★阿修羅♪ > アジア20 > 707.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
ベトナムが第2の韓国に?海外企業が中国撤退、製造業移転で急成長―タイ英字紙
http://www.asyura2.com/16/asia20/msg/707.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 8 月 12 日 22:56:55: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

10日、ベトナムが急速かつ持続可能な経済成長に必要な正しい意思決定を行っているようだと政治評論家が指摘している。写真はベトナム。


ベトナムが第2の韓国に?海外企業が中国撤退、製造業移転で急成長―タイ英字紙
http://www.recordchina.co.jp/a147302.html
2016年8月12日(金) 8時40分


2016年8月10日、中国紙・参考消息(電子版)によると、ベトナムが急速かつ持続可能な経済成長に必要な正しい意思決定を行っているようだと政治評論家が指摘した。

タイ英字紙バンコク・ポストによると、ベトナムは1990年代から6%前後の経済成長を続けており、貧困国から中所得国へと変貌。このまま6〜7%の高い経済成長を続ければ「第2の韓国」になることも不可能ではないが、成長ペースが4%程度にまで落ち込めばタイやブラジルのような「中所得国の罠」にはまる可能性もある。

高い経済成長の背景には地理的な要因がある。「世界の工場」とうたわれた中国では、製造業は南部、とりわけ広東省深セン市などの都市に集中していたが、人件費の高騰などから工場の移転が相次いでおり、その移転先として近隣のベトナムが選ばれるケースが増えている。中国の人口における中位年齢数は36.8歳だが、ベトナムは29.6歳で、若い労働力の確保が容易という利点もある。

ベトナムは環太平洋連携協定(TPP)の交渉参加国であり、協定が米国議会で承認されれば多大な利点が得られる。また、韓国との間では自由貿易協定(FTA)が2015年12月に発効、欧州連合(EU)との間でもFTA交渉が進んでいる。(翻訳・編集/岡田)
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年8月12日 23:32:23 : 6jC6Ok4X3M : r9HiorRuc1w[687]
ベトナムもボッタクリの国になると言うことか?

2. 2016年8月13日 14:19:11 : dG9VJn1smA : ro6ecKCUUYY[1]
ベトナムは、第二の日本と言うべきだろう。ベトナム戦争であれだけ残虐の限りを尽くした南朝鮮をベトナムは嫌っている。一緒にするなと言いたい。

この投稿は出先で書いているので、IDが違うことをお断りしておきます。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > アジア20掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
アジア20掲示板  
次へ