★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ62 > 201.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
UFO問題を考える 37:プレアデス人の人類に向けた警告
http://www.asyura2.com/16/bd62/msg/201.html
投稿者 あのに 日時 2017 年 3 月 01 日 14:52:31: xZaQXyDl16EGo gqCCzILJ
 

UFO問題を考える 37:プレアデス人の人類に向けた警告


1、はじめに

過去の壊滅について、UFO問題を考える 34:過去の「UFO問題を考える」要約(人類の起源、宇宙戦争、家畜化される人類など)
で、月と火星の壊滅の話を、Apollo 20の動画と、ブランデンブルグ博士の動画で解説した。

わたしは、英語は不得意なのでお蔵入りにしていた2册の本を引っぱりだした。

Luca Scantamburlo , Apollo 20 The Discosure     Lulu.com,Lulu press,Inc.
John E. Brandenburg,Ph.D. ,Death on Mars     AUP

文字どおり積み重なった本の下から発掘したのだ(笑)
アポロ20号、やブランデンブルグ博士の動画が出てきたころ、日本のアマゾンでふつうに、これらは売っていた。いまは、よくわからない。やる気は、十分あったわけだ(笑)能力がともなわなかっただけだ(笑)ブランデンブルグ博士の本は2015年、スカンタンブーロの本は2010年に出ている。AUPでは、直接、他のブランデンブルグ博士の本やマイク・バラMike Bara の本も買えるようだ。

2、スカンタンブーロの本  Apollo 20 The Discosure

Apollo 20 の動画は、かっては、いまとちがって、発射から軌道上、月へ向かう途上などきわめて長時間のはっきりした高解像度の長時間の動画があった。いま見ると、月面を低空で降りていくところなどの動画さえないように思う。なにもかも簡略になっている。スカンタンブーロの本に、動画の題などが書いてあるので、探せば出てくるのであろうか。

スカンタンブーロの本を開けると、最初に、ウイリアム・ラトリッジWilliam Rutledge,(ベル研と空軍に所属した)への著者のインタビューから始まる。アメリカとソビエトの合同ミッションは、あと、レオナ・スナイダーLeona Marietta Snyder ベル研 ,ソ連のアレクセイ・レオノフAlexei Leonov らがApollo 20のミッションを 1976年8月16日に始めた、とある。(冷戦の真っ最中!)

詳細は、本のなかにサイトなどURLが書かれており、ここから見れるのだろう。この第1章の終わりp33にラトリッジは、シュメールにおける人類の創造について語っている。

モナリザ異星人EBE Mona Lisa は、葉巻型母船の周囲にちらばっていたらしいいくつかの小型UFOのなかから発見されたらしい。近くには巨大三角UFOらしきものもあり、基地もあるようだ。基地のニセ動画があるらしいが、中央の尖塔は本物らしいのは、まえ紹介したドイツの動画でも紹介されている。

3、ブランデンブルグ博士の本 Death on Mars

ブランデンブルグ博士の本については、おそらくだれも紹介していないだろう。だれも一次資料にあたらないからである。だが、まえムー誌にあったような気もする。南山氏、並木氏はとうぜんこの本は持っているだろうからだ。

たとえば、火星の動画にあるのは、ほとんどが、Google Mars の画像の紹介であり、デタラメ動画が、氾濫する原因のひとつになっている。悪の巣窟Googleの画像を引用するひとの気がしれない。月も同じだ。クレメンタインClementineの画像をもとにせず、Google Moon の画像を、みな引用している。ほんと狂っている。これは、地球も同じだ。Google Moon やGoogle Earthに存在する画像には、存在するだけの理由が、イルミナティにはあるのだ。

Death on Mars の本の画像を眺めることくらいしかできないが、火星における核兵器攻撃が、人面岩のあるキュドニア(シドニア?)CydoniaとギャラクシーGalaxiasの2カ所に加えられたことがわかる。キュドニアCydoniaは、人面岩で有名だ。ギャラクシーGalaxiasのほうは、動画で[ Mars Galaxias ] と検索すればわかる。ギャラクシーのほうにも、知られていないが同様な人面岩 Galaxias Face がある。

これらを見れば、月でも火星でもプレアデス人の遺跡や遺物は比較的公開される。しかし、グレイ系異星人、ドラコグレイなどの遺跡や遺物は絶対に隠されるのだ。したがって、みなが見る異星人の情報は、人間型異星人のものばかりなのだ。そんなこと思いもしなかったが、これには、グレイが、人間型であり、タイムマシンで未来からやってきた地球人である、などディスインフォメーションを定着させる意図があるからなのだろう。一例がバシャールであるとわたしは考えている。スティーブン・グリアもこの仲間だ。

