えば高利貸を商っていて、法定利息以上を請求したとしても、顧客が文句を言わねば年利何十%であろうと取ることが出来る。
   ところが、弁護士を連れて来て「このままでは裁判をしなければならない。判決が出れば刑に服すことになる」となれば、業者は法定金利を守り、取り過ぎた利子は返すだろう。
   つまり、憲法、特に9条とて、有るだけでは無意味であるが、無ければ良いとはならない。法定利息が法律上にある以上、いざとなればその法律を使って高利貸に対して訴訟を起こすことが出来るが、法律が無ければ不可能である。
   法律は常に引き出しに入っており、それを適宜国民が引き出して明るみに出し、法廷闘争に晒さなければ、次第に悪法に代わってしまう、と説いたのは「権利の為の闘争」のイエーリングである。
   憲法が有ったとしても、政財官護送船団は巧妙に憲法裁判所の設立を拒否している。従って日本は、行政訴訟や国賠訴訟でさえも、裁判所が憲法理念との整合性を精査する気が無く、「行政実務に誤謬無し、瑕疵無し」の判決で終了である。憲法条文の理念や基本法の原理原則との整合性すらも裁判所にて検討されることの無い国政、行政においては、9条に限らず、殆どの憲法条文に沿った政策、施策が履行されているとは言えず、日本は、それでも問題無し、とされる「何やら法治主義国らしきもの」に過ぎないのである。
   憲法9条が守られないのは、他の条文も守られていないからであり、守られるとは、いざとなった際に法を引き出しから出して法廷で翳すこと以外には本来無いのであるが、最もそれを避けたいのは政財官護送船団の権力機構であろう。
   憲法9条無用論は、無法主義志向の日本の統治エリートを元気づけるだろう。恐らく彼らは、彼らの行為についてジャッジの無い世界を望んでいるであるからこそ、彼らの企図している新憲法が、近代国家体制とは似ても似つかぬ、独裁国家も驚くような封建性に満ちているのである。
   法曹の合格者数も法務官僚のさじ加減により増員しておらず、判事は常に200件もの案件を抱えているとも言われ、マニュアルでも作って、被告、原告双方を見比べて、その場の大勢側らしき方に軍配を挙げるのがコツ、という印象である。
   弁護料も高額で有る。国民の司法参加を避けたい統治エリート軍団だけに、これだけは補助金支給の対象外である。「負けたらお代は要りません」などでは無く、負けても相応の費用がかかる、法治主義最後の砦がバカに遠い、法治国家日本の真の姿である。
   よって、憲法や基本法の有る法治主義国ではあるが、裁判所の門を一生涯くぐったことのない主権者納税者が殆どであり、それがより一層、司法堕落、政治行政堕落を醸成する悪循環であろう。
   とにもかくにも、憲法、特に9条は家訓のようなものである。絶対に浮気はしない、という家訓が守られたためしが無い家庭が有ったとしても、それがあることによって戒めとなったり、離婚訴訟の際の重要な決め手となる。
   守られたためしが無いが、有って損は無い、それがより良い家庭生活を維持するための家訓であるとすれば、憲法も同様である。
   

11. 2015年12月13日 02:00:06 : FxUcssE0UQ : nX8oVt_tv8A[222]
なんか変だよ

【パヨク旅行】辺野古抗議ツアー、旅行会社が募る 日程に「漁船で海上活動」「ゲート前で座り込み」記載 旅行代金は8万円以上 ・・・富士国際旅行社

【社会】辺野古抗議ツアー、旅行会社が募る 日程に「漁船で海上活動」「ゲート前で座り込み」記載 観光庁、都内業者を指導

beチェック
1 :黒胡椒 ★:2015/12/12(土) 15:25:10.64 ID:CAP_USER*.net

東京都内の旅行会社が「オール沖縄支援ツアー」と銘打ち、米軍普天間飛行場の名護市
辺野古への移設に対する抗議活動に参加する旅行の参加者を募集していたことが11日、
分かった。違法行為の斡旋(あっせん)などを禁じる旅行業法(禁止行為)に抵触する
可能性があり、観光庁が旅行会社から事情を聴いた上で口頭で指導した。

 問題の旅行会社は、東京都新宿区にある「富士国際旅行社」。昭和39年に設立され、
観光庁に旅行業者として登録。国内・海外旅行の主催や手配を手がける。

 同社のホームページ(HP)によると、「オール沖縄支援ツアー 3日間」は空路で
羽田−沖縄間を往復して本島内で2泊する。2日目の日程には、名護市内で
「漁船をチャーターし、海上から新基地建設予定地で抗議活動」「キャンプシュワブ
ゲート前で座り込みに参加」と記載。出発日は10月10日、11月2日、12月26日、
来年1月17日に設定され、定員は45人、旅行代金は時期により8万2000円〜
9万9000円だった。

