★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK198 > 651.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
≪これは酷い≫自民党の歴史検証勉強会、海外メディアを追い出す!取材を拒否!議員「西欧諸国の帝国主義に基づいた政策とは違う
http://www.asyura2.com/15/senkyo198/msg/651.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 12 月 26 日 17:25:25: igsppGRN/E9PQ
 

【これは酷い】自民党の歴史検証勉強会、海外メディアを追い出す!取材を拒否!議員「西欧諸国の帝国主義に基づいた政策とは違う」
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-9292.html
2015.12.26 02:17 真実を探すブログ












☆自民「歴史検証」勉強会、海外メディアの取材は拒否
URL http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2664483.html
引用: 
 22日の自民党本部での一幕。党内ではリベラルとされる谷垣幹事長と、保守派の代表格である稲田政調会長。こんな対照的な2人を中心に、歴史を検証する勉強会が始まりました。安倍総裁直属のこの勉強会、どういうわけか、外国メディアは取材を拒否されました。


 「敗戦で何が変わり、また占領政策において何を得て何を失ったのかということをしっかりと学ぶ必要があるのではないかと」(自民党・稲田朋美政調会長)
:引用終了


自民 近現代史で勉強会 座長は“リベラル”谷垣氏(15/12/22)


自民党「歴史検証」勉強会 TBSと中国が警戒感!


以下、ネットの反応














報道を見て気になったのですが、谷垣さんがリベラル扱いなのに違和感を感じました(苦笑)。まあ、自民党の中では比較的静かな方だと思いますが、それでも野党の人達と比較すると保守路線が強いです。


今回の勉強会は海外メディアの取材を拒否するという異例の形で行なわれ、日本の歴史の見直しを含めて議論が行なわれました。


議員の中からは「(大日本帝国は)西欧諸国の帝国主義に基づいた政策とは違う」というような意見も飛び出ており、参加した専門家からも「会の趣旨からズレている」という指摘が相次いでいます。
それ程までに今の自民党は大日本帝国を肯定的に考えているようで、これが海外メディアを追い出した原因になった可能性が高いです。



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2015年12月26日 18:00:25 : KzvqvqZdMU : OureYyu9fng[87]
日本=悪玉、米軍=解放軍
こんな、GHQゴマスリ史観でメシを食ってきたのが、戦後日本の大学教授
や糞メディアだよな。
  そろそろ目が覚めても良いころではないか。

稲田朋美ちゃんに期待しておる。


[32初期非表示理由]:担当:多数のアラシコメントが確認されているため、この人のコメントは内容にかかわらずすべて削除

2. 2015年12月26日 18:08:56 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[522]
これが総括かな:


マサチューセッツエ大教授のジョン・Dダワーは米国の公文書館で天皇ヒロヒトの発言を見出した。

@ 天皇は「日本人の心にはいまだに封建制の残澤がたくさん残っている。それも根こそぎにするには長い時間がかかるから占領は短かすぎない方がいい」といった。

A「神道を奉じる分子とその同調書は反米的だから警戒を要する」といった、というものである。

ヒロヒトの発言は決して日本国の象徴たるものにふさわしいといえない。まさに偽帝の言というべきである。
http://www.snsi-j.jp/boards/sirogane/152.html

対日戦争というのは、野蛮な日本の侵略をこらしめ、平和と民主主義のための参戦だったと欺瞞する。しかし、日露戦争後に、日本との戦争は必至と分析し、ハワイ攻撃を待って徹底的にたたきつぶし、無条件降伏させるという計画を持っていた。ライシャワーなどは、「戦争責任はすべて軍部にかぶせて、天皇を傀儡(かいらい)として利用する」といっていた。日本にかわって中国アジアを侵略するためであり、日本を占領支配するための戦争だった。そして、日本の人民が抵抗できないように、戦地では餓死、病死に追いこみ、内地では原爆投下、全国の都市空襲、沖縄戦でさんざんに殺しまくった。

あれだけ鬼畜米英でやっていながら、その後の占領は、今から見てもスムーズすぎる。アメリカは日本を侵略・占領するための戦争をやっていたのだ。日本の全土を焼き払って攻撃して、民間非戦斗員をぶち殺している。一般国民は自然の感情として、国を守らなければと思う。特攻兵士の心情などが端的だ。

アメリカや天皇は、それが次にはアメリカの占領とそれに従っていく自分らに反対して向かっていくのが怖いわけだ。「本土決戦」を叫んでいるが、真実がばれたらその矛先が自分に向く関係だ。だから、国民には竹槍を与えるが、鉄砲で武装させるということはなかった。「鬼畜米英」のインチキはそのへんにある。

あれほどスムーズにやれたのは、天皇がやったことと、そのために本土空襲や飢餓作戦で地獄の状況を作り、国民をへとへとに疲れさせたことによる。それをアメリカが計画的に作り出したし、日本の支配階級も望んだ。国内は戦意喪失で、軍隊は独断で解散していく。集団でも離隊していく。占領軍への抵抗なども起こりようがない。かなりの男は外地に行ってしまっていない。武装解除をさせて、しかも権力の空白ができないように、そこは米軍が来て占領する。そのうえマッカーサーは民間の銃剣をすべてとりあげる徹底した「刀狩り」までやった。