人類を、家畜として利用するには、すべての面でまったく異なる二族、グレイ族と人類が同胞であるとの刷り込みが、どうしても必要になるのだ。この点で、グレイとイルミナティは、きっちりかたく同盟している。エイリアンの侵略というイルミナティからのヨタ話を信じないようにしたい。「エイリアンの侵略というヨタ話」は、イルミナティの高度宇宙軍事兵器開発の口実につかわれる予定なのだ。

このブランデンブルグ博士の本 Death on Mars ではじめて、わたしは人面岩の目から流れる涙を見ることができた。いままでは、涙があると言われながら見ることができなかった。修正画像が、ネットにも本にも差し替えられていたのだろう。イルミナティのかれらの陰謀は、かように深く激しいのである。かれらをUFO問題で、出し抜くには、画像がアップされた瞬間をねらうしかないのだ。

このブランデンブルグ博士の本 Death on Marsは、核化学のかなり専門的な内容も含むものなので、いままで手がつけられなかったのである。だが、つぎの事は言える。人面岩は、地球人に向けたメッセージである。警告である。

つまり、人面岩とは、火星人ではなく、プレアデス人の顔に、ほかならない。その涙の意味を深刻に考える必要がある。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2017年3月02日 17:59:02 : rkJU4oOov6 : NsyCTgkVO_g[16]
「“我々”とは何者なのでしょうか?

多くの人々が千年にも渡って
証言してきたにもかかわらず、
科学者や宗教家は、
いまだ地上で明らかにされていない
不思議で神聖な出来事については、
話をしようとしません。

しかし皆さんは、
真実を知るために、
心のフィルターを外し、
この事に向かい合うでしょう。
でもまだ多くの人は
フィルターを通して見ています。

多くの研究者たちが
真理の道を探究し、
実際に日々そこへ近づいています。

多くの人々が、
コントロールされた情報の波に飲まれており、
そしてその情報に翻弄される人々が
顕著に増加しています。

皆さんの歴史の中では、
特にこの50年の間、
馬鹿げた、そして不正確な事が
しばしば可能となり、現実となってきました。

驚くべき未来が待っている事に
目覚めて下さい!

皆さんは悲惨なものばかりでは無く、
最高に素晴らしいものをも
発見するでしょう。

我々は、この銀河に何十億と存在する
意識ある生命体であり、
皆さん方からは、
いわゆる“地球外知的生命体(ET)”
と呼ばれています。

しかし実際には、
もっと精妙な存在なのです。

宇宙における進化のステージという
基本的なシステムの中で、
あなた方地球人類と我々の間には、
基本的な違いはありません。

スピリチュアル・ハイラーキーという高次の組織は、
惑星や我々自身の「内部」に存在すると言えます。

その中の我々の組織も、
いくつかの種族のマスターたちにより
構成されています。

我々が今回、宇宙史から観れば
あなた方の所へ再び帰還し、
地球人類と
このようなコンタクトを持つことができるのは、
このスピリチュアル・ハイラーキーの
承認によるものです。

あなた方の多くの人々と同様、
我々も、『至高の存在』(Supreme Being)の
探求を行っています。

ゆえに、我々はあなた方にとっての
「神々」ではなく、そしてまた同時に、
「神々より劣る存在」
でもないのです。

重要な事実とは、我々とあなた方が、
コスミック・ブラザーフッド(Cosmic Brotherhood,
愛と光によって結ばれた宇宙の家族,宇宙聖白色同朋団、
宇宙ハイラーキー等)の中において、
対等であるということです!

身体的な特徴を観ますと、我々とあなた方とは多少異なる
部分もありますが、我々の種族の姿の大半は、ヒューマノイド型
(人類と容姿が似ているタイプ)です。

我々の存在は「現実」ですが、地球人類の大半は
まだそれを認識していません。
我々の存在は、これまでの地球の単なる天体観測だけでは
決して発見することができません。

我々の存在の真の本質とは、あなた方と同じ、
【意識】なのです。

あなた方は、我々へのコンタクトの方法を間違っています。

あなた方は「自身の内なる感覚」を使って
我々にコンタクトをするのではなく、機械器具を使って
測定しようとしているのです。

あなた方の歴史は、宇宙の中で
これまで孤立していました。

我々は今回のこの機会に、その空白を埋め、
つながりを根本的に復活することを
願ってやって来ました。

我々は今回正式にこの決定を採択しました。
しかしそれだけでは十分ではないのです。

我々に必要なのは、あなた方なのです!

このメッセージを通し、「あなた」がその意志決定者になるでしょう!


  そう、「あなた」です!

Message Index

【 世界の変革 】

「我々が姿を現すかどうかは皆さんの決断にかかっています!」

http://www.oneness-net.jp/et-message/


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ62掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
Ψ空耳の丘Ψ62掲示板  
次へ