 HPではこのほか、「都教組沖縄視察交流団 沖縄本島と慶良間諸島めぐり 4日間」
「第26回歴教協沖縄見学旅行 島ぐるみ闘争の歴史をたどる旅」も募集。いずれも
「キャンプシュワブゲート前で座り込み」が旅程に入っていた。

沖縄県警などによると、米軍キャンプ・シュワブ沖の立ち入り禁止区域内の抗議活動は
刑事特別法に、ゲート前での座り込みは道路交通法に抵触する可能性がある。旅行業法では、
違法行為を旅行者に斡旋したり便宜供与したりすることを禁止し、その広告も禁じている。
違反には18日間の業務停止が科されることがある。

 同社は産経新聞の取材に対し、「ツアーは実施しているが、座り込みはさせていないし、
漁船で遠くから見るだけ。違法行為はしていないが、誤解を招く表現だった」と話し、
ツアーをHPから削除した。

 一般社団法人「日本旅行業協会」によると、こうしたケースは異例といい、
「法令違反であれば、遺憾だ。事実関係を把握したい」とコメントした。
http://www.sankei.com/politics/news/151212/plt1512120004-n1.html

43:名無しさん@1周年:2015/12/12(土) 15:42:57.53 ID:8wV41Jct0.net
動員ツアーwwwwwwwww


45:名無しさん@1周年:2015/12/12(土) 15:43:35.18 ID:sFo/F6Tg0.net
>>1
なにこのパヨクツアーwwwwwwwwwwwwwwww


16:名無しさん@1周年:2015/12/12(土) 15:30:40.53 ID:phbEdp7u0.net
何つーツアー内容だw

26 :名無しさん@1周年:2015/12/12(土) 15:35:57.68 ID:0KzkAOqg0.net
HPチラ見してみたけど、完全にそっち系の会社だなこれ


http://livedoor.4.blogimg.jp/hoshusokho/imgs/0/2/02ac1138.png

27 :名無しさん@1周年:2015/12/12(土) 15:36:20.63 ID:v119jhI90.net[2/3]
じっくり見学アウシュビッツ 6日間
毎年好評!平和の旅ポーランド \298,000
http://www.fits-tyo.com/europe/20151225.pdf

53:名無しさん@1周年:2015/12/12(土) 15:45:23.05 ID:DocY54Jy0.net
>>1
富士国際旅行社のサイトのツアー、マジもんで面白いな。


28:名無しさん@1周年:2015/12/12(土) 15:36:55.39 ID:trCNwois0.net
会社案内見ると「日本AALA」ってのに加盟してる。

『独立・非同盟・平和・民主主義をめざす日本国民の団結を基礎に、
民族自決・民主主義・社会進歩のためにたたかう
アジア・アフリカ・ラテンアメリカ諸国民との連帯を強め、
帝国主義、新旧植民地主義に反対し、民族解放と世界平和に寄与する』団体w

だそうで。
やっぱり左翼旅行社ww


33:名無しさん@1周年:2015/12/12(土) 15:40:06.53 ID:19atslwA0.net
共産党御用達ですかw


35:名無しさん@1周年:2015/12/12(土) 15:40:36.35 ID:Pdd5G8nY0.net
こういう隠れ左翼系企業いっぱいあるんだろうな

そしてその一部が共産党や左翼活動資金に化けるんだろうな


49:名無しさん@1周年:2015/12/12(土) 15:44:01.15 ID:yB2RitVe0.net
完全にビジネス化してるな


50:名無しさん@1周年:2015/12/12(土) 15:44:21.19 ID:6BRO+gto0.net
なんだそりゃ


55:名無しさん@1周年:2015/12/12(土) 15:46:39.63 ID:8wV41Jct0.net
>「都教組沖縄視察交流団 沖縄本島と慶良間諸島めぐり 4日間」

教員ってやつはマジで屑だなぁ


58:名無しさん@1周年:2015/12/12(土) 15:48:19.80 ID:2CS5K+wN0.net
> 同社は産経新聞の取材に対し、「ツアーは実施しているが、
>座り込みはさせていないし、漁船で遠くから見るだけ。

これはこれで広告に偽りありで問題だろ?てか違法じゃね?


62:名無しさん@1周年:2015/12/12(土) 15:49:18.27 ID:/tNcUwiK0.net
ほらな、沖縄県に住んでない連中が米軍基地で騒いでるんだよ


72:名無しさん@1周年:2015/12/12(土) 15:54:22.73 ID:hawBT7s90.net
反日活動家なら日当出るのになんで金払う必要があるんだ?


