★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ62 > 153.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
国民年金の保険料の納付を滞納すると、保険証を取り上げられる日が来る 所得300万円以上で強制徴収
http://www.asyura2.com/16/bd62/msg/153.html
投稿者 たけしくん 日時 2016 年 11 月 20 日 09:53:25: IjE7a7tISZsr6 gr2Cr4K1gq2C8Q
 

http://manetatsu.com/2016/10/76318/
by 木村 公司 2016/10/18 [年金]

国民年金の強制徴収拡大で9万人が対象

近年は60%程度に低迷している、国民年金の保険料の納付率を向上させるため、厚生労働省と日本年金機構は強制徴収する対象を、平成29年度から拡大する方針のようです。

具体的には強制徴収する基準が、「年間所得が350万円以上で、未納月数が7カ月以上」から、「年間所得が300万円以上で、未納月数が13カ月以上」に変更される予定です。

未納月数の方は基準が緩やかになっておりますが、基準が変更になると新たに9万人程度の方が、強制徴収の対象になると試算されております。


最終催告状を無視すると強制徴収の手続きが始まる
国民年金の保険料の強制徴収とは、期限を指定して「督促状」を送付し、その期限内に納付しない場合には、預貯金、自動車、給与などの財産を、差し押さえするというものです。

なお国民年金の保険料は配偶者や世帯主が、連帯して納付する義務を負うので、自分自身の財産だけではなく、配偶者や世帯主の財産も、強制徴収される可能性があります。

また督促した際には保険料に加えて、年14.6%(納期限の翌日から3カ月が経過するまでは年7.3%)の延滞金が徴収されるので、かなり厳しい処置です。

督促状送付の流れ

国民年金の保険料の滞納者に対して、いきなり督促状を送付することはなく、一般的には「催告状 → 特別催告状 → 最終催告状 → 督促状」という手順を踏みます。

この中の最終催告状は、自主的な納付を促す最後の通知になり、これに指定された納付期間までに保険料を納付しないと、強制徴収の手続きが始まりますので、無視するのはとても危険です。


強制徴収の基準は毎年変更され厳しさを増している
国民年金法には従来から、こういった強制徴収の規定はあったのですが、厳しい取り立てはあまり実施されておりませんでした。

しかし近年は厚生労働省や日本年金機構の方針が変わり、特に収入があるのに保険料を納付しない悪質な滞納者に対しては、厳しい取り立てを実施しているのです。

大きく方針が変わったのは平成26年度からで、「年間所得が400万円以上で、未納月数が13カ月以上」に該当し、かつ自主的な納付に応じない方に対しては、強制徴収の取り組みを強化しました。

その後は次のように、強制徴収の基準を毎年変更しており、年々基準が厳しくなっております。

平成27年度〜

年間所得が400万円以上で、未納月数が7カ月以上

平成28年度〜

年間所得が350万円以上で、未納月数が7カ月以上

平成29年度〜(予定)

年間所得が300万円以上で、未納月数が13カ月以上

年間所得とは自営業者であれば、年収から必要経費を引いたものになり、また会社員であれば年収から、給与所得控除を引いたものになります。

そのため年収で考えれば、もう少し金額は高くなりますが、決して高額所得者に対してだけ、強制徴収を実施しているわけではないのです。

なお会社員の方は、年末調整の際などに渡される源泉徴収票の、「給与所得控除後の金額」という欄を見ると、自分の年間所得がわかります。


ペナルティとして市区町村は保険証の返還を求める
国民健康保険の保険料の納付を滞納した時は、市区町村から納付を催促され、それでも納付しなかった場合には、市区町村は「被保険者証」いわゆる保険証の返還を求め、その代わりに数カ月で有効期限が切れる、「短期被保険者証」を交付します。

このように短期被保険者証を交付するのは、定期的に市区町村の窓口に来る機会を作り、その時に保険料の納付を催促したいからです。

また短期被保険者証を交付した後に市区町村は、滞納者に災害その他の政令で定める特別の事情があるかを確認し、それがなければ短期被保険者証の返還を求め、その代わりに「被保険者資格証明書」を交付します。