マッカーサーが無条件降伏から二週間後に上陸できたのは、安心しきっていたのだ。ずっと以前から日本の対応がわかっていて、武装解除の進行具合を把握していた。占領された敗戦国でこれほど組織的な抵抗がなかったところは世界的にもまれだ。

「戦後の方が食糧がなかった」というのが実態だが、占領軍が食糧を持ち去ってないような状況にして、「食糧援助」と称して恩義を売る。飢餓作戦をやっていた。

占領期の検閲問題なども暴露されていない。きれいにマインドコントロールされるようになっている。マッカーサーは45(昭和20)年9月15日、「プレスコード」(新聞紙法)を発したが、アメリカ占領軍の「検閲」の名による言論統制を四五年秋から非公然に開始した。検閲要員は1万人近くいた。その対象は、新聞・雑誌、放送・演劇脚本・映画、紙芝居・幻灯などのすべてにわたり、国民の手紙や葉書などの郵便物、電話の盗聴までやっていた。

そういうことについても、一切知らせてはならないと、徹底した検閲をやった。日本のメディアは、自分らで自主検閲するようにするし、朝日新聞なんかは自主検閲要領というのをプレスコードの線に沿ってつくっていた。それはいまでも続いているしもっとひどくなっている。一方で、GHQは新聞やラジオなどを直接にも利用して、宣伝していった。第2次大戦についてのアメリカ軍を美化する心理作戦でも、商業新聞に直接GHQが原稿を書いていたり、NHKの「真相はこうだ」という特集などもそうだ。


米軍について悪くいうことを徹底して封じた。だから原爆の実態や空襲実態についても徹底し隠した。沖縄戦なども典型的で、日本軍がみんな殺したようなイメージをつくり出す。マニラとか長沙などへのアメリカ軍の爆撃もみんな隠蔽していた。安岡の戦争体験者が長沙へのアメリカの空襲を近年朝日新聞に投稿したら、ボツにされたといっていた。

戦後のアメリカの検閲のやり方を見ても、報道内容をチェックするばかりではなく、郵便物や電話まで開封、盗聴する。しかも検閲してないような格好をしてやる。戦前の検閲は、伏せ字で検閲したことが分かる形だったが、アメリカの方はまだ陰険だ。内容は、原爆を公表してはならない、戦争の悲惨さを公表してはならない、反米的なものは許さないというものだった
http://www.h5.dion.ne.jp/~chosyu/aratanabaikokutosennsounosyuppatutenn.htm


真珠湾攻撃をやるまえに海軍自身が「石油は2年しかもたない」といっていたが、天皇も軍部も最初から負けるとわかっていてアメリカとの戦争に突っ走った.

天皇が一番怖かったのは日本のなかでの革命だった。満州事変のまえの2・26事件にしても、日本は農村恐慌で農民一揆も2000件もあり、社会不安が起こる危険性が高かった. ソ連や中国に負けるわけにはいかなかった、どうしてもアメリカに負けなければならなかった

そうした背景があって青年将校が事件を起こした。事件そのものは鎮圧したが、天皇や上のものは、共産革命が日本でも起こることを念頭においていただろうし、それをもっとも恐れただろう。

太平洋戦争でアメリカに負けたというが、そのまえに中国でさんざんにやられている。それが日本の敗戦を決定的にしたのだ。
 日本軍は中国人や朝鮮人を「チャイナ」とか「ヨボ」とかいってべっ視しきっていた。創氏改名をさせ、名前も宗教も認めない、日本に労働力として強制連行したり、兵隊にとっていた。中国に負けて撤退となると、「勝った、勝った」という大本営発表がうそだったということになり、国内で大混乱になる。それこそ革命が起こり、天皇の首が危なくなる。だから、「中国からの全面撤退」は絶対に認められなかった。それよりも天皇制を維持するために、負けるとわかりきったアメリカとの戦争に突入した。
http://www.h5.dion.ne.jp/~chosyu/utunomiyamutuo.htm


3. 2015年12月26日 18:26:07 : c5SzzHJ4qU : 1JkUXhIyCaQ[4]
こういう見解も有ります。↓
逝きし世の面影 日本軍の生体実験や南京大虐殺に怒った三笠宮崇仁、無かったことにしたい安倍晋三
http://blog.goo.ne.jp/syokunin-2008/e/da3cd0e1f7c7d74d9998a212d420cc1a


4. 2015年12月26日 18:46:03 : MC3Dtej4S2 : W0ZRVCO5ivU[82]
まさか歴史認識が変わったから自民党が路線変更とか?相次ぐ企業の身売りや
買収と同じく違う飼い主に仕えるための選挙を睨んだ茶番劇か?
年の瀬にジタバタしている外交なんか見ると有り得なくもないかと。
結局は資本家の都合で如何様にも変わるのが政治だとすれば、事情が変わった
のかも知れませんね。想像ですが。