75:名無しさん@1周年:2015/12/12(土) 15:55:45.60 ID:4b1XhVem0.net
金払って反日活動とか、共産党のいい養分だな。


81:名無しさん@1周年:2015/12/12(土) 16:03:57.04 ID:bqKeeAWx0.net
>>79
道交法違反を凱旋するのは旅行業法違反って書いてあるだろ。。。


82:名無しさん@1周年:2015/12/12(土) 16:04:06.82 ID:aVLc1ygL0.net
>日程に「ゲート前で座り込み」「漁船で海上活動」記載

ひでえw


85:名無しさん@1周年:2015/12/12(土) 16:05:23.33 ID:1zPgy0I40.net

日本共産党中央委員会(6/10)〔支出(1)〕
www.soumu.go.jp/senkyo/seiji_s/seijishikin/.../10-6_0001000917.pdf

2013/11/29 - 組織活動費 (. 支 出 の 目 的. 年 月 日. 支出を受けた者の氏名
(又は名称). 支出を受けた者の住所(又は名称). 2 重. 2 重. 2 重. 海外出張費.
24重. 東京都港区東新橋ー-5-2. 24重. 吉田 秀樹. 交通費. 5言え0. 24星. 州富士国際旅行社. 24章 ...


金銭授受確認


105:名無しさん@1周年:2015/12/12(土) 16:15:45.73 ID:aEWWD/CMO.net
>>85
うわあ・・・

92:名無しさん@1周年:2015/12/12(土) 16:09:58.85 ID:tvHpmV6F0.net
っていうか
こういうのは日当を貰ってやるものであって
なんで参加費を払わないといけなんだよ
っていう話だよね


98:名無しさん@1周年:2015/12/12(土) 16:12:19.93 ID:6MwYFXTX0.net
>>。ヨ漁船をチャーターし、海上から新基地建設予定地で抗議活動」
>>。ヨキャンプシュワブゲート前で座り込みに参加」と記載

>>誤解を招く表現だったと話し、ツアーをHPから削除した。

どこらへんが誤解なのかわけわからんな
その気まんまんじゃねーか


101:名無しさん@1周年:2015/12/12(土) 16:13:43.90 ID:RKX9rc/H0.net
で、偶然ツアーの日にマスコミが取材してるんでしょ?w

51:名無しさん@1周年:2015/12/12(土) 15:44:31.35 ID:8wV41Jct0.net
金もらって抗議する奴と金払って行使しに行く奴wwwwwwwwwwwwwwwwww


130:名無しさん@1周年:2015/12/12(土) 16:33:13.41 ID:uKA28puS0.net
え?動員なのに金払わないといけないの?


132:名無しさん@1周年:2015/12/12(土) 16:38:03.76 ID:FAyrxMQR0.net
>>1
他の連中は日当出てるのに、10万近く払っていくのかwww
詐欺じゃんwww


113:名無しさん@1周年:2015/12/12(土) 16:21:12.83 ID:A9ISpHFT0.net
マヌケな団塊サヨクが搾取されまくってんなw

http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1449901510/
h ttp://hosyusokuhou.jp/archives/46273556.html



[32初期非表示理由]:担当:関連が薄い長文

12. 2015年12月13日 02:34:09 : tHIVKuZsdo : _YgkBQOb_8U[28]
過去のは(も)反している。
お目溢しに行われている屋上屋と考えれば良い。
然らば、
申し訳無さそうに使われるべき其れ、つまり屋上屋の上に
更に屋上屋を建ててしまう行為は如何だろう。それは最早申し訳無さそうに使う屋上屋の範疇ではないだろう。
それはかなり危険な建て増し建築物だ。そいつを注意すれば居直るばかりか逆に脅されるとなれば尚の事。
先づ行われるべきは…もう解るのではないか。
惨事を防ぐためにも建て増し部分の解体の順番を間違えない事だ。
安倍の作った余計な部分を壊す。これが一番最初だ。
すると我々の長らく一番よく知っていた物に戻る。

もしも9条其の物を交換したいのなら、
その我々の長らく一番よく知っていた物を先ず取り払って、
条文本来の執行された状態に戻す。
然る後に新たな9条と入れ替えるのが手順だ。

さて、問うてみよう。
この立て直し手順の中で自衛隊は一度消え去ることになる。
それは果して可能なのか。
此れは答えを問うまでもあるまい。
故にこの作業は自動的に全解体や再建築に着手する事を得ず、
最初の解釈運用の段階…つまり我々の長らく一番よく知っていた物、最初の屋上屋の段階で、これを温存する形で止まる。

なかなかに具合の良い「ピサの斜塔」の様だ。風情からすればワビサビすら漂う。
あれを真っ直ぐに矯正したならつまらん物だろう。
反してあの上にプレハブを建ててそこから号令を飛ばそうと考える奴も居るまい。
気でも違って居なければだが…。

然しそういう奴が実際に居て、バカの提灯持つ輩がそいつと一緒に行列作って
もうそういう物を建て増ししちまったと思って欲しい。
他でもないあのバカとあのバカ集団の事だ。カルトのオトモダチもぞろぞろ居る。
だからさっさと奴等を蹴散らしてグラグラしている最上階を壊さねばならない。


13. 知る大切さ[3983] km2C6ZHlkNiCsw 2015年12月13日 18:47:26 : rXmQVSTR26 : wmfWUboB@Eg[52]
>10

貴兄のご意見「今のこの国の姿をとても分かり易く解説してくれて、腑に落ちました」
ありがとうございます。



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK197掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK197掲示板  
次へ