被保険者資格証明書の交付を受けている間は、診療にかかった費用の全額を、病院などの窓口で支払う必要があり、後日に申請を行って、一部負担金(医療費の2〜3割)を除いた、医療費の8〜7割の還付を受けることになります。


国民年金の滞納者にも保険証の返還を求められる
国民年金と国民健康保険は別々の制度のため、このように保険料の納付を滞納した場合の取り扱いも、制度によって違ってきます。

しかし法律上では国民年金の保険料の滞納者に対して、国民健康保険で使われるペナルティを課すことができるのです。

その法律とは平成19年7月に制定された、「国民年金事業等の運営の改善のための国民年金法等の一部を改正する法律(国民年金事業等運営改善法)」になります。

この法律を読むと市区町村は、国民年金の保険料の納付を滞納している方に対して、国民健康保険の保険証を還付させ、短期被保険者証を交付できると記載されているのです。

詳細については厚生労働省のサイトの中にある、「国民健康保険(市町村)との連携について 国民年金保険料等の未納者に対する国保短期被保険者証の活用(pdf)」というページを参照して下さい。

市区町村の判断なので…

あくまで「短期被保険者証を交付できる」であって、「短期被保険者証を交付しなければならない」ではないので、市区町村の判断にまかされております。

またほとんどの市区町村は、住民からの反発を恐れ、国民年金の保険料の滞納者に対して、保険証の返還を求めることに、抵抗を感じております。

しかし国民年金の保険料の納付率を向上させたい、厚生労働省と日本年金機構の意向を受け、あなたが住む市区町村でも、国民年金の保険料の納付を滞納した時に、国民健康保険の保険証を取り上げられる日が来るかもしません。


どの世代でも払い損にはならない国民年金


厚生労働省のサイトの中にある、「年金制度における世代間の給付と負担の関係について(pdf)」というページを見ると、国民年金の加入者が60歳時点の平均余命、つまり80歳程度まで生きた場合、若い世代でも納付した保険料の1.5倍の年金が受け取れると試算されております。

つまり決して払い損になることはなく、また社会保険料控除による節税分を加味すれば、更にお金が戻ってくるので、やはり国民年金の保険料は、きちんと納付すべきだと思うのです。

また保険料を納付するだけの金銭的な余裕のない方は、住所地の市区町村の窓口に行くか、もしくは郵送により、免除申請の手続きを行いましょう。(執筆者:木村 公司)
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. たけしくん[108] gr2Cr4K1gq2C8Q 2016年11月20日 09:59:34 : Tkd1B4jCF0 : OipPmW47T2Y[54]
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161118-00010000-manetatsun-life

NHK受信料より恐ろしい「年金保険料の強制徴収」が強化されている。

マネーの達人 11/18(金) 5:00配信

NHK受信料より恐ろしい「年金保険料の強制徴収」が強化されている。

年金の強制徴収が強化されている

TV付き賃貸物件の入居者や携帯電話所有者に関する契約義務を巡って、NHK側が相次いで地裁の裁判で敗訴しています。

NHKの主張する契約義務に関しては、法的根拠が疑わしいと思われる報道が最近相次いでおり、特に前者のTV付き賃貸に関しては、契約義務者の取り違えと受信料返金まで認める異例の判決に発展しています。

しかし、最近強化されている国民年金保険料の強制徴収は、納付義務がある人の滞納放置は大きな問題に発展します。

納付率6割程度と言われていますが、年金不信を理由に払わなくてもいいだろうとは考えていられない状況です。
国民年金保険料の強制徴収の動き

少子高齢化に伴い年金保険料が上昇しているうえに、社会保険庁時代に端を発する年金記録問題などの不祥事もあり、国民に根強い年金に対する不信があるのは否めません。

このような状況であっても、国は年々、国民年金保険料の強制徴収を強化する動きに出ております。

平成26年4月から年間所得400万円以上で滞納月数13か月以上であったものが、平成27年4月からは年間所得350万円以上・未納月数7か月以上、平成28年4月からは年間所得300万円以上・未納月数13か月以上に徐々に所得基準を引き下げています。

