★阿修羅♪ > 戦争b16 > 641.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
シリア和平プロセスの安保決議で米ロ合意 「自由シリア軍」の扱いをめぐりプーチンとロシア指導層の間に見解の相違  BBC
http://www.asyura2.com/15/warb16/msg/641.html
投稿者 ダイナモ 日時 2015 年 12 月 16 日 18:15:35: mY9T/8MdR98ug
 

米国とロシアは、国連安全保障理事会でシリアの和平プロセスを支持する決議をするため、安保理を18日に召集することで合意した。

米国のジョン・ケリー国務長官は訪問先のモスクワで、ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相とウラジミール・プーチン大統領と会談した。

ラブロフ外相は、和平交渉にどの反体制派勢力が参加するかなど、両国の意見が異なる問題についても協議を続けると述べた。

一方でケリー長官は、どの勢力をテロリストと呼ぶべきかなど、両国の間で一部合意があったと語った。

ロシアは今年9月に、アサド政権を支援するためシリア領内で空爆を開始。ロシアは過激派組織「イスラム国」(IS)をはじめとした「テロリスト」のみを標的にしていると説明している。しかし活動家団体は、ロシアの空爆では西側諸国が支援する勢力が主に被害を受けていると主張している。

18日に開かれる安保理では、先月ウィーンで合意された和平プロセスの原則を再確認する決議を目指している。

ケリー長官はシリア和平をめぐる両国の意見を調整するためロシアを訪問していた。同長官はプーチン大統領との会談で、両国には「変化をもたらす力」があると述べた。

米国とロシアは、シリアのバッシャール・アサド大統領が政権移行の過程にどう関与すべきかで意見が分かれている。

米国はアサド大統領の退陣を主張しているが、ロシアはシリア人のみが同大統領の処遇を決めることができるとの立場だ。
 
 
 
錯綜するメッセージ――スティーブ・ローゼンバーグ記者(モスクワ)

反体制派「自由シリア軍」(FSA)がロシアから武器や弾薬の支援を受けているのかをめぐって、控えめに言っても多少の混乱が起きている。

先週にはプーチン大統領が支援をしていると述べたが、数時間後には、大統領報道官のペスコフ氏はそれを否定した。

ロシアの参謀総長は14日、FSAに武器、弾薬、物資の支援を行っていると述べた。その表現はプーチン氏の言葉と寸分たがわなかった。しかし、その数時間後にはロシア大統領府の補佐官が、何も提供していないと述べ、参謀総長の発言内容を否定した。

私は大統領府が15日朝に行った電話による記者会見で問いただそうとしたが、残念ながらできなかった。とりあえず聞くだけは聞いてみたが、ペスコフ報道官の説明はこうだ。

「これまでに言及された内容に付け加えることはない。これ以上言うことはないし、この話題をさらに論じたいとは思わない」

プーチン大統領はケリー長官との会談を前に、「最も喫緊の問題の解決法を我々(米ロ)は一緒に探している」と語った。

米国主導の有志国連合は2014年9月にシリアのISに対する空爆を開始したが、アサド政権と作戦内容を調整していない。

ケリー長官はラブロフ外相との会談を前に「意見の相違はあるものの、我々は特定の問題について実のある協力ができてきた」とし、「大国同士が合意点を見出すのは世界にとっても良いことだ」と述べた。

ケリー長官は、サウジアラビアの首都リヤドで先週開かれたシリア反体制派各勢力の会合についてもロシアを情報交換をした。

ロシアはリヤドの会合に参加した諸勢力が出した声明に反発。声明ではアサド大統領とその補佐たちが政権移行の過程に関与できないとしている。

BBC記者によると、ロシアはさらに、会合に参加した勢力の一部をテロリストとみなしているほか、和平交渉の参加者すべてが認めるテロリストのブラックリストを作ることを主張している。

ケリー長官に同行したBBCのバーバラ・プレット=アッシャー記者は、アサド大統領の和平交渉の席に着かせる上で、ロシアの協力が不可欠だとケリー長官は認識している、と話す。

ラブロフ外相は、ISはイラクやアフガニスタン、イエメンでも活動しており、シリアだけの問題でないと指摘している。


http://www.bbc.com/japanese/35109566


自由シリア軍は、どこからも支援を受けられず消滅した。 現在では事実上存在しない。 米国でもさえも今では「自由シリア軍」などとは言わない。 米軍とは別に米CIAがアルカイダとつながりのある反体制武装組織に武器支援などを行なっていることはすでに欧米メディアでも報道されているとおり。

プーチンが「自由シリア軍」はテロリストではない、「自由シリア軍」を支援する、と言い出した時は驚いた。 プーチンが何を指して「自由シリア軍」と言っているのか意味不明。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2015年12月16日 18:37:49 : jXbiWWJBCA : zikAgAsyVVk[146]
西側諸国の対ロ制裁、数カ月以内に見直す公算=イタリア首相

[ローマ 16日 ロイター] - イタリアのレンツィ首相は16日、西側諸国はロシアに対する経済制裁を数カ月以内に見直す公算が大きいとの見解を明らかにした。

首相はラジオのインタビューで「西側諸国全体が同じ立場を共有しているのは明らかだ。制裁は数時間以内という訳ではないが数カ月以内に見直されると思う」と述べた。

欧州連合(EU)はこの問題について17日にブリュッセルで開かれる首脳会議で協議するとみられる。
http://jp.reuters.com/article/russia-eu-sanctions-italy-idJPKBN0TZ0VU20151216


2. 2015年12月16日 21:43:44 : EHNodJa1EY : O2cxAGAJvyo[36]
>プーチンが何を指して「自由シリア軍」と言っているのか意味不明。
軍事介入したときから言ってることだよ 唯一の交渉相手はFSAだけとね
FSAは消滅などしていないだろうし
欧米よりのFSAからロシアよりのFSAに変わりつつあるという事だね
戦時ではよくあることだろw 昨日の敵は今日の友だよ。

3. 2015年12月16日 22:21:48 : SWnj8lrxCU : fGLB3G_5UA0[1]
自由シリア軍は早いうちに換骨堕胎されてイスラム原理主義者に母屋を取られたのさ。

これがシリア騒動の初期段階の肝だった。

アサドも最初の民主化要求で間違えたが、反政府側も間違えた。

結局、シリアの問題というのは政府も反政府も皆間違えたわけさ。

それをいつまでもうだうだとアサドの責任がどうとか、プーチンの関与がどうとか、いまになってなにを言ってやがんだってものだ。

さて、自由シリア軍だが中の人たち自体はとっくにイスラム原理主義者に総とっかえしたが、名前としても初期の幹部もいまだにトルコに残っているのは事実だし、初期の幹部が取れる現実の選択としてはロシアが主導している和平合意に乗るしか生き残る術はない。

むしろそういう流れになってきている。
アメリカも認めだした。
ていうより米英がオジャンにしたんだから、こうなるのは当たり前さね。


4. 2015年12月17日 07:45:35 : ynKjCc06WQ : KLnjP9QLiuI[7]

わざわざモスクワ訪ねてプーチンに詫びを入れた。

「こぶし降ろすかわりにドル操作に目つむってくれ」そう言ったかどうか。

アメは火の車なんだよ今。


5. 2015年12月17日 21:10:04 : Q82AFi3rQM : Taieh4XiAN4[20]

 「...と言い出した時は驚いた」って、...あなた。
驚くのはあなたの自由だけど、今頃何言ってるの。
競技場一周以上遅れて走ってる。
世界情勢をよく見渡してから書いてね。



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b16掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
戦争b16掲示板  
次へ