5. 2015年12月26日 19:34:48 : kz35nb2wiM : rrbI7ItwNFY[28]
これが安部政権である。
アメリカ上下両院での演説といい、安部談話といい、海外の目を意識せざるを得ないところでは本音を隠してごまかしを言い、自分たちの内輪の会合ではそれとは違うことを言う。
海外の圧力をかわす為には嘘もためらわない。
嘘をつくということに関して意識のハードルが低い。
彼らが普段声高に叫ぶ道徳がその中身といえばこの程度ものなのだ。

6. 2015年12月26日 20:38:23 : v1gbxz7HNs : Ay@h0DQyQEc[142]
な?これが北朝鮮とどう違うのか。

7. 2015年12月26日 21:10:07 : G9pRncd5P6 : kNLawzAmjgA[143]
最近ではイラクのフセインと、リビアのガタフィとシリアのアサドの政権が自国民を弾圧していたということになっている。
日本の自民党政府の見解もそうだろう。

その基準から言って、大日本帝国の軍事政権は国民を弾圧していなかったのか?
大日本帝国はすべての国民にとって古き良き帝国であったのか?そうではないだろう。
もしそうであったなら、新憲法を読んだ時、この兵士たちは泣かなかった。

経済同友会終身幹事 品川正治氏講演 「戦争、人間、そして憲法9条」より、以下一部引用
http://www.kyoto-min-iren.org/news&topics/20090309.html

<私と憲法との出会い>

 もっと基本的には、それから数ヵ月後、私たちの鄭州におりました俘虜(ふりょ)収容所の、河南省にいた日本軍の引き揚げが始まります。内地へ引き揚げる。その時に、山口県の仙崎という港が、私たち、河南省にいた部隊の引き揚げ場所だったんです。上海から船に乗せられて、続々とあの小さな港に入ってきました。ところが、最初に申しあげたように、私たちは元々は山陰の部隊なんですね。だから、「お前たちはいちばん早く帰れる。東北だとか九州だとか四国だとかに帰らないといけない部隊が続々と入ってくるのだから、お前たちはしばらくここで、この復員船で上陸を控えてくれ」と、そう言われました。山陰線一本しか通ってないのですから、日本の大部隊が何万と帰って来たら、交通全体が麻痺してしまうことはもう当たり前なので、私たちも懐かしい故郷の島々、家々を眺めながら、2日半ほどそこで停泊いたしました。

 その時に、ボロボロのヨレヨレの新聞が各隊に配布されたのです。その新聞というのが、日本国憲法草案が発表されたその全文を載せている新聞なんですね。「お前たちはこれからこういう国、憲法がこういう形の国に変えるんだ。よく読んでおけ」という趣旨だったのですが、先ほど申しあげた隊長から私は命令を受けまして、1中隊に1枚ぐらいの割合しかないものですから、私に「大きな声で、品川、全員にこれを読んで聞かせてくれ」と言われたのです。読み始めて驚きました。憲法というのは堅苦しい言葉で書いてあるはずなのに、あの全文を読み始めて、勅語だとか軍人勅諭だとかそんなこと、公式文書というのは、大本営発表だとかそういうものの言い方しか我々は知らなかっただけに、あの文章の易しさにまず打たれました。9条のところまできた時、全員が泣いたのです。私も声が出なくなりまた。隊長に新聞を返そうとしましたが、隊長も号泣しておられるのですね。成文憲法にまさか「戦争放棄」をうたい、「陸海空軍を持たない」といい、「国の交戦権を認めない」、そこまで踏み込んで書いてくれたのか。この憲法を、こんな憲法を作れる国になったのか。もうそれだけで、私たちは声を挙げて泣きました。それが私の憲法との本当の出会いなんです。いちばん最初の出会いというのはそれなんです。その意味から言っても、私は到底、忘れることはできません。

(引用終わり)

彼らが泣いたのは、そして、押し付けであろうがなんであろうが、多くの国民がこの憲法を喜びとともに迎えたのは、これで「大日本帝国」から逃れられると思ったからだよ。
大日本帝国で辛い思いもせず、好い思いだけをした階層の後継者がそれを懐かしがるのはわからぬでもない。
しかし、そうでない者がそれを望むのは愚かというものだろう。


8. 2015年12月26日 21:48:26 : ftkX5EzCns : QsBSN@WLx4Q[2]
取材拒否 批判怖れて 隠蔽し

9. 2015年12月26日 22:16:40 : QT1VMl6G5c : ZmRiMNdqIfM[2]
なにが大日本帝国だ。TPPで国家主権を売り渡す算段をしていながら愛国を騙って国民を騙す。とんでもないぜこの売国奴ども。

あの小泉が構造改革とか郵政民営化とか言って国民の富を外資に売り渡す算段をしながら靖国に参拝したのと同じ手口だろう。あいつがあの後、一度でも靖国に参拝したのか言ってみろ。

民主党政権がTPPと言い出した頃は稲田も反対唱えてたそうじゃないか。
それがいまや推進派か?
そんな奴に今更、愛国を語る資格などない。国民生活を破壊する奴のどこに愛国がある?
悔しかったらその口でTPPに断固反対と言ってみろ!



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK198掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK198掲示板  
次へ