この強制徴収の強化とは、上記の要件に当てはまる人全員に督促状を送るということです。この督促状を無視していると、最悪財産の差し押さえになります。

通常、差し押さえまでは下記の流れで日本年金機構が書類送付等を行います。

【催告状】
特別催告状
 ↓
最終催告状
 ↓
督促状
 ↓
差し押さえの予告
 ↓
差し押さえの執行

恐ろしいと言える法的根拠:NHK受信料との違い

NHK受信料は、徴収員が放送法を基に契約をせまってくるケースがよくあります。

放送法の要件に当てはまる世帯(受信設備を設置していた者)にはNHKとの契約締結義務があり、契約に基づいて受信料を支払うことになります。受信料はあくまでもNHKという特殊法人に対する代金(公共料金)の支払いです。

まず契約が成立しなければ、支払い義務が生じません。放送法に基づく一定の強制力はあるものの、そもそも法的義務も無い世帯に契約させていた可能性も、裁判により明らかになってきています。

前段の差し押さえ手続に関しては、契約締結後のNHK受信料についても個別に行われています。

しかし万が一、自己破産して免責許可がおりた場合、税でも税に準ずるわけでもないので、破産開始決定前の受信料は免責となります。

第3号被保険者に該当する専業主婦・パート主婦や厚生年金の加入者(第2号被保険者)を除けば、第1号被保険者として国民年金保険料の支払義務が生じます。

日本国内に住む20歳〜59歳の人は、「強制加入被保険者」という言葉もあり、1号・2号・3号どれでもないということは法的に認められていません。また、国民年金保険料は、税に準ずるので免責にはなりません。
NHK受信料より恐ろしい「年金保険料の強制徴収」が強化されている。

免除基準はNHK受信料に比べれば緩い
払えないのであればまず免除申請を

NHK受信料であれば、受信契約の妥当性自体から問える可能性もあります。しかし国民年金保険料の場合は、払えないのであれば免除制度がありますので、免除申請しましょう。

障害年金・生活保護受給者は全額が免除されますし、その他前年の所得により全額または一部が免除されます。この免除基準はNHK受信料に比べれば緩いものです。

差し押さえまで至るのは、無視する姿勢が傷口を広げるケースが多いので、年金事務所等に行って、ご自身の状況を話すことから始めましょう。(執筆者:石谷 彰彦)


2. 2016年11月20日 21:47:20 : agoKdQLJDc : Ee4yZUdFwY0[1]
実は私は国民年金の支払をしたことがありません。

国民年金からの請求書が時々届きますが無視。

強制徴収で差押などは面倒なので所得が400万円を超えないように注意していましたが、来年からは300万円とはこの記事で知りました。

300万円を超えたら督促状が来ないように誠意を見せることが重要とか。

http://camatome.com/2013/01/nenkin-tainou-sashiosae.php
平成22年度の厚生労働省の調べでは、「最終催告状」の送付数は24,232件。

その内、財産の差押えの件数は3,379件となっています。

未納者は321万人ですので、未納者全体の内、およそ0.1%の人が差押えにあっていることがわかります。

できれば「差押え予告」が来るより前の段階で、少しでもいいので未納分を収めたり、年金事務所に相談に行ったりなど、とにかく放置するのではなく未納分を納める意思を見せることが大切なようです。
(ここまで引用)

ということで、所得が規定を超えたら誠意で最終勧告状を回避しませう。
差押は未納者の0.1%なので誠意を見せれば差押は回避できるでありましょう。


3. 2016年11月22日 02:02:17 : RX29fhMcqU : tOUsHr6GVSo[8]
悪質な?未納者から強制徴収するのは部分的には賛成だが

底辺からも強制徴収とはいかがなものか
生活に余裕があって資産を持っているところからぶんどって、貧しい人へ配る

所得の再分配が政府の仕事ではないのか?

貧しい人からぶんどって、株価維持=政権維持のための資金源に使うとか
ありえんでしょ

海外に配りまくる金があるならそれらを国内の貧困層に使えよ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ62掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
Ψ空耳の丘Ψ62掲示板  
次へ